tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『寄付報告&収支報告』
2009-02-24 Tue 21:25
   2144    2143 


久しぶりの寄付報告ですー!

先日、2/14のRynco&Atsのバレンタインライブの収益からひと雫と
Rynco(リンコ)がCDの売り上げからひと雫、
まとめて「あしなが育英会」に寄付させていただきました。

--------------------------------------------------
*寄付金額 17.000円

 内訳
 
 *Rynco&Atsライブより  8.100円
(内100円は誰かが貯金箱に入れてくれてました。^^)
 *RyncoよりCD売り上げの一部   6.700円
 *HankさんよりCD売り上げの一部 1.000円
 *千の雫プロジェクト基金残高     320円
切手換金分(11枚)          880円

合計 17.000
---------------------------------------------------

Ryncoは前日の2/13、京都のオンマさん主宰の「自死遺族のおしゃべり会」
チャリティーライブに出演していました。
そこでの収益がすべて、あしなが育英会の奨学金として寄付されました。

そのご縁を繋ぐため、
今回は私たちも「あしなが育英会」にさせていただきました。

Rynco&Hankさん、ライブに来てくださった皆さん、
サポートしてくれた仲間たち!みんなみんなありがとうございました!


ryncocd

ryncohunk
*Ryncoと西山Hank史翁さん

シンガーソングラオターのRyncoは、
自作のCDの売り上げの一部を、千の雫プロジェクト基金に寄付してくれています。
癒しとやすらぎの、素晴らしいサウンドです。
Rynco My space ←こちらでRyncoの歌が聴けます。

皆さん、応援してくださいね~!

Ryncoのブログ「平らな時間」

※今回のライブの収支報告は、千の雫のサイトで報告しています。事業報告

※寄付報告ブログ みるごたBlog


ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

スポンサーサイト
別窓 | 千の雫PJ
『222 芽吹きの日に』
2009-02-23 Mon 01:06
peace

ぴなが描いてくれた、Pi:s-Bankのイメージ。
可愛くて美しい。見ているだけで、うっとりと安らぐ感じ。

ピースバンクのピースは、
平和の「Peace」と、
誰もがみんなチカラの1ピースであるという意味の「Peace」。
どちら発音は同じPi:sだから、ってことで咲Kuraが付けた。
素晴らしいネーミングだと思う。

ピースバンクのことは、また後日書くとして、
今日は、つれづれに、日記を書いてみる。

私の中の「平和」について、思いめぐらせていたもので。^^


ここんところ、詩やメロディが降りてくる。
一度アウトプットすると、ダウンロードしやすくなるんだろうか。
「繋がってる感」が、戻ってきた~。


「私」という、3次元存在の「システム」は、
最近、どんどん変わりつつあります。


私の中にいる、さまざまな次元の「私」たちが、
ここ数年、「戦争」を続けてた。

それが、今、とても平和に、調和してる。

もう、幻想を追いかけることも、
もう、幻想に打ちひしがれることも、

どっちも、もう、いりませーーん、と思う。

なんというかそれは、
この3次元の、すべてに失望した、みたいな
そんなフィーリングから始って、
どこにいても、何をやっても、満たされることのない孤独を感じ続け
この世界のどこにも、自分の居たい場所はなーい、とまで思ったり。

