tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『肩にかかる髪』
2010-06-29 Tue 12:22
IMG_5561.jpg


突然ですが、また書いてます。


髪です。


「髪は長ぁ~~い友だち♪」みたいなCMがあったね。(爆)


「髪」を身体の「部位」というんだろうか。(無くなっちゃう人もいるけど。シツレイ)

でも「爪」は、部位だと思うから、だとしたら、髪も「部位」


これも、「月」は付いていないから、外。陽。天。日。神さま。(いわゆる精神の世界)

ちなみに、復習すると、

「月」がついている部位は、内。陰。地。月。人間。(いわゆる物質の世界)


と、それぞれリンクしてる。


昨日、髪のことは、ふと頭をかすめたけど、
あまりに「そのまんま」やからあえて触れずにいました。


「髪」=「神」


同音異義語って、必ず何かしら繋がりがあるもんだ、って
祭主はいつも言ってた。

そういう視点で漢字を見ると、とても面白いです。


「肩にかかる髪」いーーー、とか、云うよね。(笑)


「肩に繋る神」・・・・ははははは。そのまんまやん。



まったく、、、こないだの、

「梅の紋は五ぼう星」=「梅干(うめぼし)」といい、

「肩にかかる髪」「肩に繋る神(かたにかかるかみ)」といい、、、


神さまは、オヤジギャグ連発で、おちょくってんのかーーー!と思う。


しかも、、、、うまいっ!!!!!!!(え?さぶい?)



確かに、髪(神)は、首やら肩やらに必ずかかってる、よね。はは。


いやー、本当は、こういう駄洒落のようなジョークの中に
実は、真実があったりする、とも思ってます。(遠吠え)



「肩に手をかける」「肩すかし」「肩越しに見る」


・・・・・・・


あーーーー!!!


頭はひとつ。首もひとつ。(One)精神世界・天国とか神人とか

肩から下が、左右にわかれる。やん!

右肩左肩。右腕左腕。右足左足。(二元性の世界)物質界・現実社会・人間とか。


(ヤタガラスの足が三本、、ってのは何だろうか。)




思考が勝手に行き来して、こじつけもいいとこだけど
私としては、超おもしろい。Hit!



ぴなが教えてくれた、「瀬緒律姫」=「背折津姫」ってのも、おもしろいね。

(姫は姿勢が悪かったのかな。・・・じゃなくて!)



ちなみに私の髪は、ずい分伸びて、背中の下のほうまで行ってます。

ここまで伸ばしたのは、超~若いころ以来。

なんだか、この髪に未練たらたらなのです。
また伸ばしたいと思っても何年もかかる、と思うと。切る決心がにぶる。

切っちゃうと、なんだか女でなくなるような。^^


執着だね、これも。


スッパリと、肩にかかるくらいに、切るか。神を。



ああああ。
夜勤明けで頭が冴えてます。(つまーり、ボケてるってこと。)


こんな日記読んでも、何の得にもなりません。世界のためにもなりません。


ごめんなさい。
髪さまいつもありがとうございます。


おやづびだざーい。


スポンサーサイト
別窓 | 夢の話
『続・月の不思議』
2010-06-28 Mon 17:53
tukiuntitled.jpg
※6/26、満月で部分月食。見れたのかな~?



今日2つめのおバカな日記でーす。

下に書いた今日の日記を、遡ること1ケ月前くらい。


瞬間、ヒトの上半身の形のビジョンが浮かぶ。

そのヒトの、首から肩にかけて、光ってる。

その輪郭に沿って、オーラのように、光ってる。



『神繋るのは、肩からなんだよ。』



(え~~~??うっそ。普通は、第3の目とか、ハートとか、腹から、とかでしょ。)


現実の私は、全然納得せず、スルーしてた。



ところがその後、ご縁があってある方の本を読んでいたら、


・・・・以下本から引用・・・・・・・

「頭(あたま)の、"あ″は、"天"を意味し、"たま"は魂(玉)を意味する。」

「つまり、頭とは、"天の魂"のことであり、神さまと繋がっているのです。」

「頭が親神とすれば、首が子神で、首は宇宙と繋がっているのです。」

「だから首が病む歪むと宇宙のエネルギーがうまく入ってこないのです。」

「首を治さないといけません。背骨が曲がっていると宇宙エネルギーが入ってこない。」

・・・・・・・ここまで・・・・・



と、あった。

へ~~~~。そうなんだ。

それで、先に書いた、自意識では納得せずにスルーしてたことを思い出したのです。



ここからはAtsの思考遊びです。


以前、「月の不思議」というタイトルで日記を書きました。
http://newbanbing.blog107.fc2.com/blog-entry-403.html

そう言えば、首から上の部位には、「月」が付いていない。


頭、額、眉、目、鼻、口、耳、、、、


つまり、「頭」は、外(陽)。天。表。


(脳には月がついているから、脳はまさに内臓だから、「内側(陰)」の世界。)


