tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『アムリタのブログ&熊野・海の学校』
2009-06-28 Sun 23:22
IMG_3278.jpg

千早赤坂村、アムリタのブログが出来ました。

http://amrtachihaya.blog66.fc2.com/

PCが苦手なアムリタ店主、チンマイ。
私もスカイプでサポートしながらなんとか出来ましたが
ちょっとリンクがおかしかったりしてます。はは。スイマセン。

これからもきっと、千早の四季折々の美しい風景や、
天然女神の元に集う、素敵な人たちの話しとか、
彼女自身が発信してゆくことはたくさんあると思います。

応援してあげてくださいね~。


そして、そのアムリタからのお知らせです。


ハワイ、コナから、菅原真樹さんがまた来ます。
チンマイの希望もあって、熊野の海で「海の学校」を開催します。

『水の惑星・地球』
           ~水で繋がるすべてのいのち~

日 時:8月5日(水)~6日(木)
場 所:民宿みさき
    三重県熊野市新鹿町2-2(JR紀勢本線 新鹿駅)
    http://www.yado-misaki.jp/index.html


真樹さんは、ダイバーでもあり写真家であり、ヒーラーでもあります。
現在ハワイの広大な土地で、ヒーリングセンターを主宰されています。

菅原真樹公式HP http://heisoku.com/

日本フリーダイビングナショナルチームの監督としてトップアスリートをコーチ、
世界選手権にて女子総合2位、男子総合3位という結果を持つ真樹さんから
直々にシュノーケリングとか、教えてもらえます。

海の写真のスライドショーや、
海(水)という視点で、この美しい星、地球からのメッセージを伝えてくれます。

海の小さなプランクトンたちの写真は、
この美しい地球に私たちとともに暮す、小さな小さな生命の神秘を伝えてくれます。
それは、なんというか、自然からの無言のメッセージ。。

021_in-to-in-to-the-blue-planet052.gif

壮大な風景を見たら、感動して涙が出てくる、そんな感覚あるでしょ。
海の小さな小さな生物たちも、その姿だけで
私たちの心の深いところから、ピュアな本質を引き出してくれます。

そして、みんなで、海のゴミを拾ってキレイにしたり、散歩したり、
海の恵みを感謝していただく美味しい食事も。

大人も子どもも一緒になって、熊野で楽しい~~~夏を過ごしましょう。

私も、仕事お休みして、久しぶりに海で遊ぼうと思いまーーーす。

詳細は、アムリタのブログを。申し込みもアムリタまで。
http://amrtachihaya.blog66.fc2.com/


----------------------------------------

さーー。
また明日から新しい一週間が始まりますね。
私も、お仕事と、ゴスペルのレッスンで頑張っています。

世の中、色んなことが起きているし、
これからも、色んなこと、起きてきそうな予感だけど
いつもいつも、この世界に生きている証しとして
歓びに向かっていたいですね。

One for All、All for One の気持ちで。

毎日毎日、とってもHappyです。神さまありがとう。


おやすみなさーい。

素敵な夢を。
そして、素敵な、新しい朝を。


スポンサーサイト
別窓 | 日記
『夏来にけらし・・・』
2009-06-24 Wed 17:34
1

ご無沙汰ばっかりしてますが、皆たま、お元気ですか?
夏至も過ぎて、暑さが本格的になってきましたねー。

雨もすごくって、なんか気象関係、大変なことになってます。
雨上がりは、蚊も多いのか、こないだいっぱいいっぱい咬まれてしまいました。
痒いのなんのって。大変です。

施設の利用者さんたちの居室も、今とても暑く、
冷房を入れると寒くなったり、また人によっては暑さの感じ方も違ったり
と、温度調節がとても大変。

だけど、窓を開けて、もし蚊でも入ってこようものなら、これはもう大変なことなんです。
手も足も動かせない人にとって、虫刺されがどれだけ悲惨か、、
想像してみてください。
痒くて痒くてたまらんのに、決してかくことが出来ないストレス。
どんなにツライでしょうか、、、。

