tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『8/5.6、熊野の海へ』
2009-07-28 Tue 00:04
a0130790_1418588.jpg

以前にもお知らせしていますが、
来月、8月5日~6日、三重県の熊野で「海の学校」が開催されます。
お友だち、千早赤坂村アムリタのチンマイが企画して、
ハワイ島コナから、菅原真樹さんが来られます。

真樹さんとの出会いは、今年3月。
やはりアムリタで「Truth tree」という集いがあり、
その後、木内さんの講演会など、3日間ご一緒させてもらいました。
彼の、今の世界へ向けてのメッセンジャーとしての役割と、
人間として、男として、その魅力の深みに、響くところがたくさんありました。

今回の熊野の海での企画は、
チンマイが、「海」という視点から、学びたい・伝えたい・感じたい、
そして体験したい、という願いから生まれました。

私もぜひ真樹さんとはもう一度一緒に何かやりたいと思ってはいたんだけど
仕事を始めたことで時間も取れず、
今回は、いち参加者として、この2日間を楽しみにしています。

海で過ごす2日間、、、なーんて、何年ぶりのことでしょーーーー。
いえ、私、自慢じゃありませんが、リゾートとか、興味ないです。
そこに、魂の奥深くから求めるような「何か」がないと、
何処へも行きたいとは思わないんです。

だけど、今回は、十年ぶりくらいで、水着も着て、シュノーケリングしたり、
海辺のゴミを拾って綺麗にしたり、海の恵みに感謝したり、、、楽しみです。
そして、そこで魂のReunionをする人たちとの対話も。


まだまだ参加者募集しています。
熊野は遠いけれど、とっても素晴らしいところ。
和歌山と隣接した海沿いの町、新鹿(Newbambi^^)というところです。
チンマイ曰く、来てくれたらその良さが絶対わかってもらえる!と。

(彼女は、熊野と伊勢を結ぶ地点で生まれ育った女神です♪)

地図で見ると大阪からそんなに遠いと思わないのに、
たとえば、熊野本宮なんてところは、とっても遠い。

この紀伊半島というところは、、、
まるで結界でも張られているかのように、山の奥深く
絶対何か隠されてる、って思うわけです。^^

今回は「海」なので、大阪からは紀伊半島をぐる~りと回っていきます。
これもとっても楽しみ!(やっぱリゾートかい)

真樹さんを囲んで、いっぱい話しをしませんか?
アムリタの女主人チンマイともね。

日々のたわいのない会話も悪くはないけれど、
奥の深ーい、魂が響きまくるような、
地球のこと、未来のこと、神さまのこと?コアな会話で夜明かししたい。
そんな人はぜひどーぞ♪

申し込みは、アムリタブログから(更新しろ~~~)
http://amrtachihaya.blog66.fc2.com/blog-entry-2.html


『水の惑星・地球』
           ~水で繋がるすべてのいのち~

日 時:8月5日(水)~6日(木)
場 所:民宿みさき
    三重県熊野市新鹿町2-2(JR紀勢本線 新鹿駅)
    http://www.yado-misaki.jp/index.html

参加費 大 人 20.000円(内1000円は地域の環境団体に寄付)
     小学生 16.000円(         〃           ) 

定 員 25名

集 合 現地 8/5 午後1時
解 散 現地 8/6 午後2時ごろ


ナビゲーター 菅原真樹

●プロフィール

菅原真樹
003sugahara_photo.gif

ハワイ島コナ カロコヒーリングセンター院長

兵庫県西宮市甲子園に生まれる。
西宮市立鳴尾東、小松小学校、学文中学校、大阪産業大学付属高等学校 機械科を経て、
大阪芸術大学音楽学声楽専攻科に学ぶ。

1987年より、National Association of Underwater Instructors のインストラクター、
Life Supporting First Aid Associationのインストラクターを取得、
1万回を超える潜水経験を活かし、ダイビングインストラクション、水中ガイド、
救急救命講習、小学校などでの野外教育学習などを行っている。

2000年、世界で最高の報道写真家集団「マグナム」の、
当時会長職にあったアバス氏より写真の手ほどきを受け、
写真を自らのメッセージとして活動を始める。
主にヨーロッパを中心に活動を行う。

2006年、ハワイ島コナ、カロコの森に6.5エーカー=約8,000坪の土地に
「Kaloko House」を設立。
日本ホリスティック医学協会主催での名古屋講演、全国各地で講演、
ワークショップを行う。

公式サイト「閉息」
http://heisoku.com/

☆8/5.6 熊野 海の学校 プログラム☆(予定)