とことん追い込んだ時期を経て、
それが、すべて、自分が外側に映し出された世界だってことを
頭じゃなく、全体で、わかってきた気がするから。


「今この瞬間を生きる」ってことが、あらためて腑に落ちた気がしてる。

だって、この世界はすべて、まぼろしだ、って、本当に思うから。
幻想であり、ゲームであり、ただの体験領域だって。

夜、眠りについて、見る夢と、大した変わりはないな、とも思う。

私は時々、明晰夢を見るし、夢をコントロール出来たりするけど、
それはそれは面白くて楽しい。

夢を現実にすることも、現実を夢にすることも、どちらも同じ。

目標を立ててそれに向かって進めば、達成されるのは当たり前だし
簡単にあきらめてしまえば、夢と散るのも当たり前のこと。

すべては、体験したくて設定した、ブループリントに基づいて進んできた道。
間違えようもなく、実は根底に、目に見えない軌道があった。



「自分」という字は、「自らを分かつ」と書く。

内側の、さまざまな自分の側面を、認識することが、
まず、本当の自分に出会う、第一歩だったんだな、と思う。

まず、自分を分かつこと。
すべての次元にいる私を受け入れ赦すこと。
それで初めて、統合・融合。「私たち」は、Reunionする。


小さな自分。ネガティブでどうしようもない側面を持つ私。

大きな自分。。。。

・・・・と、書きかけて、また気づく。

ああ。

真ん中の自分。
これが、私だよね。
大きくも小さくもなく、真ん中の自分。これが私の中の平和。


大きな自分もまた、幻想だったのか。
小さな自分を映し出すための。



最近、とても「真ん中」にいるのです。

毎日毎日、日常はとても忙しく、とてもめんどくさく、
感情レベルのところにいたら、きっと、疲れ果ててる。

ちょっと前の自分なら、勝手にパニックになってるだろうな。
パニックを眺められるようになって、
そして、もう、パニックも手放してる。

もう、小さな自分も逃げていくくらい、
「感情」というところに、いたくない、って思う。

いやいや、「感情」がなくなるわけじゃない。
それは、あるんだけど、もう、ただ、眺めてる。
その「感情」を。

高ぶったら、静まるまで、ただ眺めてる。

それは、「感情」で、私ではない、と思えたりするんだよね。


感情がなくなるわけじゃなくて、
なんか、どっちでもいい、なんでもえぇ~、
どうせ、「感情」の話なんやから、、、とか。


だから、十分、「今」を丁寧に過ごしてる。
この次元にいては、解決していかなければならないことを
ひとつひとつ片付けてゆくだけ。目の前のことを。


小さな自分が静まってれば、大きな自分も静まってて、

だから、こんなにCalmな自分でいられるんだなー、と思う。


掘っても掘っても、「私」は深く、終わることはない。

でも、それは、だからそういうこと。
ここは、そういうところなのだから。


とにかく、長い長い流れがあって、
私は、間違えようもなく、自分の道を歩いてきて、
そして、今ここにいて、ここからまた歩いていく、というだけのこと。

内側の、さまざまな「私たち」が、戦いを終えて、手を繋ぎ、
真の平和を祝福している。

内側のさまざまな「私」の姿を、写して見せてくれる、
たくさんの人たちが、次々と顕れては、教えてくれた。

真の平和は、真の愛は、真の歓びは、
すべて、自分の内側にあるってことを。

真実の愛で満たされ、統合された「私」から見る世界は、
平和で歓びにしか映らない。

世界は、自分。


今いるところで出来ないことは、
どこに行っても出来ない。

今いるところで幸せでなければ
きっと、どこに行っても幸せなんてない。


たった今、ここで、幸せでいることが、道だと思う。


なーーーんにもないのに、シアワセを感じられるのはなんでだろうな。

なーーーんにもないのに、すべてがある、この「真ん中」の、
この、揺るぎない歓びの感覚。


感謝。gratitude. コトバにすると、これかも知れないね。

目に映るすべてを赦し受け入れるということは、
自分の中の戦争を、終わらせる、ということなんだと思う。


どうせ、ここは、幻想の体験領域だってことなら、
思いっきり自由に、シアワセに、楽しんでゆける。

とてもとても、いびつな「私」
そんな私を映し出してくれる、これまたとてもいびつな人たち。
誰が欠けても、「私」は、Oneにはなれないんだね。
家族、友だち、目に見えない人たち。

大切な人たちすべてに感謝して。
これからも一緒に歩いて行ってください。


つれづれ書きの覚書です。
内側のシステムが変わる兆しを感じてます。


おやすみ。
また今日も、真ん中の私になって、眠りにつきます。

Sweet dreams.


送信
別窓 | 自分のこと
『木内鶴彦さん講演会のお知らせ』
2009-02-21 Sat 22:32
kiuchi5


3月に、兵庫と、和歌山で講演会があります。

先日の日記で紹介しましたが、
ハワイで木内さんと一緒に大きなプロジェクトを準備している菅原真樹さんが、
ちょうど同じ時期に関西にいます。

どうも、何か神さまのお仕組みがあるような気がしてます。

私は、ヘルパーの研修が重なってて、残念ながら熊野には行けないけど
三木市のほうは参加したいと思ってます。


今年、世界は大きく動き始めましたね。
とにかく、
多くの人に、この流れの中に居てほしい。

お近くの方、この機会にぜひ、木内さんのお話を聞いてくださいね!
兵庫、和歌山にお友だちがおられる方、お知らせお願いしまーす!