利用者さんの中には、とっても細かい細かいことまで
詳細に渡ってお願いというか、依頼やらされる方があります。

他の人の用事でちょっと部屋に入れば最後、
つかまってしまうと、あれやこれやとお願いされるので、
とても忙しい時間など、困ってしまうこともあるのです。

でもね。
どんなに大変でも、きちっとやって差し上げたい、と思うわけです。
絶対。

本当に、鼻の頭ひとつ掻いたり出来ないんです。
耳の穴が痒くて死にそうでも、掻けない。
こめかみに汗が流れても拭けない。
その汗によって、髪の毛がべたっとひっついても、払えない。

「ちょっと待ってください。今とても忙しいのですーー。」
と、(本当に時間がなくても)なかなか言えません。

(その間、おトイレや移乗を待たせてしまってる神さまたちごめんなさい)


あの「痒み」、私なら待てません。はは。暴れますわ。

そもそも、何もかも、自分で、出来ないのに、
何をするにも、誰かに、「お願い」しなくちゃならない。

あなたならどうですか?耐えられる?

誰だって、人に頼みたくない。迷惑かけたくない。
自分でやれることならやりたい。
だけど、出来ないんだから、人の手を借りるしかないんだから。

その方は、ある時から決めたのか、
してもらいたいことは堂々と「お願い」している様子。
それでも、遠慮したり、冷たくされても気にしないようにしたり、
常に、あきらめの気持ちも持っていたり。

思考も感情も正常で、話すことも聞くことも出来るから
そこに至るまでに乗り越えたものは、どれだけのものだったろうと思う。


本当に、こういう重度障がい者さんのケアをする人間は、
神のしもべのように、どんなことでもさせていただきます、という
奉仕の精神でないと、出来るものじゃないのかも。

そこまで自分の感情を消して、お仕えさせていただいて
はじめて「対等」なんじゃないかと思う。

だって、健常者なら、「普通~」に出来ることが、出来ない人がいるなら、
誰かがするのは当たり前、のような気がするのです。

大変なことだけど、
神さまにお仕えしていると思えばいいんだよね。

今のところ、私はそう感じるから楽しくお仕事させてもらってるし、
それを忘れず、肝に銘じていよう、と思っています。

神さまたち、いつも本当に、ありがとうございます。


------------------------------

お仕事も忙しいし、
早番、遅番に加え、夜勤も始まってきたから、
仕事から帰ってきたら、もうホントヘロヘロです。

最近つくづく、「日本のお風呂は凄い!!!!」と思う。
どんなに疲れても、熱いお風呂でゆっくりつかってぐっすり寝れば、
翌朝にはすっかり元気になってる。

それに、毎日神さまのお世話をさせていただいていると、
それだけで、もう、他に何も必要ない、とか思えてる。

今日は夜からの夜勤の日で、
朝からだーらだーらと家事をしてる。
だーらだーらと、テレビも見たり、本も読んだり、
銀行行って、美味しいランチも食べちゃったし、買い物にも行ってきたり。

身体はキツくても、お休みも多いし、待遇もとてもいい。
ありがたいことです。
お休みの日には、ゴスペルのレッスンや、釜ケ崎のお手伝いや、
木内さんの講演会や、友だちに会ったりと、、まったく不足はありません。

あれやこれやと、「何か」を求めあえいでいたのが嘘のようで、
日々、充実しているのです。

こないだ、テレビを見ていたら、
我欲を捨て、身を粉にして大きな奉仕活動をしている人が、

「大変じゃありませんか?」との記者の質問に、

「大変かもしれないが、それどころか、大きな歓びを感じてる」と答えてた。
眩しいほど、満たされた笑顔で。

我を捨てて、誰かや何かのために、自分のチカラを使えることが
それこそ、どれだけ「魂のレベル」を上げ、幸福感をいただき、愛を感じ、
神さまのご加護を感じられることか。

「スピリチュアルな覚醒」とかも、(そんなのがあるとして、、)
たぶん、自分のことはほっといて、誰かや何かのために奉仕することでしか
起きてこないんじゃないのかな、と思う。

今や、ほとんどが妙な紛い物ばかりになってしまった、「アセンション」も、同じこと。

人々の意識改革、でしかあり得ない。


私のような、ごく一般人のブログでも、読んでくださる方がいて、
釜ケ崎に関心を持つようになったり、
少しでも、誰かや何かのために、自分のチカラを差し出してゆけるよう
1歩踏み出したとメールをくれる人がいたり、、、