<5日>
 
13:00
・オリエンテーション
・さっそくビーチ・クリーン
・ディスカッション
・地元の海の人の話

16:30
・夕食 海の恵みBBQ
・夕食後 自由時間 お風呂

19:30~21:00
・ハワイの海のスライド 真樹さんのトーク

21:00~
・花火・キャンプファイヤー 語らいの場

23:00 就寝

<6日>

6:30 
・起床。海を散歩~

7:30~8:30 
・朝食

9:30 
・シュノーケリング 

12:30
・昼食
・感想などシェリング

14:00頃解散予定


-------------------------------***

真樹さんは、8月の来日で、予定がいっぱいです。
お近くの方、ぜひ参加してくださいね。


☆だいじょうぶプロジェクトイベント
2009年08月02日
だいじょうぶの花
東京 日比谷公会堂
http://daijoubu1.exblog.jp/

ここでは、木内鶴彦さんや、たくさんの有名人と一緒に参加されます。


☆鳥取青谷ナチュラルアートフェスティバル2009

開催日 8月8日(土曜日)
場所、鳥取市青谷町海岸周辺

※昨年のフェスティバルのレポート♪
http://delmar.exblog.jp/8675714/


今年の夏は、熊野の海で会いましょう!!!

photo1_20090728001557.jpg


スポンサーサイト
別窓 | 日記
『神一厘の仕組み』
2009-07-24 Fri 23:57
IMG_4825.jpg

日食、見れましたかーー?

私は11時からお仕事だったので、
せめて部分日食少しでも見たいと思って早めに外に出ました。
でも太陽さんはどこにも見えず、すっかりあきらめて、、、、
いつものように、施設に着いて、自転車を停めた時、
ふと。(コレ大事)
ふと、空を見上げました。

そしたら、ちょう~ど、見上げた「そこ」に、日月の神さまたちはいました。

カメラだとちゃんと写っていないけれど、
雲に覆われていたからこそ肉眼でも見えた、部分日食。
お日さまは、お月さまに半分くらい隠されていましたよーーー。

通りすがりの人たちに、口々に
「見えましたね。」「見えてますね!」「見えてますよーー!」と
声を掛け合って。こんな時楽しくて嬉しい。

もっともっと見ていたいのをぐっとこらえて施設の中へ。
利用者さんたちや職員の人たちのほとんどは
日食などそ知らぬ感じで、、、。サビシイ気持ちで階段を上がったらば、、

そこに、いましたいました。上司です。
まるまるコロコロとした体系で、利用者さんにも人気者の我が上司が、
「見えてますよ。」「今見えますよ!」「「日食ですよ。」と、
ちょこちょこちょこちょこ走り回って、声をかけていました。

この人が上司で、私は嬉しい♪

こんな時、仕事より日食でしょー。普通。ね。


---------***

さてさて。
いつもいつもですが、コメントやメッセージ、ありがとうございます。
同じ共鳴弦を持つ仲間がたくさんいることを、とっても嬉しく思ってます~~。
お返事書いていなくって、ゴメンナサイ。m(_ _)m


昔、、、、
祭主の言葉です。

誰かの話しを聞いたり、文章を読んだりして共感する。
それはどういうことかというと、
自分の中に「同じもの」があって、それが響く。
そんな「同じもの」が。自分の中にあったことに気づいていなかったとしても
それは、その誰かの言葉によって光をあてられて、引き出される。
自分はこう思っていたんだ、とわかる。

そんな時の気持ちを、「感動」と云うんだと。

感動した、っていう時は、その人と同じ想いが自分の中に在る、ってこと。


理屈も理由もない、説明も出来ない。
だけど、とても共感できる。心に響く。レゾナンス(共鳴)。

同じような言葉や文章があっても、
何か心に響かなかったり届かなかったりする。
綺麗に着飾っていても、どんなに知的であっても。

反面、言葉少なでも、つたない文でも、誤字脱字があっても、
たったひとこと、心が大きく高鳴るコトバに出会える時もある。

わぉ~・・・。って時。


星の数ほどあるブログ。
それぞれにテーマがあって、方向性があって、
どれだけそっくりな言葉が並んでいても、
わぉ~・・・、と、深いところで響くコトバが並んだサイトって、
そう出会えるものじゃない。

いいんだけど、そうなんだけど、、、何か、違う。


響くコトバには、言霊でも、あるのかな。


若い時には、キラキラした言葉にときめいたりワクワクしたりした。
中身や言霊より、見た目のカッコよさとか流行とか?