「肩」から下には、「月」が付いているから(肩・胸・腕・腹・・)陰。

それと、内臓には月がついてる。


つまり、、、

身体の部位で、月がついていないのは、外側の神(大神・天・陽)とリンクしてて、

月が付いている部位は、内側の神(人間・地・陰)ってことで、


「首」は、その両方(陰陽)を、繋ぐ役割を持ってるってことかも。



「首」は、要だ。首相・首長・首都・・・・・おおおおお。



、、ってことは。



首から上の、外側の部位と、首から下でも、手・足・指・爪など、月がついてない部位と、
(実際、めっちゃEnergyの流れがある場所だよね)

前に書いた、内臓だけど、「月」がついてない部位、

心臓(の心)と、子宮。これは、外側の神。宇宙と繋がってる。

(肝臓・肺・膵臓・胃・腸などには月がある)


肛門(失礼)には、「月」も付いてるけど、「門」もついてる。


ここも、ある意味、内と外の、門。(笑)



そんでー


首から上は、すでに天(神)と繋がってる(ことになってる)から、
神繋らないといけないのは、肩から下、ってことに、なります。


「肩」とタイプすると、「型」がまず変換されました。


肩から「人間」なら、肩で型を示せ、、、ってことでつ。(大いなるこじつけ)



肩こり、首のこり、背中のこり、、、
姿勢の良くない私は、もう、コリコリです。^^

実際、旅先などで、その場所のEnergyによっては、
首の後ろが重~~~くなり、後頭部から、頭が割れそうに痛む時があります。

何かが詰ったような、滞ってるような、抵抗しているような。


首は、外と内をつなぐ、重要な、要なのですねぇ。治さなきゃ。


・・・・・・・・・


終わりまーす。

怪しげなこと書いてますが、普通に、地道に、真面目に生きてまーす。

時々、思考遊びしてるだけですのでご安心を。

誰かにとって符号だったら、ご自由にお持ち帰りください。


機会の窓」。まだ開いていますよ。


いつも、心の真ん中に。
世界が愛と調和でバランスしていることを願って。


穏やかに過ごしましょう~。



送信~!



別窓 | 夢の話
『覚書』
2010-06-28 Mon 17:43
IMG_5560.jpg


※何の前後の脈略もなく、個人的覚書ですー


昨日の夜のこと。


「ある人」(女性)の顔が浮かび、その人が言う。


『今どの辺にいるの?』


それは、次男のお嫁ちゃんを「彼女」に合わせに来い、ということなのだ、と理解している。

というか、次男のお嫁ちゃんを連れて、「彼女」のところに向かっているはずの私に対して、

『今どこにいるの?』と、問いかけたのだ。


(そうだ。うっかりしてたけど、彼女のところにお嫁ちゃんを連れて行かなくちゃ。)と、思う。


半分現実の私は、

「えぇぇぇ?でも彼女誰だっけ。めっちゃ知ってるし忘れるわけない彼女。でも誰だ???」

と、思う。お、思いながら、、、

(あ~~、あかん。また消えていく。フェイドアウトしていく。彼女が誰かわらなくなる。)

「あああ。でも、すぐまた思い出すよ。あんなにも当たり前に知ってる人やし。」


その時、また別の意識が、真剣に、自分の脳が異常なんじゃないかと心配してる。
こんなに明らかな記憶が消えてゆくなんておかしすぎる。
認知症とかとちゃうの???とか、思ってる。(笑)


結果、、、

またしても現実の意識がハッキリしてしまい、
「彼女」のことは、すっかり思い出せない。

あんなにも、普通~に知っている人なのに、現実の私はまったく彼女を知らない。
というか、現実には存在しない。はずだ。



でも、とにかく、彼女に会いに、連れて行かなくちゃ。。。なんだ。


でもだからどこのだれ~~~~??


-------------------------------------------*****


今朝。PCの画面を見ながら、一瞬、ウトっとしてしまう。


どこかで女性の声がする。


『出るよ!』


半分の、現実の意識が、一瞬、「はっ」とする。


その瞬間、もう半分の、どこかの世界で、


『入れて!』と、別の女性の声が聞こえる。


そこですっかり、現実に戻ってきた。


こうして文字に書くと、時系列が見えるけど
すべては同時のような。一瞬だったような気がする。



『出そう』になったのを『入れて』もらったのか

間に合わず、『出て』きてしまったのかも知れない。



-----------------------------------***



個人的な覚書でーす。ごめんなさいよ。


別窓 | 夢の話
『晴れの日2ndでした』
2010-06-20 Sun 22:02
sIMG_5577.jpg

次男の結婚式でした。

ささやかなお式と披露宴だったけれど
親としての務めを終えて、ほっとひと安心。

この子がこんなに早く巣立ってしまうなんて。
考えたらオドロキです。

披露宴の後も、引き続き2次会で、
こちらには80人ほどの友だちが集まってくれるとか。

母としては心配ごとも多かったけど
たくさんの素敵なお友だちに愛されている姿を見て
歓びと、感謝の気持でいっぱいです。


子育ての期間は、本当に、あっ!!と云う間です。
気苦労も、大変なこともあるけれど
その時期しか出来ない体験がたくさんあります。

本当~~に、過ぎ去ってみれば、すべて懐かしくて
もっともっと母親らしいことしてあげたかった、とか思う。

いつかは親の元を旅立ってゆくのだから、
今、子育て中のママたちは、
大きな気持ちで、めいっぱい楽しんでくださいね!!