そうやって、ひとりでも生きてゆけるチカラを持つ自分が、
ひとりでは決して生きてはいけない人たちのためや、
人間のチカラを借りなければ、決してこの美しい自然の生態系を守れない、
「地球」さんのために、そのチカラを使う人が、
ひとりでも増えてゆくといいな、って思う。

「思っていても、わかっていても、何も出来なくて。。。」と言う人もいる。

私なんて、本当に大したことなんてやっていないし、
施設の仕事は、お給料いただいているわけだから、
何も、エライことなんかじゃない。

世の中には、無償で、誰にも知られず、ひっそりと、
あらゆる奉仕をされている人はたくさんいる。

大きなことは、大きなこと出来る人がやってくれる。

誰にでも、ひとつくらい、ささやかな奉仕は出来る。
公園のゴミ拾いでも、捨て猫の世話でも、
道に迷ったおばあさんのお世話でも、
わずかな金額でも継続的な寄付とか。。。

今まで見てみぬフリをしてきたことを、
真正面からしっかり見ること。感じて、知って、チカラを差し出すこと。

それが、とっても大切なことなんだと思うんだよね。それこそが。

ひとりがひとりを救ったとしたら、
つまりは、1億総人口全員が救われるってこと。

「私には何も出来ない。何もしていない。」と、
罪悪感にさいなまれるくらいなら、毎日ひとつ何かすることを
ただ、始めてみればいいんだと思う。


ひとりが始めれば、そのひとりに影響される人は必ずいる。
その連鎖を思うと、
「ひとり」という単位は、壮大なエネルギーの「種」だということ。


近くにいる、ホームレスの人におにぎり持って話しかけてもいいし、
「ガイドヘルパー」という、重度障害者の人のお手伝いをする仕事もある。

「やりたいけど、お金も時間もない」って人は、
そういう仕事を探してもるのも いいと思う。

実際、私もそうだもの。

ガイドヘルパーは、数日の講習でなれると思うし、
ボランティアでも、短時間のお仕事として収入を得ることも出来る。

(本当に、ガイドヘルパーは必要で、助かるお仕事なんですよ~~~)

介護ヘルパーの仕事もそうです。
今や最も必要とされる職種。

ひとりでは生きてゆけない人のお世話が出来て、生活の糧もいただける。

色々探してみれば、いっぱいある。


「情けは人のためならず」というけれど、
本当に、奉仕させていただくということは、
お金儲けや地位や名声を得ることなどより、
遥かに幸せを感じることが出来る。と、思ってます。

---------------------


うーーーん。
我欲を捨てて世のため人のため、、、って。

これって、難しいことなのかな。

何も大きな大それたことをしようってわけじゃないんだけどね。
施設の若いスタッフさんたちはストレス溜めてるし、
神さまたち(利用者さん)に、不平不満、怒りも溜まってる。。
仕方ないとと思う。若いのにこういう仕事選んで、それだけでエライな!て思う。


まがりなりにも半世紀、色んな体験をし、
さまざまな感情の起伏も体験し、
何もかも、良い意味で「どうでもよくなった」おばちゃんだからこそ、
こんなキレイなことが言えるんだろうか。

我欲に凝り固まったり、
恨みつらみを晴らすことに多くの時間を使ってたり、
人間らしい歓びや哀しみに振り回されていたり、、、
子育てや恋愛や、お金のやりくりの悩みが人生のすべてだったり、、、

そういう、この愛すべき3次元でしか出来ない貴重な体験も、
その、日々のあらゆる感情をしっかり感じきるまで逃げずに通って、
そして、卒業してゆく、、、大事な体験なのかもしれないね。

そう思うとさ、
世の中、だーれも、間違ってる人、いないように思えてくるんです。

「あーー。そうなんだ。今、そうなんだね。」としか。

いえいえ。私もそうですよ。悟りの境地に至ったわけでもなし。。。
ただ、今生を最後に、もう2度と生まれ変わるつもりはないので、
死ぬ直前には、その境地にいたい、と、思うわけです。はは。


-----------------------------

またまた、ただ更新のために、だらだら書いとりますねー。
スイマセン。

4244

釜ケ崎の、お昼の炊き出しの時に、ちょこっと撮らせてもらった写真です。
ここ「三角公園」では、毎週火曜と土曜、「勝ち取る会」という炊き出しがあり、
ボランティア希望の方は、11時までに行けば、仕事を割り振ってもらえます。

