tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『6月に感じたこと』
2010-07-01 Thu 22:50
IMG_5664.jpg


7月になりましたね~。

6月は色々ありました。
次男も結婚し、なんだか家の中は、スカスカしてます。^^

我が家としては、大きな転機だったと思います。

子どもが巣立つというのは、
ある意味、余計な、親としての責任や、親だからこその心配とか
結構いろんなものを背負ってしまってたりすると、
本当に、「肩の荷が降りた」っていうのが、実感でした。^^

ここにも「肩」がありましたー。

いつのまにか、人は、「肩」に色んなものを、背負ってしまう。

親として、大人として、社会人として。。。


「肩の力を抜いて~」これもそうだね。

結構、色々、「肩にかかってる」よね。ホント。(笑)


『神繋るのは肩から』というのは、ナイスな駄洒落でもあるけど
本当に、結構イケてるメッセージでした。

何かを背負ったり、力んだりしているばかりに、
心の風通しが良くなかったり、制限や不自由さを感じたり・・・・。



6月は、
日記で報告してなかったけれど、
木内さんのお話会もありました。

いつものようにすっごく楽しかったしワクワクしたんだよ!
そして、新しい出会いもあったし、新しい流れも、始まりも感じたのです。


ちょっと抽象的だけど、
たとえば、2本のラインがあって、
それはまるで線路のレールのように
一緒にずっと走ってるんだけど(レールは走れへんか・・・)
ずっとそれは平行線で、交わることもなく、
ずっと同じ方向に向かっているのに、
相手が何をやっているかさっぱり見えない、とか、
永遠に解り合えることはない、とか、
それどころか、永遠に出会うことはない、とか。

そういう、2本の線のあいだにあった壁が、溶けたような。

それまで必要があって張られていた結界が、解けたような。

ずっと曇りガラスで閉ざされていた窓が開いたような。


そんな感じがありました。

2本のラインが、ひとつになった、のです。ね。

それは、子育てと同じように?
今まで必要があって2本だったわけで、
それが大切なことだったから、守る必要があったから、
向こうが見えなかったり、それぞれに何かを背負ってたり。

それが今回、時が来て、潮が満ちて、
それぞれの肩の荷を降ろし、肩の力を抜いて、守りを解いて、
一つになることが出来たような感じです。


本当に、新しい扉が開いたような感じです。


すっごくワクワクしているのに
なのに、すぐ報告しなかったり、今も、こんなに抽象的にしか書けないのは、
やっぱり、今までと同じように、

「じゃあ自分は何をやるのか」と、自問自答が始まるからなんだよねー。


これも、余計な「肩の荷」なのかも知れない。

人として何が出来るか、とか。
何かを成そうということも、エゴなのかも知れません。


新しい世界は。次の世は、
我欲を持っては行けないところ。


でも、行くと決めている。



本当に、神繋るのは、肩からなんだ、って気がしてきた~。


あらゆる肩の荷を降ろし、肩の力を抜き、
鏡(かがみ)に映る自分から我(が)を落とす。



あー。
こんなややこしいこと書いてるうちはあきません。


シンプルにいかんとね。


想いが溢れ出すまで、
時が来るまで、
潮が満ちるまで、

自分の中の「我」が、羽を付けて天に昇華するまで、

(カタをつけるまで^^)


ただただ、毎日生きていますわ。ははは。


とにかく、転機です。大きなね。

変化は微細に、気づかぬうちに動いているものです。


皆さまも、自由に、思うままに、
それぞれの毎日を、ただ、一緒に、生きててください。

いつかまたきっと、Reunionしましょう。


神さま今日も一日ありがとうございました~。


ええい。言い訳したいけどやめだ。(←これが言い訳)


おっやすみなさ~い♪

送信。


IMG_5658.jpg

別窓 | 日記
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。