tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『深読み。22。』
2009-11-30 Mon 00:25
IMG_5167.jpg

※ぴな、やまちゃん、コメントさんきゅ~~♪らぶ。


先日、施設の館外活動で、嵐山へ行ってきました。
平日なのにスッゴイ人でした。
でもとってもキレイでした~~~~。
さすが京都です。

でも、腹が立つのは、お寺なんかの拝観料。
京都、高すぎ。

結局、どこもお参りはしなかったけど
紅葉だけでも、価値があるな~と思いました。

IMG_5176.jpg

日本は本当に、美しい。

--------------------------***

さてーー。
以前の日記で、台風21.22号が来たら深読みしてみる、とか書きましたが
10月の末だったかな、台風21号が発生してたみたいで、
今年はこれで終わりかな、と思ってました。
10月22日、竹生島に渡れなかったのは、22号が来ないからだ、と
22は無いもどーぜんだったのだ、と、読んで終わりにしてました、が、
今、台風22号がいるみたいですね。

日本気象協会
http://tenki.jp/typhoon/

とても大きな台風みたいだけど、ずっと停滞していて
西からの高気圧に押されて消滅するか東へ進むか、、、と
このまま日本への上陸は無さそう・・・・

ってことで、今のところは、やっぱ、「22は上陸できない」
なので私は渡れませんでした、ってことにしときます。ぐはは。

どっちにしても、冗談じゃなく、海や水の事故、多いです。
気をつけて。


最近ハマっているこちらのブログ、
ふるいちまゆみさんの、つながっているこころ
とても有名な人みたいなので知ってる人、多いのかな?

私は前の地震騒動?の頃、このサイトを知って、時々見てました。

ふるいちさんは不思議な人で、科学的に、哲学的に、そして超個人的直観で
台風や地震を検証されています。


個人的に、この数ヶ月、熊野や伊勢に行って、この日記でも報告してたけど、
特に「月読宮」のことは、後になって色々意味深な記事を書いてはって、
その繋がりにビックリ。
まだ私には謎が多いけど、もしかして本当に何かあるかも、と、楽しみになってます。

台風17,18号のことも、すっごい読みをされてますよ。
私のおちゃめな読みも、まんざらでもないかも。^^

難しくてわからないことも多いけど、とっても大事なメッセージが詰ってます。
まだ知らない人にはぜひお薦め。ぜひアクセスしてみてね。


ふるいちさんによると、
11月22日は、ニギハヤヒの命日だったとか。
その日、三重県の海域で地震があり、
熊野本宮のある、和歌山県田辺市では震度2。
22日で震度2。
私はその時、テレビの地震速報のテロップでそれが流れるのを見たのです。

「おーーー、22日に熊野で震度2だ!」
後で「22、地震、和歌山」とかで検索したら、
「22日」という数字の日に、紀伊半島で他にも地震がいくつかあった。

-------------------------------------------------
2008年9月22日21時44分ごろ
震源地(震央) 和歌山県南部 深さ 約40km
震度 2 和歌山県 和歌山県南部 新宮市 新宮市新宮

2008年11月22日15時22分ごろ
震源地(震央) 紀伊水道 深さ 約10km
震度 2 和歌山県 和歌山県北部 日高川町 日高川町土生
-------------------------------------------------


ね~~。
昨年の同じ11月22日にも、あったんだよ。ちょっと北だけど。
紀伊半島、絶対何かある。

それでね、台風22号のこともふるいちさんのブログで知ったんだけど、
この台風22号、名前が「ニーダ」っていうんだって。「2だ!」大爆笑!

絶対アタリだと思う!
神はサイコロは振らないかも知れないけど、こうゆうジョークは
真面目に織り込むのです。きっと2には意味がある、と思います。

ふるいちさんの展開を、楽しみにしています。


昼間に寝すぎて目が冴えてます。
もういっこ、書けたら書きます。

お風呂入らなきゃ。



スポンサーサイト
別窓 | 日記
『復活~☆』
2009-11-29 Sun 16:40
IMG_5126.jpg

いや~。
長かった、、、。
そして、とっても高額な修理になってしまいました~ん。
思えば、あっちこっちと痛めていたのね、My VAIO君。
見積もり額を聞いてひょえ~~~だったけど、
新しく買い換えるなんてとんでもないし(実はこう見えてこのPCは3代目・・・)

