tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『God said』
2008-05-28 Wed 21:45
bara



「Expand your view」

視野を拡大しなさい。

------------------------------***

はーい。
無事に手術が終わりました。

視界爽快です!!めちゃ良く見えて左右のバランスもいいです!

2月に左目を手術した時は、なんというか、すごくショックで
ダメージも大きかったんだけど、
2回目ともなると、落ち着いて、余裕で、
手術中に、うとうととしてしまったほど・・・。^^

その時に、航空写真のような、町の風景を見てました。

夢のカケラなのか、魂が空飛んでたのか・・・^^

とにかく、神さまが、

とにかく、もっと高いところから、もっと大きな視野で
世界を眺めてごらん、と言ってもらった感じです。


わかってるのですーっ。
目の前の小さなことでちまちまと生きていることわ~~。

わかっちゃいるけどやめられないのですっ。


この期間が実は一番大変で一番長いんだと思うなー。

だって、わかっちゃいるけど、、、ってことが全部、
本当に腑に落ちて、行動に移せたら、、

頭と身体とハートの三位一体が出来上がるやん~。

そしたら、「上がり」ですわね。ふふふ。


まー、その時が来るまで、その時は来ないのだから、
あきらめて、ノージャッジで受け入れていきますわ~~~。

ご迷惑かけてる皆たま、すいませーーーん!!



そんな、視野の狭いアナタに(ワタシかい)、

Arrived energy on earth 更新しています。
『新しいあなた。新しいリレーションシップ』
http://www.occn.zaq.ne.jp/aoisora/ArrivedEnergyOnEarth2.html

クリムゾンの5月のシャウドも良かったよ。あ、もう読んだか。
http://crimsoncircle.jp/Quantum_Leap/Quantum_Leap_9.html


良い子にして早寝しまーす。
スポンサーサイト
別窓 | 日記
『Refresh』
2008-05-25 Sun 23:05
haruru
*最近こんなとこでくつろぐHAL*


やっと背景変えました。
しろつめ草、大好きです。


明日、右目の手術です。やっとですー。
これで、左右のバランスも良くなるはず。

浄化とバランス。

ピュアにクリーンにリフレッシュ。
輝きを取り戻さなくちゃ。


5月最後の週。皆さま、クリーンに美しく、お過ごしください。


メールお返事出来なかったらごめんなさい。
いつも、読んでくれて、ありがとーです。m(_ _)m


halll
*こうしてbanbingに飛びつくタイミングを、虎視眈々と狙うHAL*

2008.5.25.23:10
別窓 | 日記
『5月のアカシック・要約』
2008-05-20 Tue 20:52
kumo5


気づけば、5月も2/3が過ぎたんだね~。

最近、Arrivedのコミュは、止まってまーす。
更新を待ってくださっている方、ごめんなさい。

ここまでずっとスタックしていたエネルギーが
とにかく動き出したって感じはするけれど、
まだ、もう少し我慢の時ですね。

私も、年明けからギシギシ言ってたことが
イッキに動き出すはずだったのに、
まだ半分くらいは、のびのびに待たされているよ。

右目の手術、お引越し、My サンクチュアリ、、、、

自分の状態って、決して自分だけの状態じゃなかったり
感情の揺れも、気力が無かったりするのも、集合意識。

よく似た状態の人はたくさんいる。笑えるほど。
だから、安心してましょーね。もうちょっとみたいです。


こんな時映画とか観ると、だいたいリンクしてること多いよね。

先日、たまたま観た映画、「愛おしき隣人

自分を嘆き、世界を嘆き、ぼやき、責めて、自分を追い込んで、
何のヘンテツもない毎日を、哀れんで、落ち込んで、やつあたりして、

可笑しかった。
神さまから見ると、きっと人間ってこんなに滑稽で、そして愛おしい。

まるで自分。どの人にも自分は似てた。

自分って、とーーーっても、一般的な人なんだな、とか思ったりした。

そして、もう少し。シフトは微細に起きているから。きっと。
今、全部感じることでリリースしているわけだから。


一度映画を観ると、続けて観たくなるもので、
今日はTSUTAYAへつい寄ってしまいました。

*ショコラ*
http://www.abaxjp.com/chocolat/chocolat1.html(勝手にリンクありがとう)

これまたよかったー!
たくさんの女性の中に封印されている本質。
すっごくワクワクして、素敵だったー♪

そしてそして、ジョニー・ディップ。めちゃめちゃカッコ良かったし!!

----------------------------***

さてさて、Arrived....検索が多いので、少しだけシェアしますね。

とあるSisterが、「5月のアカシックレコード」の
要約だけを送ってくれましたー。
全文翻訳はなくても、少し心に留めておくと、良い感じです。

Thanks sister!

31日。チェックポイントだね!

