tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ゲデバン銀メダル!!』
2009-03-29 Sun 18:32
gedeban

先日の日記でちょっと紹介した、
千の雫プロジェクト副代表ゲデバンが参戦した、全国技能グランプリ

彼女は、全国から集結した500人を超える匠たちを代表して選手宣誓をし、

sensei


そして、この建具の部門で、なんと、2位!!!という結果を残しました。

gedeban2*ゲデバン入魂の建具

神戸新聞

いやー、スゴイ!

先日、お祝いに、大好物の「から揚げ」をご馳走するため
我が家にご招待しました。

それにしても、この建具、、、
仕上げるのに、11時間。
それを完璧にするため、来る日も来る日も休まず練習。

ほとんどが男性社会の職人分野で、堂々の2位。

これからの時代をリードする、大事なポジションに付いた感じです。

とにかく、おめでとう!!!
あなたの頑張りには、涙出るほど感激です。

侍ニッポンは金メダル。女侍ゲデバンは銀メダル。

カッコイイ男たちと、カッコイイ女たち。


おめでとう!!!


-----------------------------------


ところで、、、、、

春分過ぎたのに、寒すぎませんか~?

まったく、長い冬です。

皆さん、風邪ひかないようにしてくださいね♪



こんな、丸くなって、寒さをアピール。

*白黒パンダのボール (HAL@猫です)
hal

*茶色いボール (momo@犬です)
momo

すべてのサブイ人たちに、一日も早く春が訪れますように♪

スポンサーサイト
別窓 | 日記
『星に軌道があるように』
2009-03-29 Sun 12:02
hoshi*image

星に軌道があるように
   ~Life is like a star orbit~
                           word by:ats


自分のいびつさが 時々イヤになる?
うまく生きられないと 泣いた夜もある?

数々の失敗や 我がままで身勝手で
そんな自分に 打ちのめされるほど?


星に軌道があるように あなたにも道がある
かけがえのないいのち 照らし続けている

どんな時も 気づかなくても
見失ったり 迷い惑わされながら  

Sometime you think that you lost a way
Sometime you have to say Good by to someone
But please remember you are always perfect
The life is like a star orbit



でも今立ち止まり 振り返ってみる
そう在ることしか出来なかった道

まるで最初から決まってたBlue print
忘れていたコンセプトを思い出す


星に軌道があるように あなたにも道がある
間違えようもなく 道は続いてゆく 

泣きながら 笑いながら
転びながら 愛し愛されながら

Sometime you cry in the dark and sadness
Sometime you feel alone in this too big world
But please remember you are never alone
And we will go with you all the time



星に軌道があるように それは伝え続ける
ありのままの自分を 受け入れられるまで

出逢ったり 離れたり
重なったり 行きつ戻りつしたり

Sometime you think that you lost a way
Sometime you have to say Good by to someone
But please remember you are always perfect
The life is like a star orbit

Sometime you cry in the dark and sadness
Sometime you feel alone in this too big world
But please remember you are never alone
And we will go with you all the time


The life is like a star orbit

hoshi3


別窓 |
『Breath of light』
2009-03-25 Wed 15:25
3251

寒くて、、、なのにあったかい、今日です。

もう長いこと、めっきり「メッセージ」とかが読めなくなってます。
Arrived Energy On earthの更新も、ずっと滞ってて、スイマセン。

正確には、読もうとしてるんです。
全体をさーっと眺めてみて、
「あ」と思うところは、時間をかけて読んでみたり。

「そう」意識しながら生きていると、
世界と自分は常にシンクロしているし、
宇宙全体の動きであり、それでいて、とてもパーソナルな動きでもある。
宇宙の動きに降伏して、ハンドルを手放し、思考や感情を手放して、
ただ今にある、自分の目の前に光照らされる道を、ゆく、お任せ状態でありながら、
とてもクリエィティブに、自ら選択している、独自の道でもある。

変な意味じゃなく、
自分の状態は、世界の状態の象徴だ、って思うから、
もうメッセージは読まなくてもいいのかも知れないね。

翻訳者のJueuxちゃんも言ってたけど、
もう、私たちがメッセージ。(って自分が書くとエラそうで可笑しな感じだけど・・・)

