tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『地球規模におバカでありたい』
2008-10-31 Fri 14:07
earth*photo


「自分らしさ」というものに、正解も間違いもないし、
唯一無二の個としての自分を、
そしてそんな自分のかけがえのない特性を
恥じたり、押し込めたり、隠したり、あるいは余分な脚色したり、、、

こんなにもったいないことはない。

世間の常識や、慣れ親しんだ無知の世界の平和とは、
かけ離れたところに、オリジナリティが隠されてる。

ソレこそ、岩戸の奥に隠された、神さまのことかも。

神を怖れた古い人間たちは、
仰々しく、うやうやしく、簡単には出しちゃいけないものとして、
その「光」を閉じ込めた。

今、世界中で、岩戸開きが始っている。
真実の、光の神である、自分らしさを取り戻すために。


この世で一番難しいのは、
自分の特性に素晴らしく自由でいること、なのかも知れない。


これからは、絶対的に、自分らしさにコミットメントしよう。
それは、地球防衛軍の役割のひとつ。だよね~。


Keikoとこからもらってきました。Matt最高~~~~!!!!
私はこんなBabbyになりたいと思ってます。^^




スポンサーサイト
別窓 | 想うこと
『Ao y Sora (碧と宇宙)』
2008-10-29 Wed 15:19
aoisora1*photo

***AOに贈る歌***


『AO y SORA』         
.....................................................................................From babby with love


君が産まれた 暖かな午後
ママは マリアのように微笑んで
パパは 涙をこぼして その奇跡を喜んだよ

君が 育まれてゆく この星は
大きな進化の 時代にあって
君が歩んでゆく 道のりには
時に 険しくも あるだろうけど


やがて 君は見るでしょう  暗く長い 夜が明けて

指差す先に 光が射して  世界が バラ色に 染まるのを


君が大好きな パパとママにも
ヤンチャなおチビの 時代があって
鳥かごのような 世の中が 息苦しいと泣いたんだよ

そんな時代を 超えて今
ホントの自由を 君は手にして
歓びの中で 生きてゆける
愛と勇気を たずさえて

やがて 君は 聴くでしょう  碧く輝く 宇宙の果てまで

愛と調和の シンフォニーが  美しく奏でられるのを


だから今 約束するよ この美しい碧い宇宙

大事に大事に守り抜いて 君たちの時代へと送るよ

大事に大事に守り抜いて 君たちの時代へと送るよ



aoisora2

aoisora3

aoisora4

aoisora6




期待しすぎ、、、かなぁ。 ま、「歌」だから。



ao7






別窓 |
『武吉廣和さんの壷展』
2008-10-28 Tue 21:17
tsubo
*武吉さんのサイトからお借りしました*


デビューライブの翌日、
前の仕事でのお友だち、ぬ~ぼ~の「家」に行って来ました。

彼女の家は、江戸時代に建てられたお家で、登録文化財になっています。
地域の方々と一緒に、ミュージアムつくり、資料の整理・研究から、土壁塗り、
なにわの伝統野菜作りなど、実際に「参加」して創ることを楽しむという形で解放されています。

*お近くの方、関心ある方、ぜひぜひアクセスしてみてくださいね。
nayamuseum

ここで、四国の陶芸家、武吉廣和さんという方の、「壷展」が開催されたのです。

この案内をぬ~ぼ~からもらった時、
ぜひ、いつもお世話になっている、Tさんを誘って行きたいな、と思いました。

ぬ~ぼ~とは、私が仕事を辞めるとき、久しぶりに再会してランチに行き、
たまたま日が近かったゴスペルのコンサートに来てくれたり、
その1年後に、友人のお葬式で再会して、このナヤミュージアムのことを聞きました。

もう、すぐにでも行きたい!と思っていたのに、
なんだかんだとタイミングを逃していたのです。

でも、やっぱり、何でも、ちゃんとベストなタイミングがあって
その時になれば、そうなるものなんだなー、と思いました。


武吉さんの壷は、まるで地球の壷、太古の自然がかもし出す強さや風格、
そんなものを感じさせてくれました。

私は、焼き物のことも、芸術のことも、本当~~~に何もわからないニブい人だけど、
それでも、壷から伝わってくる、何かの感覚はありました。

私が惹かれたのは、ガイアリーフ(名前違ったかも)という、葉の形をしたような焼き物。
内側が、美しい青緑の色が出ていて、美しい地球の色でした。

Tさんは、会場に入るなり、一目散に「一目ぼれ」の壷に向かって直進。
わかる人にはわかるのですね~~~。


もう、本当に、この宇宙ってオモシロすぎて、昨日は鳥肌でした。

まだ人も少ない時間帯だったので、武吉さんと少しお話できたのだけど、
もう、開口一番、無駄なくソツなく、その会話の端々には、「符号」が続けて並んでいました。

「スエキ」と呼ばれる、3500年前に中国で始まった壷作り。
「龍釜」と呼ばれる、長い長い昇り釜で焼かれる壷の伝統は、
日本へと渡り、それが枝分かれして、備前焼や信楽焼きになっているのだそう。

(間違っていたらいけないので詳細は武吉さんのサイトで)

Tさん「スエキってどんな字を書くのですか?」
武吉さん「須恵器。スサノオの須です。」

そんな話から始って、壷の歴史、壷を焼くようになった経緯の中にも、
びっくりするくらい、普段Tさんたちと話しているようなことばがいっぱい。

まるで、符号合わせのためにここに来たかのようでした。

Tさんって、本当に普段からテレパシックに生きている人で、
神さまのお仕組みのように、必要な人と必要な時に会うようにちゃんと導かれる。

その、まったく3次元時間の無駄の無い会話を目の当たりにして、
もう、私はびっくり鳥肌ばっかで、涙出そうなくらいでした。


何がどう、ということはないけれど、
こうして、出会い、繋がることがとても大切で、
また、大事な時に、それぞれのお役割で、繋がる日があるのでしょう。

今のこの時、多くの人が、何故か同じことを考え、同じ方向を目指し、
生きておられるんだな、と感動しました。

ぜひ、武吉さんのサイト、行ってみてください。

ぬ~ぼ~とは大学時代の先輩後輩らしく、
ナヤミュージアムの存在を知った武吉さんの奥さまが、
直観で、ここでの壷展を思いつかれたのだそう。

奥さまは、会場で美味しいお抹茶とお菓子を出してくださいました。

壷展のフライヤー文に、そのエピソードが少し書かれていたので、
それだけ一部転載させていただきます。

『いまの地球は「混沌」ともいうべき状況で、何かが生まれつつある。
私の周辺も「信頼」のみを手懸かりに「共に立ちゆこう」としている。
どちらへ進むか判断がつきかね皆が右往左往する時、彼女はとんでもないビジョンを見る。 
女の直感と言うべきか。
21世紀はアジアの時代、女の時代だと言われるが、「破壊」に終わる競争の原理から
「創造」という愛の原理に変わってゆくことだろう。』


ビビビ、ときまくりですね。

Tさんと、この奥さまとの共通点は、この「女の時代の女の直観」でもあるようです。^^

武吉さん、出逢いに感謝します。
我欲がなく、自然体で、地球や陶器を愛されている真摯なお姿に感動しました。

人がだんだん増えてきて、お忙しかったのに、お時間とらせてすみませんでした。
お話、もっと聞きたかったです。またいつかどこかで。


ぬ~ぼ~、おじゃましました!ありがとう!