-----------------------------------------------
『5月のアカシックレコード』 要約

5月の大切な日:5日、11日、17日、31日
11日ーfuzzyに感じられる日。 11日は座って自
分の中で物事をクリアにするのにいい日。
この瞬間 何があなたにとって真実かをリストにすることによって、
物事がよりフォーカスされ鮮明になる。

17日ー物事がまるで痛いほど鮮明に見えてくる。
数日前から注意していること。
あまりのインフォメーションの多さにパニックにならないように。

31日ースターゲイトがひらく日。
今でも光を降ろ せる人はいるけれど、この日は全員に
高次からたくさんの情報が降ろされる。

先から降ろしている人はアクティベイトされたような感覚になるかも知れないし、
たくさんの情報のために眠くなる人がいるか もしれない。

31日周辺で眠気が来る人は寝ている方がからだが
楽に情報を降ろせるので寝た方がいい。

たくさんの強いエネルギーがそれぞれに降りるの
で、ついにこころを開いても大丈夫なときがきました。
もう進んでいく過程の中で迷ったり、傷ついた りする心配はありません


たくさんのエネルギーの中で、ハートを開くという機会を与えられ、
いろいろな感情を味わうことに なるでしょう。
泣いたり笑ったりすることもしばし ば起りますが、
それを現すことから逃げないでください


ロマンスの関係について:
悪化するだけの関係は終止符をうつ。
悪くても冗談が言えるくらいのものが残っていたらトライする。

話をする努力をする月。

http://www.akashictransformations.com/monthly_message.htm

誰か全文訳して~~♪

----------------------------------------------------------

別窓 | 日記
『ここに生きた証し』
2008-05-19 Mon 11:14
sisen



先日、Soul mateと話してた時、
自然に出てきたことば


人が
得意で大好きなことをやるのは
ここに生きたことの証し。

ここに、生かせてもらっていることへの
感謝の気持ち。

人が
得意で大好きなことをやるのは
神さまへの お返し。


得意で大好きなことが出来る歓びを
メッセージに変えて 世界にお返しする。


心からやりたいことをやるのが

人間の仕事。

やりたいこと、全部やらなくちゃ。



--------------------------------------------


ミャンマーのサイクロンに続いて、中国、四川省の地震。
大変なことになってます。

この大きな被害が教えてくれるメッセージを
自分のこととして受けとめたいと思う。

ネガティブは、ポジティブへのサイン。

今の、大きなエネルギーのひずみは、
自分たちが作り出したことでもあるんだもんね。

大きな破壊が生み出す、ポジティブな再生のエネルギーを信じたい。

どんどん素晴らしい世界へと、変わっていきますように。。。


今回、どこに寄付しようかと考えてた時、
テレビのニュースから飛び込んできた。

*あしなが育英会
http://www.ashinaga.org/index.php

事故や災害で両親を亡くした子どもたちが、
究極の恐怖や悲しみを越えて、力強く生きている。

こんな大きな災害が起きたことの意味を見つめ、

そして、生き残ったことの意味を受け止め、

「これからどう生きてゆくか」という力に変えてゆく。

それがきっと、生きる歓びになり、「ここに生きたことの証し」に育ってゆく。

自分たちが受けたサポートを、
同じ悲しみを持つ人たちをサポートすることで
神さまにお返ししてゆく。

人々の体験や、感情や、力や、、、
生きた証しが、循環してゆくような気がして。


何も出来ない、ちっぽけな自分だけど、
せめて、願いと感謝を、ひと雫に変えて落とします。


ありがとう。よろしくお願いします。





別窓 | 日記
『What a calm !!』
2008-05-17 Sat 13:47
今日はなんて、このパソコンちゃん、サクサクなんだろーー!気持いい~~♪

重くて、固まりまくりの日々でした。いや、パソコンですよ。

今日はあまりのサクサクなので、イッキいっときます。2つめの日記。


おととい、またしても、千早赤坂村へ行きました。
2度、大雨による浄化を経て、3度目にして、やっと晴天!

素晴らしい風景でした。やっぱり。

今年の夏、ここで素敵なイベントをやりますよ~。
まだ詳細未定だけど、今からお楽しみにしてくらさーい。


☆千早赤阪村と、Amrta(アムリタ)

amrita4

amrita5

amrita3

amrita2

amrita1

amrita6



ここんところ、よく自然の中や、神社やお寺や、あちこち行ったな~。
だんだん元気になってゆく。

てゆーか、居眠りは多いんだよね。穏やかに満たされてるのかな。5月。

我儘な、小さな私は、いつまでも文句言ってるし
いつまでも、どれだけ自分はちっぽけで、無意味で、価値がないかってことをボヤいてるけど、
それでも、こうして、時は巡り巡り、約束を果たすために集結してくる。