ふつーの、いっぱんの、しかも何でも自己流でやってしまう、
ただ単なる「いっちょかみ」のおばたんが、4台めのパソコン買うなんて、、、

出来まてんでした。

とにかく、大事な大事なPC、戻って来てくれてありがとうです。

思い描いたとおり、サックサク。
You tubeも何時間でも見れそうです。
きっと、スカイプも途中で勝手に落ちることも無くなるはず。
CDやDVDも認識してくれなかったのも完治。

ありがた~いことです。

約20日間、
半端じゃなく異様な動きをするVAIOノート(夫ちゃんが時々使用)に
とってもお世話になりました。あれがなかったら死んでたかも。^^

今や、すっかり鎖国状態で、仕事と家の往復の毎日。
ネットだけが、外の世界と繋がる唯一の手段です。

目の前の、この小さなWindowから、世界を、見ています。

そして、そのツブラな、ふたつの瞳の奥に向かって、
永遠とも思えるほど、深い、自分の内側を、旅しています。

こーゆー、過ごし方、本当はとても好きなんだな~。


オタク。です。


はい。
取り急ぎ、Atsは元気でしっかり生きてハタラいていますので、報告です。


写真は、ある日の朝の我が愛犬。
スーーーーっと、「撮って」とばかりカメラの前に歩み寄りました。

男前でしょ♡



書きたいこといっぱい溜まりすぎて、発酵してしまいました。
今日はお休みで、明日は遅出なので、
また、あとで書くかも知れません。


ひとまず送信 ← (生きてるワタシが見えますか~?)

別窓 | 日記
『パソコンが入院しました。』
2009-11-07 Sat 20:58
こんばんは~。
タイトルのとおりです。
「壊れてます、、」とか書いたら、大事なパソコンちゃんが壊れました。^^;

正確には、メモリ増設のためにヨドバシに持ってって預けたら
実は、ある箇所が壊れてることが発覚し、その場で入院でしたー。

帰宅するまで、約2週間だとか。

今、我が家にもう一台ある、おんぼろノートVAIOちゃんで
これを書いてます。

これは何がどう壊れてるのか、あっちこっちが変!!!
いろいろとっても変なパソコンちゃんです。笑える~

昨日は、ブログは読めるけどログイン出来ず。
今日はなぜだか入れて書くことは出来ます。

mixiには入れるけど、メッセージのお返事が書けず。
なぜだか、返信ウィンドウが開かない。?????

とにかく、
今はなんとかかんとかインターネットは出来てます。

でも、メールは読めません~~。

mixiメールは読めるけど、返信できません~!
ごめんなさーい。

ヤフーのアドレスのほうならウェブで読めます。
@の前は同じで、@以下はyahoo.co.jpです。
急ぎのご用のある方は、携帯メールアドレスにお願いしまーす。



2週間後、サックサクになってPCちゃんが帰宅することを楽しみに。


皆さんも、元気でお過ごしくださーい!!!


Ats 





別窓 | 日記
『コワれてます。細胞の話し。』
2009-11-03 Tue 02:12
IMG_5105.jpg

最近、お仕事も終わりに近づく頃、特に夕食の時間。

ワタシはよく壊れます。むはは。

統合失調症の○さん。
欲求を満たしてほしいという気持ち、被害妄想、、、炸裂中なのです。
季節の変わり目とか、気候の変化のせいもある、とみんなは言います。
私は、言葉では言わないけれど、
何気に不穏なムードを、空模様や部屋や施設の中、町の中でも感じてみたりします。
目には見えなくても、私たちの中のとてもセンシティブな領域で
不安や恐れが、微かに、揺れるのです。気づかなくても。隠していても。

そんな、私たちの感情の揺れを、一手に、引き受けてくれてるんだな、って、
そう思うんだよね。

実際、彼女が、とてつもない我儘を言ったり、
そしてその我儘を聞き入れても聞き入れなくても、
どっちにしても、「なんでそんなこと言うのぉ~~~~!」と、
エコーがかかるほど大声で叫んだりするたび、
みんなの中で、感じてはいるけど隠していたり気づいていなかったりする
「不穏な領域」にスイッチが入り、
泣いたり、怒ったり、叫んだりが、、、、連鎖する。