陶芸家 武吉廣和さんのサイト



これも何かの「ご縁繋ぎ」のお役目。報告させていただきました~。



別窓 | イベント情報
『デビューでした♪ありがとう』
2008-10-27 Mon 22:00
1026aa
*主宰のMiusa♪

1026a
*阿倍野コーナスは満員のお客さま 

昨日、10/26、Miusaのプチコンサート&ワークショップ、
そして、千の雫プロジェクトバンド「Preposition」のデビューライブに
お越しいただいた皆さま~~~、ありがとうございました!!
サポートしてくださったすべての皆さま、ありがとうございましたあーーー!!

もう~~、大成功でございました。(涙)

お友だちのMiusaは、クラシックピアノをお見事に弾きまくり、
そのピアノを聴きながら、感じるまま自由に絵を描いてみる、という
シンプルで素敵なワークショップを企画したのですが、
これも、彼女のオリジナルのコンサート&ワークショップで、
ひとつの夢の実現、デビューでした。

Miusaの奏でるピアノの音に耳を傾けながらのワークは、
とても無垢に、自由に、心を解放してくれて、
小学校時代の図工の時間に戻ったかのように、
楽しい楽しいひとときでした。

そして、みんなが描いた絵を、後ろの窓に並べて貼って(参観日のように)、、、
その前で、Prepositionのデビューライブでした。

考えたら、「夢にまで見た」ライブ・デビュ~。

中学生の時から、22歳くらいまで、ずっとギター弾きながら歌ってた少女が、
いつしか、その夢を、手の中からこぼしてしまい、
いえ、、、
少女の夢は、いずれ、叶わずこぼれ落ちてしまうもの、、
子どもの頃の夢なんてそんなもの、、、と、漠然と信じ込んでいたんだろうね。

そんな、歌を歌うという「夢」を、もう一度拾ってから、、、2年と数ヶ月。

ゴスペルでは何度もステージに立たせてもらって、
リードデビューも果たすことができたりと、
とっても自然に、「歌」が自分を語るにかかせないTagになっていて、
それだけでも、とても幸せなことだったのに、
昨日は、ついに、ウン十年ぶりで作った、オリジナルソングの初公開でした。

せっかくのデビューライブだから、
このバンドや「千の雫プロジェクト」や、作った詩のコンセプトなんかも話させてもらって、
お客さまが、いっぱいレゾナンスしてくださったのが、すっごく嬉しかった。

私の場合、ただ、歌を歌うってことだけじゃなくって、、、
歌は、こうしてblogを書くのと同じように、自分に出来るひとつの「表現」だから、
今これを書いている私と、昨日歌を歌ってた私は、どちらもStoryの、側面なんだよね。

だから、日頃こんなおちゃめな日記を読んでくださってる人には
言わずと伝わる全体像が背後にあったりするし、
初めてお会いする人たちにも、そんなStoryを、知ってほしいな、って思った。

3次元的には、「こんな」年齢になっている自分が、
少女のように、夢に目をキラキラさせて「デビュ~♪」なんて、
冷めた目で見たら、正直やっぱりちょっと恥ずかしい。

だけど、昨日は、そんな想いは、全部吹っ飛ばしていこう~!って決めてた。
年齢も何も、お顔とか体系とか?
女の子としては、縮こまってしまうばかりのコンプレックスって
もしかしたら、とーっても、手放すのが難しい、古いエネルギーかも知れないね。

しかも、バンドメンバーはすっごい若い男の子たち。
そんなシチュエーションなんて、いったいこれ何もの??って話やんな~。
大物歌手ならいざ知らず、そこらへんにいる普通~のオバサンが、、、やもんなぁ。^^

・・・・・・・・

考えたら、ホント、よくやった!!!と自画自賛しておこう。^^

すべてのベクトルを、「歓び」に向けた!!えらい。

めっちゃ、「無理、無茶、無謀~!!」という、古い集合意識の壁を、破ったどー!


だってねーーー。
これまた、すっごく若い男の子が、(Miusaの知り合い)、
会が終わってMiusに挨拶して一旦は帰りかけたのに、
また戻ってきて、わざわざ私のところに寄ってきてくれたの。

ライブ、本当によかった、って。
千の雫の話や、あきらめていた夢を叶えるってことや、
私が話した歌のコンセプトにとても共感した、って、、言いに来てくれたの~~~。
マジ、涙出ました。ほんと嬉しかった!

そしてもうひとり、後で、飛び切り上手なJazz&ブルースっぽいピアノを弾いてくれた、
これまた若い男前が、やっぱ自身も世界平和に関するNGO活動に関心があって、
千の雫にとっても共感した、って言ってくれて、
いつかライブでもセッションしましょう!って、
携帯メールアドレス、くれた~~!(この日最大の自慢^^)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いや~~~、なんかね、関係ないね。一切。年齢とか何だとか。
魂レベルで、Feelingでみんな響き会う、ソウルメイトばっかです。ホント。

年齢なんてね、こっちが気にしてるとあっちも気にする、って世界ですよね♪



この日、8月の千早赤坂村で始めてお会いした、浅田さんっていう男性が、
音響関係の一切を、ものすごーーく素晴らしく、サポートしてくださった。繋がりに感謝です!
後で、録音してくださったライブ音源聴くと、感激。
素人のデビューには、考えられないほどクオリティの高い、環境を提供してくださいました!

浅田さんは私より少し年上の同年代なのに、
彼もまた、誰よりもMiusaのお絵かきワークを楽しんでたし、
バンドの男の子たちとも古い友だちのように仲良しになってたり、と、
めっちゃ、楽しい一日をシェア出来た気がして、とっても嬉しかった!

他にも、サポートに来てくれた、うえっち、さる~、めっちゃ感謝!
懐かしい再会の面々、blog読んでくださってる人たち、初めましての人たち、、、
阿倍野コーナス代表の白岩さん、歌もめっちゃ誉めてくれて、応援してくれて、超~嬉しい!

みんなみんな、昨日の出逢いに、心からの感謝。

神さま、ありがとうございました!


1028c
Super Ultra Special thanks!!!!!!!!! brother&sisters
*ヴォーカル:ins@inaba masanori Moon Religion
*ギター:いのっち@inohara motoki official web site
*ピアノ:Miusa@ueki mieko Miusaのしあわせ予告♪
[Preposition] 081026-Song list
*The rose
*生命の地球(いのちのほし) 詞・曲/ats  アレンジ/ins,inocchi,miusa
*Hug song  詞/ats 曲/ins  アレンジ/ins ,inocchi,miusa            


ライブ音源がめっちゃいいので、記念CDを作ろうと思ってまーす!!