何度行きつ戻りつしても、むりっ。
あきらめましょう。降伏しましょう。今、生きていることのそのままに。
、、、って、なんべん言うたらわかるかな。ったく。



千早赤坂村での長い1日を終えて、「アムリタ」から外に出た時、ふと空を見上げた。

そこに、私たちを待っていたかのように、
むくむくと、羽のような龍のような雲が、視界に伸び出てきた。

その右側には、虹。彩雲。7色のGrace。

雲は、どんどん伸びて動いて、
下の駐車場まで降りた時、その雲は真上にいた。

kumo2

kumo3

kumo4

kumo5


祝福を、エナジーを、ありがとう。ありがとう。



そして、これだーー。千早赤坂村にある、一軒の空き家を写したもの。

私の写真に時々顕れてくれる、光りの精霊ちゃんが写ってる。。

左端の○は違うよ。たぶんカメラのノイズなの。
hikariiri


光りのシャワーがめちゃキレイでしょ。
そして、写真真ん中あたりに、うっすらと虹が出てる。
その下、もうひとつ輪があって、その下よ。

写真の、真ん中あたりの、一番下。

下向きに、鼻先がとがったような、精霊というか聖獣っていうか。
前、出雲の聖地にも居た。大阪の公園の光りの中にも。家のベランダでも。

誰がなんと言っても、この子は精霊なのだっ。

いつもそばに居て、
私が、元気でピカピカな時、歓んで出てきてくれるのだ♪

ありがとー。まじでまじで。

--------------------------------***


さてさて、話は変わるけど、まだイキます。

これもまた、最近私を超~穏やかにしてくれる一品。

ホワイトセージのインセンスです。

sage

sage2


4月末に、マイミクでSoul brotherの秀麻呂さんがアメリカから帰国した時、
おみやげにくれたのが、このインセンス。

秀麻呂さんが帰国する直前に、
「何かほしいものがあったら言ってくださいね~」ってメールをくれてた。
そのままバタバタと、うっかりしてしまっていたけど、
彼が来る前日に、ふと思ったんだよね。

「あーー、切れてるホワイトセージ、買ってきてって言えば良かったー!しまったなー。」と。

そしたら、ポンと渡してくれたのが、これ。

なんと、ホワイトセージの香り、そのままに、それがインセンスになってんの。

天然石とか扱ってると、ホワイトセージはかかせないし
野性な私には、大好き大好きな香り。

ホワイトセージをそのまま燃やすと、私は全然いいけどさ、
時々、火事に間違えられそうなくらい、煙出るやん。

だけど、このお香ならば、煙もほどほど。香りは同じ。

めちゃめちゃ気に入ったんですけど~~~~。

・・・って、このインセンスをBrotherに託した?Sisterにメール入れた、、、。


話は、あっちゅーまに動き出しますね。
だってだって、みんなみんな、知らぬ間にすべて準備していたのですから。


こんな美意識のない、こんなに環境意識のない、
こんなヤクザでワルなワタクシでも、
木内さんの話には心を揺さぶられるし、
地球や環境のバランスを取るために、パワーを差し出そうとか思うのです。

良いものにはあこがれるし、好きなのです。
大好きなことを、楽しんで頑張ってる人、作っている人たちが、大好きなのです。

そんな人やモノたちを、世に紹介することが、大好きなのですね。


近々、青と緑(「藍い宇宙」と「BE GREEN」)が、コラボって、
こだわりの美しいものたちを、リリースするかも、です。


お楽しみに。


begreen



おーーー。
まだPCの調子がいい。素晴らしく穏やかだ。

今日も元気でありがとうーーー!!!
別窓 | 千早赤坂村0808
『At the promise@遥かな約束のもと』
2008-05-17 Sat 12:47
madama11

madama12


5月。
私たちの星、地球は今、生命の息吹に満ち溢れて、
みずみずしい植物の「青」が、呼吸するたびに、そのEnergyを分けてくれる。

素晴らしい季節になりました。


5月になって想うことを、つらつらと書いてみるかな。

久しぶりに、「書きた~い」と、こみ上げるものがあるから。


私が始めて、「生命の奇跡」というものに、愕然と触れたのは
たぶん、今から15年以上も前、大好きな「祭主」の話から。

何度か日記で触れたこともあると思うけれど、、、
私たちの生命の歴史は、もともと、海の一滴のエキスだったころから始ってる。
遥か38億年も前のこと。。

そこから先の進化の歴史は、色々な説があるけれど、それはもうどうでもいっかな。

ただただ、私たちは、その38億年前から「生命」としてリレーを続け、
今ここに繋がっているってことは、確かなこと。

ここまでの、長い長い道のりの中で、何か、ほんの一瞬の何かが
起こったり、起こらなかったりしたら、今の私はここにはいない。

ヒトいう種が出来てから
愛し愛され、育み育まれる歴史が繰り返されて、
今の自分に延々と繋がる、夜空の星の数ほども存在したご先祖さまたちの、
それぞれの出逢いの時間が ほんの一瞬でもズレていたら
私はここにはいない。

