tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『木内さん講演会、ありがとうございました!』
2008-05-08 Thu 00:12
ki


昨日は、たくさんの人に、木内さんのお話を聞いてもらうことが出来ました。

私もスタッフたちも、最高に楽しかったです!
本当にありがとうございました。

木内さんは連日の講演で、しかも昨日もダブルヘッター、
新しい本の締め切り当日!?でもあり、体調も崩されていたようです。
なのになのに、あのパワーと優しさはどこからくるのでしょう!?
始終笑顔で、最後まで語り続けてくださいました。

きっと、それが彼の「役割」なのだろうけれど、
ここまでの苦労は、言葉に尽くせないものがあったと思います。
だけど、それでも彼を奮起させ続けたのは、
苦労の果てに、素晴らしくバランスの取れた美しい地球が蘇り、
人々が愛に溢れた暮らしをしていることを夢みることだったのかも知れない。

もう、それだけで感謝の気持でいっぱいです。
ありがとうございました。


木内さんの「見た来た」未来では、
99,9・・・%?(正確な数字忘れた~)は
未来の地球は大変なことになっていた。
だけど、0.00~?%は、素晴らしい未来に変えてゆける可能性がある。

その数、日本で言うと、1万人。

1万人の人が、意識を改革して、新しく(太古の叡智を取り戻し)、
循環型の社会構造を構築してゆく意識を持てば、世界は変えてゆけるのです。


20年かけてもその数は集まらなかったのかも知れない。
でも、頑張り続けてくださったおかげで、今大きく動き始めている。


木内さんのお話は楽しくて、夢やロマン、未来への希望に溢れているけれど
それは、意識改革の入り口、とっかかりとしてはとても大切な感情で、
だけど、すべては、それこそ、単なる「夢物語」ではなく、
真剣な未来への提言であって、ワクワクドキドキを超えているんだよね。


木内さんの話を聞くと、
最初は、興奮とワクワクドキドキ、「これだ!」と思えるような何かに出会えた歓びでいっぱいになるけれど、
それと同時に、「じゃ、私は何をする。何を実践してゆけるのか。」と
自分に問い始めることになる。

何も出来ない無力さを感じたり、
やらなければならないという圧迫感が襲ってきたり、、、。

「何でもいい。楽しいことをやってください。」

「大好きなこと。それが役割なんですよ。」

「一品持ち寄りの社会がいいんです。」と、木内さんは言う。

とても嬉しいし安心できる言葉だけれど、
だからこそ逆に、「本当に自分が心から楽しいことって何だ??」と、

あらためて、自分に向き合うことになる。

紛いなき自分。真実の歓び。。。。


自分が大好きで、どんな苦労も乗り越えられるような歓びの仕事。
それを無償で差し出し、また他の人が差し出してくれた「歓びの賜物」を、
ありがたくいただく。

お米作りが好きな人、畑仕事が好きな人、
縫い物が好きな人、歌や踊りが好きな人、、、、

それぞれが、自分の大好きな仕事に付いて役割を差し出せば、
この世界は「お金の要らない」世界になる。

とにかく、そんな世界を夢に描いていたいと思う。
ただ生きていること、ここに今生かされていることに
もう少し真剣になってみたいと思います。


木内さんが提言し、これからみんな力をあわせて創ってゆこうとする社会は、

「循環型の社会」

山や川や海、、、自然をバランスの取れた状態に戻すために、
私たちは、真剣に「循環型社会」を意識しなければならない。

山や緑を再生したり、ゴミ処理施設を作ってゴミを安全に処理したり、
これ以上自然の資源を使いすぎることはせず、
新しく無害な「資源」を作ってゆく。。。

海の魚が動物たちによって山の上にあげられ、
う○ちによって排泄された栄養分が、雨で下へ下へと押し流される。

海にながれ出た栄養分は蒸発して雨になり、、、
それが自然界の栄養分の循環のサイクル。

常にその循環を頭に入れて、山や森を再生してゆく。

他にも、自然環境や、経済社会システムなどに、自然な循環をもたらす
アイディアや実験についていっぱい話してくれた。

それは、次元を超えて膨大な可能性がある。

未来への超具体的な提言は、もう今すぐにでも実現可能なほど
物事は進み始めている。

彼の話しには、すべて科学者としての裏付けがあり、検証や実験があり、成果がある。

もう夢物語ではないのだ。

今の世の中の現状を見ていると、少しでも早く
循環型社会を意識した生き方に、シフトしてゆく必要がある。


ささやかなエコでもいい。
地球環境がバランスを取り戻すために、出来ることから始めてゆく。


そもそも私たち人間は、この自然界の自然のエントロピーの増大を食い止めるため、
自然界のバランスを取るという役割を持って生まれてきた。

このことについて、初めて木内さんの本を読んだ時に見つけた
「能動的な叡智」のことを日記に書いてます。

今より素直に、そのまま感じたことを書けていると思うのでよかったら読んでください。
http://newbanbing.blog107.fc2.com/blog-entry-79.html
----------------------------


今日は、朝から目の検査の予約があって、
瞳をおっぴろげる目薬入れられて、まぶしくてPC見るのもダメだったので
なかなか時間が取れませんでした。

昨日来てくださった方々から、たーーーっくさんメールをいただきました。
まだ全部返事が書けていません。ごめんなさい。
皆さんが感じてくれたこと、とても嬉しかった!ありがとう。

そして、昨日は、ブログで知り合った、Mさんから、
千の雫プロジェクトにありがたい寄付をいただきました。

また、会場を貸してくださったコーナスのまりりんさんからも寄付をいただきました。

数日中に、コミュやサイトで報告し、
少し貯まってきたので、まとめてどこかへ寄付させていただきます。

ありがとうございました!


私自身、これから何をしてゆくのか、まだまだ模索中ですが、
こうして、千の雫プロジェクトは確実に動いているし、
雫の波紋はいつも、自分たちから、そして、自分たちに向かって、
確実にレゾナンスが起きているし、
このまま、今のままの自分を信じて、しっかり生きていきたいなと思う。

能動的な叡智を持ち、よりよい地球に変えていこうという意識を持ち、
人間として生まれて役割を、楽しくまっとうしてゆきたいですね。


本当にありがとうございました!!!
まとまらない長文、読んでくださってありがとう!!


別窓 | 木内鶴彦さん
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。