永遠にぶっとばしまくりです~~~~




おまけ
19sai
*Long time ago....夢をこぼしちゃったた少女がいました。ats@banbing19才♪
別窓 | Atsライブのお知らせ
『The deep pain』
2008-10-23 Thu 21:46
2021


先日の日記に、拍手いっぱいありがとー。

拍手コメントや、メールももらっちゃいました。
同じ何かを感じてくれた人、「行間」を読んでくれた人。
自分の「痛み」を分かち合ってくれた人。

ありがとーございます。

私の日記って、まっすぐ書いているようで実は全然違います。はは。

書きながら、行間で語ってたりもするわけだし。全然正直じゃないです。
まだまだ、透明になり切れない、ヨワイ私です。

それに、
書けるうちはまだ平和です。
泣けるうちはまだ幸せです。

どんなに胸が痛んでも、必ずそこを通れば光がある。
その光に会うために、会いたいと願うからこそ人は生きられる。

ほんの一筋の光さえ、見失った人たちは、世界にたくさんいる。

そんな人たちに届けるために、
私たちは、何度も越えて、何度も光に会い続けないとね。


昨日、今日、メッセージくれた人、拍手くれた人たちへ。

あなたが私の「痛み」をわかってくれたように
私もあなたの「痛み」が、わかるよ。

その痛みを越えてゆけるのは、あなた自身しかいないけれど、
とてもわかるよ、と言ってあげたい。

たとえ、そばにいてHugしてあげられたとしても、
たとえ、心を込めて歌を歌ってあげられたとしても、
たとえ、綺麗な夕日を見に連れ出してあげられたとしても、

決して、凍てついたような胸の痛みは、溶かすことは出来ないことも、わかってるよ。

何が、その痛みを癒してくれるか、それもよくわかってるよ。
それが叶わないから痛いのだと思ってるってことも、よーくわかってるよ。


だから何もしてあげれない。
だけど、だからこそ、すごくすごく「わかるよ」と、言ってあげたい。

今の私たちには、もう見えている。
痛みを握り締めて決して放さない、小さな自分の存在を。

その子は、とっても大事なサインを送ってる。
私を救い、私を越えて、光を見出してほしいと、実は叫んでいる。

小さな自分を救えるのは、大きな自分しか、いないんだってことも知っている。

それでも痛いときは痛いんだからしょうがないよ。
しっかり感じきって、通り抜けるしかない。

きっと通り抜けるから。
その痛みは、新しい世界には持っていけないものだから。
だから、置いていかれるのを拒んで、恐れて、必死で叫んだりしてる。

越えても越えても、またやってくるよね。
それでも、越え続けなければいけない。光に向かい続けなければいけない。


いつかきっと、手放せるから。
時間はかかっても手放せる。恐くなんてないよ。
手放すのは「痛み」だけで、あとは何も失ったりしない。


その時が来たら痛みを解放してあげて、思い切り光を浴びよう。


射手座の人にはちょっと嬉しい、
「筋トレ」のメルマガが、一日早く届きました。

聞こえちゃったかね?シンクロです。
どんな「衝撃」でもかかってきなさーい。逃げませんよ。
http://d.hatena.ne.jp/weekly/searchdiary?word=%2a%5b%a4%a4%a4%c6%ba%c2%5d

102134

あなたと私に大きな愛を。
あなたの笑顔はきっと世界を救うから。


別窓 | 限界を超えてゆく
『across the limit』
2008-10-22 Wed 00:22
10211


私という「入れ物」は、相当~~、深さがあるようだ。

言い換えれば、打たれ強く我慢強い。
言い換えれば、ニブい。あほ~。ですねぇ。


歓びも悲しみも、痛みも我慢も、人の100倍は大きいとか思ったりする。


2008年、9月から10月。 この秋は、とても興味深い。

私は、あらゆる「限界」を感じ、
そこに立ち向かうしかない状況に、結構追い立てられ続けてる。


まず、我が家は経済的に、「限界」に来た。はは。
今までも何度も限界を感じたことはあるけれど、全然そうじゃなかった。

今を思えば、あの時も、あの時も、「お金持ち」だった、って思う。
それに、いつもいつもなんとかなった。
「なんとかならないわけがない」と、ずっと思ってた。

だけど、今回は、「明日からどうしよう、、、」とか、マジ考える日が続いた。

今の時代、一般的な日本人なら(何を一般的というか尺度はともかく)
クレジットカードもあれば、生命保険解約したり、家売ったり、
親や友人もいるし、ただ生きてゆく上には、全然問題なんてない。

だから、真には「限界」じゃない。実は全然心配してないし恐怖もない。
それでも、この3次元的経済社会という、めんどくさい現実で、
「限界」を感じるには、十分に、追いやられた感じ。

で、今私は求職中。。。

(そう決めた途端に臨時収入とか来て、今はしのげてしまってるわけですが、、、)

でも、もう決めた。
近い未来、本当に「お金の要らない社会」に生きると決めて、
そのための最後の数年を、思い切り悔いの無い3次元体験をする。


それから、、、
結婚25年めにして、初めて夫に、離婚宣言をした。
今まで何度も思い、何度も迷い、何度も出来なかったこと。

きっとこのまま、一生、出来ずに、それなりに満足して過ごしてゆくんだと思ってた。
それか、白馬の王子が現れて、さらって行ってくれるなら、、とか。(笑わないっ)

それがある日、これからの残りの人生、そんな在り方が耐えられるわけがない、と
外側から何か起こらないかと期待して、他力本願で過ごせるのか、と、
そんなんでいいのか、と、
突然断固として「無理!」と、意図した瞬間があって。
湧き上がるように。それ以外考えられないように。


これに関しては、初めてしっかり話し合って、保留。

がんじがらめの関係性を、一旦ゼロに、「リセット」することが出来たと思う。

今の我が家の大変な時を、協力して越えて行こう、と決めて、赦しあえた気がする。

彼は彼なりの、限界を超えようとしていると思う。

「夫婦」としては、もうずっと、終わっているけれど、
「家族」としての絆や信頼では、お互いにしっかり繋がっていることを認識できたし、

今は、その存在を、とてもありがたく思うし、心から感謝してる。

私のほうは、「離婚したい」という想いの奥に、

「やりたいことをやりたいようにやりたい」という、
がんじがらめに閉じ込めた本質があることに気づいたし。

それが良いとか悪いとかではなく、私はそうなのだ、と、認めるってことだけど。

考えたら、ここ数年は、「やりたいことを全部やる」という、チャレンジに挑んでたと思う。

まだまだ我慢があるし、逆に、感謝の気持も足りないと思う。
我慢せず、我儘でもなく、自分の本質に、正直で在り続けること。

これも、今のチャレンジ。今のままで、限界を超えてゆこうと思う。

彼にとっても、今を乗り切ることで、本当の幸せをもう一度見つめてほしい。


離婚するとかしないとかは、きっとその先に答えがある。


-------------------**

「私」という存在は、「すべての人」の象徴だから、
集合意識のワンピースとしての、顕れだから、
これは、同じような状況下にある、「みんな」の代弁でもあるよね。きっと。

だから、赤裸々なまでに書いてるわけですが、、、^^;


今生に、連綿と繋がる、生命の鎖の最先端にいる、この「私」は、
遺伝子に刻まれた、すべての人たちの「血の履歴」を背負っている。

すべての人たちの、叶えられなかった願い、越えられなかった壁、癒せなかった傷、、、
それを全部、越えなければ、今生で「上がり」には、出来ない。

その上、3万年前、1万5000年前、3500年前、、、、?
その都度、祈りも届かず、願いも叶わず、この地球を沈めてしまった、あの深い傷。

大事な人を失い、愛する地球を傷つけ、すべてを失った、深い深い哀しみ。
地球を、人々を、救えなかった、深い後悔と懺悔の念、、、

そんな、「魂の履歴」も、越えていかなければ「上がれ」ません。ねぇ。


「ここに生まれて」から、ずっと今まで、
その、壮大なチャレンジの、総まとめをしてきた。んだな、と思う。


特に、やっぱり、2007年のクォンタムリープを中心に、その前後1年。合計3年。


個人的には、2006年末に仕事を辞めた時から始ってる。
その前から、やはり「限界」を越えてたのに気づけずにいたから、
もっと前から始っていたんだろうけど。

それからの2年は、もう総まとめ。総チャレンジ。

木内さんと出会ったのも、前の職場と同じビル。運命感じる。


「歌」という、あきらめたことも忘れるほどの、遠い夢も取り戻した。(夢のようです)