すべての、今に繋がる、一瞬一瞬が、かけがえのない今の自分を創ってきた。

これほどの「奇跡」は、他にあるだろうか。
ただ、今ここのこうして存在する、ということの奇跡は
神さまがくれた、最高のGraceなんだよね。そう。

いつもいつも、この季節になると、生命の息吹の美しさに、その奇跡を想う。

寒くてコチコチになって、閉ざして、篭りたくなる、冬という、愛すべき闇を越えて
新しい生命の息吹が、世界に溢れる、光りの季節になると。


生命の繋がりの奇跡は、血の記録。遺伝子の記憶。
ここにたどり着くまでの、遥かな時間が、今の自分に集結している。
38億年の、生命の歴史の、最先端に、私たちは居る。


ところで、
魂の奇跡は 「ONE」であることらしい。
時間も空間も、過去も未来も、あの人もこの人も、偶然も奇跡も、、、
何もかもが、「ONE」であるらしい。
それはもう、3次元の思考で言うと、ばかばかしいほど「ONE」なのだ。

血の歴史で、「ONE」と切り離されたところで
気の遠くなるほどの、あらゆる体験を経て、
今この時に、この約束の時間に、「ONE」に還ろうとしている、私たち。

もう、分離の哀しみを、超えていっていいんだよ。
ONEである歓びを、受け入れていいんだよ。

そして、そこから始る、新しい何かを、クリエイトしようとしている人たち、
決して、逃げなかった人たちが、仲間を捜し当てて、今めぐり会っている。


気がつけば、、、
いつもいつも、星の数ほどある出逢いの偶然を、重ねてきている私たち。

その「偶然」は、すべて神さまと約束した、完璧なプランであったことを
もう、ただ、認めるだけのことなんだ。今というこの時。


色んなこと、あったよね。
泣いたり笑ったり、怒ったり傷ついたり、、、
ふてくされて、も~しらん、ダラダラ~、スネスネじゃーーー!になったり。


遠くに輝く、美しい星に、手を伸ばし手を伸ばし、、、
過去の幸せな一瞬を、懐かしみ懐かしみ、、、

「今」のない、無力・脱力の苦しみを生きて。

いつまでもどこまでも、その「楽しみ」を手放さない限り、

本当の自分(ONE)に還る、その時まで、そのループは続くのかな。
小さく大きくなりながら。

もう、いいよね。

すべての出逢いに、意味があった。
すべての出来事、すべての感情に、意味があった。

そして、
それらの意味はもう、どうでもいい。
ただ、意味があったと受け入れるだけで。


そして、想う。
すべては、約束のもと。夢みたあの場所へ行くための。

今ここ。
今これからを、見つめてゆこう。創ってゆこう。

ちっぽけな自分を責めるのはやめて、
手放せない自分も、進めない自分も、すべて、意味がある。

そんなことに囚われず、ただ、そのまま生きていよう。

外からの言葉じゃなく、内側の声を聴こう。信じよう。
かけがえのない、ONEである自分との約束を思い出すために。


拡大された、ONEとしての壮大さの中で、
役割を、意味を、今ここから、創り出してゆく。

毎瞬、毎瞬、ただ、そんな「今ここから」の決意が、あるだけ。


すべては、神さまと約束したことなのだから。

いつも完璧な瞬間の中にいる。

歓びも哀しみも、「存在の奇跡」である私たちの、

遥かな遥かな、約束のもと。


別窓 | 遥かな約束のもと
『雨の千早赤坂村』
2008-05-13 Tue 00:31
chihaya1

chihaya2



先週の土曜日のこと。

この日もまた、大雨でした。

またまた、まりりんさんのご縁で、
以前行った、如意輪観音様がおられる、観心寺のすぐ近く、
千早赤坂村へ行ってきました。

千早赤阪村、って知ってますか~?
ここは本当に、日本昔話に出てくるような村です。

だけど、大阪です。

河内長野の駅から、もう、すぐ、この田舎町。
ここに、古民家を改造した、小さなサロン「アムリタ」があります。

とても素敵な女性が経営しておられます。

木内さんの講演会に来られた方で、おやつのケーキを食べた方。
あのケーキを作ってくださった方です。

見晴らしの良い、素敵な古民家。
ハリネズミの形をした、大きなクリスタルのサンキャッチャーが
まず私をとりこにいたしました。

床の間には、如意輪観音さんの絵。


もう~~、大好きすぎる空間で、写真撮るのも忘れてしまいまして。。。


雨に煙る、村の風景写真のみ。


2度も続けて大雨。

だけど、やたらワクワク大きな予感がするところ。

金剛山のふもとで、熊野に近く、天川に近く、伊勢に近く、、、



何だかわからないけど、「ここです!!」って感じです。



5月に入って少し景色が変わってきた。
まだ、ギシギシと音を立ててはいるけれど
確実に、すべてのパズルは合体する日を待っているって感じです。

さぁ。
私はどんな色でどんな形をしたピースなんだろう。





如意輪観音さんがいる、観心寺へ行った時の日記
http://newbanbing.blog107.fc2.com/blog-entry-135.html



意味不明の日記ですが、これ、記録です。