----------------------------------------------***

■2009年3月9日(月)

 開場:午後6:00
 講演:午後6:30~8:30

■県立三木山森林公園
森の文化館・音楽ホール

 兵庫県三木市福井2465‐1
 TEL/ 0794-83-6100

■参加費:1000円

■主催:パーマン
 お問い合わせ/お申し込み:090-2289‐9380
           FAX:0794-60-4480

参加希望の方は3月3日までにお申し込みください

☆詳細*千姫さんのブログ
http://www.pwblog.com/user/senhime/senhime/132715.html

---------------------------------------***

日時:2009年3月11日(水)

   講演会 14:00~16:00
   座談会 19:00~22:00

会場:新宮木材協同組合 木材会館2F
   (駐車スペース多数あり)

参加費:講演会 前売1000円 当日1200円  定員100名
     座談会 1000円(予約制)  定員60名


※講演会、座談会とも定員があります。
 ご予約・お問い合せは、前々日までは mukau2002122@yahoo.co.jp へお願いします。
 前日と当日のご連絡は 090-5651-0828 青木まで。


☆詳細*Noriさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1079431549&owner_id=19337319

↑mixi見れない方ごめんなさーい。
外部サイトではお知らせがないようです。
熊野天女座の紫帆さんのブログでも紹介されてるのを見つけたので
勝手にリンクさせていただきまーす。
http://ameblo.jp/shiho392008/

---------------------------------------------***

Noriちゃんからの真摯で熱いメッセージを
抜粋してここに紹介させていただきます。


熊野というところは、つまり、古き良き時代の日本の姿、
木内さんのいう、「循環する山里」に比較的早く戻せるような状態に保たせてきたと私は見ています。

ここのじっちゃんばっちゃんたちは、バブルだなんだという世の中のはやり廃りや物欲に惑わされることなく 頑固なまでに昔ながらの暮らしぶりを守り続けてるんですね。

ただ、やはり人間目線になってしまっているせいか、はたまた過疎化&高齢化のためか、そのシステムにもあちこちにほころびが生まれていて、山のお手入れが充分できず、さらに林道を通したりしたために動物たちが里に下りてきて害獣扱いされ、また人里エリアでも 除草剤や市販の肥料が使われていたりします。

この人たちに 木内さんの話が伝わり理解してもらえたら。。。。。
循環する山里の素晴らしさ、大切さをわかってもらえたら。。。。。
さらに、山の人たちと海の人たちに手を携えて動いてもらえたら。。。。。
ここは、かなりの速さで木内さんの言葉を実証するモデルケースになりうると、そんなイメージがしきりに上がってくるんです。

そのためには、代々地元の人で、数は少なくとも「この人なら」というキーパーソンとじっくり話をして、ある程度理解してもらったうえで講演会に足を運んでいただくことが重要、と、私の中の何かがささやき続けるのです。

この講演会はここから先に進むプロセスの一部であり、先のことを踏まえて行動することが必須という直感にがっちりつかまれてしまっています。
そのためには、どうしても土着の人たちにも木内さんの話しに耳を傾けてもらう必要がある、と思われてならないのです。

お金をあらゆる値打ちの物差しにしない世界、
自然も人の心も物も素直に心地よく巡り続ける新しい世界、、、

そんな、「循環する里山」のモデルケースとして
この熊野の地で、真剣に創ってゆきたいと思っています。

別窓 | 木内鶴彦さん
『菅原真樹さんのお話会』
2009-02-19 Thu 23:26
ハワイからの風・・・

makisan1
↑真樹さんは「右」です。念のため。
左はネイティブのオジさんかな。いい顔してる~

makisan2
↑この写真、とっても素敵なんだ♪大きくしてみてね。


【Truth Tree】In 千早赤坂村 Amrta  

 「地球はホオポノポノと和から再生が始まる」

 日  時 : 3月7日(土) 午後1時~4時 
 会  場 : アムリタ 大阪府千早赤坂村 
 定  員 : 30名
 参加費 : 2500円 

【Truth Tree】In 神戸 Modernark pharm cafe

  「ハワイ・大和の再生が地球を救う」

 日 時 : 3月8日(日) 夜7時半時~9時半 
 会 場 : モダナーク・ファーム・カフェ 神戸市中央区
 定  員 : 50名
 参加費 : 2.000円

詳細ここにUPしてます。
千の雫プロジェクトイベントインフォ


千早赤坂村は、そろそろ春の花で埋もれ始める頃ですね。
今、アムリタの庭は、梅の花が満開だそうです。

初めて、アムリタのチンマイと会ったのは、
観心寺の、如意輪観音さまのご開帳の時。
名刺を交換し合って、私は「千の雫」、チンマイの「アムリタ」は、「慈愛の雫」の意。