それでも、「深い」「私」は、
なにをするにも、「四角い車輪」で進んでいるような、不器用さで、
だからこその、自分なりの「チャレンジ」なんだとわかる。


何万年、とかいう壮大なスパンでも、
数年という、身近なスパンでも、
同じように、ここに集結する、「限界」が、きてるのを感じる。

社会を見てもそう。

そういう意識で生きている人にとっては、
個人的な出来事なんて、ひとつもなくて、
常に、世界とリンクしている。そういうものだと、もうわかるから。

「私」が、限界を超えることで、「世界」も、それを超えてゆける。


どれだけたくさんの人が、こんな自分を笑おうとも、きっと行くんだろうな。

どれだけ、恥をかかずに要領よく生きようとしても、やっぱり無理なんだな。

自分の本質を生きると決めたからには。
神さまは、きっちり、容赦なく、そこに導いてくれる。

受け入れるべきものを受け入れ
赦すべきものを赦し
手放すべきものを手放せるように。

夢にまで見た「あの場所へ」、向かうために。


あなたの、ちっぽけな悩みは、全然ちっぽけじゃありません。
あなたの、誰にも言えないような傷は、あなただけの傷じゃありません。
あなたの、ばかみたいな夢は、全然ばかみたいな夢じゃありません。

その、抱えているすべての、限界を超えることは、壮大なチャレンジ。

この地球上の、すべての人たちにとっての、
すべての意識が一緒に調和へと向かうための、
愛すべきこのガイアが、自然が、真実のバランスを取り戻すための、
壮大な、壮大な、大事な大事な、進化へのチャレンジなのですね。


ひとりひとりが、自分の存在の重大さに気づいて、越えてゆく準備のリミット。その時です。


8月  歓びと豊かさの頂点
9月  くくりの時。再調整のために気分はどん底に。
10月  限界を見ることで、落下状態から脱出。


そして、リセット。だ。

また今年も、11月が来る。スタートゲートが開く。

10月を思い切り楽しんで、そしてすべてをリセットして、
新しいスターとゲートをくぐる。と決める。


数万年かけた集大成の時。
出逢った人たちすべてを、なかったことになど出来るわけがない。
繋がりまくりのファミリーだから。

だからこそ、すべてをリセットして、次に行くよ。ステージ上げるよ。

ご縁があれば、スタートゲートでリユニオンしましょう。


2009年は、もうすぐそこ。
私にとっては、すでに大きな人参がぶら下がってる。
もう、ドキドキ過ぎて壊れそうなほどのチャレンジを感じてる。

そして、昨年より今年、今年より来年、、、楽々越えてゆけるだろう。
だって、この1年、越え続けてきたんだもん。考えたら。


-----------------***


はーーーーーーー
いっぱい書いてスッキリした。
何気に告白日記みたくなってますね。
いいんです。
もう、何もかも、世界はお見通し。

だって、私はあなたで、あなたは私ですから、ね。


突然終わります。
最後まで読んでくれた人がいたら、ありがとう。チームですね。

あなたにも限界を超えてゆくチャレンジスピリッツと、
益々続く進化の光りが、降り注ぎますように。
この日記が、誰かの「閉ざした扉」を開ける、鍵であればいいなと思う。


待ってろ。2009年の私。


おやすびなさい。
明日も派遣の登録に行くんだーっ。若さと美貌のために早く寝よっと。


10212

別窓 | 限界を超えてゆく
『自由への扉』
2008-10-17 Fri 20:50
sora


古いエネルギーの、断末魔の^^抗いから、抜けて数日。
日に日に心が軽くなる。

不思議だなぁ~。
人生、半世紀。長きに渡り、私は自分の自由を奪い続けてきた。


子どものころ、お弁当を持って、れんげ畑によく遊びに行った。
しろつめ草の冠を編み、草笛を吹き、川のめだかやおたまじゃくしをすくった。

河原の、葦が長く伸びた最高に素敵な場所に、隠れ家な秘密基地を作った。
中洲の水際についた鳥の足跡を、いつまでも追いかけた。
不思議な音や不思議な風、雲、空、、、

春も夏も秋も冬も、、、どの季節も最高に居心地よかった。

意識はどこまでも拡がっていて、私は無限に自由だった。


いつでもどこでも、歌を歌い、踊り、走り回った。
夕日も、一番星も、綺麗な月も、、、永遠に見ていたかった。

決まった時間に家に帰って宿題してお手伝いして、、、
そんなこと考えることなんて、100%不可能だった。

(出来たのは、早起きくらい。^^)


そうなんだ。不可能だった。


不可能なことを、だんだんだんだん、
いつしか、頑張ってチャレンジするようになった。

良い子になるよう。
良い人になるよう。
優しい人になるよう。
デキたオトナになるよう。

もともと純粋で、綺麗な心をもって、優しくしかいられない、愛の存在なのに。^^


また、あの頃に戻ろう。
またひとつ、古いチャレンジを、終えて、自由へと向かおう。



8月が過ぎて、赤い封印を解き、断末魔の叫びと対峙して、、、

古い扉をひとつ閉めて、
今、見えてきた新しい扉の前に立ち、
ベストなタイミングで、またこの扉を開けよう。

その時また、古くなった扉を閉じるだろう。
断末魔の叫びや、執着や葛藤があるかも知れない。

だけど、確実に、その扉は閉められ、新しい扉に向かうんだ。

いつもいつも。これが最後の扉と、決めるまで。


Red road(神ながら)は、戻れない道。
決意は、一度きりじゃない。何度も何度もやってくる。

そのたびに、もう一度、覚悟を決めて、また進んでいこう。

扉は、ひとつずつ。ひとつずつしか、開かないのだから。ね~。


ご縁がある人、一緒に行きましょう。
どっちでもいい人は、どっちでもいいように。

いずれ、みんな同じところでリユニオンする。夢にまで見た場所で。

だから、私は私の覚悟を決めるだけ。ひとりでもゆく、と。


やりたいことは全部やる。

開けたい扉は全部開ける。

どこにいても、誰といても、私は自由でいよう。


世界は、自分次第。
自分を愛し、世界を愛しまくりたい。  わけです。

失うものなど何もない。 いぇ~い♪




別窓 | 自分のこと
『秋の朝』
2008-10-16 Thu 10:44
ちっちゃいチビたちや、ママたちが集う賑やかな公園も好きだけど

だーれもいない、(蚊だけいっぱいいる;;)静かな公園ってスキなのだ。


*最近とってもお気に入りの、秘密の場所
10166


*これ、大好きなんだよねー。ネコじゃらし
23


*タンポポが咲いてたりする陽だまり
10161


*こんなのも好きなのだ♪
10165


*嬉しくなってしまう
10164


*男前~
22


ワンコがいる暮らしっていいなー、と思う。シアワセ。



*家に戻ると、こんななって待ってる彼氏^^
hal13


*こないだAOが来た時。HAL4.5kg、AO4.2kg HALの勝ち(笑)
aoyhal


さーーーーっ。
出かけるかっ!!!!