梅雨の6月も、暑い夏も、とても楽しみです。
別窓 | 千早赤坂村
『ひとしずく』
2008-05-10 Sat 00:04
tibet
photo

myan


mixiの「Free tibet」コミュの盛り上がりはすごい。
良くも悪くも入り混ざりながら、人々の関心は今、
中国やチベット、北京オリンピックに向けられている。

今、ニュース見ていても、もう~~、とってもとっても、変。
何もかも体裁だけ取り繕っている気がする。

パンダ外交、ピンポン外交、、、、
本当~~に、何言ってんの?何やってんの?と怒りたくなる。

私は言いたい。
私もバスケマンを息子に持つ親。
スポーツにはたくさんの感動や勇気をもらってきた。
だけど、
ここまで頑張ってきた人たちには本当に申し訳ないけど、

私は北京オリンピックを楽しめない。


*Free Tibetのコミュから借りました。

歴代首相たちとの朝食会で
誰もが当たり障りのないコメントを無意味に並べる中、
阿倍さんだけが、K/Yで以下のような発言をしたらしいです。

も~~、誰が良い人で、誰がそうじゃないのかよくわからないけど、
阿倍さんよく言った~と思う。

そのあとの、森(呼び捨て)の、空気読みまくりのフォローには青筋立ちます。


*Yahooニュース

朝食会での安倍晋三前首相の発言要旨は次の通り。

 戦略的互恵関係の構築に向け。相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ。国が違えば利益がぶつかることがあるが、お互いの安定的関係が両国に利益をもたらすのが戦略的互恵関係だ。問題があるからこそ、首脳が会わなければならない。

 私が小学生のころに日本で東京五輪があった。そのときの高揚感、世界に認められたという達成感は日本に対する誇りにつながった。中国も今、そういうムードにあるのだろう。その中で、チベットの人権問題について憂慮している。ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、同時に、五輪開催によってチベットの人権状況がよくなったという結果を生み出さなければならない。そうなることを強く望んでいる。

 これはチベットではなくウイグルの件だが、日本の東大に留学していたトフティ・テュニヤズさんが、研究のため中国に一時帰国した際に逮捕され、11年が経過している。彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放され、日本に帰ってくることを希望する。

全文はこちら。記事リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080508-00000967-san-pol

---------------------------------------------------***

もうひとつ。。。

ミャンマーのサイクロン被害、もう大変なことになってる。

アジア防災センターによると、、、

死者:22,980人
行方不明者:42,119人
負傷者:1,383人

死者10万人、、、の恐れもあるそうです。
ものすごい数。。。



本日、千の雫プロジェクト基金にいただいた寄付金、16.000円を
ミャンマーサイクロン緊急支援として、寄付させていただきました。
託してくださった皆さん、ありがとうございました。


木内さんの言う、お金の要らない社会。
すべての人が、楽しくて大好きな仕事を差し出し、ありがたくいただき、
愛が循環する社会。調和の取れた穏やかな社会。

そんな社会が訪れることを心から望みます。

そのために、今自分に出来ることは、
何でもかんでもちっぽけな自分の中で自己完結せず、
広いこの世界の創り手のひとりとして、
この世界に生きた人間としての証しとして、
調和の取れた未来への架け橋を、架けられる人でありたいと思う。

ささやかなひと雫だけど。


*ミャンマーサイクロンの情報
そこらのニュースよりよっぽど現状が伝わってきます。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30721556&comm_id=24014
以下、コピペさせていただきました。ありがとう。


*義援金を募集している団体 トピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30848546&comm_id=24014

【日本赤十字社】
http://www.jrc.or.jp/sanka/help/news/1380.html

1.救援金名称 「ミャンマー・サイクロン災害救援金」
2.募集期間 
 平成20年5月9日(金)から平成20年6月10日(火)までの約1カ 月間
3.救援金受付口座 
 ●郵便振替口座のご案内
 ・口座番号  「00110-2-5606」
 ・加入者名  日本赤十字社
 ・通信欄に「ミャンマー・サイクロン」と明記して下さい。
・郵便局窓口での取扱いの場合、振替手数料は免除されます。