自分が想うこと、行動に移したいこと、シェアしたいこと、
それをそのまま、ここに書くことで、ちゃんと全体のメッセージとリンクしてるんだろうと思う。

そう信じられるのも、ここまでのプロセスから、ごくごく自然な感じです。

必要な人には、きっとちゃん届いているんだろうから、
私が、Arrivedのメッセージをシェアするお仕事は、終わった、ってことかな。

いえ、もちろん、これはぜひともシェアしたい!って思うメッセージは
必ず紹介しますよ。


そうそう、だってね、光の息吹さんが復活してるのご存知ですか?
カレンが、戻って来てるんです。

昨年10月末、最後のエナジーアラートが出て、カレンはこう書いていましたね。

>今までにもまして、答えは私たちの心の中にあります。
>この役目を完結させるのは、あなた方ひとりひとりなのです

本当に、ひとりひとりが自分の魂の約束のもと、動き出すこと、
自分を真に信頼して進むこと、、、その準備の時だったと思う。

色んな調整があって、色んなしんどさがあって、
目に映る古い世界の在り方が、耐えられなく不愉快だったり、
逆に、自分の卑小さを嫌悪したり、誰かを傷つけたり。

それぞれ、さまざまに、「打ちのめされ」たり、
そして、あり得ない出来事にも遭遇したりしたよね。

修羅のように、最後の断末魔の叫びを上げていた、
執着や依存、怖れからくる自己防衛のための怒り、などなど
古い感情の象徴は、あちこちで、「終わった」。

そう。私たちに代わって、私たちの代表として、浄化の道を選んだ。

わかってはいたけど、全部全部、準備だったんだろうと思う。


いつもいつも、
間違えようのない、シナリオに沿って、私たちは進んでるね。

まだ続いてるし、手放すべきものはまだたくさんあるし、
もう、待ちくたびれるほど、待ちわび過ぎた気もするけど、

それでも、いつも、そのままが「道」なんだね~。


本当に、古い世界とサヨナラするのは、どれほど時間を要することか。

過剰な感情や思考で存在するという、馴染みすぎた在り方は、
客観的になることすら、難しいことだったと思う。


とにかく、私たちはやり遂げて、再度、始ろうとしている感じですね。


なかなか進めないけど、
ただ、今は目の前のヨロコビと共に、ここを通り過ぎるだけ。

いつまでもいつまでも、ただ待ってる気がして、疲れるけど、
決してただ待ってるわけじゃなく、
はっきりと、新い繋がりに進化して、新しいクリエイトは進んでる。


それを信じることだけは出来るね。


カレンの新しいメッセージ、Wingsの日本語訳、光の息吹きはこちらです。

特に、2/25のメッセージは、
久々に、響きまくる、シンクロメッセージでした。

ありがとうございました。


さあ。
ただただ、行こう。この道を。



別窓 | 日記
『色々・・。そして色占い』
2009-03-24 Tue 00:28
3235

なんだかー。
暖っかかったり寒かったり、晴れたり大雨だったり。
アンバランスの象徴のような、3連休でしたね~。

3232

春分の日は、曲作りでコーナスにお篭り。
やっぱ、こうして、自分の家じゃない場所で、
何かに集中して過ごすのって、大好きです。

曲は、、、サビのみ完成。;;(えーーーー。5時間も篭ったのに?)
いーんです。こだわりの創作でつから。

おかけで、鼻歌は、Aメロ、Bメロと、範囲が広がりました。たはは。


「想い」が、、、、、
「音」という乗り物を得て、世界を旅する。。。

歌って、そんな感じですね。

多次元にあるイメージが、この次元に降りてくるためには
音、という型(パターン)が必要。

まるで、本当に、、、人がこの世界に産まれ出るのと同じです。
身体という乗り物を得て、多次元にいた「存在」が、顕れる。
「私」という、パターンを、生きる。

あーーーーーー。
人間って。人間の持つ想像力(創造力)って、スバラシイ。面白い。

--------------------

そして翌日。
Sisterゲデバンが参戦?してる「技能グランプリ」を応援に。

3234

女性なのに、とても男前な彼女は、建具職人。
2日間で、こんなスッゴーイ建具を創るのです。

3233

いやーーー、これも凄かった。

この日のために、ものすごーーーく集中して、頑張ってきた彼女。
そのプレッシャーと達成感は、相当のものだと思う。

めちゃくちゃ尊敬します。
頑張ってる人は、カッコいいよね。本当に。


モノを創るって、素晴らしいことだね。
次元を繋ぐというか。

イメージ(別次元)の段階では、「絶対無理!」と思えることも、
チカラをひとつひとつ、心をひとつひとつ、込めてゆくことで、
こうして、この重い3次元に、物質化出来る。

想いの成せるワザ。かなぁ。

そう思うと、サイババのビブーティーやアムリタも、あり、って感じだね。


さまざまな人による、さまざまな創造の産物が、
この地球にはたくさんある。

自然の産物とはまた違う、やっぱり、想いが形になるという、
自然の一部である人間の、チカラ。唯一、ホモサピエンスの持つ、力。


この体験領域、3次元って、スバラシイところだな。そういう意味では。


真樹さんも言ってたけど、
自分にリミット(限界)をかけない、って大切なことだな、と思う。

私たちは、ホントウに、無限の可能性がある。

出来ると信じた分だけ。

うん。
これからも、どんどん、自分で決めてしまったリミットを、越えてゆきたいです。


-----------------------------

そして、昨日は、ゴスペルのレッスンへ行って~、
今日は、介護ヘルパー2級の、終了式でした。

3231

インディゴな私は、「資格」とか大嫌い。
なので、運転免許以外には、何も持ってませんでした。

これも、私としては、初トライ。
自分で決めた枠を、ある意味破った、ってことかな。

どんなことでも、「達成」した時の快感は、人間ならでは、のこと。
別次元では、楽しめない感覚だよね。

お世話になった先生がた、ありがとうございました!

さーー。仕事どっすっかなーーー。


---------------------------------------

そしてそして、さっき、mixiで見つけて大ウケした、色彩気学の占い。

素敵な空の写真に魅せられて、フラフラとおじゃました、
ブライトアイさんの日記で見つけました。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4244049


誕生日に色があるなんて、、、知らなかった。
4色あるそうです。

意外なよーで図星のよーで、笑いました。

いやーーーー、めちゃ面白かったので紹介しまーす。

まだ眠れない人、ぜひやってみてねー!

http://nijinet.com/index.html

----------------------------------------

☆Atsの結果☆

誕生日:19○○年12月10日 火曜日生まれ

誕生色

<黄金>

不滅のものを追い求めていく人(芸術関係)
おおらかな人徳の持ち主
浪費型
一生お金には困りません
誇り高き自信家
楽天家
指導者として力を発揮する
富の色(江戸時代の小判、黄と橙)

論理的な思考能力、橙 - 向上心に優れている
誇り高き人生(思考の理想を抱くことが大切)
直感力(ビジネスチャンス)があり、お金、地位、名誉など全てのものを手に入れる可能性あり
お金があっても無くても気にしない性格(とにかくよくお金を使います)
破滅の原因はいつも途方もない夢です。落ち込んだときは金製品を身につけることです。
宝石では、ゴールド


<黒>

限りなき発展性と神秘なイメージを持っている。
無限の力があり、ピンチをチャンスに変えるパワーがある。
警戒心が強く、慎重。
義理人情に厚い人。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の世界、宇宙の黒い空間
自分の世界観を持ち、ひとりで閉じこもる
世俗的な話しには興味を示さない/警戒心が強く、慎重になる
逆境に強い精神を持っている(ピンチをチャンスに変える力を持っている)
片思いの人は好んで黒を着る
他人と区別するため黒を使う
宝石では、オニキス(永遠性)


<黄>

理論的な思考能力を持ち、好奇心が旺盛な人。
神経を張り巡らしている人。
新しい情報に敏感。
明るい性格で、優れたビジネスセンスがある。
地球の「大地」をイメージ/春花の色、福寿草、タンポポ等黄色の花
信頼、信用の象意がある(コミニュケーションの色)
明るい陽気な性格、しかし突然暗くなる(批判精神)
(夜空の花火=華やかな一面裏側はさびしい)
黄色のシャドー(影)=妬み、嫉妬の色
自閉症を癒す色(アトピーとの関係)
黄色は危険信号(トラ、蛇)遠くからよく見える色
宝石では、トパーズ(友情)黄


<桜>

礼儀正しく、折り目の正しい「徳」のある人
細かい気配りをする人。
女性的な直感力を持っている人。
理想の高い芸術センスあり。
子宮内壁の色(母性本能の色)(白と赤)
人から好意を得たい人、人に嫌われたくない人(他人への感心が強い)
人の世話をよくする
子宮でものを考える人-第六感が発達している
母親との絆が強い(子宮でのつながり)
子宮関係の病気と関係がある
他人への依頼心が強い(他力本願の人)
使ったお金が必ず帰ってくる(祝儀)
人の援助を受けて育つ(妬まれる)(芸能人にはなくてはならない色)
宝石では、パール(富貴)


特殊色

<コーラル>

「橙と赤」「櫻と黄」
美的センスが抜群で物事を調整する能力を持っている。
珊瑚礁が住む海底のように自分にふさわしい美しい環境が必要な人。
自分がおかれている環境に満足ができません。
他人の話をよく聞いてあげ、奉仕の精神が強い人。
愛情面での体験が豊富です。



別窓 | 日記
『天から地へ。内なる整列の日』
2009-03-19 Thu 22:09
3192

あったかかったねーーー。ここ2日間。

フードバンク講演会&勉強会のことで動き回ってました。
今日は、市内のボランティアセンターや、福祉協議会などなど約7ヶ所、
ポスターとチラシを持って告知のお願いに回りました。

懐かしい、、、、
こうやって、名刺、ポスターやチラシ、事業主旨書みたいなのを持って、
20年、あっちこっち廻ってました。

それにしても、すべての体験が、いつでもどんなことにでも対処出来るような、
強靭な(毛の生えた)心臓と、
どんなお偉い人でも、みんな、「ただのおっちゃん」と思える、
良い意味で、人間関係においての「悟り」のようなものを、体得してるなと実感してます。