今日も美しい一日を!!

別窓 | 日記
『blue moon light』
2008-10-16 Thu 00:40
bluemoon
*蒼く美しいハレーションを起こして光る月


素晴らしい 月夜


今日は朝から 何度も深いところから 呼びかける声がある


何を信じる?
何を見続ける?
何を追い求める?

そのたびに 深く大きく うなずく自分がいる

見ているものを見ているままに
感じるものを感じるままに
求めるものを求めるままに


それが
「ここ」にいる最大の意味なんじゃないのかな

それは
嘘を見るんじゃなく
何かのフィルターを通して感じるのじゃなく
渇ききって、疲れ果てて、求めるのじゃなく


自由に
今そのままで 満たされていようよ、と
まるで 楽しいメロディが 自然に浮かんでくるように
ここに生きていることを ただ 賞賛しているような 声

ジャッジせず 怖れず 逃げず すべてをしっかり 越えていこう 

泣いて 怒って 笑って つまづいて 歓んで 感動して
 
すべての「感情」は その奥に在る真実と会うためのサインだから
まっすぐまっすぐ進んでゆけば

やがて 真実に たどりつく


誰よりも 何よりも
内側から溢れる 感覚を そのままに 感じ続けること 信じ続けること

それが
真実の 調和の取れた 愛の世界を創り出す、コツなんじゃないかと


信じて進み続ける人は 素晴らしく美しいな と思う
大きくも小さくもなく そのままに 自分を 内なる神を
賞賛出来る人は 本当に その道を 開いてゆくんだな と思う


蒼く 光り輝く この月のように ただそこに在るだけ


自分らしく まっすぐで 在ろう 


もう 絶対


そう思った 月夜 でした


別窓 | 自分のこと
『それだけがちきゅうを』
2008-10-14 Tue 16:47
4
*写真もホメオパス☆リュウちゃん
-----------------------------------------------------------***

何気なく交わした会話とか、誰かが書いた文章だとか、、、
素晴らしいタイミングで、それらをキャッチする、ってことがよくあるよね。

それらのことばたちが、ことあるごとに思い出されて、バランスを呼んでくれる。

きっと、神さまが伝えてくれているんだと、思うんだよね。そういうのって。
誰かや何かを通して、私に伝えてくれる、シンクロメッセージなんだ、って思う。


私の場合、最近は、、、

まりりんさんの
「無理することないって。どんなことも、ずっと ”行ったり来たり”なのよ~。」

何もかも完璧に越えたり、完璧にこなしたり、手放したり、、、って
思いすぎなくても、行ったり来たりで、少しずつ進んでいくものなのよ。
ずっと、そういうものなの。と、教えてくれた。心が軽~~く、なったことばです。

バークレーのKeikoは、
「どれだけ、透明な自分になっていくか、ってことだよね~」と
繰り返し伝えてくれる。

周りの人たちや、環境や、世界の現状や、何よりも何よりも、
自分が、自分自身に対して、そして誰かに対して、
どれだけ透明で、誠実でいられるか、、、まず、それなんだよね。

そこを大事に生きていれば、周りの環境はちゃんと、必要なだけ変化してくるもの。


リアル友のMiusaのブログで見つけた、こんなMiracle words たちも、、、
http://ameblo.jp/fruitful-love/day-20081011.html

つい、忘れそうになる、愛の感覚を、思い出させてくれる。

本当に、目に触れるものすべては、神さまの顕れ。感謝感謝です。


今日、mixiで見つけた、ホメオパス☆リュウちゃんの、チャネリングメッセージ。

これまた、ぐぐぐーーっと、ハートをクリアにしてくれました。泣きそうになったわ。

今は、古い世界からの引き戻しのエネルギーも強いみたいだから
常に、真実の自分のフィーリングを、忘れず、大事にいきたいね。

ぜひぜひ、勇気と元気で、ここを越えていきましょう~。

ホメオパスちゃん、ありがとう。シェアさせてもらいます。

写真も全部ホメオパスちゃんです。
長いけれど、必要なところだけでもフィーリングでキャッチしてくらさ~い。

ホメオパスちゃんのサイト
http://open.sesames.jp/RYUU/html/_TOP/
mixi
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=962763501&owner_id=773644

------------------------------------***

「それだけがちきゅうを」 2008年10月14日00:35


きみにしか出来ないことがあって

ぼくにしか出来ないことがあって

それでいいのだと思う

きみとぼくで出来ることがあって

いっしょだと上手く出来ることがあって

それはとても嬉しいと思う

ぼくほどきみが感動するかはわからないけど

きれいな花が咲いてたら見せたいと思う

面白い事件があったから聞いてほしいと思う

ビックリした顔が見たいと思う

きれいな夕焼けを見たらいっしょに見たかったと思う

おいしいものを食べたらお土産にしたいと思う

きみがもっと幸せになるのなら

ぼくは遠い所でも活躍したいと思う

きみと離れてもきみの役に立ちたいと思う

同じことで笑えたらすごくうれしい

同じことで泣けてもすごくうれしい

ケンカできる相手がいるのって幸せなこと

ケンカでもいいからしたいよ

憎まれてもいいから関わっていたいよ

わかって欲しい相手がいるって幸せなこと


てをつなごう

てをつなごう


たいおんあるこのからだ

もっとつかおう


きみはどんな暗闇をみた?

きみはどんな傷を負った?

ぼくに聞かせて


ぼくはこんな闇をみてきて

ぼくはこんな傷を負ったよ


きみの闇と似てるけど ちょっと違うね

闇を抜けた 健闘を称えあおう

それぞれの闇に潜り ミッションをこなして来た

勇敢なるぼくら


ぼくが行けない場所へ行ってくれてありがとう

ぼくなら抜けられなかった闇を抜けてくれてありがとう


ぼくが読めない本を読んでくれてありがとう

ぼくが感じない歌を感じてくれてありがとう


家族でも友達でも恋人でも

本当のあいというものは

好かれたいと思ったり 近寄りたいと頑張ったりする次元ではあらず

離れてもいいということ 離れることが出来るという強さ

自分のことを忘れててもいいという寛容さ

自分に気付いてくれなくてもいいという眼差し

輝きを邪魔したくないというきもち

どこかで存在してるだけで嬉しいということ

自分が傍にいようが いなかろうが それは問題ではないということ

たとえその人の体がなくなっても 
大好きなエネルギーが存在してることを知ってるから大丈夫ということ

いつでも力をもらえるということ

いつでも繋がれるということ

揺るがないもの

ブレないもの

信頼の

証(あかし)



2




あなたは何を見た

そこで何を見た

何を伝えようと思った

何を伝えないと決めた

誰にも言えないことも私には言って

どうか伝えて

どうやるのかですって?