 
【ユニセフ】
http://www.unicef.or.jp/children/children_now/myanmar/sek_my07.html

オンライン募金あり

自然災害緊急募金
郵便振替:00190-5-31000
口座名義:財団法人日本ユニセフ協会
*通信欄に「自然災害」と明記ください。
*送金手数料は免除されます。
*当協会への募金は寄付金控除の対象となります。


【国境なき医師団】
http://www.msf.or.jp/2008/05/07/6048/nargis56.php

オンライン募金あり


【AMDA】
http://www.amda.or.jp/

郵便振替
口座番号 01250-2-40709
口座名  AMDA
*通信欄に「ミャンマー・サイクロン」とご記入下さい


【ブリッジ エーシア ジャパン】

BAJミャンマー・サイクロン被災 緊急救援募金 振込先
●ゆうちょ銀行 
口座番号:00160-5-571696 口座名:ブリッジ エーシア ジャパン
●三菱東京UFJ銀行
 新宿新都心支店 普通口座 口座番号:1174394
 口座名 :特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン

<お問い合わせ>
特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン
担当:束村・根本
電話:03-3372-9777 Fax:03-5351-2395
URL http://www.baj-npo.org/
Email info@baj-npo.org


【日本ビルマ救援センター事務局】
支援金振込先
郵便振替:00930-0-146926 BRC-J
通信欄に「サイクロン被災者支援」とお書きください

りそな銀行 金剛支店(普通)6553928 日本ビルマ救援センター
※ご住所とお名前をお知らせ下さい。領収書を送付させていただきます。

日本ビルマ救援センター事務局
〒536-0025大阪市城東区森之宮2-2-8-609
FAX:06-6967-7828
Email: brcj@syd.odn.ne.jp


【ジャパン・プラットフォーム】
自然災害の緊急援助などにあたる民間非営利団体(NPO)を支援する国際人道支援機関「ジャパン・プラットフォーム」(東京都千代田区)は6日、ミャンマーを直撃した大型サイクロンの被災者に向けた義援金の受付を開始した。義援金は、現地で活動している同機関の加盟NPOへの助成金として生かされる。

 郵便振替で、口座番号は「00120-8-140888」、口座名義は「ジャパン・プラットフォーム」。通信欄に「ミャンマーサイクロン」と記載する。

別窓 | 日記
『木内さん講演会、ありがとうございました!』
2008-05-08 Thu 00:12
ki


昨日は、たくさんの人に、木内さんのお話を聞いてもらうことが出来ました。

私もスタッフたちも、最高に楽しかったです!
本当にありがとうございました。

木内さんは連日の講演で、しかも昨日もダブルヘッター、
新しい本の締め切り当日!?でもあり、体調も崩されていたようです。
なのになのに、あのパワーと優しさはどこからくるのでしょう!?
始終笑顔で、最後まで語り続けてくださいました。

きっと、それが彼の「役割」なのだろうけれど、
ここまでの苦労は、言葉に尽くせないものがあったと思います。
だけど、それでも彼を奮起させ続けたのは、
苦労の果てに、素晴らしくバランスの取れた美しい地球が蘇り、
人々が愛に溢れた暮らしをしていることを夢みることだったのかも知れない。

もう、それだけで感謝の気持でいっぱいです。
ありがとうございました。


木内さんの「見た来た」未来では、
99,9・・・%?(正確な数字忘れた~)は
未来の地球は大変なことになっていた。
だけど、0.00~?%は、素晴らしい未来に変えてゆける可能性がある。

その数、日本で言うと、1万人。

1万人の人が、意識を改革して、新しく(太古の叡智を取り戻し)、
循環型の社会構造を構築してゆく意識を持てば、世界は変えてゆけるのです。


20年かけてもその数は集まらなかったのかも知れない。
でも、頑張り続けてくださったおかげで、今大きく動き始めている。


木内さんのお話は楽しくて、夢やロマン、未来への希望に溢れているけれど
それは、意識改革の入り口、とっかかりとしてはとても大切な感情で、
だけど、すべては、それこそ、単なる「夢物語」ではなく、
真剣な未来への提言であって、ワクワクドキドキを超えているんだよね。


木内さんの話を聞くと、
最初は、興奮とワクワクドキドキ、「これだ!」と思えるような何かに出会えた歓びでいっぱいになるけれど、
それと同時に、「じゃ、私は何をする。何を実践してゆけるのか。」と
自分に問い始めることになる。