sIMG_5628.jpg



ありがとう、My boy.
母さんと出会ってくれて。
約束どおり、いっぱい想い出をくれて。

今日の涙と幸せそうな笑顔を大切に。


神さま、皆さま。ありがとうございました。


sIMG_5641.jpg


晴れの日に。


別窓 | 自分のこと
『実りの海』
2010-06-17 Thu 13:33
minabe.jpg
*和歌山県日高郡みなべ町の梅林


またしても、「だから何?」という、無意味な妄想話しです。m(_ _)m 
ま、私の日記なので。


夜、寝ているあいだにもよく夢は見るけれど
ふと、居眠りをしているような状態で、「夢」ではないんだけど
ほんの一瞬、ビジョンを見ることはよくあるんだよね。

昨日、ネット散策してた時、突然居眠りしたのか、カクっとなって目覚めた。
何の前後の脈略もなく、
五芒星(ごぼうせい☆)と、梅の紋が、重なって見えました。

イメージ 1ume.jpg



『梅の紋は、五芒星。なんだよ』



「へ~~~!なるほど~!」と思いながら我に返ったんだけど、意味深なサインです。

毎日、更新を楽しみにしているこちらのサイト、
よく「梅」の話しが出てきます。(ブログ内梅検索)

【「三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世に成りたぞよ。梅で開いて松で治める、
  神国の世と成りたぞよ。日本は神道、神が構わな行けぬ国であるぞよ。】大本神諭


日本は「梅」なんだそうです。

梅といえば、和歌山。
今日のTop写真をいただいたみなべ町は、
私の両親のふるさと(南部川村)です。(最近村が合併した)


4年ほど前、これも白昼夢で、
白いマリアのような女性が、五芒星を胸に抱いている姿を見たことがある。
「☆」の形を愛しげに胸に抱いているのは不思議な絵だけど、
それは、赤ちゃんの姿。その象徴だったと思うんだよね。
この五芒星はイエスキリストで、
同時に、このビジョンは、「女性性のことだ」とも思ったの。

いわゆるダビデの星は、六芒星。これは「男性性」というイメージがあって
五芒星は「女性性」という感じ。(Atsの感覚ですよ)


過去に見たビジョンの「☆」は、「梅」だったのか。(笑)


日津久の民の会さんによると

【桜は女、物質の哀れを表す。
 梅は母、生め・梅・産めと生命の変化と繁栄を見る。】


にゃるほど~~~~~~。

桜はパッと咲いてパッと散る。まさに、「花の命は短い」女。(涙)

梅は、実を結ぶ。生命と変化と繁栄か。


京都の北野天満宮の紋は、「星梅」?というそうです。


ふっと、声が聞こえたような気がして、「はっ!」としました。


『だから、梅干(うめぼし)、と云うだろうが!』


☆と梅の紋が重なったのは、梅が符号なのは、「梅ぼし!」のことか。(笑)


奇しくも、熊野権現の地、田辺市の市章は、☆。なのです。

龍神村の星神社のことを書いた日記



私の脳のネットワークには、確かにずっと「梅」があったのです。

「梅から来るぞ」と、確かひふみ神示にあったような。


で、最近、自分なりにヒットだったは、これです。


紀州梅の会による表敬

untitled.jpg

【平成22年6月3日、鳩山総理は総理大臣官邸で、「梅の日」である6日を前に、
 和歌山県特産の梅をPRする「紀州梅の会」の表敬を受けました。】

鳩山さんが辞意を表明したのが、6月2日。
まさに、その、即、翌日のことです。

再生日本が「梅」を符号に始まるなら(勝手な想像)
「きゃーーー!」と叫ばずにいられませんでした。。。


鳩山さんはきっと還ってくると、思っているけれど、
それは、鳩山さん本人が還ってくるということだけじゃなく、
鳩山さんがやろうとしたこと(私の思い込みとしても)が
日本の未来の方向性として、還ってくる、んじゃないかな、と思って。


梅は母。真の母性、女性性。


鳩山さんの人となりを素晴らしく語っている動画を見つけました。
あるサイトからリンクされていたものです。

本当に涙が出るほど、伝わってくる。この人のこころが。

日米のこと北朝鮮のこと、色々外交のことや世間の一般常識的なことに
あたりさわりのない言葉を選んで、奥歯にモノが挟まったようなところも
一部には見られるけれど、それは外交上、仕方がないんだろうな。
東南アジア共同体構想には、色々危惧されていることも多いみたいだけど
そんな、頭で考えたことなんてどうでもいいというか、よくわかりません。
心配したら心配したとおりのことが起きるかも。