きぇ~~~~~~~。

ベテランの職員さんなどは、ひとこと。「うるさいっ!だまれっ!」って、
サクっと炸裂して、その場をシーンとさせてしまう、すごいワザを持つ人もいますけど、、、、

さすがの私もキレそうになるし、一回はキレたこともある。
一回キレとくと、もう、キレずにすむんです。はは。

ほとんど、根気良く穏やかに、彼女と接することが出来るのは、
ひとつには、彼女のことを「神さま」だと、思っているから。

『神は、最もか弱く、また、最も忌み嫌われるような姿で顕れる。』

そら。
こんな「大変」な人のお世話をするのは、それこそ「大変」なこと。
私なんてお給料をもらっているし、家に帰れば別世界だし、お休みはあるし、
だからお世話できるんだと思う。

家族として、家にひとり彼女のような人がいたら、それは現実的に、大変。

だから綺麗ごとを言うつもりはないんだけど、
ここまで、色々「学んだ」体験や知識から、やっぱり、

「○さんもまた私だ。」と思えるんだよね。

彼女に対して、口々に怒りを表現する利用者さんも職員さんも、
みんな、自分の中の「○さん」の側面に、光を当てられてる。
だから、連鎖する。

みんな、持っている側面。

「なんで自分の言うことを聞き入れてくれないのか」
「なんで人はみな、自分の思い通りに動いてくれないのか」
「なんで自分のことを一番に考えてくれないのか」

どんなに素晴らしい性格の持ち主でも、
針の穴ほどの小さなものであっても、、、、
卑屈で、欲求不満で、どれだけの愛情を注がれていても気づかずに、
求めて求めて求め続けて、決して満たされることのない、側面。。。

そんな側面のない人は居ない。んだよ。
それがあるから人は進化する。この3次元というところは、そうゆうところ。

普段は隠しているし、見てみないフリをしてる。
理想の人間像を演じてる。

私たちが、そんな醜い側面を隠している限り、
○さんのような人が、すべての人を代表して、
その「型」を、生きてくれてる。

そう思うんですよ。きっとそうなんです。
だから、彼女を切り捨てたりは、誰にも出来ない。

だって、○さんは、自分でもあるからです。

見ていればわかるよ。それは。
どんなに怒ってても、どんなに○さんを責めていても、
あまりにもしんどそうな表情をしていると、みんな、可哀想になってくるの。

あまりにひどい言葉を投げつけたら、
その後で、とても後悔していたり、
自分の我儘を反省していたり。

誰かを責めるってことは、だから、自分を責めるってことと同じ。

なんだかんだ言っても、人は人を、とことん憎むことなんて、出来ない。

やっぱりみんな、優しいな、って、思うんです。

私は、そう在りたいのです。


だから、みんなの怒りや、不穏なエネルギーや、醜い側面が、
共鳴して、連鎖しそうになるとき、
私、ある時、いいアイディアを発見したんです!

バカ笑いをしたり、歌を歌ったり、「ヒューヒュー!」と声を上げたり、踊ったり、変な顔したり。
職員さんや、知的や精神的には「まとも」な人たちの中には、サブく引く人もいるけど、
ピュアな神さまたちは、だいたいそれで、そっちに反応してくれる。

連鎖反応で怒りや悲しみを引き出されてた人たちの顔が、
いきなり笑顔に変わり、キャハハと笑い出し、自分も歌い出したり変な顔したり!
もーーーそうなったら、ノリノリで、その場が笑いのツボにハマる。

可笑しくって涙出るくらい!!!

怒りや不穏に連鎖されてキレるより、
おバカに壊れたほうが、めっちゃ楽しい!

まー、そうやって、今日もコワれて、その場を乗り切ったわけです。

明日はお休みやけど、
また、新しいお仕事の日には、
自分の側面でもある、『「学習」が苦手』という「型」を生きてくれてる人たちとの
まったく新しい一日が、始まることでしょう。

決して思いません。
自分がこの人を変えてみせよう、とか、更正させてみせようとか、「病気」を治してみせよう、とか。

毎朝、まっさらです。


誰の中にも、最も醜く卑屈で「低い」次元から、女神のような高次元まであるように、
どんな社会の中にも、すべての次元があり、
誰かが自分の側面を生きて見せてくれている。

みんなみんな、「型」です。自分の顕れ。神の顕れ。

そんな大事な大事な自分の側面でもあるその人を、
見放したり、無視したり、なんて。つまり、、、「死ね」と云うことです。そうだよね。

そんなこと、出来るわけないんです。
私たちは皆、同じひとつの存在だから。Oneだから。


昔、祭主が話してくれた話し。

世界が、自分の身体だとしたら。
この身体には、60兆個もの細胞があり、
そのひとつひとつは、個としての重要な役割を持ちながら、
その核の中には、同じ「私」としての「情報」を持っている。
ひとつひとつの細胞は、細胞膜という膜で覆われて閉ざされているけれど
その膜は、ちゃんと、隣の細胞と情報を交換し、関係性を持っているからこそ
ひとつの大きな「個」としての「私を形成していられる。