何も出来ない無力さを感じたり、
やらなければならないという圧迫感が襲ってきたり、、、。

「何でもいい。楽しいことをやってください。」

「大好きなこと。それが役割なんですよ。」

「一品持ち寄りの社会がいいんです。」と、木内さんは言う。

とても嬉しいし安心できる言葉だけれど、
だからこそ逆に、「本当に自分が心から楽しいことって何だ??」と、

あらためて、自分に向き合うことになる。

紛いなき自分。真実の歓び。。。。


自分が大好きで、どんな苦労も乗り越えられるような歓びの仕事。
それを無償で差し出し、また他の人が差し出してくれた「歓びの賜物」を、
ありがたくいただく。

お米作りが好きな人、畑仕事が好きな人、
縫い物が好きな人、歌や踊りが好きな人、、、、

それぞれが、自分の大好きな仕事に付いて役割を差し出せば、
この世界は「お金の要らない」世界になる。

とにかく、そんな世界を夢に描いていたいと思う。
ただ生きていること、ここに今生かされていることに
もう少し真剣になってみたいと思います。


木内さんが提言し、これからみんな力をあわせて創ってゆこうとする社会は、

「循環型の社会」

山や川や海、、、自然をバランスの取れた状態に戻すために、
私たちは、真剣に「循環型社会」を意識しなければならない。

山や緑を再生したり、ゴミ処理施設を作ってゴミを安全に処理したり、
これ以上自然の資源を使いすぎることはせず、
新しく無害な「資源」を作ってゆく。。。

海の魚が動物たちによって山の上にあげられ、
う○ちによって排泄された栄養分が、雨で下へ下へと押し流される。

海にながれ出た栄養分は蒸発して雨になり、、、
それが自然界の栄養分の循環のサイクル。

常にその循環を頭に入れて、山や森を再生してゆく。

他にも、自然環境や、経済社会システムなどに、自然な循環をもたらす
アイディアや実験についていっぱい話してくれた。

それは、次元を超えて膨大な可能性がある。

未来への超具体的な提言は、もう今すぐにでも実現可能なほど
物事は進み始めている。

彼の話しには、すべて科学者としての裏付けがあり、検証や実験があり、成果がある。

もう夢物語ではないのだ。

今の世の中の現状を見ていると、少しでも早く
循環型社会を意識した生き方に、シフトしてゆく必要がある。


ささやかなエコでもいい。
地球環境がバランスを取り戻すために、出来ることから始めてゆく。


そもそも私たち人間は、この自然界の自然のエントロピーの増大を食い止めるため、
自然界のバランスを取るという役割を持って生まれてきた。

このことについて、初めて木内さんの本を読んだ時に見つけた
「能動的な叡智」のことを日記に書いてます。

今より素直に、そのまま感じたことを書けていると思うのでよかったら読んでください。
http://newbanbing.blog107.fc2.com/blog-entry-79.html
----------------------------


今日は、朝から目の検査の予約があって、
瞳をおっぴろげる目薬入れられて、まぶしくてPC見るのもダメだったので
なかなか時間が取れませんでした。

昨日来てくださった方々から、たーーーっくさんメールをいただきました。
まだ全部返事が書けていません。ごめんなさい。
皆さんが感じてくれたこと、とても嬉しかった!ありがとう。

そして、昨日は、ブログで知り合った、Mさんから、
千の雫プロジェクトにありがたい寄付をいただきました。

また、会場を貸してくださったコーナスのまりりんさんからも寄付をいただきました。

数日中に、コミュやサイトで報告し、
少し貯まってきたので、まとめてどこかへ寄付させていただきます。

ありがとうございました!


私自身、これから何をしてゆくのか、まだまだ模索中ですが、
こうして、千の雫プロジェクトは確実に動いているし、
雫の波紋はいつも、自分たちから、そして、自分たちに向かって、
確実にレゾナンスが起きているし、
このまま、今のままの自分を信じて、しっかり生きていきたいなと思う。

能動的な叡智を持ち、よりよい地球に変えていこうという意識を持ち、
人間として生まれて役割を、楽しくまっとうしてゆきたいですね。


本当にありがとうございました!!!
まとまらない長文、読んでくださってありがとう!!


別窓 | 木内鶴彦さん
『明日は木内さん講演会』
2008-05-05 Mon 20:07
banbitotsuru
**木内さんと、ワタクシbanbingです**

※※地下鉄谷町線、阿倍野駅ですー。字が間違ってました。
  阿部野ではなくて、「阿倍野」です。
  路線検索しても出てこないからびっくりしちゃった!
  東梅田方面からだと、八尾南行きに乗って、天王寺の次ですよーー。
  あーー、皆さん、迷わずに来てくださいね~~~!


いよいよ明日、5月6日は、木内鶴彦さんの講演会でーす!