鳩山さんの描く構想には、こころがあると思う。頭より心。
それに、頭が付いてくれば、もっといい。
自分の体験を通して、或いは、政治家という血筋に産まれたモノとして
鳩山さんの、真の、魂の役割が、見えてくる気がしています。

私は、東南アジアは、こうあるへきだと思った。
色々問題もある北朝鮮をも、越えるべき苦難として、越えてゆける(抱き込む)はず。

こころは理屈抜きで、届くと信じたい。

駄目ならぶっ壊れるしかないんだから・・・。


第16回国際交流会議「アジアの未来」
鳩山内閣総理大臣スピーチ
平成22年5月20日
http://www.kantei.go.jp/jp/hatoyama/statement/201005/20speech.html

ぜひぜひ、この素晴らしいスピーチを聞いてほしいです。
動画観れなくてもテキストで読めるけど、動画は、こころが伝わってくる。

私、前の仕事をしていた時にこれを見たら、燃えてきただろうな~~と思う。

ある国に、大事な友だちがいる。
そしたら、その国と、戦争しよう、なんて、絶対考えられない。

世界中に友だちがいる、ってことは、本当に、世界平和の原点になる。
政治に感情を持ち込んではいけないだろうけど、
だけど、人として当然、我が身のことと考えられる大事な原点。

もし、イラン・イラクに、親や娘が住んでいたら、
ブッシュは、あの国を攻撃出来ただろうか。


鳩山さんのTwitterには、

「いさかいの海」を「実りの海」へと変える「いのちと文化の共同体」の提案、
と書かれてます。


昔、祭主は、

「隣の国を飛び越えて世界はない。
 隣りの国の背後に世界は拡がってるんだ。
 韓国語をやるぞ。」 と言って、
今のように、韓国ブームなどまーーーったくなかった30年ほど前、
韓国語を習得する活動を始めた。

こんな祭主に惚れこんで、私は20年、前の仕事を続けられたんだよね。
現実にその仕事を辞めたけれど、そのスピリッツは、永遠なのです。


鳩山さんの言葉でびっくりしたのは、「実りの海」。

なんと、ここに、「海実」の名前が出てきてるーーーーーー。
5/21産まれの我が孫、長男夫妻の2人目の子ども。初Girlの名前です。

3日後、6月20日は、次男の22才の誕生日で、結婚式です。
次男のお嫁ちゃんの苗字には、「松」の字が入ってます。(松も重要な符合)


奇しくも、6月は梅の実りのとき。収穫のシーズンです。(6/6が梅の日だそう)

この時期のこと、何と云いますか? 梅雨ですよね。つゆ。
たくさん、浄化の雨が降るでしょう。



はい。突然終わります。
変な日記でごめんなさい。誰かにとって符号だったら持って帰ってね。



実り多い6月を。

☆ 海(うみ)と梅(うめ)、漢字も音も、そっくり。だよね~。


14:33 追記

ななな、なんと。今思い出したけど、
うちの母方のおばあちゃん。南部川村の。
15年くらい前に亡くなった。優しくて穏やかな人だった。

おばあちゃんの名前、、、、うめ でした。


う、、、、

うめおばあちゃ~~~~~ん!!

別窓 | 夢の話
『帰還』
2010-06-14 Mon 23:36
IMG_5557.jpg


ひとりごと


帰還 なんだよ。きっと。

はやぶさの帰還は、はとやまさんの帰還。そのサイン。なーーんちゃって。


(えーーー。じゃぁ7年後?)


あれ。いや。人々がそれぞれ、自分への帰還の合図、なのかも。

世界が、平和へと帰還するのかも。


ひっくり還る、合図。


星が整列した日、はやぶさが帰還した。アボリジニの聖地に。

星が整列した日、ワールドカップが始まった。人類のルーツ、アフリカで。


このざわざわは、人々の意識の高ぶりかな。


歓び、楽しみ、期待、、、、


歓びも楽しみも期待も 全部いい。


でもでも、全部持っていかれないように。


こころここにあらず。にはならないようにしたいです。


こころはここにあり。真ん中に。


あなたが還るところ。






☆やまちゃん、拍手コメントありがとう~♪
 ブログ読んでますよ~。

 最近はますます、あの方のブログから目が話せませんね。




では今日はこの辺で。^^

それぞれの場所で、いつも心の真ん中に。

おやすみなさい。
紫陽花のように綺麗な夢を。



IMG_5563.jpg
別窓 | 想うこと
『星が並ぶ時、機会の窓が開く』
2010-06-13 Sun 23:04
IMG_5565.jpg
*あっちこっちで紫陽花が綺麗です~*