ここは、お手伝いよいうより、「教育してもらう」つもりで行くといいかも。

また、その他、釜ケ崎については、いつものMattewさんと繋がれば
色々教育してもらえます。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1810353

いつか千の雫でも、勉強会をさせてもらおうか、と思っています。


----------------------------


来月は皆既日食もあり、今年の夏はとても楽しみ。
8月には、アムリタのチンマイと、ハワイの菅原真樹さんとのコラボで、
熊野の海で、海の学校がありますよ。

「水の惑星~地球」というタイトルで、ビーチクリーンもやるそうです。
8月5日6日、一泊二日の予定です。

※この熊野の海、地名が、「新鹿」というところらしいです。
 (新しいバンビ)みたいで、嬉しくて勝手にニマニマです。スイマセン、、、

希望者は詳細またUPしますので、お楽しみに。

木内さんの講演会も、8月29日(土)、大阪本町であります。

こちらも追ってお知らせしますが、興味ある方、メールくださいね!


さーー。終わります。
食事の支度して、夜には出勤です。(夜の蝶~)



では!
皆さま、熱い熱い夏を!!!

God Bless You~~~~!All!!


*おまけ
6242
父の日・母の日合同プレゼント?あおの似顔絵もらいました~♪


別窓 | 日記
『ゴスペルコンサートのお知らせ』
2009-06-15 Mon 21:57
gospel

Gospel Summer Concert
       第29回なにわブラック・ペッパーズ定期公演

日 程   2009年7月11日(土) 開場18:00  開演18:30
会 場   クレオ大阪中央 (地下鉄谷町線 四天王寺夕陽ケ丘駅 1番出口より北東へ徒歩3分)
料 金   前売り¥2,000 当日¥2,500 中学生以下¥1,000(前売り・当日とも)幼児無料

出 演   なにわブラック・ペッパーズ Eternal Voices NBP Men's Choir
       他シスター・クワイア
        Sasapong(Pf.Key) 山本 憲之(B) Larry Marshall(Dr)

主 催   なにわブラック・ペッパーズ
後 援   大阪府 豊中市 豊中市教育委員会 社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会

詳細はなにわブラック・ペッパーズのサイトへ
http://www.naniwablackpeppers.com/html/top.htm

※このコンサートは、なにわブラック・ペッパーズによる手作りのコンサートで非営利事業です。
 障がい者手帳をお持ちの方と介助者の方をご招待させていただいています。
 詳しくはサイトからお問い合わせください。

別窓 | ゴスペルライブお知らせ
『ある日の覚書』
2009-06-11 Thu 23:51
susanoo

毎日があっという間に過ぎて、
どうしてもPCに向かう時間が減ってしまいます。

仕事は大変だけど、月に10日はお休みをもらえるし
アルバイトという形で、しかもこの年齢での就職でありながら
有難すぎるほど待遇が良くて、もう本当にすべてに感謝の気持ちです。

日記を更新していなかったあいだも、
釜ケ崎の巡回に二度行ったし、こないだの火曜日は炊き出しのお手伝いも。
Matthewさんがいるからこそ、こういうことに参加させてもらえる。
その日は、炊き出しの後、ランチをご一緒させてもらいながら
色々お話し聞かせてもらいました。

本当に勉強になります。

世界を、あるひとつの方向からしか見ていなかったか、
あるいは、嘘や虚飾というベールの上からしか見ていなかったか、
本当に、この目にはいったい何枚の鱗が付着していたのか、と思うほどです。

ぜひ、皆さんも、Matthewさんの日記、読みに行ってくださいね。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1810353

そうこうしながらも、来月7月11日には、ゴスペルの夏の定期公演があり
そのレッスンにも行ってたり、
木内さんの話しも聞きにいったり、
今週末にある、仲間の結婚ぱーりーの準備もあったり、、、
またまた今年の夏は面白そうすぎる予定が山ほど入ってきたり(後日公開)と。。。

やっぱりどーー考えても、ワタシはいつもながら、ターボー。。。なのです。

(本当~~に、時間の概念がないというか計算できないというか、、
 欲張りというか、疲れを知らないというかなんというか、、、おばかでしょーか?)