つまり、自分も、「ただのおばちゃん」であることを、よーく知っているからこそ、
大きくなることも小さくなることもなく、等身大でいられる。

それが、このAtsの良いところ。(自画自賛)

まー、時にそれは、おバカな恐れ知らず、、、になったりするのですが。。。

とにかく。
すべての、今に繋がる体験に、感謝感謝です。ありがとう。

--------------------------------------------------

明日、お彼岸。春分の日ですね。
1年は早いです。

毎年、長い冬が明けて、光と闇、昼と夜が統合され、逆転する区切りの日、
春分の日は、いつも何か、分岐点のような感覚があります。

本当は、明日から3日間、富士山の見える某所へ、
ウン十年間、内側に溜めに溜めまくってる、未解消のモノたちを、
スッキリ浄化しに(つまり人知れず森の中で大暴れ)しに、、、行くつもりでした。

だけど、直前になって、取りやめることにしました。

金銭的な問題が一番で、本当はちょっぴり行きたい気持ちもある。
でも、結局、行かない選択をしたことは、
大きくブレイクスルーする勇気が、今はまだ準備できていないんだろうな。


春分の日が近づくに連れて、日常の中でも変化が起こり始めてます。

次男が、大学を辞めたい、と、コクハクしてきた。バスケの練習にも行ってないと。

(そんなん、見てたらわかりますやん。今まで聞いても何も答えなかったくせに・・・)

もーー、小学校の頃と、何も変わってない。
叱られると思うと、言葉よりも先に涙が出てきて、
まるで、「えーん。ごめんなたーい。もーしませーん。」と、言いながら
翌日すっかり忘れてまたやらかしてくれてた、、、
やんちゃ坊主の姿そのままに、ぽろぽろと涙をこぼしながら、
その心の内を、母に打ち明けた。

まったく、、
このおかーさんほど、あなたを理解しつくしてる存在は、ありませんよ。ボクちゃん。
まーー、良くも悪くも、信じてたり、全然信じてなかったり、ですが、はは。
とにかく、手に取るように、わかります。わかってますがな。

こんなに泣き虫なあなたを知ってるのは、母だけでしょう。
どこに行ってもエラそうで大人ぶって、お山の大将のフリし続けて。

彼女に、ちゃんとそんな正直な姿、見せてますか?
ちゃんと見せないと駄目だよ。弱いところ、アホなところ、根性なしなところ、、、
いつも、そのまんまのお互いが、隠し事なく、
ぶつかったり、支えあったり、、、そういうパートナーで、いてほしい、と母は願う。
そこんとこ一番、話しをした。何よりも。


ところで、この息子の一大事(らしい)、どこで聞きつけたか(夫でゴザイマス)
それについて、親族まで割り込んできて、あーだこーだと助言提言・・・

息子のこと以外にも、溜め込んでたイライラが噴出したのか。あああああ。しんど。

すっかりそのペースに巻き込まれてる夫ちゃんも含め、
まるで、「ここは、なんという惑星なのでしょう?」の世界。

「なんでこの人たちは、人に、自分の考えを押し付けることが出来るのだろう」
「なんでこの人たちは、まるでこの世に正解はただひとつのように思えているんだろう」
「なんで、なんで、他人の人生に、そんなに干渉したがるんだろう。使命でもあるかのように」
「なんで、そんなに「あなたは正しい」という言葉を言わせたいのだろう」
「何をそんなに恐れ、何をそんなに形にしたいのだろう」

・・・・・・わからん・・・・・・・・・・

ここ数年のうちに、ここは、すっかり別世界だ。怒りさえも空を切る。

これ以上、こんなのが続いて、こんな「正解」とかを振りかざされ、
恩着せがましい「親切」「手助け」を押し付け続け、
それを受け取らないとエラい非難され、泣かれ、、、、

あぁぁ。もう、やめときます。


「あかん。もう、おかーさんはやっぱり家出するで。」と、息子に言うと、

「おぅ」 とか返事が返ってきた。(やりー。味方Get!)

こんな、おバカで、変わり者で、だけど、平和活動家であり、ピュアな魂で、
そして、世界一のよき理解者の母を、実は、誇りに思ってるのだそうだ。むはは。


・・・・・・・・・・


あれ?
今日は何を書こうと思ってたんだろう。

そうそう。春分の日。

昨年末ごろから、私のテーマは、「空っぽ」になること。

思考や感情を手放し、過去も未来も手放し、
すべてはうまくいってるこの宇宙を、完璧に信じてるのだから、
流れに逆らわず、神さまに降伏すること。そう。神ながら。Red Road。

結局、外の世界には何もない。(ホオ・ポノポノ)
すべては、自分の内側が映し出す世界。

もっともっと、空っぽになって、
その一番奥にいる、Oneである自分でありたい。
Oneである世界を、外に映し出したい。

もう、うんざりしたのです。実わ。思考と感情が作り出す、幻の世界に。

随分、バランスを保てるようになってきてる。ホント。偉いわ~~。私。


だけど、実際は、バランスが取れて落ち着いている、という在り方を、「うまく選択出来ている」状態。
えっとー。
しっかり封印した何かの蓋は固く閉じたまま、その上で自由を謳歌しているような。。。

実は、全然、未解消のモノが、山ほどあるのはわかってる。

蓋を、心を、魂の叫びを、、、、全開にしたい。と、思ってます。
それが何なのか、、、それはわかってないんだけど。

富士山の見える某所へは、その仕上げに行こうと思ってた。

でも、行けなかった。
人生最大の、ブレイクスルーは、またお預け、かも知れない。

それもまた道。
その時にならないと、その時は来ない。

まだまだ準備段階なのでしょう。

それは、自分の側にあるのかも知れないし、
他の誰かや何かに、あるのかも知れないし。


わからないことは考えるのをやめて、とにかく、時が来るのを待ちます。
どうせ、暴れる時は暴れるんだから。


で、
明日の春分の日、何して過ごそうかな、と自分に聞いてみた。

「曲、創りたい。」と、即座に返ってきた。

そーです。また、別次元に、新曲がフラフラと、浮かんでます。
この次元に降ろしたい。いい~~曲なんだ、コレがまた。

なので、明日は、コーナスにひとり、お篭り。です。

この、忙しかった2ヶ月のあいだ、
ちょこちょことやってたことがあるのです。

3092

これ、コードです。ギターとピアノ。
これを、某サイトで見つけてから、よく訪れては眺めてました。
ウン十年前、フォークやってた時は、めっちゃ簡単な、数少ないコードで曲作ってました。

だから、サウンドもめちゃあっさりしたもの、、、だったんだーーー。

最近創った曲は、「いのちのほし」なんて、ホント、鼻歌だった。
コードを自分で付けてたら、もっとあっさりしたものになっただろうと思う。
鼻歌をinsに渡してコードをつけてもらったから、いい曲になったのだ。

AoySoraも、ひとりで創ってたら、死にそうだった。
ギターのいのっちが、それこそ生命を吹き込んでくれた。
Miusaのピアノや、insのコーラスがあるから、生きて育ってくれた。