だんだん、余分なものが削ぎ落とされて、
本物(自分にとっての)が、見分けられるようになってきた、かも知れません。

だんだん、だんだん・・・・。



ひふみ神示(日月神示)を読むようになって、
以前は、あまり好きではなかったこのコトバたちが、
今は、ものすごい「わぉ~・・・」とともに、心に響く。

見るサイトも変わってきました。

かなり「失望感」に襲われてた時、見つけたサイトがあります。

今、私が一番響くブログです。紹介したいんです。

世界情勢や経済のこととか、難しいこともいっぱい書いておられるので
頭で理解できないこともいっぱいあるんだけど、
共感とか感動とかは、「知識」ではないのですね~。おおまかなんです。
ただ、面白い。ただ、響く。共感出来る。

http://red.ap.teacup.com/sikisai/

今日のこちらの日記に、

「言葉は神であり中心である」とあります。

わぉ~・・・。。でした。

「言葉は神、受け手次第で色が変わる。」
「神はいつも中心にいるからである。」


善も悪も、どちらが良いとか悪いとかでなく、
その両方があり、そして、中心が、神である。ということ。

右でも左でも、どっちでも揺れていい。
ただただ、中心が神だ、ということ。


-----

「神一厘の仕組み」 と、神示に何度も出てきます。
9分9厘までは、そっくり同じでも、奥深くに響かないのは、
この、一厘の仕組みに欠けてる。中心に神がいない。
そんな気がします。

9分9里まで、世界がうまく動いても、
9分9里までは、ほとんどの人が理解出来ても、

最後の最後の神一厘の仕組みで、ひっくり返る。

誰にもわからない、神さまでさえも。

だけど、なんとなーーーく、確かにこの世には
常に、「神一厘」が、隠れているような気がしませんか。

それは、語れるものでもなく、見えるものでもなく、
理解を超えた、フィーリング。。。。


まぁ。
神示を読めば、こんな悠長なお話ではなく、、、、
のんきで怒られそうやけど。^^


「神一厘の仕組み」。このコトバ、好きです。


ぜひこちらのブログ、読みにいってください。
(全然知らない人なんですけど、どうも大阪の方みたい。いつか会えるといいな。)


ひふみ神示から未来に
http://red.ap.teacup.com/sikisai/


さてさて。
もう寝ます。
身体はとても疲れてるけど、私の中心にいる神さまは
いつもめっちゃ元気でいてくれるので、一晩眠ればすっかり元気。

感謝感謝です。


しつこいけど。

右に揺れても左に揺れても、
前に進んでも後ろに下がっても、
歓びも哀しみも、
愛も憎しみも、、、

(自民も民主も?)

どちらが正しいとか悪いとかもなく、
ただ、その「両輪」が在り、
すべては、その中心に、神さまが居るのだ、ということ。

ただ、、、そういうこと。なんだよ。この世界というものは。。

神一厘の仕組みが発動するのも、その「場所」からなのかもね。


バランス取り取り、しっかり歩いてゆきましょう。赦しまくりで。

あせらず走らず。
でも、そう。急がないと。(ムジュン)


おやすみなさい。
感動的な夢でも見ましょうねー!

IMG_4282.jpg
*久々登場の彼らたち。元気ですよ。



別窓 | 日記
『日と月と地』
2009-07-22 Wed 00:12
IMG_4773.jpg

こんばんはー。
前回の日記に拍手・コメント・メッセージ、ありがとうございました。
みんな、同じなんだよね。
ひとりひとり違っても、大きなひとつの家族として
今ここに生きている私たちはみんな、同じ「何か」に向かっている。
それぞれの役割を生きながら。

ホントに存在すべてに感謝します。ありがとーーーーございます。


明日、いよいよ日本で皆既日食ですね~~~。
ホント、宇宙の一大イベントやと思います。

皆既日食前夜、今日21日。
大雨の被害がありました。被災者の方がた、心よりお見舞い申し上げます。

そして衆院解散。
あんなに「バラバラ」な人たちが、揃って「万歳三唱」をしているのが
またしてもおかしな感じなんだけど、
不思議と、誰にともなく、「よかったねぇ~」と、微笑む自分がいました。

でもなんだか「世界」のムード、良くも悪くも「高ぶり」を感じます。


仕事場でも、利用者さん、職員さん、、、
みんな何となく落ち着きがない、というか、
不穏な雲に覆われた空のようなムードがあって、
その波動にフォーカスすると、ふと身震いが起きる気がしました。

わたし的には、心がとても穏やかで、
人手不足な上に、利用者さんの「要望」も増える中、
ともすればあらゆる「イライラ波動」が、こちらに向かってくるのがわかります。

こんな時、穏やかにニコニコしてるおばさんは、
なんかハラタツものかも知れないなぁ。

今はとにかくとても重要な時、と感じているから
イライラとか怒りとか不平不満とか、
どれだけ煽られても、一瞬カチンと来たとしても
キレイに水に流れてゆく気がするんだよね。