------------------------------------

でーーーー。
ともかく。今日は全然話題を変えて。
ある日の覚書です。

写真は、先日も載せたんだけど、素盞鳴尊(スサノオノミコト)神社。
いつも山の水を汲みに行くところ(茨木市)の、通り道にある神社です。

前からここにスサノオさんの神社があるのは知っていたけれど
一度も行ってみたことはなかったの。

日月神示を読んでいると、スサナルとか、スの大神さまとか、
つまり、スサノオさんのことだけど、「素盞鳴尊」という字でよく出てくる。

ちょうど。5/23がお休みだったので水を汲みに行きがてら寄ってきました。

人に教えてもらなわないと見過ごしてしまうような
細い道を入って行くと、小さな小さな神社がありました。

ここはもともと、地元の人の氏神さまで、
素盞鳴尊が祀られたのはごく最近(明治とか?)らしい。

私は、難しいことは全然わかってないけど、スサノオファン。^^
だけど、きっとこの神社は、私の「好き」な、スサノオさんとは関係がない、って思ってた。

でも、日月神示について色々知るようになって、「はっ」と気づいたことがあって。

日月神示は、岡本天明という人が書いた(というか神がかって降ろされた)んだけど
日月神示にも繋がり、もともとの「神示」というか、なんというか、、、
とにかく、関係が深いと思われる、出口王仁三郎は、亀岡の出身なんだよね。

(※大本教とかの特定の宗教団体について私は詳しく何も知りません。念のため。。。)

この神社はたぶん、大阪や箕面・茨木方面から亀岡に向かう道だと思うの。
大阪亀岡線??

出口王仁三郎は明治生まれだし、
もしかして、亀岡から大阪方面へ向けて、このあたりを通ってたかも、、

とか、色々思いめぐらせると、ワクワクしてきて、行きたくなったわけです。

神社に着くと、人っ子ひとりいない。だーれもいない。

3羽の黒くて美しい蝶々が出迎えてくれた。
本当に近くに寄ってくるんです。

写真を撮ろうとするんだけど、そうすると逃げてしまう。
じーーっと静かにして、また現れるのを待つけど、消えてしまった。

あきらめて、また歩き出すと、なんと、またどこからともなく出てきた。

後で思ったんだけど、蝶々って、空気の動きに反応すんのかな。
誰かが来て空気が動くと、蝶々も動く。止まると居なくなる。


2

本殿は真新しくて、特に何も感じない。

神社は、だいたい、裏に真実があるとかいうし、
本殿の裏に回ってみた。

ミシ、パキっ、、と、上のほうで何度も音がするので見上げてみたら、
ちょうど真上に、太陽があって、うっすらと日輪が。そして、龍雲(・・と思えば龍雲)。

nichirin1

nichirin2


3羽の黒い蝶と、太陽と日輪と龍雲。

まぁ、「ようきた」と、歓迎してもらったと決め込んで、
思わず手を太陽にかざして、祈った。日々の感謝とともに。

表側に戻ってきて、本殿のまん前に、石がひとつ落ちてた。
白っぽい石で、真ん中に、「ゝ」と黒い天があったのでおみやげにいただきました。


・・・・・

色々感じるところやシンクロは、大いにあるのだけど、、、、
なんというか、どっちでも良いことやし、、、やめとくとして。

ひとつ面白かったのは、
この神社の50mくらい下に、こんなのがあったの。

hituki

左には、「浄土宗 宝蔵時」とあるんだから、お寺?

右側を見て驚いた。「日月??」の文字が。(何て書いてあるんだ?)


・・・・

帰ってきてネットで知ったのだけど、
この日(5/23)、江ノ島で、神人さんの大きなライブがあったらしく、
そこでも日輪が出たようです。


何か意味があるかも知れないし、何もないかも知れない。

ただ、
今年に入ってからは、自分自身も、世界も、
大きな変化を感じるし、「始まり」の予感は、誰もが感じているところだと思うのです。


今日の日記は、「ある日こんなことがありました。」という覚書です。


これが誰かにとって「符号」であるなら、どうぞ持って帰ってください。


----------------------

最近、思うんですよ。つくづく。

日月神示は、人間が「神がかって」書かれたものだし、
日本の「神さま」の名前がいっぱい出てくるし、
霊的というか、いわゆるスピ系でも、老舗というか、
根強いファンも多い。