何か、同じものが引き寄せあったご縁であることは感じてました~。

あれから、何人の観音様、弁天様、のご縁をいただいたでしょうか~~。

アムリタに行ったら、レトロなちゃぶ台の裏側を、見てください。
ここが、どういうところか、わかりますよ♪


おっと、、、
菅原真樹さんという方を、ご存知でしょうか。
私はお会いしたことはないんだけど、、、知ってました。

フリーダイビングって分野では著名な方ですねー。

そして、私は、木内鶴彦さんからも、彼の名前を聞いていました。
今後、木内さんと真樹さんがハワイで進めてゆくプロジェクトは
癒しの島ハワイ、倭人の国日本が、
この地球の再生にとって重要な位置づけであるという証しの、
始まりの始まりとなってゆくと思う。


そして、チンマイから、真樹さんのお話を聞いた時、
あまり意味もなく、ただ、おおっ♪と、何かワクワクとしたんです。

あー。春が来る。長い夜が明ける。新しい時代が始る。。。そんな。

彼のブログを読んだり、対談記事を読んだりしてみて、益々そう感じる。

木内さんと一緒に動き出すということは、そういうこと。


そして、
癒し・赦し・ハワイのホオポノポノの精神は、
真の「女性性の解放」でもあると思ってる。

真樹さんは、地球のこと環境のこと、人類の意識改革のこと。
たくさんのメッセージを持ってる。
そして、女性性の解放、、、いう、重要な「ツメ」のヒントも、
本人が気づいているかどうかは知らないけれど、お持ちだと思うんだよね。

ハワイに惹かれるように住んでいるということも、きっとそういうこと。

「女性性」と言っても、このコトバが伝える、甘美な感情の話というより
(それも素敵だけどね)

まさに、癒し、赦し、受容、、、、

深く、大きな大きな、愛。慈悲と慈愛。

慈悲と慈愛。これは「テーマ」なんだもん。

わからない。
Atsの勝手な思い込みなので、当日そんな話はないと思うし、
真樹さんは、ある「象徴」として、それぞれの深いところに、語りかけるのかも知れない。

コトバではなく。

どうも、シンクロ的にいうと(何でも自分なりの解釈で物事進めるワタシ、、、)
パズルのピースに足りないものを思うと(木内さんにとっては苦手な分野?とかいうて)
そこに揃った顔ぶれを見たり(先日アムリタに元気いっぱいの女神が揃ってた。)
そこに繋がるそれぞれをストーリーを思うと、

やっぱ、直観がささやくんだよなー。

男とか女とか、成功だ失敗だ、とか、、、
人間がこの素晴らしき体験領域でしか出来ない体験を超えた世界。

大好きな、思考や感情を、超越したところにある「何か」。

それよりも、それどころか、もっともっと最高善に素晴らしすぎる、真実。

コトバではなく、何かを越えて拡がってゆく、なんというか、フィーリング。

きっと、伝わるものがあると思う。
気づかないうちに、種を植えていってくれるような。
それぞれの中で、新しく未知で、そして懐かしい、花を咲かせる、種。

これ、絶対、ハズレていないと思うんだよね。

「Truth Tree」だもんね。真実の木。
真実の木には、真実の花が咲き、真実の実が成る。のだ。


意味不明でうまく言葉に出来ないけど。
私たちの、「通り道」って気がしてる。

「ハワイからの風・・・」というタイトルからも、そう聴こえてくる。


詳細ページと、真樹さんのブログを見てください。

アムリタは、定員30名。モダナークカフェは50名です。
きっとまた、ピッタリの人数で埋まることでしょう。


以下、私がヒットした真樹さんの日記の一部を、転載させていただきます。


ハワイと日本は、とても深く繋がっている、
あなたは私に大きなハワイの歴史を作る一歩を作る扉を開けてくれた。
私たちはこれから兄弟として永遠の契りを結びましょう

私たちは互いにスピリットを交換して混ぜ合わせる儀式を行いました。
彼に私はこのカロコハウスの土地の事を伝えました。

この土地はキングカメハメハ三世が元々所有していた土地である。
私は、この土地の所有者であったが、
ハワイの民が、他の国の民が病に多く苦しんでいる
それを少しでも助けることそして、この豊かな森を守るために、
この土地に住まわせていただいている。

私は、この土地は自分の土地として所有してはいけない、

このハワイ再生に必要な新しい医療を作るための、
カフナや、自然医療を行っている他のネイティブのメディスンマンや
西洋医療のドクターに解放して行く事。
自然が破壊される事を防ぐためのメッセンジャーを一人でも作る事、
そして専門家がそれぞれの事をシェアする地が必要だと考えました。

この時代、金を私欲に使ってはならない
と私は宇宙からメッセージを得たのです。

そこで、売れば2億円ほどの土地を自分のもにするのと、
2億円とともに解放して永遠にこの土地が一番良い形である事と
どちらがどれだけの価値があるのか、、、
後者の方が、2億円の数万倍も価値のあるものになると考え、
カフナのNPOに全て寄付をしたのです。