オトナになりました。^^


どれもこれも、あれもそれも、
無意味な出来事などなく、
長い長い時間をかけて、すべて「順調」に進んできて、
あの人もこの人も、どんな組織も、チームすべて、
必要じゃなかった人などなく、
遥かな時をかけて、必然的に、今に至っている。

すべての人の中に、神さまはいるし、
すべての出来事の中に、神のお仕組みがあるし、
目に見えているのは、単なるその「側面」であるだけで、すべてではない。

どの人の中にも光が見えるのだから。


そういう意味では、前回書いた私の深い深い「失望感」は、
良いように言い換えれば、「達観」ってことに、なるわけです。

これって「悟り」やん。むはは。

ものすごい矛盾したこと書いてるようだけど、でも、そうなんですー。


悟りって、要は、
すべては「自分(我)」の思い通りにはならん、と知ることなのかも知れないね。

子育ても、政治も、、、。恋も、お金も。

人は、思い通りになんてならない。
我欲に満ちた世界では。

「自分の思い通りの世界で生きたい」と願えば願うほど、
それは「失望感」に繋がる。

「世界は思い通りになんてならない」と腑に落ちた途端、
「思い通りの世界に生きていられる」、というか。

・・・・

伝わってるかな。

「失望」することで、初めて「失望を超えてゆく」道が開く。



あかん・・・。うまいこと言えません。


力づくで動かしたり創造したりする人生は、必ず行き詰るんだよね。

自分の思い通りにはならず、
そして、すべてはそのままでうまくいってるということが
いやでもお腹に落ちれば、もう、悪あがきする必要はない。


みんなみんな、

「それでいいのだ」です。


何もかも、神のお仕組みのもと、決まってる。


あるがまま在る。ということ。



まーー、
明日が来て、また、新しい明日も来たら、
コロリと変わってしまっているかもしれないけれど、
この、どうしようもなく感じる、「宇宙の一大事感」の時、
その瞬間に、こんな気持ちで居られることを、感謝したいと思います。



皆さんは、、、
どんな明日を迎えますか。

いつもと変わらず、日々繰り返す、「新しい朝」です。

毎晩のことですが、
一日が終わって眠りにつく前に、思います。
目が覚めたら新しい朝が明ける。
こんなに楽しみなことはありません。


何が起きても、何も起きなくても、
目に見えても、見えなくても、
感じても、感じなくても、、、

私はまた、新い朝が楽しみです。


日と月と地球が一列にならぶ日。それが「明日」。


火と水と地。


神と人はひとつになり、
新しい自分が生まれます。


三位一体の日です。


穏やかに、愛と調和に整列して迎えたいと思ってます。


おやすびなさ~~~~い♪

Eclipseview.jpg


別窓 | 想うこと
『I am a friend of God』
2009-07-19 Sun 01:48
1

遅くなりましたが、
7/11の定期公演、来てくださった皆さま、ありがとうございました~。
色々個人的に反省点はあるけれど、やっぱり歌うことは歓びです。
神の名を呼び、神を賛美し、神に祈り、神を友とする、、、

ゴスペルの歌詞は、心を洗い清めてくれる。
そして、歓びで満たしてくれる。そんな気がしています。

神さま、皆さま。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・***

さて~。
相変わらず、ブログ更新が滞っててごめんなさい。
毎日、とっても楽しくお仕事させてもらっています。
休みに日には出かけたり、家事をしたり、主婦としてやるべきことをして、、、。

とってもとっても普通の、ごくごく一般的な日々です。

あまり、多くを、考えたくない。語りたくない。
ただただ、毎日一生懸命働いたり、家のことしたり、寝たり、
時に、目の前の必要とされることをして、ただ、「過ごして」たい。

今はなんか、そんな感じなんです。


ちょっとだけ正直に言うと。

私は、今の世の中に、全般的に、とても、「失望」してます。はは。

この「失望期間」、結構長いです。
越えても越えても、やっぱし、失望してしまってます。


テレビ見ていても、政治、可笑しいよね。
その、おかしな政治のニュースばっかりで、
ワイドショーやなんかでコメントしている人の中にも、
「そうだそうだ」と、共感できること言う人、ひとーーーりも、居ない。

「え~~~???」と思うようなこと言う人ばっか。

なんで、こんなに自分の想いと同じことを言ってくれる人がいないんだろう。

私だけがおかしんだろうか。


それに。
きっと、こんなおかしな政治の話題や、
その話題をあーだこーだと解釈する、おかしなコメンテーターや、
何もかもおかしなメディアの裏では、
もっともっと、おかしな真実がうごめいているような気がする。