だけど、ここに書かれていることのベースは、つまり。

「人間として、どう生きるか。」 なんだよね。

人として、誠実に、真面目に、誰かや何かのために、、、とか、
身体も魂も、せいぜい掃除して、神である万物に心から感謝し、
今までのひどい在り方を反省し改心して、御霊を磨きなさい。と。

結局、ブッダもキリストも、ありとあらゆる歴史に残る宗教家とかは、
神秘的な雲の上の、偶像的な神さまではなく、
人として誠実に生きた生身の人で、
その人たちが伝えたかったのは、結局、「人としての在り方」。

苦行や、祈りや、ある宗教団体への入信して、「神」をあがめ祀れとか、、、
そんなことではなく、ただただ、真面目に生きる。

我欲を捨てて、自分のことなどより、もっともっと人のため地球のため、
あなたのそのチカラを使いなさい、と。

お金や名誉に振り回されることなく、
不平不満に使う時間があるならば、
世のため人のために、その生命のある限り、一生懸命生きなさい。
たった一度のこの生の、本来の輝きを放ち続けなさい、と。

「神さま」の教えは「感謝すること」。


とにかく、覚醒とか悟りとかって、
苦行をしたり、何ちゃらのワークや祈りとか、
紙一重で、全然とんちんかんなことしてる人も多いし、
遠くにある光り輝く星に手を伸ばして、何かつかんでやろうと躍起になるより、
目の前にいる人を愛し、すぐそばで助けが必要な人を助け、
日々感謝の気持で、我を捨てて、誠実に生きなさい。と。

あれ??おんなじことばっか言ってるね。
それに、そんなこと、たくさんの人が言ってることやし、
知ってることだし、もう耳にタコやし、うざいうざい?

神仏の教えは、シンプルなんですよね。
そう。みんなみんな、知っていること。

知っていることと、その通り生きるということは、天と地ほど、違うんだよね。

神仏の教えは、とうてい完璧にはできないほど、難しい。

だけど、それに向かってゆくことが、神の道。かんながら。




突然ですが、寝ます。
覚書、終わり。

読んでくれてありがとう。神さまたち。





別窓 | 日記
『元気です。めっちゃ元気です』
2009-06-09 Tue 01:07
nichirin2
*5/23 日輪。素盞鳴尊神社で。


えーーーーーーーーー??
2週間ぶりですか。今日付見てびっくりです。

スイマセンすみません。
本当にとても元気です。

施設でのお仕事は、本当に楽しくて、
この年にして、天職に出会えたのかも、と思うほど充実していますよ♪

仕事が終わると、さすがに身体はいつもヘロヘロなんだけど、
心はとてもホクホクとしていて、
ホント、何て言えばよいか。。。
毎日、内側から、「愛やら感謝やら」が溢れ出して、
いや、身体から噴出してる感じで。(オーバー)
泣きそうな感覚になりながら自転車こいで帰ってきてます。

これは何なんだろう、と思う。不思議なほどです。


施設の人たちは、重度の障がいを持つ人たちばかりで、
誰かのサポートがなければ、ご飯を食べることも、排泄も、出来ないのです。

決して決して、ひとりでは生きてゆけないのです。この人たちこそ。。。

本当だったら、そういう人がたったひとり、
家の中にいるだけで、もしかしたら、とても「悲惨」で「不幸」なことなのかも知れない。
いえきっとそうでしょう。

障がいを生まれ持った人もいれば、
交通事故や病気によって、人生の途中からそうなった人もいる。

今ここでの生活に至るまでには、
山ほどの哀しみや、計り知れない苦労を、乗り越えてきただろうと思う。

だけど、ここで過ごしている彼らは、とてもとても明るいのです。
「普通」に、愚痴や文句も言うし、楽しく対話もしてたり、、
なんか、特別言うのもおかしな話しやけど、
「悲惨」とか、「不幸」とか、という言葉が、そぐわないのです。

あーーー、言い方が変です。ごめんなさい。


とにかく、、、、
最近、よく思うこと。

もし、今、大地震でも来たら、、、
家族は皆、手も足も口もあるし動くんだから、なんとでもなるだろう。
死ぬ時はどうやっても死ぬし、生きてれば、きっとどうやってでも生き抜くだろう。