空に天に宇宙に

そして自分の内側に想いを飛ばしてみて


宇宙の彼方に届くように

深海の彼方に響くように



一言でもいいから

言葉にできなくてもいいから



言葉に出来ない想いの方が

尊いことがあるわ

純度100%だもの

本当に大事な想いは言葉にはできない

言葉にはならない



ねえ 傷ついてないような瞳をしないで

まるで 傷ついたことがないような瞳をしなくていいのよ

傷つきながらも立ち上がった瞳の輝きをみせて


ねえ 怒ったことがないような瞳をしないで

まるで 何をされても平気なような瞳をしなくていいのよ

怒りに震えながらも 呑み込まれないように微笑む笑顔をみせて


ねえ 悲しいことがなかったような瞳をしないで

まるで 順風満帆な人生のような瞳をしなくてもいいのよ

悲しいこともあったけど 今は楽しくなって来たと笑って




じゅんどをあげなさい

純度を上げなさい

捨てるのはもったいないからって

興味の無い本を読まないで

眠くなりながら適当に読まないで

魂が震える本を読んで

魂が震える歌を聴いて


どれだけ夢中になったおもちゃだろうが

必要なくなったものは

今 必要じゃないものは

ポーイ!と投げ出す子供こそ

まさに生命力の塊だわ

損得を考えず

感じたまま 

直球よ




世の中には

あやふやなルールがあり

矛盾したことわざがあり

どれが正解なのかしらね

答えはみんなで作ってゆきましょう

どちらが正しいかのではなく

誰も負けない方法で

誰もが幸せになる方法がきっとあるハズ

その方がいいと沢山の人が思い始めているから

それしかないと気付いてしまったから

その流れはもう止まらないのよ

大きな流れは止められないのよ

確信という強さ

腹をくくるという強さ

それだけで

まずは決めるだけで波動が上がる



「二度あることは三度ある」なのか

「三度目の正直」なのかわからないことがあるわよね

いくら神様にお願いしても

叶うものと叶わないものがあるわ


どうしてだかわかるかしら


いくら強い思いでも

純度が低いと叶わないわ

執着からの想いなら叶わないわ

誰かを何かを人生を

コントロールしたいなら叶わないわ

純度をあげなさい

痛い位の透明な輝きがあなたにもあるでしょう

どうか見つけて

あなたにも もっともっとさらなる輝きがあるのよ

あたし達にはこんなにハッキリと

それが見えるのに。

その全てを知ってるのに。


そして

あなたが自分の輝きを見つけたなら

どうか誰かの輝きも見つめてあげて

どんな光なのか教えてあげて




本質の望みは きっと誰もが同じなの

愛して愛されたい
 
許して許されたい

しあわせでいられるように



ベジタリアンがいいのか
何でも食べるのがいいのか

バリバリ都会で働くのか
田舎でゆっくり過ごすのか

あなた自身で決めなさい

様々な選択をあなたが選んでゆきなさい

どちらがいいとか

どちらが悪いとか

そういうことじゃないの

全部想いの質で決まるのです


恐怖からの行動なら恐怖を呼ぶでしょう

愛からの行動なら愛を呼ぶでしょう

基本はそれだけです

動機がだいじなのよ

源のパワーの出所が

エゴならば限られるでしょう

愛ならば無限でしょう

「ああ これはエゴだったから上手くいかなかったのかな」とか

「思いがけずスムーズに流れにのったなあ これが使命か」とか

だんだん それを肌で感じれるようになるからお楽しみにね

最初からわからないのは当然なのよ

いくら本を読み漁ったって実践には敵わないわ

練習して経験して磨かれてゆきなさい

感覚と直感を研ぎ澄まして



3



あなたも知っているでしょう

「どうか この想いを誰かに伝えて」

「どうか 誰かがこのことを知って」

「どうか 沢山の存在があの人を守って」

「どうか この想いがあの人に伝わって」




と祈るような気持ちを。


遠く遠く彼方まで届くような祈りを。


その想いだけが

その祈りだけが

どこかで

傷ついた人を癒し

攻撃的な人が我に帰り

心閉ざす人がハートを開き

その人が必要な誰かと出会わせるような

魔法になるの。


シンクロってね

何も神様が天から魔法を飛ばしてるだけじゃないのよ

あなたたちの想い 

「どうか」と祈る時

未来の自分に想いが届いたりするの

色んな次元の仲間達に想いが届いたりするの

エネルギーは距離も時間も時空も次元も超える


あなたが今癒されてきたのなら

過去の傷ついてる自分に

泣いている自分に

「大丈夫だから 大丈夫だったから」

とエネルギーで抱きしめてあげてね

今の自分を見せてあげてね

そうすると点と点が腺で繋がるわ

「あの時立ち直れたのは未来の自分のオカゲだったのかも」と。


事故にあった者ならば

事故の場面を思いだして

自分をオーラでくるんでガードするイメージをしてみなさい

そうすると 現在の痛みまで軽くなったりするのよ

漫画のようなイメージでかまわないわ

映画のようにCGのようにミラクルでかまわないわ

妄想でもいいから試してみてね



5



「どんな手入れで肌が綺麗になったの?」とか

「どんな方法で痩せたの?」とか誰かに聞いても

参考程度にしなさいね

あなたはその人ではないから

同じ化粧品が合うとは限らない

同じダイエットが合うとは限らない

痛めた所がお風呂で好転する人もいれば

冷やして好転する人もいる

自分だけの方法を見つけて

オリジナルな方法を

それはワクワクすることだわ

子供の頃のように

なんでなんで星人になりなさい

不思議なことに目を見張りなさい

壁を叩いてゴン!と音がするだけで

嬉しくて不思議で夢中になったあの気持ち

忘れてしまったかしら



自分で自分を幸せにする方法を見つけなさい

自分をプロデュースしてゆきなさい

自分を知ってあげなさい

あなたがあなたの味方でありなさい

誰があなたを傷つけても

あなたがあなたの味方であらなければ

誰があなたを守るというの

あなたがあなたを愛してなかったら

誰があなたを癒すというの





きみはどんな暗闇をみた?

きみはどんな傷を負った?

ぼくに聞かせて

きみの地球での冒険を

その肉体での体験を

ぼくに教えて

ぼくは遠くからきみを見守る者



4



あなたは何を見た

地球で何を見た

人生で何を思った

何を伝えようと思った

何を伝えないと決めた

何を変えようと思った

何を諦めようと決めた

誰のために仮面を被った

誰のために自分を殺した




ねえ ぼくのこえがきこえる?

ねえ 私の歌が聞こえる?

ぼくのいろがみえる?

私の色を感じる?


本来

誰でもサイキックだし

誰でもスピリチュアルなのよ

あの人のオーラすごいよね!とか

あいつイライラしてるよな!とか

皆ちゃんと感じれるじゃない?

それこそがリーディングであり

それこそがチャネリングだわ




じゅんどをあげなさい

純度をあげなさい

あなたを研ぎ済ませなさい

代わりはいないわ

本音であれ

貴方100%であれ




  そ


  れ


  だ


  け

 
  が


  
  ち


  き


  ゅ


  う


  を


6
別窓 | 日記
『The Song is Love』
2008-10-13 Mon 15:41
1013

朝、素晴らしく心地良い夢を見ながら(また中身は忘れた、、、;;)
のんびりと起き出して、久しぶりに堤防まで、わんこと散歩に出た。
日焼けしそうなほど、眩しい光りの中で、
草の香りや、水面のきらめき、人々の幸せそうな笑い声なんかを聞きながら、
無意識に頬がゆるみ、身体からエネジーが、世界へと流れ出す、感覚。

もどってきたぞぅ~。
水星の逆行も、そろそろ終了だったかな(水星のせいにしてゴメンなさい)

昨日は、ゴスペルのリードデビューの日でした。
その時まで、全身「Total Praise」まみれだったおかげで、
全部で5曲歌ったうち他の曲では、飛び出したり出遅れたり、ドジばっかだったけど、、、スイマセン^^
Total Praiseは、とてもとても、Joyfulに歌うことが出来ました。

普段は、「緊張する」ってことはめったにない私ですが、
歌よりも、MCで緊張してしまい、心臓バクバクはーはー、って感じでびっくり。
見に来てくれてた友人に、「カワイかった」と言ってもらっちまいました♪

始る前は、お客さまが数人で、サブーい感じだったけど
それからどんどん席が埋まっていって、
歌っているあいだに、後ろのほうで立ち見してくださってる人もたくさんいました。
感激~~~~♪

とにかく、とってもHappyなデビューでした。Thank you Lord。


午後からは、26日の「バンドデビュー」の練習。
ここでも2時間歌いまくりで、超~楽しかった。

昨日は身体も心もエーテル体も、大浄化の日でしたね。
チャクラ全開で、エネルギー流れまくり。

もう、夜は眠いばっかり、バタンキューでした。

26日は、素敵なデビューになると思われます。(笑)
Miusaのワークショップとともに、ぜひお楽しみください!