と伝えました。


上記の文章を読んで、
人類の長い歴史の中で、歪め続けられた男性性の癒し・赦し、
女性性の解放、、、なんてことにビンゴだったのは、ワタシだけでしょうか、、、(笑)


拡大してみて。
もっともっと大きな意味で、真の女性性の解放が必要なんだと思う。

求めているものは、受け取るべきものは、、、
いったい何だったんだろうね・・・・。


長い冬篭りを終えて、春に向かうアムリタ
amrta2

amrta1

お申し込みはお早めに。
だって、女神企画ですから、いつどこで、どんなドジが起こるか、保証できません。。。

http://milgotas-pj.com/eventinfo.html
別窓 | 千の雫PJ
『シンクロニシティ実験』
2009-02-16 Mon 23:58
214a

ふと、浮かぶ想いやコトバ、
何気なく向かった行き先や、惹かれるように足を踏み入れたお店とか。

私たちはつい、チカラづくで人生を動かそうとする癖があるけど
そんなチカラを手放して、出るにまかせ、流れるにまかせ、、、

星に軌道があるように、あなたにもきっと道がある。
その道からは外れようもなく、間違いようもなく、見失うこともない。

すべてが「神ながら」。ケセラセラ。


そんな、「ふと」繋がる、目に見えない大きな意識が働く実験をしてみたくて
こんな、「シンクロニシティ実験ワーク」をしました。

214b
*アートはもちろんRyncoが描いてくれたものを使わせてもらいました。

このワークシートに、食べ物、国、コトバ、メッセージなどなど、
思いつくままに書いてもらい箱に入れました。
帰り際に、その中から一枚、おみやげに持って帰ってもらう。
誰かが自分のために書いたものが、きっと誰かとシンクロして、
必要なメッセージが必要な人に届くと、普通に信じて。

色んなシンクロがあったよーです。
何人かの報告を聞きました♪
自分が書いたものを引いてしまった人もいた。^^
どれも間違いようもないわけだから、必要なメッセージ。

ライブの後、バンドメンバーと受け付けしてくれたスタッフたちで
2階のタイ料理のお店で打ち上げをしたんだけど、
そこで、持ち帰ったワークシートを見ながらワイワイ。

なんと、
Hankさんへのメッセージは、うちのギターのいのっちからだった。
私へのメッセージは、受け付けしてくれた、あやめから。
ピアノのMiusaへのメッセージは、ボーカルInsから。

なんてこった。

バンドメンバー入れて、総勢56人の人がワークシートを書いたのに、
なんでこんな身近な人同志がシンクロしてるのか?

「返そうかと思った。^^」(by Hank)

面白いよね~~~。
何がどう共鳴してるのかわからないけど、
何かのチカラが、そこに居合わせた人たちのあいだに集結したなんて。ねー。


ところで、私はまたやりましたー。^^

あの、お喋りすぎたおしゃべりのことですが、、、
「河内弁」の話、しました。
帰り際にお客さまが、「私、河内なんですよ。」って声をかけてくれたの。

そして、「箕面高校」の話もしました。

以前Miusaのピアノコンサートで久々に再会した友人が
この日のライブにも来てくれてて、もらった名刺のサイトに行ってみたんです。さっき。
彼女、すっごい勉強して、公認会計士になって事務所も開いてるーー!!すっごーい。
で、プロフィールを見て、またびつくり。
箕面高校出身でした。(^○^)/

公認会計士・税理士海雅子事務所
所長 海雅子


あのとき、お喋りした話そのままになりましたー。
「出まかせ」とは、ええかげんなことを言うということではなくて
「出るにまかせる」ってことなんだから、
ふと浮かんだ言葉や話は、飲み込まず外に出してあげないと。
表現してあげないと。
シンクロするべく人が、あながが表現するのをいつも待ってるからね♪

意味はなんにもないかも知れないし、あるかも知れない。
それも、おまかせおまかせ。

ってことで、私は実験成功でしたー!


あとは、誰が誰のメッセージを持って帰ったのかはわからないけれど
きっと、何かで繋がった意識のなせる技。

楽しい実験でした。ありがとう。
皆さんはどうでしたか?