お仕事もお休みで、雨降りの一日でした。

表面的には、毎日平和で、地に足付いた生活です。

だけどやっぱり、「時間は止まったまま」って感じてる。

宙に浮いたような生き方が、本当はとても自分らしいのかも知れな~??^^


ここ数日、何となく心が落ち着かない。
風の音も、人々の流れも、ざわざわとした感覚を呼び込む感じ。

いったい何だろう?
自分の感情ではないけど、自分も含めた「世界」が、
内部でうごめく、感覚。

世界は変化しようとしているよね。本当に。
特に、こうてい疫、メキシコの原油流出。。。
関わる人たちの苦悩を思うと、無責任なこと何も言えないけど、

私たちの食生活、エネルギー源、、、神さまが変化を即しているように思えてならない。


みんなが幸せで、動物も、海も、
ともにこの地球を育み、育まれる存在として、調和していけたらいいのにね。

考え出すと、ため息が出てしまうよね。本当。


そして今夜も、この目の前のモニターから、世界を見てる。


今日は、久しぶりに覗いたサイトで、ちょっとタイムリーなニュースを見つけました。
内容は、いわゆるスピ系な言葉もいっぱいあるけど、
感覚として、自分の想いや、今の流れとぴったりな気がしてます。


地球の癒しの「機会の窓」

『6月13日から7月11日までの期間は、太陽系の6惑星が直線状に連なり、
 地球がそれと直角に位置してT字を形成するというユニークな配列が見られる。
 これは、7月11日の皆既日食をもって終了する。この配列は「窓を開く」と言われている。』


まるで、宇宙の神さまのご開帳みたい?
岩戸が開いている1ヶ月間を、どんな気持ちで過ごすか、とても大事なのだそうです。

個人的には、確かにこの時期、ひとつの分岐の時期のような気がしているし
星の位置って、気付かなくても微妙に私たちの意識や生活に作用してると想う。

今日はちょうど6月13日。
ざわざわと落ち着かないEnergyは、星たちの動きのせいかな。

15日は木内さんのお話会がある。
20日は、次男の結婚式。(しかも彼のお誕生日でもある)
21日は、夏至。Umiちゃん生後一か月でお宮参り。
22日は、施設の神さまたちが超~楽しみにしているミニ運動会。
7月の前半はパーティーとか、色々予定があり、
7/11は、イースター島あたりで皆既日食らしいです。
そして、奇しくも、参議院選挙。

選挙のタイミングって、なんか、すごいなーと、いつも想う。

天のお計らいが感じられます。


何やら、宇宙が、チャンスの窓を開けてくれる。
この一か月間を、どういう気持ちで過ごすかで、未来は変わる?

個人の望みもいいかも知れないけれど、
せめて、たった一か月、もっと大きな視野で、
人々が調和の中で生き、地球が元気に蘇るよう、祈ってみるのはどうでしょう?

地球のこと、動物のこと、自然のこと、美しいこの星のこと。

ちっぽけな個を飛び出して、全体としての私たちが
ともに祈りを捧げたら、地球も宇宙も、癒されるかも知れません。
もちろん、そこで生きる私たちひとりひとりにとっても。


まるで、神の目のような壮大な心で、世界が幸せであることを願えば
それは必然的に、ひとりひとりの幸せとして還ってくる。


いつも心を真ん中に、穏やかで優しい状態を、意識しながら過ごそうと思いまーす。


きっと、選挙まで、テレビも町中も、騒がしいことでしょう。

もういいかげん、メディアの報道の不自然さに気づいた人も多いでしょう。
もしかしたら、振り回されてることに気づいて、ばかばかしくなってたりして。

誰かの意見より、自分の内側の感覚に、もっと敏感になりたいね。
きっとみーーーんな、ひとりひとりはいびつなはず。

内側の自分と共鳴すれば、美しい波音が、聴こえてくるんじゃないかな。
私たちの内側は、外の大きな宇宙と繋がっている。
本質的に、根源的に、平和で調和のとれた世界を願わずにいられないはず。

自分の想いに、自信を持って。
選挙にも行きましょう~。


センタリングする1ヶ月。
意識的に過ごしてみようと思います。


詳しくは こちらのサイトで。




IMG_5559.jpg
*ほんとに紫陽花って奇跡のように美しい~~~



おやすみなさーい。

別窓 | 想うこと
『主我を愛すシャボン玉♪』
2010-06-11 Fri 18:29
images_20100611171528.jpg *画像


暑くなりましたね~~~。ちょっと休息です。


突然だけど、昨夜の夢です。笑い話しでーす♪

夢と言っても、半分起きてます。いつものとおり。
現実?の意識が、夢を眺めてる感じ。


賛美歌461番、知ってますよね?

「主我を愛す」です。

子どもの頃通ってた日曜学校でもよく歌ってました。
結婚式とかでも歌うかな?