私たちは、「おかしな政治」に目くらましに合っていて、
本当はもっともっと、奥深く、もうどうしようもないくらい、
手も届かない、心も届かないほど、
この世界は、わけわからない状態に、陥っているように思う。

何がどう、と、具体的なことはうまく書けないけど、
あまりに共感できないことが多すぎて、
愛が無さ過ぎて、心が無さ過ぎて、嘘やまやかしばかりの気がして。
何もかもに、失望してます。

・・・

なーんてことを書いてる、そんな私のほうが、おかしいのかなあーーーー。

この世を嘆き悲しむなんてことより、
ただただ、目の前の、与えられた時間を、歓びにベクトルを向けて生きる。
この、失望感を乗り越えて、愛と調和の世界の訪れを信じる。
無駄なように思えても、
せめて、自分を取り巻く世界を、歓びで映し出す。創ってゆく。

・・・・・・

はぁ~~。
とかなんとか言いながら、本当は。


「こんな世界」が、グレンとひっくり返って、壊れてしまうことを、望んでる。(イウテモタ・・)


無力です。ごめんなさい。



sIMG_4749.jpg


そんな私を、何とか、一生懸命にさせてくれる存在。
私にチカラを与えてくれて、そして引き出してくれる存在。神さまたち。

いつもいつも、嘘のないまっすぐな目で自分を見てくれて
「明日もまた来る?」と聞いてくれる、施設の人たち。

決してひとりでは生きてゆけない、神さまたち。

今日も私が元気なのは、あの神さまたちのおかげです。

私の中の嘘を映し出し、
ジャッジも責めもせず、赦してくれて、
何のかけ引きもなく、永遠の約束でもなく、、、

ただ、その一瞬、私の目を見て、聞いてくれる。


「明日もまた来る?」


その言葉に、私の胸は、嘘じゃない歓びや愛で満たされる。

私の中の神さまを、引き出してくれるんです。


ホント、感謝しています。




『I am a friend of God』

Who am I that you are mindful of me
that you hear me when I call
Is it true that you are thinking of me
How you love me It's amazing!!

I am a friend of God
I am a friend of God
I am a friend of God He calls me friend



sIMG_4760.jpg



無力な私でも、神さまは私を友と呼んでくれる。


そうそう。そうだよね。

同じ志しや方向性と、響き合える心を持つSoul mateたち、
ケンカしたりうっとーしかったりしてもそばに居てくれる家族、
語らずとも在るだけで繋がりを感じさせてくれる空や山や緑、自然の風景。
施設で暮す、「普通の人間」とはちょっと違う、ピュアな神さまたち。

私の「友だち」は、たくさんいるね。
そうでした。


ごめんなさい。
変な日記でございました。

おやすみなさーい。
眠りの中で、あなたの、内なる神さまと会えますように。




※2枚の写真は、7/7満月の日の千早赤坂村です。
 本当に、絵本に出てくるような村なのです。




別窓 | 想うこと
『I sing for joy』
2009-07-07 Tue 00:31
sNBP20090711.jpg
*ゴスペルコンサート 7月11日(土)Pm 6:30~クレオ大阪中央にて



そうそう。
おととい、7月3日。
お友だちで会計士の、海崎女史の記念パーティーで
1曲歌わせていただきました。
2月のライブでも歌った「From a distance」。
私もそうだけど、彼女もこの歌が大好きだそうでリクエストしてもらったんです。

久しぶりにMiusaのピアノで歌わせてもらいました。

めっちゃ楽しかった!

主宰者のHappyな性格もあって、彼女は少女アイドルのようないでたちで、
企画も司会進行も、全部取り仕切り、
沢田研二のものまねがあったり、芸達者な人たちが花を添えていました。

最後のスペシャルゲストで、彼女の友人でもある美穂蘭さんというSingerが登場。
これがとっても楽しかった!
独特のWorldを持っていて、まるでレトロなドラマを見ているようでした。
自称「歌う滋養強壮剤」。はい。めっちゃ元気になりました!
懐かしのGSから江利チエミまで。
私はすっかりハマってしまって、立ち上がって踊ったり歌ったりしちゃいました。
ありがとうございました!

その時、ピアノを弾いていたのが、井山あきのり さんという方。
とってもFunkyでなのに優しいピアノを弾く、とても素敵な人でした。
少しお話させてもらって、ワタシ、歌を誉めていただきましたーん♪嬉し。



調子に乗って、いつか一緒にやりましょーよー!なんて言ってしまい、
えーえー。いつでも呼んでください!とか言ってもらいまして、
連絡先教えていただきましたが、帰ってサイトを見てびつくり。。。

こんなスゴイ人でした。
http://homepage2.nifty.com/iyama/

もーーー、ほんと、スイマセン。^^

でもいつかきっと、また会えるといいな。
一緒に歌えたりしたら嬉しいです。
井山さん、ありがとうございました!