みんなのおかげで、私の音の世界は拡がったんだよね~。

もっといっぱい、自力で、音の世界を広げたい、と思った。
コードいっぱい知りたいと思って。

数えたらなんと、168個、ありましたーーー。

この168個のハーモニーたちと、どうやって遊ぼうか、、、
いや、遊んでもくれないかも、、、
とにかく、広い世界へ、足を踏み入れて、、、

音楽こそ、天から降ろすものです。降りてくるもの。まさしく。

天から地へ、最高のエネルギーを降ろし、
内側の、光と闇、女性性と男性性を、統合する日に、しようと思います。

ひとりOne。です。はは。今はここが私の大事な世界。


またまたひとりごとが長くなりました。

長いのは相変わらずやけど、私が全面的に変化してるのは、
わかる人にはわかると思います。


春分の日から3連休。それぞれにチャレンジの日であることでしょう。
私も、私のために、過ごすことにします。


すべての、大好きな人たちに。

「Knock on wood!」 (うまくいきますように)


別窓 | 自分のこと
『フードバンク☆講演会+勉強会』
2009-03-16 Mon 22:00
2hj1
*セカンドハーベストジャパン理事長 チャールズ・マクジルトン氏


風邪引いてます~~~
13.14日と、介護ヘルパー研修で老人介護施設へ行って、
2日間続けて、たっぷり入浴介護させていただきやした~~~。
そのせいでしょうか、、、
今年になって、2回目の風邪。それまで何十年も風邪引いたことないのに、、、

・・・・・とかなんとか言いながら、、、

講演会のお知らせです。

ずっとこのブログでも、構想として書いてきた、「ピースバンクプロジェクト」。

Br Green関西の咲Kuraが中心になってくれて、千の雫プロジェクトも一緒に創ってゆきます。

この講演会は、「イベント」ではないのです。
この日を境に、大阪で「ピースバンク」がスタートする、というか
ここから継続してゆく、事業であり、軸であり、活動なのです。

どんな形になってゆくのかまだわかりません。
いえ、自分の中でイメージは出来ています。
Be Greenの咲Kuraが作ってくれた主旨書に、千の雫のコンセプトを加えたもの
こちらにあります。

ここから始る、都会での循環型ライフスタイル、そのひとつの拠点として
少しずつ、元気に育んでゆきたいです。

わんぱくでもいい、、、たくましく。。。 っちゅーーー感じで。

フードバンク、ピースバンク、社会福祉、、、、
自分のチカラを、世界のために差し出したいと願う人。

これから大変な時代を迎えるかも知れないこの星で、
人々が互いにサポートし合えるコミュニティ作りに、何か響くものがある人。

何をして良いかわからないけど、一歩踏み出したい、人。

とにかく、チャールズさんのお話を聞いてみたい方。

ぜひ、お越しください。そして私たちと一緒に、創ってください。

--------------------------------

日時 4月19日(日)
    講演会午前10時~12時 
    勉強会午後1時~3時

場所 大阪ドーンセンター 5F 大会議室2(大阪天満橋)
   http://www.dawncenter.or.jp/top/index.jsp

参加費 1500円
    
主 催 Pi:s-Bankプロジェクト準備委員会
        Be Green関西 http://www.begreenheart.com/
        千の雫プロジェクト http://milgotas-pj.com/


申し込み・問い合わせ先
info@begreenheart.com
090-6052-9366(BeGreen関西 おさむら)⇒咲Kuraまでお願いします。


講演会詳細 こちらにもUPしています。

----------------------------------------


なんか、、、、
書きたいことも、色々あるし、
気になることや心配事も、ないわけじゃないのですよ。

だけど、どうも、今は突っ走るだけ走りますわ。
心はとても穏やかに安定してる。

とにかく、いつもいつも、すべてはうまく行っていると、
宇宙も自分も、完璧に信頼しています。

いつもありがとう。
すべての人の、重い封印が、解けることを祈ってます。

誰かと出会って、まだ、鍵を受け取っていない人は、
勇気を出して、受け取ってくださいね。

春分の日を境に、皆たまにもまた、新しい流れが出来るでしょう~~


God bless you~~~♪


別窓 | ピースバンク&フードバンク
『黒い女神(Truth Tree2)』
2009-03-12 Thu 01:50

3094
*左が、おかげさまのかずみさん。

そして~~~~。
私にとっては、超~Giftなトピックスを。

写真左上の優しい~~~お顔の、ヨウさん。
有名な方なんですよね。

木彫り教室をしながら、全国を旅して廻られている。
真樹さんのブログで、この日ここに居ることを知られて、
ちょうど関西にいて、時間がとれたので、突如真樹さんに会いに。
木内さんとも知り合いで、講演会にも参加されました。

この、ヨウさんが持っておられた、自身が削った木。

黒っぽい、濃い茶色で、
細い炎のような形をした、木のオブジェを、見せていただきました。

「何に見えますか?」と聞かれて、

私は、人に見えると思った。人の形をしていない、人。

するとヨウさんは、「ふむ」とうなずいて、

「黒い女神と言う名前なんです。」 と、言われた。

その黒い女神を、自分の手に持たせてもらったんです。
そしたら、その途端。突然、何かとレゾナンスしたのですーーーー。
直球がハートに飛び込んできた感じ。

突然。どっから来たのか。ぼろっ・・・・と、涙が溢れました。
人がいなければ、大泣きしてたかも。

石を持っても、あんなにスコーンと繋がったことはかつてない。
びっくりしました。

「ほ、ほしい。。。家に連れて帰りたいぃぃぃ、、、」 一瞬そう思った。
「高いかなぁ。」一瞬、そうも思いました。

でも、黒い女神は言いました。

「今、しっかり繋がった、それだけでもう良いのです。」と。

黒い女神を持たせてくれて、ありがとう。
確かに何かが、私の魂と繋がりました。

スッキリとした気持ちで、黒い女神を、ヨウさんにお返しすることが出来ました。
ヨウさん。
3日間のロードの最後に、「何か」を届けてくれて、ありがとうございました。

ヨウさんのサイトはこちらです。
http://www.h6.dion.ne.jp/~kikezuri/


長くなりました。

いつもいつも思うんです。
何かの「イベント」をする時。
今回は真樹さん。
とても大切で、とてもタイムリーで、とてもキーパーソンだから「イベント」なんですね。

でも、いつも、そこに集まった人たちの中から産まれる、新しい繋がり。
いつも、そこに集まった人たちから繋がる、新しい絆。

新しい広がり。新しい創造。

もちろんそれは、遥かな遥かな約束のもと、、、のReunion.なんだよね。
いっつもいっつも。

そのために、「場」は生まれる。イベントとは、そういう「場」のことだと思う。
何かへと向かう、同じベクトルを持ったファミリーが集まる。
だから、ある時、集合の合図を聞き、集まり、語り、またそれぞれの場所に戻ってゆく。
まるで、途中報告と今後の方向を再確認するために。

