tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『肩にかかる髪』
2010-06-29 Tue 12:22
IMG_5561.jpg


突然ですが、また書いてます。


髪です。


「髪は長ぁ~~い友だち♪」みたいなCMがあったね。(爆)


「髪」を身体の「部位」というんだろうか。(無くなっちゃう人もいるけど。シツレイ)

でも「爪」は、部位だと思うから、だとしたら、髪も「部位」


これも、「月」は付いていないから、外。陽。天。日。神さま。(いわゆる精神の世界)

ちなみに、復習すると、

「月」がついている部位は、内。陰。地。月。人間。(いわゆる物質の世界)


と、それぞれリンクしてる。


昨日、髪のことは、ふと頭をかすめたけど、
あまりに「そのまんま」やからあえて触れずにいました。


「髪」=「神」


同音異義語って、必ず何かしら繋がりがあるもんだ、って
祭主はいつも言ってた。

そういう視点で漢字を見ると、とても面白いです。


「肩にかかる髪」いーーー、とか、云うよね。(笑)


「肩に繋る神」・・・・ははははは。そのまんまやん。



まったく、、、こないだの、

「梅の紋は五ぼう星」=「梅干(うめぼし)」といい、

「肩にかかる髪」「肩に繋る神(かたにかかるかみ)」といい、、、


神さまは、オヤジギャグ連発で、おちょくってんのかーーー!と思う。


しかも、、、、うまいっ!!!!!!!(え?さぶい?)



確かに、髪(神)は、首やら肩やらに必ずかかってる、よね。はは。


いやー、本当は、こういう駄洒落のようなジョークの中に
実は、真実があったりする、とも思ってます。(遠吠え)



「肩に手をかける」「肩すかし」「肩越しに見る」


・・・・・・・


あーーーー!!!


頭はひとつ。首もひとつ。(One)精神世界・天国とか神人とか

肩から下が、左右にわかれる。やん!

右肩左肩。右腕左腕。右足左足。(二元性の世界)物質界・現実社会・人間とか。


(ヤタガラスの足が三本、、ってのは何だろうか。)




思考が勝手に行き来して、こじつけもいいとこだけど
私としては、超おもしろい。Hit!



ぴなが教えてくれた、「瀬緒律姫」=「背折津姫」ってのも、おもしろいね。

(姫は姿勢が悪かったのかな。・・・じゃなくて!)



ちなみに私の髪は、ずい分伸びて、背中の下のほうまで行ってます。

ここまで伸ばしたのは、超~若いころ以来。

なんだか、この髪に未練たらたらなのです。
また伸ばしたいと思っても何年もかかる、と思うと。切る決心がにぶる。

切っちゃうと、なんだか女でなくなるような。^^


執着だね、これも。


スッパリと、肩にかかるくらいに、切るか。神を。



ああああ。
夜勤明けで頭が冴えてます。(つまーり、ボケてるってこと。)


こんな日記読んでも、何の得にもなりません。世界のためにもなりません。


ごめんなさい。
髪さまいつもありがとうございます。


おやづびだざーい。


別窓 | 夢の話
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。