そして海崎女史、素敵な出会いをありがとう!


・・・・ってことで、前置き長くなったけれど、ごめんなさい。

先日お知らせしたゴスペルの定期公演

今週末土曜日、7/11の夜18:30から、四天王寺夕陽丘のクレオ大阪中央であります。
そのチケットが、手元に数枚あるのです。

もし、ゴスペル聴いてみたい!って思う人がいたら
プレゼントしますので、よかったらぜひぜひ来てください!

大勢で歌うゴスペルはそれはそれはとってもパワフルです。
私はペーペーですが、このクワイヤは15年の歴史を持ち、
先生のゴスペルへのこだわりも愛情も並ではなく、本格的でございます。

生バンドもこれまためっちゃ素敵なのです。

相変わらず、ギリギリまで歌詞を覚えられない私ですが
今回もまた、最後の追い込みでバッチリ仕上げます!

ステージで、たぶん一番嬉しそうに楽しそうに歌ってるのがワタシです。^^

来てくれる人がいたら、このページ左のメールフォームからメールください。
詳細連絡させていただきます!

手元のチケットが無くなり次第終わっちゃいますので、スイマセン。


お待ちしています~~~!!



※いつも拍手コメントやメッセージ、ありがとうございます!
とっても嬉しく読ませてもらっておるのです~~。
お返事書ける時もあれば、書けない時もあるのが心苦しくて
結局最近はお返事書けていませーん。ホントお許しを、、、、

でも、本当にありがとうです!

皆さんにも、いつも歓びの種が芽吹く日々でありますように・・・・
愛を込めて。


今日もおやすみなさい。


IMG_4733.jpg
別窓 | ゴスペルライブお知らせ
『ふと、思うこと。その2』
2009-07-05 Sun 01:27
IMG_4667_20090704210215.jpg

施設の、私が担当してるグループではないけれど、
時々ショートステイでやって来る若い女性がいる。
彼女がいる数日間、私は密かにとても楽しい。

今も彼女の顔を思い出すだけで、嬉しくてにんまりしてしまうわけです。

それはもうちょっと、ここには書けないような、ディープな"武勇伝"や、
まとめて小説にしたいような数々の〝ファンタジー"や、、、
もう、めちゃめちゃ魅力的なんです。可愛くてたまらない。

今日も、早出だったので夕方に上がろうとしたら、彼女が来てた。
しばらく見なかったので、めっちゃ嬉しくて思わず笑いかけた。
彼女のほうが先に私を見つけていたようで、
上目遣いで、ちょっと哀しげで、でもニンマリとして、
いつものように、、、右手を差し出して、こっちを見てた。

トイレへ連れていって、、、って言ってるんだ。

なんとかひとりで用を足せる彼女は、
「甘やかせてはいけない」らしく、、、だから、甘やかしちゃいけない。らしい。^^;

でも、彼女の世界の中では、時々トイレは恐怖の場所になるので
見かねて、つい、その手を取ってしまうわけです。

でも今日は、帰らなくちゃならず、、、
「ごめんね」というと、とても素直に、その手を引っ込めた。

こういう時は帰してあげなくちゃいけない、ってわかってくれるの。

でも、彼女は、「こちらの言うことを、ちゃんと理解することは出来ない」らしい。
たとえ、データ的に見てそうだったとしても、
私は、一度もそう思ったことはない。

「理解」なんて、相手ではなく、こちらにあるもんじゃない?

自分が話したことを、自分の伝えたかったとおりに「理解」してくれる人は
果たして何人いるだろうか。ね。

100人いたら100通りの理解があるんやから。

ある意味、だーーーーれも、自分を「理解」なんてしてくれてへんよ。

「理解してくれた。わかってくれた。」っていう、
こちら側の「思い込み」があるだけ。(理屈っぽいワタシ)

だから、いつも、彼女は理解してると思って話しかけてる。
明日になったら、何もかも忘れてたって、そんなこと全然かまわない。

今日は私を「大好き」と言ってくれても、
明日はすっかり白紙に戻ってたった、ぜーんぜん平気。

毎日毎日、新しい関係があるなんて、ある意味とても楽しい。
ほんと、ワクワクするほどです。

明日も私はお休みで、彼女に会えないのは淋しい。
一回、一日中、彼女と遊びたいと思うほどです。


ここで暮す人たちは、
それぞれに持つハンディが違う。
当たり前のことだけど、人が皆ひとりひとり顔も性格も違うわけで、
だから、みんな、違うんです。

だけど、施設とか、組織とか、グループとか、
そういう、ひとつの「枠」の中でともに暮すという時には、
そこに、効率的な仕組みや、決まりや、約束や、、
さまざまな、「こうでなければならないこと」が発生してくる。