夢の中で、何故だかふいに、この歌が流れてきます。

意識の半分で、一緒に歌い出しました。



♪主 我を愛す 主は強ければ
 
 我 弱くとも 恐れはあらじ♪

 ・・・・・・・

と、、、ここまではいいんだけど
その続きが、、、


♪かーぜかぜ吹くな。しゃーぼんだま飛ばそー♪♪

になってました。(^○^;)/


え~~?
なんでこうなるのん?続きはなんだったっけ???

そう思うとすっかり目が覚めちゃって。


本当の歌詞は、

♪主 我を愛す 主は強ければ
 我 弱くとも 恐れはあらじ
 我が主イェス、我が主イェス、
 我が主イェス、我を愛す


シャボン玉の歌は

♪シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ
 屋根まで飛んで 壊れて消えた
 シャボン玉消えた 飛ばずに消えた
 生まれてすぐに 壊れて消えた
 風風吹くな シャボン玉飛ばそ



朝になって、このふたつの曲って、そっくりなのに気付いた。

なんの脈略もなく、この歌が流れてきて、シャボン玉に変身して。

何故だろう?って考えたけど、わかりません。

ただ、昨晩、「玉」を検索していました。確かに。^^


神さまは私たちを愛してくれているから
安心して、思うままに人生を楽しみなさい。
たとえ生まれてすぐ消えるとしても、何度でもシャボン玉を飛ばそう。
たった今、美しい今この瞬間を、楽しんで。


みたいなことかな。(深読みは他にもあるけどヒミツ)


♪我が罪のため 栄えを捨てて
 天(あめ)より降(くだ)り 十字架につけり

♪御国(みくに)の門(かど)を 開きて我を
 招き給えり 勇みて昇らん

♪我が君イェスよ 我を清めて
 良き働きを なさしめ給え


私たちの、この永遠とも思える人生も、
神さまの目で見れば、ほんの一瞬、生まれては消える、
美しいシャボン玉のようなものなのかも知れないね。


.......................


菅さんが総理に就任しました。

その直後、亀井さんが大臣を辞めてしまいました。
歯に衣着せぬ物言いと、少年のような優しさと、
若者のような寝癖が、私は好きでした。
郵政見直しも公務員制度改革?も、
常に弱者に視点を向けているスタンスの
国民新党の政策も、ほぼ支持です。だからとても残念。

どうしてこんなにも、「共に創ってゆこう」ということが
政治の世界では難しいのでしょう。

より良い日本を創るための政策って、
そんなに、人や政党によって、違うものなんでしょうか。

そんなはずはないと思う。

それに自民党は、どうして攻撃ばかりするんだろう。
民主攻撃・政権奪回、、、そんなことやってる場合じゃないと思うよ。

もう、髪振り乱して、なりふりかまわず、、って姿が逆に痛々しいです。


本当に、理想の政治は、道のりは険しいですね。
すでに新閣僚つぶし、揺さぶり、、、始まってます。マスコミにはうんざり。

このまま日本が、すっかり壊れてしまわないことを、祈るばかりです。

今日は菅さんの所信表明をリアルタイムで全部聞きました。

前の記者会見での、「最小不幸」という言葉が、あまりに心ないというか、、
悲しくなるような響きだったので、がっくりきてましたが
所信表明では出てきませんでした。よね? よかった。

とにかく、鳩山内閣で成し遂げようと思って出来なかったことに
全力で取り組んでゆくという決意表明でした。

あまりのやることの多さ、反発も強いだろうし、本当に大変そうです。


ご苦労が多いと思いますが、菅さん、どうぞよろしくお願いします。

今まで、政治で世界は変えられない、と、選挙も行かなかった私ですが(スイマセン)
これからしばらくは、やっぱり民主党を応援します。

日本の国民。ですものね。一緒に創っていきます。(肉体レベルでは・・・)



では!今夜は夜勤です。

皆さんも、それぞれの場所で、今を精一杯生きてくださいね!



いつもいつも
Jesus Loves Me です。


だいじょうぶ。




別窓 | 夢の話
『タイトルが難しい』
2010-06-08 Tue 02:10
IMG_1634_20100607203717.jpg


ぴな、かずきちさん、前回の日記に拍手コメントありがとうです。m(_ _)m

そして、ららさんからは、

>鳩山さんがなさったポジティブなことにフォーカスを当ててみるというのはいかがでしょう

など、アドバイスをいただきました。ららさん、ありがとう!