拡大し、進化し、仲間を増やし、繋ぎ、創造はまた、続いてゆく。

目に見えて、耳に聞こえて、確実に五感で感じる何かも素敵だけど、
個であり、Oneである、深い意識のところで、何か大切な鍵が交換されている。

そのために、私たちは会い、別れれてゆく。また次に会う日のために。


そんな無意識の深いレベルで、起こっていることにも、膨大な楽しみがある。のです。



突然寝ます。相変わらず、超~~たーぼーです。



おやすみなさい。

God bless you All 

別窓 | 神さまの話し
『Truth Tree1』
2009-03-12 Thu 01:30
3072
*アムリタで水の儀式をする菅原真樹さん

大阪で唯一の村、千早赤坂村。
ここは、映画ショコラに出てくるような、古く頑なな何かを守っているようなところ。

3073

新しい何かが入り込んでくることを拒むように
こんな、うす曇りの日が多いなぁ。千早に行くと。

3071

真樹さんのお話は、多岐に渡っていて、
フリーダイバーとして、古武道家として、音楽家として、
古くハワイに伝わる、ホオ・ポノポノの原型のような癒しを伝えるヒーラーとして、
自然を愛する人として、この地球を再生するための、力強い担い手として、
そして、人間として、男として、、、

お話そのものから伝わってくる壮大なものと、
真樹さん自身から、伝わってくる自然体の人間性みたいなもの。

その両方が、真樹さんのトータルな魅力を作り出しているな、と思いました。

上手く言えてません、、、、

どこかで真樹さんと会って、感じてください。^^ヾ


そうそう。ひとつ、トピックスを。

真樹さんに、
何故、ハワイと日本が、この世界の再生の鍵になるのか聞いてみた。

ハワイのネイティブの神話?の中に、「7つの船」というのがあるらしい。
太古の昔、その船は海に放たれ、うち3つが戻って来なかった。
それが、ある時、地球に大洪水が起こった時、
その、失われた船3つが、日本から戻ってきた、と。

太古の「石版」が出てきて、そこに書かれていたことと
木内さんの本に書かれている、「月」の話しと、ぴったり一致したり。

他にも色々聞いたけど、まだよくわからない。スイマセン、、、
ただ、めちゃめちゃワクワクした。

これは「符号」なんだよね。


海を愛し、森を愛し、水の神さまに守護された彼は、
ハワイの聖地の水を持ってきて、千早の水と融合させ、川に流した。
私たちひとりひとりにも、水の儀式をしてくださった。

会の最後に、
「水を大切にしてください。私たちの身体のほとんどは水で出来ている。
地球もそう。いつも清らかな水であるよう、心がけてください。」と言われた。

ホントウに。
かけがえのない、ひとつのいのち。清らかなひと雫でいないとね。

真樹さん。ちゃんと報告になっていませんが
ありがとうございました!!!


3月25日に、金沢で木内鶴彦さんとのコラボがあります。

■お話会 3月25日 IN 金沢

会場 金沢市文化ホール2階 大集会室
18:30から会場19:00-21:30

2000円 18歳未満は無料

連絡は NGO RAINBOW 代表 横越雅子さんまで
090-4699-4477


真樹さんのブログ
http://ameblo.jp/kalokohouse/


翌8日、神戸モダナークファームカフェへ。

3081

3082

ここでは、水中写真家として、素晴らしい写真を見せてくれました。
夜の真っ暗な海の中で光る、プランクトン。
美しいクラゲのような、神秘的な生物たち。素晴らしかったです。


そして、この、モダナークファームカフェも、最高~~~に素敵でした!
ここは、有名なところなんですね。

食べ物が信じられないくらい、どれもこれも、、、美味いっっっ!!!
私は、もう一度行って、ぜーーーーんぶ、網羅したい。この胃の中へ、、、^^ヾ
お世話になった切東さん、ありがとうございました!


それからそれから、翌9日。
今度は、木内さんの講演会へ真樹さんたちと一緒に行きました。

その主宰者が、こちら。
古民家カフェおかげさまの、元気いっぱいのかずみさんとその仲間たち。

3091

ここでも、自分たちの意思とチカラで、
この地球の自然のバランスを取り戻すべく、
一生懸命、そして、とってもHappyに、取り組んでいる人たちがいる。
感動的なまでに、みんなカッコよかった。

96歳のえ~ちゃんの話す言葉は、神さま的にカッコよかった。
いやーーーーー、よかった。すっごく。

ちょこちょこ付いて行った私にまで、申し訳ないほどのもてなしをしていただいて
ありがとーございました。本当に良い体験をさせていただきました。
おかげさまのかずみさんと仲間の皆さん、
車であちこち送り迎えしてくれた、GreenGaiaの仲間のりょーすけ、ありがとう!


3092
*この3日間のロードで、一番の男前で賞。ぶーちゃんでした♪


3093
*真樹さんを囲む、3女神。Ats,チンマイ、Fumikaさん



続く




別窓 | 千の雫PJ
『ロード終了~』
2009-03-10 Tue 01:03
3日間のロードが終わりましたー。

7日、千早赤坂村アムリタ
8日、神戸モダナークカフェ
今日は三木市での木内さんの講演会に一日ご一緒させていただいて。

菅原真樹さんは、話をすればするほど、
近くに寄れば寄るほど(気持ちが)、
レゾナンスすることがいっぱいありました。

木のような。

そうやね~~。
本当に、Truth Tree。真実の樹。

Feeringで言うと、あったかくて深いくて優しい。
そんな人でしたよ。

そして、とても「男らしい」です。
時々、少年のようで、笑い声がとても良いのです。

出会えて本当によかった。
もう、絶対ハワイ、行かなくちゃ。です。


ふと気づけば、このロードの初日から、
「木」のシンクロが続いてました。
最後にも、とても嬉しいGiftがありました。

この3日間、たくさんの方と出逢って、たくさんの人と再会して。
素晴らしい人たちばかりでした。

楽しかったー。


また、明日以降、ゆっくり書きます。

出逢ったすべての人に、繋いでくれた神さまに、心から感謝します。

ありがとうございました!!!
別窓 | 日記
『寄り添う気持ち』
2009-03-07 Sat 01:33
3046

2月いっぱい、介護ヘルパー2級の講義を受けていて、
これは思いがけず、とても勉強になった。

のほほ~んと、「老後」とかなんとか、見て見ないフリしてたし、
自分が病気になるとか、考えられないし。
だいたい、死に対して恐怖とか全然なくて、
人生最大の旅へ出る瞬間だ、と、楽しみにまでしてるよーなヒトです。

こんなこと書くと、誤解されたり、冷酷人間とか言われたり、すると思う。
ごめんなさい。

1ヶ月にわたる、数々の講義の中で、
色んなタイプの先生が授業をしてくれた。
それはそれは若くて優しい男前の先生もいっぱいいたよ~。
そして、75才で、現役ヘルパーで福祉専門学校の先生も。
いやー、人間図鑑でも(失礼)見るように、楽しかった。

一番、印象に残っていること。

どの先生の授業でも、必ずと言っていいほど、こんな投げかけがあった。

「高齢者の方や障害で苦しんでいる人が、“もう死にたいよ”と言ってきたら、なんと答えるか。」

介護や福祉の現場では、それはそれは、何度も耳にするのだそうです。


あなたなら、なんて答えますか?