最初「鼻歌」だった曲が(天からのダウンロードとも言うのだ^^)
仲間のサポートでとても素敵に育ってくれて、
まるで、白鳥になったアヒルの子、みたいです。もう感激。

歌に込めたメッセージは、自分へのもの。
宇宙のすべての意識と繋がっている、私へのメッセージ。

それが、誰かや何かと、シェアできれば、こんな幸せなことは、ないです。

「Miusaのプチコンサート&ワークショップ」

--------------------------------***

今朝、川面を見ながら、鼻歌歌いながら、ぼんやり思ってた。

人々は、太古の昔から、歌を歌う。
歌や舞いは、神さまに奉納されてきた。

自然の中にいると、歌いたくなる。
感謝の気持で、この自然を賞賛したいのと、
歌うことで、彼らとひとつになりたいと、願うのかも知れない。

それは、自然という神への奉納なのかな。

歌を歌うことで、神と繋がるんだろうと思う。

色んな、神との繋がり方がきっとあって、それぞれがそのハタラキで、
この世界に「光りを降ろす」のだと思う。

歌を歌う人は、光りの媒体で、
その人が歓びで満たされることが、まず第一の奉納(笑)
(自己満足で終わらないようにしなくっちゃ。)

その土地の神さまや、自然界の精霊たちへの奉納。
その場に居合わせてくれる人たちへの奉納。

なんてね。

日々、何気なく行っている行動にも、全部、神との接点がある気がするな。

土いじり、お掃除、何気ない会話、とかもね。


こういう歓びって、小さな自己完結で終われるようなものじゃないんだろうな。
ひとつひとつのささやかな行為が、歓びが、
全部、自然界のEnergyと交歓し合ってて、神さまに繋がって、
この宇宙に、調和というハーモニーを、見えないところで、奏でてるんだと、思う。

今日も、「ここ」に居ながら、そんな大宇宙との繋がりを忘れずにいようと思います。


ありがとう。神さま。みんな。

------------------------------****

【宣伝~~♪】

26日の、Prepositionデビューに、ギターで参加してくれる、
シンガーソングライターの「いのっち@猪原もとき」が、CDを作りました~♪
パソコンも、CDプレイヤーも、なーーぜーーか、「CD」を認識しない(何故だ!?)のワタシ。
まだ聴くことは出来ていませんが、
彼の書く詩の感性は、もうチームのような響きがダイレクトに届きます。

CDのテーマは、虹。調和の象徴です。タイトルは、その名も「スペクトリズム」

26日は、insと一緒に一曲披露してくれることになったのでこれもお楽しみに。
いのっちのサイトは、こちらで~~す。


私たちも、後に続くわよ~♪



Lord・・・
I lift up my hands in Total Praise to you....

Thank you&Hallelujah!!!

別窓 | 日記
『10月10日』
2008-10-11 Sat 00:56
sora12

10月も、もう10日。

Babbyは、毎日夕食を作って、長男宅にケアに行っていましたが、
それも、お嫁ちゃんの1ヶ月検診を機に、お役ごめんです。
これから、楽しくも大変だけど、頑張ってねー!


まぁーーー、この数週間、パーソナルな生活に
色々~~~と、変化が生まれ始めております。


削ぎ落としたくてたまらないものが露出して
見るもの聞くものすべてが、それらとリンクして、
自分に付着している、古いエネルギーが悲鳴をあげています。

たぶん、世界のたくさんの人が同じ状態。

こんな時こそ、高い次元の愛の世界で満たされて、、、、、、、

とか、わかってるけど、かなりなハードルです。ったく。^^


世界経済、大荒れです。
もともと、お金の社会は、欲張りな人たちのゲームに過ぎないのに、
それがGame overとなったところで、
そこからやっと、真実の人間らしい生活に戻っていけるのに、
何でそれをおおげさに食い止めなければならないのか、わからん。

テレビ見てても、町を歩いていても、
なんだか、とっても、怒りがこみ上げてくるんですよ。

どうなってんのかしら、この世界は。と。

一般大衆の目を、真実からそらすために、マスメディアは何やってんのかしら、と。
テレビに出ている人たちが、一番、何も知らない、とか思う。

嘘やまやかし、体裁、虚栄、、、
本来「必要のないもの」が「不足」して、それであえいでいる。

たくさんの人が、この世界おかしいだろ、と気づき始めているのに、
それでもまだ、まったく違う方向に、世界を動かそうとする。

何を見ても、茶番劇に見えてしまう。


もう、何も要らない。

何もないところにこそ、大事なものがある。本当に大事なものが、、、

早く、こんな世界を卒業したい、、、

そんなことばっかり考えてしまいます。

あかん、あかん。怒ったらあかん。
そんな世界のエネルギーに、飲まれちゃってる私です。スイマセン。


もうちょっと、踏ん張らねばね。

愛と忍耐、そして行動。

しっかり準備していたいね。新しい世界に向けて。



今月私は、とにかく、大好きな「歌」とともに、過ごしています。
聴いたり、歌いまくったり、、、。ライブも行ったし。

「歌」があってよかった。
ゴスペルがあってよかった。神さまに感謝。

あさって、12日、リードデビューですからね。
とにかく今は、頭も心も口(くち)も、「Total Praise」になってます。^^


♪豊中市中央公民館まつり♪
2008年10月 12日(日)10:30~11:00
会場:豊中中央公民館(阪急曽根駅下車) 

naniwa

こんな感じで、近所のおじいちゃんおばあちゃんとかが
バザー帰りに立ち寄ってくださるような、音響も何もあったもんじゃないような、^^
フリースペースでの無料ライブでございます。
お近くの方、ぜひお越しください!