私って、何度も断ってるけど、政治とか経済とか、本当に無知なんだよね。
もちろん、中身を知ろうともせず、好き勝手言ってるわけでもないけど、
鳩山政権が展開した政策が、良いか良くないか、そこはわからないこともある。

政治の評論ブログではないしね。そんなこた~わかってるか。。スイマセン。

今回、色んな記事を読んだし、色々勉強になったし発見もあった。
それは、民主党のサイトや、首相官邸ホームページなんかを見ればおおまかにはわかる。
検索すればさまざまな個人の見解も読める。


飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/06/post_2a82.html


子ども手当てや事業仕分けなどに対する想いは以前書いたりしたけど、あくまで個人の想い。

ただ、私としては、個々の政策の是非を議論したいわけじゃないのです。

「政治」のことを書いていたとしても、
もっと、違う視点から書いてると思ってるんです。


もっと違うところに理由があるのです。

政治というより、「世界」のこと。
こう在ってほしいと願う未来の世界。
理想の社会。理想の、人としての在り方。関係性。。。
そんな視点から、政治を見てるんだと思うの。あ、当たり前か。

でも、「政治」というのも、世界を創る「一部」。すべてではないよね。

すべては、象徴とか型として目の前に顕れるのであれば、
鳩山さんは、とても大きなサインを、私たちに見せてくれたと思う。


まず、最初に言うと、
鳩山さんのように、誠実さや優しさ、穏やかさ、
常に弱者に対して心を寄せているのが伝わってくる言葉の数々。
人や自然、環境に対する、謙虚な言葉の数々。

「真心(まごころ)」のようなものが感じられる人。
そういう人が、この日本のリーダーであるっていうこと自体が、
とっても大切なことなんじゃないか、って思ったのが一番の理由。

というか、それこそが、今のリーダーに最も欠かせない、
重要な資質なんじゃないか、と、そう思うのです。

(依存心が強くて、外側に刺激を求める大衆には物足りないだろうけど)

鳩山さんの「実態」なんて知らないし、受け取る感覚だけ。
本当のことはわからないから、だからこそ「象徴」ということだけどね。


日本のトップには、強いリーダーシップなんて、もう必要ない。
いや、個々のチームには、そういう人も居て良いだろうけど。

トップリーダーは、一人で全体を引っ張ったり、扇動したり、
或いは、力づくでコトを動かすような、古いリーダーシップではなく、
仲間を信頼し、さまざまな意見に耳を傾け、受け入れ、
ひとりひとりが、それぞれの場で、自分のチカラを出せるような、
そんな采配が出来る人。それが、これからのリーダーだと思うんだよね。

「自分の力で、この世界を変えてみせる。」みたいな、
一見男前だけど、その奥には、権威や権力、名声、などを欲する、
典型的な、「男性エネルギー」の偏りのような、体質が、政治家にはあると思う。

政治も「世界」の象徴。今の「世界」は、偏ってるんだよね。

自然界のバランスを取るために人間は生まれてきたはずなのに、
いつの間にか、その使命を忘れてしまって、
もっともっと!と欲張り過ぎて、どんどんバランスを崩してきた。

偏った男性エネルギーを中和させるのに、強いリーダーシップは逆効果。


攻撃VS攻撃。もう、うんざりしませんか?

たとえば自民党の攻撃とかにも。。。
もう、ほとんど信じられないくらいです。

これじゃー、世界から戦争はなくならないよ。


鳩山さんは、争わない。戦わない。攻撃しない。調和を目指す。

実態はともかく、鳩山さんは、まさにその名のごとく、平和の象徴。

(言い過ぎかな?^^)


とにかく。。。

鳩山さんの、そんな特質は、今までの「男性エネルギー」的社会に、適合していない?

まだ~~?信じられないほどだよね。ほとんど。


戦いや攻撃が大好きな世界の人たちは、平和が恐い。

人間から欲がなくなると、お金儲けにならない。

弱者に目を向けても景気は良くならない、、、、。

調和を願いながら、その調和のために相手を攻撃しているという
絶対的な矛盾に、気付かない人々。


そんな、人々の古いエネルギーが大暴れして、鳩山さんをつぶしたんだと思う。

サイレントならぬ、ノイジーマジョリティーたちが、一斉にそっちに同期しちゃった。



だけどね.........。

ある意味、そのおかげで、極限まで来たエネルギーは、
もしかしたら、反転するかも知れないな、と思って。

菅さんが引き継いだことで、とりあえず今は流れが変わってる。

あんな「いい人」を、ボコボコにして辞めさせてしまったという
良心の痛みみたいなものを、感じる人がもっと表に出てきたら、
影響力のある人がその流れを作れたら、
菅さんもまた、抵抗勢力によって叩かれることになるだろうけど、
今、少しでも「良心の痛み」みたいなものを感じている人がいるなら、
そんな人が新たな「マジョリティー」になったら、、、、。

鳩山さんが受けた、悲痛なイジメは、とても大きな「功績」になる。

とか、思ったりして。


ま、でも、世界は世界です。

その世界の象徴でもある、自分自身は、真ん中で調和を目指します。
不二。この世に二人といない私自身の調和。

調和っていうのは。
自分の内側に色んな側面があるってことを受け入れること。

そして、外側にも、色んな人がいるってこと。色んな役割があるってこと、を知ること。かな。


私も矛盾するけど、
だから、「攻撃」にも「ノイジーマジョリティー」にも、意味がある・・・。



突然ですけど、もう送信しときます。


おやすみなさい。
皆さんに、神さまのご加護がありますように。


別窓 | 想うこと
『残念すぎる』
2010-06-02 Wed 20:55
仕事中に、鳩山さん辞任のニュースをTVで知りました。

思わず、「ええええ~~!?」と叫んでしまいました。

その後も利用者さんの部屋でニュースを見るたびに
信じられなくて、泣きそうになりました。

ブツブツにしか会見を聞けないんだけど、
まるで、これから総理になろうかという人の言葉のよう。
きっとそうなんだ。辞任なんて間違いなんだ、
やっと、国民に直接理解を求めるための演説なんだ、とまで思うほど
優しさと、力のこもった演説に思えた。