先生たちは、それぞれ、自分が言われた時、こんな風に答えた、というお話はしてくれるけど
この問いに対する「答え」なんて、どこにもない。

毎回毎回、なんて答えたらいいか、わからない、っておっしゃる。

なんだか、
この問いかけに対する「正解」がないことに、私はほっと安堵したの。
心があったかくなった。


その人が、どんな長い時間を生きてきて、どんな幸せや苦労があって、
どんな気持ちで今生きていて、
そして今、どんな「死にたい」ほどのつらさがあるのか、、、

どんなに測ってもはかりしれない、その人の人生。
そう思うと、無責任なことも、やたら励ましたり、気軽に返答したり、
そんなことは出来ないよね。ほんと。

ましてや、「それはあなたの選択しだいです。」とか、ぬかしおったら
しばかれてしまいます。ホント。

いえ、冗談ではなく。


何と答えても、正解はない。マニュアルはない。
その時その時の流れで、何か答えるかも知れないし、
黙ってしまうかも知れない。話をそらしてしまうかも知れない。

だけど、その想いに、寄り添う心、っていうか、
それも、意識的に、マニュアルでもシステムでもなく、
その人の痛みに、一瞬でも、レゾナンスするような、
コトバにすると軽すぎるけど、、、
やっぱ慈悲とか慈愛とかの「こころ」なのかな。

うまく言えない。
先生も、全然うまく言えてなかった。^^

だけど、伝わってきたのですよ。ホント。

そういう時、自分の胸も一緒に痛んだり、
思わず、抱きしめたくなったり、涙が出そうになったり、、、

こういう仕事をすることを選択した人は、
やはり、どこかにそんな「体質」を持っていると思った。

いや、それは色々いるよ。
仕事と割り切ってあっけらか~んとしたおばちゃんもいっぱいいる。


だけど、私はなんか、学んだんだな。ここんところ。


「共感する気持ち」

カウンセリングか何かの講義で、そんなテーマでロールプレイがあった。

わたしゃ、実はうまくやれると思ってまひた。

でも、クライエント役のおばさまが、なんと、いきなり、

「絶対共感できないこと」、おっさったのです。

インディゴスピリッツに火をつける、まー、権威権力に関係する手のお話でした。

ひゃー。こういう時、どうすんの。
正直者には「共感」する柔軟さがないんか。ムリか。
諭してしまいそうや。。。
これは、90歳のばーちゃんが言うてはるんやと言い聞かせて
なんとか切り抜けたけど、、、後になった思った。

私は、結構優しいし、結構慈悲深いし、結構共感できる人やと思うけど、
「こういうタイプの人」(ひとことでいえません、、、)を、
ちょっと、というか、、、かなり、、、、見下してるかも。と。

私って、結構ひどい人やな。と。

そりゃー、人間なんだから、欠点とか山ほどあるのはわかってるけど、
発見でした。はんせーした。

そのことを、一緒に講義を受けてる古い友人に話したら、
まるで、「ぱちぱちぱち~」と拍手するかのように、笑って「共感」した。

(私って、マジでそうゆーとこあったんや・・・ ^^;)


苦しんでいる人、心が壊れそうな人、
そんな人に寄り添うこころがあったとしても、

どんな人に対しても、寄り添うこころ、持てるかな。

持ちたいと思うのです。

別に、無理して良い子になりたいわけでも、
聖人君主になりたいわけでももちろんない。ムリ。

ただ、も~~、えーやん。と思う。

どんな人も、
神さまが、「体験」したくて、この地上に降ろした、ワンピース。
神さま劇場の、キャスト。(とか言うたら、また怒られるかな~~~~)


自分もそう。
おバカな役割に志願した、あーーー、そうですそうですおバカです。


でもまた、何か嬉しいことでもあれば、私って以外とスバラシイ人!!!とか思うねん。

どうせ、そんなもんやん。
あ、なんか大阪弁で開き直ってきた。



つまり、何が言いたかったというとやね。。

最初の
「死にたいよ。なんとかして。」と、投げかけられたとして、
その人が、どんな言葉で安堵したり元気付けられたり、生きる希望を持てたり、
そんな、魔法の言葉は、ない。
あったとしても、人によっては、余計ムカついたり、落ち込ませたり、ってことにもなる。

だけど、昨日の日記にも書いたけど、
コトバは伝わらなくても、こころは伝わるもんだ、ってことです。

先生たちの、その、「なんと答えればいいかと、いつもいつも思うんです。」って
そうおっしゃる時の、その優しさというか、その人の「こころ」が、
嘘じゃなく、伝わってくる、ってことを、感じたの。

コトバは飾れても、こころは飾れないのかな。


なんで私は、今日こんなこと書いてるんかね。

いやいや、随分最近、優しくなったというか、心がやんわりとなったというかね。

絶対ガイドさんが、入れ替わってくれはったと、思うんですよ。


あーーーー
また長いおバカな日記になりました。

突然全然関係ないですが、、、

明日は千早です。
菅原真樹さんと、今日電話で、初めてお話しました。

なんか、思ったとおりの声でした。
いや、声を想像していたわけじゃないけど、
写真で見る菅原さんと、とてもマッチしてた。

「今だからこそ、伝えたいことがたくさんある」とおっしゃっていました。

それこそ、真樹さんのこころが伝わってきます。
とても楽しみです。

そしてやっぱり、測ったように、定員30名に達しました。
いえいえ、出たり入ったり、入れ替わりするんですけど
明日もきっと、30名さまピッタリだと思います。


あーーーー。寝よ。
見直してる時間ない。
いつもスイマセン。こんな私で。


送信。(見える?)




別窓 | 自分のこと
『観音さまの色』
2009-03-06 Fri 01:04
3042

昨日は、観心寺に、行ってました。

梅の花がね、こんなにキレイで。
まだまだ寒いこのあたり、これからが見ごろみたいです。

3044

3045



3043
ほら。
これ。わかるかな。
キレイに撮りたくて近づきすぎて、ボケてしまいました~(涙)
この花ね、ちょっとオレンジがかったピンクで。乳白色のようなオレンジ色。
あー、言葉にするのは難しい。写真ではこの色がうまく出ない。

この色は、観音様の色なんだよ。
優しくて、あったかくて、質素で、慈愛に溢れてて。

・・・・・・・・・

最近、観音さまが、よくシンクロする。

私は、こんな、あったかい、穏やかな色にあこがれる。
質素で、いつも満たされていて。


観音様の、慈悲と慈愛の波動に触れたせいか。

今日も、とてもとても、穏やかに満ち足りています。


感謝します。ありがとう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで、、、


コトバって不思議です。
心の中で、何倍にも、何十倍にも、百万倍でも、想っていることが、
絶対絶対、伝えられない。

表現したとしても、
その心の内を、すべて見せてすべてわかってもらうなんてことは、出来ない。

そう思うから、もどかしくて、心は、閉ざされてしまう。


でも
表現しなくちゃいけない時もあるよね。


大事な人に、心の内を、ちゃんと伝えてますか?

一番伝えたい人に、一番黙ってしまってませんか?