午後は、26日のもうひとつのデビュー(Preposition)の練習があって、
これもまた楽しみです!完璧に仕上げるぞー♪

歌は私にとって、瞑想みたいなものです。
一番、神さまの近くにいられる気がする。

世界中で、悲しみにくれている人たちに、届いてくれるといいな。


----------------------**

今月は、たーーくさん、素敵なメッセージが出ています。
更新遅れてごめんなさい。

わかってます。わかってます~~~~~~。10月はそんな月です。
がんばりまつ。

とりあえず、「10月のエネルギー」Upしました。他のはまた元気があればやります。
いつも翻訳、ありがとう。

http://www.occn.zaq.ne.jp/aoisora/ArrivedEnergyOnEarth2.html
mixiページ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35792217&comm_id=1730147


Have a nice weekend、guys!!!!
別窓 | 日記
『木内鶴彦さん公開研修会のお知らせ』
2008-10-03 Fri 20:14
kiuchisan3

ウェブでのお知らせは控えていましたが、
今日、許可をいただきましたので、お知らせさせていただきまーす。

今月、2008年10月19日(日)、午後2時~4時、
JR大阪駅近くで、木内鶴彦さんの講演会があります。

木内さん主宰の、NGO GREEN GAIAの、第2回公開研修会として開催されます。

このブログも、木内さん検索で来てくださる方も多いので
講演会を心待ちにしておられる方にぜひ来ていただきたいと思います。
この機会にぜひお越しください。

残席は少ないですが、先着順で受付させていただきます。

尚、講演会後の懇親会は、すでに満席になっています。
申し訳ありませんが、ご了承ください。m(_ _)m

会場などの詳細は、メールでお返事いたします。
下記までお問い合わせください。


千の雫プロジェクト 北野あつ子
info☆milgotas-pj.com (メール送信時に☆を@に変えてくださいねー!)


定員があるので必ず予約が必要です。
お早めにお申し込みくださーい!お待ちしています。


別窓 | 木内鶴彦さん
『AO y SORA』
2008-10-03 Fri 01:52
sora11

sora12

素敵な空になってきましたねー。 10月です。

「どうしたらいいかわからない~~」時は、継続中だけど、
まーーー、そういう時だから、そういう時なのです。

だけど、そんなこと言ったり、なんだかんだしながら、
宇宙は、完璧なシナリオを、いつも携えて、
「おーし。おーし。」とか言いながら、どこかで見守ってくれてるんだろうな、と思う。

どうしたらいいかわからない時も、
イジイジと篭ってしまうときも、それはそれで、完璧なのです。(イイワケヂャアリマテンヨォ~~!!!)


-------------***

ふと、、、
思い出したことがあります。

いえ、ことあるごとに、思い出すことなんだけど、、、

昔、大好きだった「ボス」に、筋ジストロフィーという難病を抱えた息子さんがいて、
彼は、たぶん、25才くらいで、亡くなってしまったのだけど、、、
彼が生前に書き残していた、詩や文をまとめた、文集を、
家族が作って、「お別れ会」の時に配ってくれたのです。

私はそのお別れ会には行けなかったんだけれど、その文集を後日いただいたの。

その中に、胸に突き刺さるような、、、
もし、人のハートに、感情をセーブする「栓」でもあるとしたら、
その「栓」を、何かとても熱いエネルギーで引き抜かれるような、、、
そんな言葉があった。

どんどん、萎えてゆく筋肉、思うように動かない身体、、、


  『神よ。自分は欲しいのものなど、望みなど、何もない。
  ただ、ひとつあるとしたら、このオレを、何でもいい、何か人の役に、立たせろ。』


今、手元にその文集はないのだけど、そんな文面だったと思う。


どれだけ、家族や仲間に愛を注がれても、
どれだけ、優しい人たちに囲まれていても、、、

身体が自由に動かせないことよりも、
自分の肉体としての生命の、終わりが近づいていると知っていることよりも、
何よりも、哀しく、何よりも満たされないのは、、、

人の世話になるばかりで、何の役にも立っていない、と、
そう思うことがつらくて、やりきれないのだ、と。


その文章を読んだ時、私は、号泣した。

彼の、人としての、愛の深さに。胸をえぐられるような気がしたよ。


-------------------


初めて、自分の子どもを産んだとき、
毎日毎日、朝も夜もなく、おっぱいをあげたり、抱っこしたり、、、

「あーーー、子育てって、こんなに大変なのか、、、」

ため息つきながら、真夜中に、息子の顔を見ていたら、、、
突然、こみあげるように、溢れてきた感情があって、、、


もし、今、自分が、この子を「放棄」したら、この子は、死んでしまうんだな。

「自分がいないと死んでしまう」

そんな存在に、かつて出会ったことがない。
こんなにも自分を必要とする存在に、出会ったことがない。

無垢で無邪気で、全面的に自分を信じきって、すべてをゆだねてる存在。


無償の愛を注いでいるのは、母ではなく、子どものほうなのだ。

そう思った時に、大きくて重くて、ハートが壊れそうなほどの、重厚な愛が、
深いところから溢れてきて、嗚咽してしまったのだ。


自分のもとに生まれてきてくれて、
こんなに私を必要としてくれて、ありがとう。そう思った瞬間です。


実際の子育ては、そりゃー、条件つけまくりの、怒鳴り散らし~の、
親のエゴも弱さも丸出しの、人間っぽくっておばかなものでしたけどね。^^


でも、あのときの、「愛」の感覚は、忘れられないな。


--------------------

他にも、「深い愛の感覚」みたいなのを、感じたことは何度かある。


こんな風に書くと、「愛」って、とっても、オーバーなものに感じてしまう?

だけど、きっと誰もが持っている、深い愛の感覚は、
正直に、素直に、表現される日を、待ちわびているような気がする。


ボスの息子さんのように、
誰かに、自分のパワーを差し出したい、役に立ちたい、何かやらせろ!と
神さまに怒鳴りたくなるほど、、、彼の内側には、爆発的な愛が溢れてた。

生まれたばかりの赤ん坊は、
その存在そのままで、すべてを与え、すべてを受け取り、ゆだね、信じ、、、
無償の愛に溢れている。


そんな、「愛」を、目の当たりにした時、
私たちは、内側にある、本来の普遍的な愛の存在にも、気づくんだな。


最近、よく思うんだよ。
個人的な幸せとか、成功とか、安泰とか、繁栄とか、、、、
んなこと、どーーーーーでもええやん、と。ね、みんなもそうでしょ?

望みとか、願いとか、それはあるよ。もちろん。
でも、きっと、そんなもにょは、ここに生きてまっすぐ歩いてりゃ、
それが真実の望みであれば、叶えられるものなんじゃないのかな。
ベストな時に、もたらされるものなんじゃないのかな。

わかってても、もがいたり、摑みにいったり、求めすぎたり、、、ついしてしまうけど、

もう、わかってるよね。望みは叶うんだ、ってことは。

だから、そんなことは、そんなに、重要なことじゃない。


人々の、真実の望みは、真実の歓びは、
何かや誰かの、役に立ちたい、とか、必要とされることとか、、、
深いところから、愛が溢れて、光に満たされて、
どんなことでもやってのけられる、パワーを与えてくれる、上等の愛が、
内側から溢れて、外に流れ出て、それが、この世界を駆け巡り、
愛だらけで循環する世の中になる、、、

そういうことなんじゃないのかな、と思う。


「ここ」にいると、愛が軽んじられて、
愛が当たり前のように求められて、或いは、当たり前のように拒まれて、、、
正当化されて、責められて、条件ばっか、つけられて、、、


本当の私、私たち、ごめんなさい。っちゅー、感じです。


どういうボヤき日記か、、、、、
ふがいない自分へのメッセージでもあります。



「愛を差し出しまくりたい。」、、、、とか言うてみる。




ao1
今最も深い無償の愛を注ぐ人、AO♪
お嫁ちゃんの顔も日に日にマリアさまのようですよ~♪

彼らの時代が、愛に溢れていますように。
出来ることから、やっていこう。



別窓 | 日記
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。