ところで、来月は、アムリタでまた素敵な企画があります。
今、必死でフライヤーとサイト作成中。
ライブの会計報告や、ヘルパーの講座のレポートや、、、
あーーー、確定申告の相談にも行くんだった、、、と、
時間とお金の計算できない私はまた、あせりまくり。。

明日にはインフォメ出来るようがんばります。

おやすみなさい。
みんな素敵な夢を。

別窓 | Atsライブのお知らせ
『ありがとーございました!!』
2009-02-15 Sun 22:10
※また忘れた。。。追記です。

昨日のライブの収益から、
今回は、あしなが育英基金に寄付させていただきますー。
Rynco&Hankさんから、別に、CDの売り上げの中からも寄付していただきました。

彼女は、前日も京都で、「自死遺族の会」でのライブを行っていて、
主催のオンマさんは、収益全額を寄付されたそうです。

千の雫プロジェクトからは、ささやかなひと雫の寄付ですが、
少しでもご縁を繋げられたら、と思います。

後日あらためてちゃんと会計報告させていただきまーす。
ありがとうございました!


2141
*Ryncoヴォイスヒーリング

Rynco&Ats、Valentine live、満員のお客さまでした。
来てくださった皆様、ほんと~~~~に、ありがとーございました!

フィドル倶楽部の皆さん、お世話になりました!
受け付け担当してくれた、あやめ&ぼたん、ありがとー!
一曲だけだったけど、ゴスペル一緒に歌ってくれたSis&Bros,ありがとう!


も~~~、
時間押せ押せの、歌詞間違い間違いの、ホントすみません100回!です。

でも、懐かしい顔ぶれや、思いもかけず来てくれた人もいっぱいいて、
めっちゃ嬉しかったです!
会場の雰囲気もとってもあったかくって、みんなスッゴイよかったって言ってくれて、
えーん。今頃泣きそうになってきた。

ほんと、ありがとー!

RyncoとHankさんも、いつもにも増して素晴らしく、
皆さんにも本当にじっくりゆっくり聴いてもらえたし、
CDもたくさん買っていただいたみたいです!
本当によかったー!

いっぱいメールももらって、めっちゃ感激していますーーー!
こちらこそ、本当にありがとう。

ホント、お礼のメールも書きたいんだけどまだ全部書けていませーん。

今日も、朝からRyncoたちを送って、もう来月のイベントの打ち合わせで千早へ行ってて、、、

まだ、お礼言えていない人たち、ごめんなさい。
ゆっくりお礼していきます。

でも、めっちゃ、嬉しかっってーーーん!ありがとう!


Ryncoはこれからきっとブレイクしますよ~。
たくさんの人が彼女を応援しているし
彼女にとって、それが軌道だと思う!
昨日のライブが、私にとっても素敵な記念になると思います。

RyncoとHankさんにも、めっちゃありがとう!


02141
*Talk&Work

2142
02145
*Preposition4@Ats、Ins、Inocchi、Miusa

r
*Rynco&Hank

02143
*セッション 「愛になろう」

*我が家でまったりくつろぐ、RyncoとHank
Hankさんの口から、ぼそぼそっと、めっちゃ有名人の名前が出てきて、
あらためて、スゴイ人なんだ、、、と、びつくり。ホント、すいません。^^
r-h


おまけ
*昨日の衣装を作ってくれた、Xulと。
xul
千早アムリタのチンマイが、ライブ直後、Xulのお洋服を購入されたそーです。はや♪
リンコのヴォイスヒーリングの時、羅布麻の生地を通して、お腹がぽっかぽっかに
あったかくなってくるのを感じて、やっぱすごいパワーをもらえる衣装でした。ありがとう!


ほんとほんと、ありがとうございました!
別窓 | Atsライブのお知らせ
『Wedding』
2009-02-08 Sun 21:47
208

姪の結婚式でした。

家族・親族、すべての人に深く深く愛されて育った、末娘ちゃん。
あちこちで感動の涙が見られました。

良いお天気で、大きな窓から差し込む光がとてもキレイで、
それにも増して、輝くような笑顔の花嫁。

小さい時の写真が大ビジョンで映されて、
そんな頃の彼女のほうが、私の知っている姿そのまま。
今の、美しい大人の女性に成長した姿は、まるで見知らぬ人のようで
不思議な感覚でした。


時は、、、、
随分と知らぬ間に、
いっぱいいっぱい、流れているんですね~。


彼女が学生の時留学していた、オーストラリアのホストファミリーも
結婚式に出るためにこちらに来ていて、
今日は久しぶりに、英語をたくさん話しました。

楽しかった。

晴れ渡った空と、輝くような笑顔の新しいカップル。
心から彼らを祝福する、言葉の数々。

愛に満ち溢れた空間、というのは、こういうことを言うんだろうなと思った。

そんな場所で、一日を過ごせたことに、感謝します。


結婚、おめでとう!
いつもいつも、幸せでいてね。


さーて。
バレンタインライブまで、あと一週間。
昨日も最後の練習のために集まりましたー。


春の訪れを告げる、こんなコーナスでございます。

2073

2072

2074

仲間のおかげでとても素敵な仕上がりになってきましたー。
本当に、こんなワタシに付き合ってくれて、感謝感謝です。


そうそう、このライブのために、
千早で知り合った、リョウコさんが経営する、堀江の素敵なお店、
Planet flowerで、
同じく、千早で出会った、デザイナーで、えなヒーリストでもあるXUL(しゅーる)が製作した
素敵な衣装を、大奮発。
リョウコさんとXULにコーディネートしてもらって、明日、スカートが出来上がります。
うれぴーな♪