そうなんだよね。
それが、この、3次元という、肉体と感情を持つ人間の世界。社会。

『「感情」をコントロール出来る』、というのが、健常者の「常識」なら、
『感情をコントロール出来ない」、というハンディを、彼女は持っている。

たとえば、彼女の世界の中で、耐えられない恐怖を感じると、
ヒステリックに叫ぶ。泣く。

・・・・

これってさ。「障がい」なんだろうか。

誰にでも、恐怖や哀しみや怒りはある。んだよね。
でも、それをコントロール出来たり、隠したり、悟られまいとしたり、
その場では我慢して、どこかで悪口散々で発散したり、
そうゆうことが出来るだけで、みんな、少なからず、持っているもの。

それを、隠さず、そのまんま、その場で即、表現してしまう、ことの、
その、どこが障がいなんだ、と思ったりするわけです。

わかりやすくて嬉しい。ピュアで嬉しい。そのまんまで嬉しい。
よっぽど、ストレートで一緒にいて疲れない。


こんな私は変わり者のええかっこしいの偽善者でしょーか。。。。


話しは逸れるかも知れないけど、
最近、テレビを見ててもよく思う。

家だろうが、会社だろうが、学校だろうが、クラブ活動だろうが、、、
政治だろうが、、、なんも特別な領域などなく、
リーダーという人は、
資格や経験や経歴などより何より、
どれだけその人が、嘘がなくて、その人の真実に近いか、とか、
言動や振る舞いから、愛と調和の波動が伝わってくるか、とか、
身勝手ではなく、世のため人のためにどう行動するのがベストな道かを
「ちゃんと」わかってる人なんじゃないのかな。

経歴も経験もなくったって、
たとえば、一流の主婦は、一流の総理大臣にだってなれると思うわけです。
なーんも、変わらんと思うよ。家庭も政治も。

人々に真にエゴがなければ、
経歴や経験のある人が、そのリーダーを、周りでサポートすればいいねん。
我欲や妙なプライドも捨てて。

「こうでなくてはならない」という、ヨロイを捨てて。


効率的なシステムとかは、とても大事で必要なんだけど、
その仕組みの中で、長年経験を積むと、
知らず知らずのうちに、「こうでなくてはならない」というヨロイが
まるで皮膚の一部のようになってしまう。

そこに、ひずみが生まれて、、、
だから、そのひずみは、解消に向かうエネルギーを作り出す。

つまり。
壊れるという方向に向か出だしてるわけです。

だから。
「こうでなければならない」枠からはみ出した人が、
あるいは、「こうでなければならない」ことが、てんでわかってない素人とかは、
バカにされたり、さげすまれたり、「空気読めないやつ」とほっとかれたり、するんです。

だけど。
結局は、そういう人が、全体的に自然に起きてくるシステムのよどみを
解消する、キーパーソンなわけです。


ややこしくなってきました。

つまり、どんなことでも、
ガチガチのルールなんて、壊れるためにある、と思ってるわけです。

だから、ちょっとは息を抜ける、笑って許せる、
ゆるゆるのスペースは持ってたほうがいいのです。

柔軟性、ってやつかな。

祭主が言ってた。
木の構造は柔構造だって。
風が吹けばしなることが出来る。だから強いんだと。



今、介護の世界でも、「自立」という言葉が「常識」です。
とにかく、自分で出来ることは何でも自分でやってもらう。
それは、もう何度も何度も耳にする。

そりゃそうなんですよ。そうです。

だけど、これもすでに、コトバだけの、効率的なシステムとしての、
マニュアルでしかない、って思うことがある。

「こうでなければならないーーーーーっ!」と、
皆が声を揃えて、高々に唱えるようになったら、
それは、「壊し時」。。。。とか。思いませんか。



テレビの別のニュースでも、
泥棒だとか、詐欺とか、殺人とか、、数々の犯罪のニュースもあるけど
その犯罪の動機の多くが、「借金苦」とか、生活費が欲しくて、、とか、多い。

いつか、ある人が、家の鍵をかけずに出かけるのを見て、
「泥棒入られますよ~」と行ったら、
「泥棒は入らんと思ってるし、まー入りたかった入ったらええ。
お金欲しかったら、持って帰ったらええねん。」と言ってたことがある。

実は、私も思ってる。


ま~。
インディゴなのでシステムバスターな私は、
「こうでなくてはならない」っていうのが大嫌い。



そうそう。
BOSSのCM、太陽に吠えろ!編。オモシロイね~~~
ジョーンズ、最高~!