代わりに伝えてあげたくなったりします。表現ヘタクソな人を見ると。ぬはは。


人の心って、深いよね。
その深さは、人それぞれで、
覗いてみることが出来れば、きっとそれは、いびついびつな入れ物で。
誰ひとりとして、その心の中のいびつさは、同じじゃない。

人は、
この次元にいる限り、
悩んだり、喜んだり、落ち込んだり、舞い上がったり、、、
めまぐるしく、いそがしい。

その「入れ物」は、そのいびつさのまま、
苦しみも、喜びも、それぞれに、違う。

きっと、誰にもわかってもらえなくても、
そのいびつさに苦しんだり、自分を責めたり、、、

そういう気持ちになるっていうことは、、、理解できると思う。

みんなみんな、そうだから。


時には、誰かを傷つけたり苦しめたり。
そして、それによって、自らも傷ついてる、ってこと、みんなそう。


決して、すべては伝わらなくても、
その心のうちを、コトバに乗せて、伝える勇気を持てば、
それが、なんというか、ハートがあればね。きっと伝わると思う。

そう。
コトバが伝わるんじゃなくて、心が伝わるんだよね。
響くというか、届くというか。。。


それぞれの傷も、溶かすことが出来ると、思うよ。


それぞれの、いびつないびつな入れ物は、
そこを、ブレイクスルーすることで、大きな癒しや赦しが、起きるのだと思う。


みんなみんな、幸せでいてほしいなぁ。




304

火の色も、観音さまかな。
水は龍神さまやし。

縦と横のバランスの取れた十字。火と水。。。



意味不明な日記ですね。

誰かに響けばいいし、誰にも届かなくても、それはそれでいい。

どっちにしても、みんな、星。
どうにも操縦できない、決められた軌道がある。
それに沿って、みんな頑張って生きてる。


とても、なんというか、
心を、ちゃんと、表現できる人に、会ったので、、、、。


みんなみんな、
それぞれに、生き抜いている。


頑張れみんな。いびつなままで。

私も頑張ります。


おやすび~~~~♪
また明日。

別窓 | 想うこと
『シンクロはシンクロを生む。』
2009-03-03 Tue 20:54
33b

33a

今日のような雨を、「冷たい雨」と言うんだろうなぁ~~~。さぶかった。

明日からRoadです。ロード。

明日は突然ですが、河内長野⇒千早赤坂村です。
そして、アルバイトが2日あって、
そして、菅原真樹さんとのツアーが3日間続きます。(ゴスペルレッスンもあり)

大好きな、た~ぼ~な日々でございます。ぬは。


先日、2/14のバレンタインライブ以来、
色んなシンクロが、繋がりを産み続けてます。

例の「箕面高校」シンクロの、公認会計士の海崎女史と会ってました。
今年の夏、彼女の事務所開設2周年のパーティーで歌わせてもらえることになったのですよ。
しかも、パーティー会場は、あのライブと同じ「フィドル倶楽部」

最初に歌った、歌詞ぶっ飛びまくりの「From a distance」。
彼女の大好きな歌なのだそうです。それをぜひ歌ってほしいって。
アレね~~。ホント歌うのやめよっかと思うほど難しかったんだよね。
ヨカッタ~、歌って。

Ats。初オファーです。嬉しいな♪

で、毎年私が格闘し続けていた、確定申告も、彼女が引き受けてくれました~~。

ずっとずっと思ってました。
「会計士・税理士の友だちはいないか、いないか、、、、」

まさか、彼女がサポートしてくれるなんて、思ってもみなかったので
めっちゃ助かりました。来年からももう心配なし。

皆さまもぜひ、税金のこと、確定申告でお悩みの時は、
海崎会計事務所へ、どうぞ。美人でシャープで優しいですよ♪


それから、あの日歌った、ゴスペルの曲。「My life is in your hands」。
来てくれていたYoyoちゃんが、終わってから声をかけてくれた。
「以前、ちょっとだけゴスペルやってて、その時一番好きだったのがこの歌なんです♪
 またゴスペルやりたくなりました♪」と言って、、、
彼女は今度の日曜日、私の参加するクワイヤに見学に来ることに。
わーい♪

そして、あの日着てた、XULが作った衣装。
四ツ橋の、Planet flowerで委託販売されていますが、
ライブ直後、千早のチンマイが即刻行って購入。
そしてまた、昨日、別の人が(私のワークシートをお持ち帰りした人でした)
ぜひとも購入したいのでお店を教えてほしい、と言ってきました。

ここですよ。ここで買えます。
pf2

pf3
*XLUと店主のりょうこさん


Ryncoのお友だちのエスパー、渡辺幹也くんも、
実は、りょうこさんのお知り合いでした。「まさかここで会うなんて。」

Ryncoのファンで、Atsのことを知らずに来てくれたeyeさんは、
mixiの千の雫プロジェクトコミュにもともと入ってくれてたとか(管理人が私とは知らず)

同じくRyncoのファンのmasaelさんは、私の着ている服が、
自分も持ってるXLUの服に似てるな~~、と思ってたら、
まさにそのとおりで、しかも製作者のXLUがその会場にいてたりして。びっくりしたと。
しかも彼女は、姫路すぴこんでスタッフとして参加していて
あの時、オープニングでAmazing graceを歌っていた人がAtsだったとは知らずびっくり!と。

あちこちで、Reunionでございました。


ギターのいのっちは、たまたまライブ後、東京遠征があって、
一目惚れした、Hankさんのライブの日とちょうど重なってて、
いち早く、Rynco&HankさんとReunionを果たしたり、、、


こうして、繋がりが繋がりを産む連続が、とてもHappyなのです。

人生って、まったく、日々シンクロでReunionです。ね。


・・・まだオフレコですが、Ryncoは今回の大シンクロ大賞受賞やし♪♪・・・



そうそう。
こないだは、ヘルパー研修のオリエンテーションのために、ある事業所へ行って、
実際の研修の時、「お家を3件回るので、キレイな靴下3足持ってきてください。」と言われ、
キレイな靴下ねぇ、、、、。そういわれると、ちょっと恥ずかしいかもの我が家の在庫。

一緒に行ったお仲間たちと、「忘れないうちに新しい靴下買っとこねー。」
と話しながらお茶飲みにカフェに入ったら、、、
何やら、素敵な雑貨も販売してるお店で、テーブルに座った途端、
その目の高さのまん前に、

「高級くつ下、3足500円!」などと書いてあるのです。

見てみると、結構しっかりした良いモノ。
もー、神さま。無駄がない。ロスもない。ありがとー!めちゃ安いし。
即刻購入しました。


今日も、
「この空いてる3日間。暇や。バイトに行きたい。」と思っていたら、
まず、明日は河内長野に、超楽しみな予定が入り、
翌2日間は、ピッタリ派遣の仕事の電話が入ってくれましたー。

先に手回しして、こっちから電話したところを断って。(だから最初から待ってろって話。)
ありがたく行かせてもらうことに。


まったく良い風が吹いてきてます。
シンクロはシンクロを生みます。信じたものこそ救われる、ですね。

テストもやってきてますよ。それは何度も何度も。
正解を出すテストではなく、
無駄な感情や計算もない、純粋なヨロコビから選択出来ているかどうか、
そして愛と優しさ、相手を想う心で、選択しているかどうか。
そして、自分で選択したことを、心から楽しめるかどうか。
どっちを選択したとしても、全部正解だと、信じることが出来るか。

・・・・・・・・・

たった一度の人生じゃないか。
遊園地のように楽しいこの3次元。
愛と調和のシンフォニーを奏でながら、
信じて、赦して、誠実に、愛し愛されて、
生きていくほうが楽しいね♪


*異種交流。いびつなモノ同志。仲良しなのよー。
33c
*愛と調和のシンフォニーが聴こえてきそうでしょ?

halmomo
*どうしてもHALのCat foodを食べたがる、ワンコのmomo.