時に、その中の細胞の1個が、
我儘に、周りとの関係性を嫌い、利己的に生きようとすると、
その細胞さんは、、、壊れてしまう。

「それを、癌 と、云うんだよ。」、と。

世の中では、
肉体に「癌」が出来ると、それと戦ったり、壊したり、消し去ろうとする。
それが「医療」。
「常識的」なオトナとして、それを否定はしない。出来ない。

「癌」細胞も、周りの細胞さんたちとの関係性を持っているからこそ
仲間を増やそうという意思を持つのか、増殖する。
つまり、共鳴し、連鎖する。
癌細胞がどんどん増えて、全体である「私」を蝕み、最後には破壊してしまう。

だから、、、
「やっつけよう」とするのは、当たり前のような気がしてしまう。
自分という全体を、破壊しようとする「癌」なんて。
破壊したら、治って、元気に、なる、の、かな。

癌になったことないから、わからない。

でも、、理想として、もし、癌になったら、
やっつけず、「光」を当てて、「悪を抱き参らせる」じゃないけど、
自分という全体が抱え込んだストレスや、食べ物や何かの原因を探り、
全体の生活を、改善したり、そういう治療法を、選択したいと、願う。

全体を生かすために、癌細胞をやっつけず、受け入れ、癒すことを考える。
癌細胞を破壊せず、全体としての私が、おバカにコワれて大笑いしたり
歌ったり踊ったり、楽しく可笑しく、ストレスをまっすぐ発散させる。

心の底からピュアに、はしゃぐ。
本物の笑顔は万病の、治療薬だと思う。


「癌細胞」さんは、悪くない。
その原因を作った、社会が悪い。(by BOSS)




(あ~~~~。理想論だ。でも言葉は神だ。消さずにおこう。ごめんなさい。)


また、ダラダラと書いたけどね。

昨日、この、細胞の話しを思い出してて、ふと、発見したの。
正解とかなんとか、関係なく、明確な「絶対そうだ!」っていう確信があった。

祭主が、生物のこと、自然科学のこと、物理のことなんか話してくれる時、
それを、こんなアンポンタンな頭脳を持つ私などには、
専門的な言葉とかでは理解不能なことでも、
それこそ、言葉が持つ普遍的な拡がりというか、イメージの領域で、
(そういう意味で、言葉は神だ、ということに共感するわけだけど)

「まるで人間みたい」「まるで世界みたい」「まるで宇宙みたい」「まるで自分みたい」、、
みたいな、、、自分なりの理解の中で、繋がったり、シンクロしてたりを感じて、
楽しくてワクワクすることが多かった。

細胞の話しも、まるで人間社会と同じだし、宇宙を構成する秩序に思えたりした。


あのね。
数字的にね、人間の身体の細胞は60兆個。
世界の人口は、60億。おんなじ60だー!とか思ったけど、単位が違う。全然違う。
気持ちわるい。すっきりしない。とか思ってたの。
宇宙に秩序があるなら、ココ、ピッタリ合うはず、やろ。つまんなーい。とかね。


でも、昨日、突然、ひらめいたのは、
60兆というのは、人間だけの数じゃなくってね、
動物や植物、鉱物、、、そして目に見えない、たとえば、霊的な存在だとか、、、

そーーーーゆーーーことだったのか!って。
その全部を含めた数は、きっと、60兆なんだ。って、思ったのよ。


わからんけどね。
数なんて、10万単位以上のゼロは、数えようという気もしない。クラクラして。

だけど、単純計算してみも、60兆-60億ってことは、

59兆9940億個???
えーーー???そう??合ってる?????誰か数えて!

いやーー、今生きている、肉体を持った人間以外の存在って、
もし、数えることが出来たなら、そんな数なんじゃないのかな、ってね。


あーーーははっははっは!!!


やっぱ、壊れてる。
なかなかに、確信的に、スッゴイ発見!!!って、思ったんやけど。



すいません。

寝ます。
施設の人の話から、どこまでぶっ飛んどんのや、、ワタシ。



おやづびなたーい。





送信。

別窓 | 施設の神さまたち
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。