だから私は、そうなったら、即、施設へ来るぞ、と思う。

この人たちは、誰かがいないと、即刻、生きてゆけないのです。


昔、子どもを産んだ時、、、
毎日毎日、夜中に起こされて、泣かれて、、おっぱいあげて、、
育児は大変だけど、子どもの顔を見て、しみじみ思ったことがある。

もし、私が今、この子を、放ったらかしにしたら、、、
おっぱいもあげず、オムツも替えず、育児放棄をしたら、
この子は、死んでしまうんだなぁ、、と。

「自分がいないと死んでしまう」
「こんなに自分を必要とする存在に、今まで会ったことがない。」

そう思ったら、愛が溢れて溢れて、泣けて泣けて。

「あーーー。こういうのを、母性というのか。」と。


今、それに近い気持ちかも知れません。
いや、彼らにとったら、迷惑な話かも知れませんよ。
私になんて、別にそばに居てもらわなくてもいいかも知れません。はは。

でも、この、毎日、内側から、「噴出」するかのような「愛の感覚」は、
「母性」に、近いものがあります。

勝手にこんなこと言ってごめんなさい。
押し付けがましい愛なんて、要りませんねぇ。


どんな人の中からも、愛を引き出してくれる存在。
そういう存在こそ、神さまじゃないですか。本当に。


『「神さま」は、偉大で完璧で、どんな時でも私を見捨てず愛してくださる存在』

今まで、そんな風に思ってませんでしたか。
いえ、もちろんそうかも知れないんだけど、

「神さま」の真実は、

『最もか弱く悲惨で不幸で、どんな人の中からも、慈悲や慈愛のこころを
 引き出さずにはおかない存在』 なのではないのかな。

『「神さま」は、
「神さまお願いします。私の願いを叶えてください。」と、祈り、すがる、存在。』

ではなくて、本当は、

無心で無償で、お世話をさせてくださいと、思わせてしまう、
そんな存在なのではないのかな。


私は、毎日、神さまのお世話をさせていただいてる気がしてます。



-------------

いやーー、、、、。
キレイなことばかりいっぱい書きました?

ごめんなさい。

もっともっと書きたいこといっぱいあるんですけどね。
もう、ケアスタッフの裏話や、利用者さんたちの笑わずにいられない妄想話や、
ホント、いーーっぱいあります。

外から見れば、美談に見えることも、悲惨に見えることも、
どちらも、そのど真ん中に入ってみれば、「社会の縮図」なんだよね。

次元や側面は、色々あるけれど、
幸せも不幸も、歓びも哀しみも、平和も悲惨も、、、
それなりの次元で、どこにでも存在するんだよね。

だから、本当に、何が正しくて何が悪いか、
何が幸せで何が不幸か、、、、まったく、わからん。

外側のものさしなど、無意味。なのです。

本当に、
ただ、今、自分は、どういう側面を生きるか。
どういう感情を持つか。どう在りたいか。

生き方を、自身で、創造し続けるだけ。なんだよね。


伝わってるかな。。。
難しいんだよ。コトバにするのは。


釜ケ崎ルポのシリーズ、読んでください。
ここで教えられたことも、いっぱい、私の言葉になってます。

「神さまの声」
http://newbanbing.blog107.fc2.com/blog-entry-342.html

「Home」
http://newbanbing.blog107.fc2.com/blog-entry-331.html


そうそう。日月神示も、読んでください。
空いた時間や寝る前に、いつも読んでます。
この影響も大きいと思う。
http://hifumi.uresi.org/


・・・・・・・・・・

いつものように、突然ですが、寝ます。
変なこといっぱい書いたかも知れないし、
もっともっと書きたいこといっぱいあるけれど、

まーー、とにかく。今日は更新です。

相変わらず、おばかでドジで、そして愛に溢れたAtsでつ。


更新してなかったあいだも、ここに来てくださった皆たま、
本当にいつもありがとう。感謝でいっぱいなのです。(泣き)


なので、愛する皆さまも、いつもいつも幸せでいてください。


また、明日、新しい朝に、「幸せ」という側面を、選択できますように。


God bless you,All !!


おやすびなさーーーい!


1


別窓 | 施設の神さまたち
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。