ゴリさんが言ってた。

「ヤツが悪いんじゃない。ヤツを生み出した世の中が悪いんだ。」


そうそうそう。パチパチパチ。


まったく。
このろくでもない、素晴らしき世界。


見る?




ほろ苦い夢でも見よう。

とりとめもなく、おバカな日記でごめんよ。いつものことやけど。うふ。



今日もおやすみだー!






やっぱり私は変人かな。

別窓 | 施設の神さまたち
『ふと、思うこと』
2009-07-02 Thu 23:10
CAVV8C56.jpg


「どんな未来に住んでいたい?」


「こんな未来に住んでいたい」という今の想いが
その通りの未来を創造してゆく・・・」

そうなんだ。そうだったかも知れない。それはきっとそうなんだろうと思う。


だけど、ふと、思ったんだよね。

「あれ~?
私はどんな未来に住んでいたいんだったっけ???」

戦争や飢餓や、貧困のない、平和で愛に溢れた世界。
緑がキラキラと輝き、人も動物も自由に生きる調和の取れた世界。

もちろん、そんな未来に住んでいたい。

理不尽な社会。不当な社会。
弱者が追い詰められてしまう世界。
まだまだくだらない権利や権力がはびこっている世界。

そんなものは壊れてしまわなければならない。

それはそう思う。

でも、なんか。

それは、「戦い」ではなくて。


目の前の、自分を取り巻く世界。
ここでただ、出逢った人たちと、縁を繋ぎ、心を紡いでゆく。
チカラを差し出し、内側から愛や歓びを溢れさせていたい。

そうゆう毎日を、ただ、生きていたい、と思う。


でも、矛盾なんだけど、
未来を過度に予測せず、今を生きながら、
自分のこの手で未来は創造するもんなんだ。

コトバって、時々、めんどくさい。
紙一重で、まったく違うフィーリングになる。

まったく同じようなことを言ってるようで、全然違う波動が伝わってくることがよくある。

まー、みんな見せてる側面が違うだけのことやけど。

力づくで創造する、変化を起こす、っていう役割の人もいるだろうし。

だけど、ひとりひとりが、自分を取り巻くささやかな世界で
幸せに満ちた側面を見、生きる選択をすることが、
そういう人たちの集合体が、
低エネルギーで安定地に落ち着く、自然の法則なんだろうと思ったりする。

丸いボウルにビー玉を入れると、
コロコロ転がって、勝手に真ん中の安定位置に落ち着くように。

太陽に向かって勝手に伸びる木が、美しいバランス取れた形をしているように。

今日も、道端の花に感謝を送りながら、
溢れんばかりの、愛のチカラを使いたいなと願う。


----------------------------------***

はい。7月になりましたね。
月食や皆既日食。お仕事以外の楽しみも続きます。

明日はお休みで、久しぶりに、「歌手」でーーす。

お友だちで、今年の確定申告でお世話になった、会計士の海崎女史。
彼女の事務所の2周年記念パーティーで、"From the distance"を歌わせてもらいまーす。

嬉しいな♪

今月は、7月11日にゴスペルのコンサートがあったりで
他のお休みはシフト希望出すの断念していたのに、
休みたかった日が2日も、奇跡のように「お休み」でした。

神さまのGiftやわ~~~。

ってことで、5日にゴスペルのバンドリハ。これもまた楽しいのだ。

7日は、満月らしく、千早のチンマイのところへ。
千早赤坂村では、蛍が見れるそうですよーん。

これから、棚田の風景とかもとっても綺麗になります。
観心寺や高鴨神社などの、聖地めぐりもお薦めです。

アムリタへ、どうぞ。(回しものではありません。)
http://amrtachihaya.blog66.fc2.com/

------------------------------------------***


そうそう。「未来」。

素敵な未来を思い描くことは大切なことだし、
未来は予測不能と、手放して、ただ今を一生懸命生きる、ってのも大事。

なーーーんか。
ほんと、どっちでもいいのです。すべて。(なんじゃそれ?)


ただただ、みんな、大事な時間を生きている。いつもいつも。

出会う人と、出会う出来事と、、、やってくる状況の中で。


私は、ただただ、一生懸命生きたいのです。
誰かや何かとともに。


ありがとう。
あなたがいたから私の時間がありました。
未来へと繋がる、かけがえのない一瞬がありました。


そんなことを思うわけです。ある夏の日の夜にふと。

すべての人たちに対して・・・。



今日はどんな一日でしたか?皆さま。
歓びも哀しみも、夢という別次元を通して、明日へと送りましょう。

また明日、新しい朝が、美しく始まりますように。



おやすみだーーー!!!
別窓 | 日記
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。