pf2

XULは、羅布麻(らふま)という、とても身体に良い自然素材を使って洋服を作ってます。
こうして、繋がりが繋がりを産む歓びも、また嬉しいものですね。
ありがとう!
そんな、衣装も、お楽しみに。(ダイエットダイエット)

Ryncoも今頃、ラストスパートで頑張っていることでしょう!
素敵な写真載ってます。Rynco blog

本当に楽しみでーーーす!


さ、明日も介護ヘルパーの学校!
どんな時も、3次元は毎日毎日、続いていきます。
皆たまも、愛と歓びにフォーカスで、
また新しい一週間、楽しく過ごしてください!

別窓 | 日記
『チャレンジャー』
2009-02-07 Sat 00:50
apricot

せめて、春を呼ぼう。


どこかで何かがいつも関連付けられているのはわかってる

夜空の星に、軌道があるように
星の数ほど繰り返された人々の人生にもきっとそれはある。

人生のブループリント。

あっち行ったりこっち行ったり、
肝心の軌道とは、まったく関係のないところに
心は落ち着かず止まらない。
「幻想」という名のブランコのは、止まらない。

それでも、その軌道は、心の中の蓮の花は、鎮座している。
微笑みさえ浮かべ、心配も安堵もなく、干渉もせず。

人は、軌道から逸れようがない。



心に痛みがある人は、人の痛みがわかる?

わかる。
そして、きっと、到底わからない。

どれだけ頑張ってみても、その人の軌道には決して乗れないから。


100人いたら、百通りのStoryがあって
どれだけ似通っていても、そっくりな体験があっても
ひとつひとつの時間や空間は、
見ても聞いても感じても、100通りのイメージで作られる。

だから、誰もあなたの本当の気持ちなんて、わからない。


ただ、わかるのは、
その、やり場のない哀しみが、どれだけその胸を曇らせているか。
その、空気を切るようなもどかしさが、何度ため息に変わったことか。

わけが知りたくて、意味が知りたくて、
気が付けば、
時間をどこまでも戻して、理由を探す旅に出てしまう。

今この瞬間に居ることが、とてつもなく苦痛に思えたり
過去や未来にばかり、思考がぐるぐると回る。

そして、
何度も何度もそんなことを繰り返す自分が、
何度も何度も、イヤになる。


そんな気持ちは、わかる。
きっと、「心の入れ物が深い」人なら、誰にでもある。


入れ物が深い人は、みんなチャレンジャーなんだよね。
哀しみや痛みを越えてゆくチャレンジを、いっぱい設定してきてる。


人生、そこそこでいいなら、ヨロコビもカナシミも、そこそこ。

カナシミが深い時は、入れ物を上げ底にしたくなるよね。
ヨロコビが深い時は、蓋を全開にして、大声で叫びたくなるよね。
サンタクロースの大きな袋に、その「ヨロコビ」を入れて、
世界中に配達したくて、空を駆け回りたくなるよね。

チャレンジャーには、哀しみを越えてゆける、チカラがある。
大きな歓びをも、知っているから。


誰かの、歓びにも哀しみにも、
何も出来なくても、せめて心は、寄り添わせていたいと、思う。


あなたは、私でもあるから。

どこかで何かが、いつも関連付けられているのだから。

星の軌道のままに、決められた時期に出会ったりすれ違ったり、
停滞したり、逆行したり、重なったり、並んだり、離れたり。


せめて、春を呼ぼう。春を見よう。春を感じよう。
思考や感情のドラマに、クライマックスが必要ならば。



ひとつ言えることは、
ひとりの体験が、決して個人的なものではなく
多くの人の想いのシンクロであったりするのなら、
世界は、混乱の時代を終えたと思う。

だから、個人的にも、ひとつの時代は終わった。

新しい春が来るから、
新しい時代が来るから、
だから、今はちょっと苦しい。


チャレンジャーでインディゴな私は、
人知れず、一足先に、その体験を済ませ、
すでに春に向かってます。^^


これから、待ったなしのぶっ飛ばしの時代が始ります。


待ってろ。てめー。この。(ジョークですから)