今日は早寝しまつよ。
明日も素敵なシンクロが繋がってゆきますように、、、とか祈らないし。
お任せおまかせ。

God bless you....,All and always I love you~~~


※このシンクロ続きで、3/7の千早赤坂村も、きっと何かある。のだ。baby。
 ↓↓このまま下の日記へどうぞ♪↓↓
別窓 | 日記
『When the wind blows, and the wave comes』
2009-03-03 Tue 00:22
makisan3 *菅原真樹さん対談@「e-woman」


「風が吹き、波が来る時」

3月7日(土)千早赤坂村アムリタでの菅原真樹さんのお話会、
まだ少し空きがありますよーー!

どうしよっかな、って思っている人、
いやー、何か直観はささやいてくるんだけど、って人、
きっと、私と同じ、「何かある」って感じてる人、多いと思うんだよね。

この情報をキャッチした人は、きっと
ここから始る何かを、直感的に感じてるはず。

アムリタは、定員も少ないし、すごく深い時を過ごせると思います。
ぜひ、ただただ、ここに来て、思いのままに、「始まり」ましょう~♪

http://milgotas-pj.com/eventinfo.html

今日のタイトルだけど、
最初に、真樹さんのお話会のフライヤーを作る時、
彼から送られてきたメッセージメールを見て、その通り書いたつもりが、
何故か、間違っていた、コトバがあって、そのコトバ遊び、なんだけどね。

真樹さんは、「ハワイ島からの波・・・」と書いてはったのに、
私は、「ハワイからの風・・・」と、思い込みで、読んでたんですね。
今はちゃんと書き換えましたけど。

この世に間違いなんてないのかも、とか思うことよくあるから
こうしてまたコトバ遊びで哲学してみるんだけど。

ああーー。風が吹いてきて、新しい波が寄せてくるんだな、って。そう思う。
私が「そう」思うんだから、きっとそう思うとおりの現実が来るでしょう。はは。


最近の私は、心というか、内面的に、とても健康なんですね。^^

介護ヘルパーの学校も、2月いっぱいびっしりあった講義が終わって
あとは、研修を残すばかり。
このビッシリのあいだに、ライブがあり、確定申告があり、イベントの準備があり、、、
AOたんが入院したり(今すっかり元気)、実家や何かドタバタあったり、、、と、
ややこしい未来や過去を憂う暇などなく、思考をあきらめ、感情も放っぽって、
すっかり「今」に生きると決めて、、、そのおかげで、とっても安定してたの。

ある意味、「超~、凪ぎ」の状態でした。

しかも、思い起こせば、この「凪ぎ」は、
昨年8月のReunionが終わって以来、ずっとずっと続いていた「凪ぎ」です。

ピタリと止まってしまった何か。
何もつかむものがない、空を切るようなもどかしさ。
すっかり、空っぽになってしまった心の中。
一向に浮上出来ないやるせなさ。

深い哀しみとか、苦しみとか、そんなのではなく。
(逆に、そのほうが、エネルギーは湧いたかも知れないよ)

なんか、すべてがアホらしくなったり、シラけてしまったり。
そっちにフォーカスすれば、とめどなく無力になってしまうような。

満たされることのない杯を、一生懸命何かで埋めようとしてて
でも、それもたぶん「感情」の癖なだけで、
杯は空っぽでもなければ、埋めるべき何かもどこにもないんだって

そんな空虚感が、来ては去り来ては去り、、、、

いつからか、何も考えず、無意味な思考に時間を割かず、
ただ、ただ、今生きている時間を、力を抜いて楽しんでいよう、と
素直に思えるようになった。未来も過去も、手放して。

気が付けば、すべてをしっかり手放して、
逆に、ここまでのすべてを、まるごと、信じることが出来るようになってた。
今も、前よりずっと、すべてを信じられる。

すべてうまくいってるんだって。不思議なほど。


思えばただ、時を待っていただけなんだよね。

待ち時間の長い病院の待合室で、
ただ待つだけしか出来ない時間のように。
そんな時は、イライラせず、あせらず、来る時にしか名前は呼ばれないとあきらめて
本を読んだり、居眠りしたり、、、待ってる時間に身をゆだねるよね。
そんな感じ。

どれくらい待ったのか、忘れたほど、待った。
「凪ぎ」の前にも、そこに続くプロセスがあった。

快晴でビュンビュン進む時があり、
転覆して海のどん底であえぎ苦しんだ時もあり、
痛手を追ってやっとの想いで丘に上がってきたら、
古傷をえぐられるようなパンチをくらったり、、、

そのすべてが、ストーリーだった気がする。今へと続き、これからへと繋がる。
それでも、おかげで、すべてはスッキリと、取り去られた気がする。

というか、、、ホントもう、どっちでもいい。何でもいい。はは。
ただただ、すべては奇跡のように、うまく進んでるって、信じられる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またまた、長くなった。(これがワタシなのだ)

つまりーーーー。
コトバを間違えたように、そのままに、
風が吹いて来て、そして、新しい波もやってくる。。。。って、
そんな象徴のような気がするんだよ。
気がすると言っても、それはかなり明確なフィーリング。

だって。
確かに、長い時代は終わった、って思えるから。

まだ、今、最後の断末魔の叫びのように、苦しい人もいるかもしれない。
でも、みんな、もう、春はそこまで来ているよ。
春の風が吹いてきて、ワクワクするような、大きな波が、来ているよ。

人生をひっくり返してくれるような、刺激的でゴージャスな波ではないかも知れないけど。

だけど、それは、
あまりの大きさに、打ちのめされたりしないように、
神さまがわざと、ゆるやかにしてくれてるだけ。
そして、確実に、その「波」は、私たちを「乗せて」くれて、
太陽の光を受けて美しくキラキラと光る、白い砂浜に、打ち上げてくれるよ。

「今を生きて」いると、意味も理由もなく、
そんなヨロコビと、何かの直観を、ストレートに感じることが出来るように。


この先は、ホントウに、おまかせなんだ。
もう、ちっぽけな「自分」のアタマで予測することなんて、とってもムリ。

予測不能な未来は、すべての期待を手放した時、
自然な形でそこに顕れて、自然な形で、気が付けば、夢にまで見た「そこ」に住んでる。


意識のアセンション。

そんなものがあるとすれば、きっとそういうもんなんじゃないのかな。


何もないのに、何故だか満ち足りている。



皆たま。
考えることを放棄して、
ただただ、楽しい波乗りをしましょう。

何も求めず、何も期待せず、、、、
そのままで、すべてうまくいってると、ただ信じて、ケセラセラ。


もう、つかみにいくものなんて、何もありません。
ただただ、すべてにありがとう。

毎日毎日、ありがとうとサヨウナラ。
毎日毎日、新しい朝を迎え、新しい一日を、生きる。


神さま。
今日もありがとう。
また思考をからっぽにして、、、、おやすみなさい。


送信
別窓 | 想うこと
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。