辞任が事実だとわかっても余計信じられない。

辞任を決めたから、あそこまで言えたんだろうな。
何を言っても叩かれてばかりだったから。

可哀想です。
本当~に、残念。

鳩山さんが辞任するなんて、絶対にないと思ってた。

辞めちゃいけない、辞めたらここまでの頑張りがあまりに報われない。

頑張って続けてくれれば、いつかきっと、世論はひっくり返ると信じてた。

今は、ボコボコにされていても、
人には皆、良心がある。誰が大切なことを話しているか、
誰がこの心に響く言葉を話しているか、きっときっと、どこかでわかってる。

マスコミのいうままに、鳩山さんの悪口を言うおばはんたちだって、
絶対、心のどこかに、その音は響いているはず。

踏ん張って続けてくれれば、きっと、みんな、
その、心のどこかで、小さく小さく聞こえる良心の鈴の音が、
いつのまにか、リンリンと鳴りだすのが、わかったはず。気づけたはず。

私はそう思ってます。そう信じてた。


だって、あまりにおかしすぎる。
ここまで、非難され、責められ、悪口ばっかり言われているなんて不自然すぎる。

コメンテーターも、議員も、町ゆく庶民のインタビューでも、
誰ひとりとして、鳩山さんを擁護する言葉を聞いたことがない。

一度だけ、民主党の誰かが、

「こんなに優しい、こんなに誠実な人が、何故こんなに責められるのか。」

みたいなことを言ったのを、過去に聞いたことがある。
その時、「やっとひとりいた。ひとりいるってことはきっともっといる。よかった。」と思った。
(あれは誰だったかな)

でも、その後は、本当に聞いたことがない。

私のような一般人でも、いえ、一般人だからこそ、
鳩山さんのことを良心のある人だと思えた。

だから、もっともっと、いるはずだと思う。
或いは、今はマスコミや有名人の言うなりに多数派に付いているだけで
本当は絶対、心のどこかで、自分と同じように感じている人はいると思ってた。

だから、本当に残念でならない。
もっともっと、大きな声で、応援すれば良かった。
すっごくすっごく、残念。ごめんなさい。


今まで、政治家に対して、こんな気持ちになったことがない。
こんなに、心に届くことばを話す人をかつて知らない。


鳩山さん、残念です。
本当に、頑張ってほしかった。
頑張れる人だと思ってた。あの、動じない目を信じてた。
誠実で優しくて強い人でないと、乗り切れない。そう思ってた。


嘘とか、盛り上がりとか、お祭り騒ぎとか、コケ降ろしとか、
ネタとしておもしろい、とか、、、
そして、スポンサーや会社の意向に反することが出来ない、マスコミ。

その馬鹿みたいなマスコミに、あほのように扇動されて、
自分が夢や希望を託して一票を投じた大切な存在を、
さんざん悪口をたたいて、切ってしまった、国民たち。


政権交代で、どれだけ日本が変わろうとしていたか。
事実、報道されないところでは、数々、大きな山を動かしている。
たった8ケ月で!

これから、益々、動かしてくれるはずだった。
国民が、応援さえしていれば。
マスコミに、いいように、まんまと振り回されてさえいなければ。
誠実な、夢と希望が湧いてくる、綺麗な鈴の音が、小さくても聞こえたはず。

せっかくの、人々の良心の音に耳を傾けることなく、
ザワザワとやかまし過ぎる、マスコミの声ばかり、聞いていた。

後になって気づいたって、遅すぎる。もう取り返しがつかない、と私は思う。


・・・・・・・・・・・


あかん・・・腹立ってくる。


そして、腹が立つし、残念でたまらないのと同時に、
これもやはり、神さまのお仕組みなのかと、思う。

こんなに、自分勝手で、こんなに、心の音に耳を傾けない、
「あっち向いてホイ!」な、ノイジー・マジョリティーばっかの人間たち。

右に揺れ、左に揺れて、ぶっ壊れて、
その時初めて聴こえてくるんじゃないだろうか。


りんりんと、涼やかに鳴る、小さな鈴の音が。



その、こころの真ん中に。




鳩山さん。お疲れさまなんて言えないくらい
残念です。ごめんなさい。

いつかきっと、帰ってくるのかも知れないね。


そんな気がする。

ゆっくり、休んでください。
ありがとうございました。


別窓 | 想うこと
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。