神さま。
すべての人たちに、そしてMother Gaia と Father Universに
飛び切りの春が、訪れますように。


-----------------------------

2月3月4月5月・・・・
ブループリントが花開き続けます。
(ここまで長かったやんかーーー!!涙)


ぶっ飛ばしていきましょう
別窓 | 想うこと
『更に深海へ』
2009-02-01 Sun 22:07
umi

わけあって、OSHOの本を読んでます。

自分的に大うけしたお話があります。

---------------------------------------------

その昔、探求者たちは、林の中に入って行ったものだ。
彼らは、ひとりでいることを好み、人ごみの中にいることを望まなかった。
その主な理由は、浄化のためだ。
ブッダやマハヴィーラが、独りになったとき、何をしたか、あなたには見当もつかないだろう。
林にいたときに、彼らが何をしていたかについては、一冊の本も述べていない。
さて、彼らは何をしていたと思うかね?

---------------------------------------------

何をしていたと思いますか~~~?^^

OSHOは、感情の解放を強く勧めます。
時には、締め切った部屋でたったひとりになり、自分を完全に野生に帰し、
自分に強いたあらゆる観念を落とすということをやりなさいと。
踊ったり、ジャンプしたり、床に倒れて横になったり、
泣いたりわめいたり、大笑いしたり、、、
想像上の誰かを殴ったり、撃ったり、刺したり、、、

これを続けると、不思議なほど、身体が楽になり元気に、健康になると。

昔から、覚醒者と呼ばれる人たちは、
皆、森の中に独り入って、何をしていたかというと、
こうやって、身体を浄化していた、、、と、OSHOは確信を持っていうのです。

可笑しいでしょ~~~??

ブッダやキリストが、時々、ひとり、神妙な顔して森に篭り、、、、
実は、誰にも知られないように、大暴れしてた、、、って想像すると。(^○~)


この3次元に生きている、ということは、
怒りや哀しみ、ネガティブなあらゆる感情は、決して無くなることはない。

悟りとか覚醒とか、、、
それは、ネガティブな感情が消え去ることではなくて、
「在る」ということを受け入れる、ということなんだと思う。

それを、逃げずにしっかり体験すること。


ブッダやキリストにも、ひとり大暴れする姿があった。

当たり前だよね。ここは、そういう次元。
彼らの、ある側面は、いつだって、私たちと何も変わらない。

特別な人なんて、いない。

私たちが、あがめていたのは、いったい誰?
私たちが、求めていた、理想の人間像って?

私たちは、いったい、何を目指し、何になりたくて、どうなりたくて、
ここまで歩いてきているの??

求めたり、追いかけたり、もがいたり、
或いは逆に、すっかりお気楽に、小さくまとまって生きていたとしても。
その目に映し出されているのは、感情や思考が生み出す、幻想の世界。


私はやはり、さらに深く、ゆきたい。

真実を見たい。真実でありたい。

だから、逃げたくない。この3次元から。


千早赤坂村、アムリタの女主人、チンマイと、
今日、電話でお喋りしながら、笑ってた。

「私たちは、チャレンジャーだよねー。」
「何のチャレンジャー?」
「真実で在りたいために、あらゆる体験に果敢に挑む。」
「安泰やお気楽が、苦手。」

せっかく生まれたこの次元の、
表面だけをすべるようには生きられない。

なんで、こんなめんどくさいことばっか、やるんだろう。
まー、だからそれは、「チャレンジャー」だから。^^



あなたは、、、
あなたは、何を見てる?何を感じてる?

私は、やっぱり、真実がいい。

うわべだけの楽しさや気楽さより、
幻想を追い求めて、背伸びするより、

根こそぎ持っていかれるほど、胸の奥深く抉られる、痛みがあっても、、、、

もっと、深みを目指すほうがいい。

だって、あらゆる思考や感情は、すべて、自分のある側面にすぎないと、今はわかるから。
ヨロコビもカナシミも、同じ。どちらも、大きな自分という全体から見たら、ひとつの側面。

日々、、、、
ちいさな、思考や感情を感じ切って、ただ「今」を普通に味わいながら、
もう、それに溺れることは、したくないなー。オモシロクないもん。

溺れずに、さらに深く潜ってゆくほうがいい。

真実に会いたいから。


しかーし、そのためには、時に、閉ざしまくった蓋をおっぴろげて、
どばーーーーーっ!!!浄化しないといけない。

いっかい、森に入って大暴れしてみなければ。

い、いやだけど、、、面白そうかも。

別窓 | 自分のこと
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。