衝撃の出会いから約5ヶ月。
これからの展開がますます楽しみです。

講演会は、午後1時からに29人、午後6時からに31人。
(結局反転してしまいました。不思議なものです~)

スタッフや関係者を入れると、ちょうどMaxの人数。
計ったようにぴったり、って感じです。

「あーーー、申し込みそびれたーーー」とか思っている方、
きっと、来たい人は来れるようになっているんじゃないかしら。

直観に従って、聞きたい人は来てくださいね。
立ち見(立ち聞きか、、、)もありだろうし、
いえ、きっとみんな座れるはず。

それよりも、聞きたい、という気持ちを大事にしてください。

神さまはちゃんと準備してくれるはず!


http://milgotas-pj.com/kiuchisan.html


ではー、皆さん当日会場でお会いしましょう~~♪

地下鉄谷町線、阿部野駅、6番出口を出たところから、
ところどころ、電信柱に「⇒」を書いたポスターを貼っていきます。
探しながら来てくださいね!

それでもわからない時は、遠慮なく電話してください!


別窓 | 木内鶴彦さん
『陽だまりと孤独』
2008-05-05 Mon 09:45
hidamari

nekoooo


マイミク、Ryncoの日記に触発されて日記書いてます。


「孤独」

もうずっとテーマ。孤独感。
解消されても解消されても、まだいつもその奥に居る。


「孤独感なんて、ないと思えばないし、あると思うからあるんとちゃう?」

以前はそう思ってた。

というか、「孤独」について真剣に考えたこともなかった。
子育てや仕事で忙しくも満たされていて、
嬉しいことも悲しいことも、すべては日々流れてゆく出来事でしかなかった。

考えている暇もなかったし、心の雨は、降ったりやんだり忙しかった。

「孤独」なんて、贅沢な話しだった。


だけど、実は
「私は本当は孤独だ。」と認めるのが恐くて、見て見ぬ振りをしていたのかも。


こんなに自分の孤独感と向き合ったことはない。
やっぱ、、、年齢のせいにしたくはないけど、
色んな時間を過ごしてきて、子どもも大きくなって、仕事からも解放されて、
やっと、自由に時間が使えるようになるはずの、この時。

初めて、内側の自分に、正面から向き合うのかも知れない。

そこに、「孤独なわたし」が居るんだよね。もしかして、誰もが?



最近、時々テレビを見るようになった。(孤独だから??^^)

昨日、オーラの泉に、小室哲也が出てた。
あの、一世を風靡した作曲家、プロデューサー、ミュージシャン。

4日に1曲というペースで曲を作り続け、売れに売れて、
富も名声も、華々しいすべてを手に入れた人。

だけど、その姿とは裏腹に、何を成しても、決して満たされることはなく、
孤独で孤独で、苦しみ続けていたらしい。

よく、ここまで生きてこれた、というほど、
心を失くし、信じるものを失くし、笑うことなど忘れていたらしい。


もうダメだ、と思った時、空っぽの自分を満たしてくれたのが、
もともと、仕事でのパートナーでもあった、ケイコさん。

彼女と結婚してから、初めて、人間らしさを取り戻したのだそう。

家族、親族、暖かい愛に満ちた、人間としての生活。
季節の移り変わりや、旬の食べ物、日本人としての「年間行事」。。。。

「お餅つき」を生まれて初めてやった、って。
その、「お餅が出来てゆくプロセスにすごく感動した」と。


美輪さんが言ってた言葉に、すごく納得した。


『「現代」の申し子』


まさに・・・。


彼は私とほぼ同年代。

戦後の復興から、奇跡のような経済水準へと躍進した、昭和の高度成長期に生まれ、
驚異的な経済発展とともに育ち、大人になってからバブルが崩壊した。


誰もが、社会を、ハイテンションで駆け抜けていた時代。そんな中で育ったんだよね。


私も、最近、ものすご--く久しぶりに、お餅つきに参加させてもらった。

杵や臼や、ぺったんぺったんという音が懐かしく、
もち米を蒸す蒸し器や、そこに掛けられた「布」や、餅箱。
蒸されたお米が、お餅になってゆくプロセスを、実は、何もかも知ってた。
一部始終、記憶があった。

餅箱に粉をまいて、それを、斜交いに重ねて、、、
熱々につき上がったお餅を、おばさんがかっこよく、ぶちゅぶちゅっとちぎってくれて、、
私は、嘘のように、とっても上手にまるめることが出来た。
あんこを入れる時も、お餅をこうして拡げて、真ん中にあんこをのせて、それでそれで、、、
くるくると、とてもお餅をまるめるのが上手な私。

懐かしい~~。手が覚えてる。

本当に驚いたの。

私の場合は、考えたら、「年間行事」が充実した家だった。

昨日テレビを見ながら、
そういえば、我が家は、お彼岸にはおはぎ、お月見にはおだんご。
端午の節句には大きな鯉のぼりと柏餅。
桃の節句には、お雛様と雛あられ、菱餅。。。
年末のお餅つき。。。。

春はお花見、夏は海や川、秋は飯盒炊爨、、、、


ああ。私は、なんて恵まれていたんだろう。

父や母に、いまさらながら、感謝でいっぱいになる。



今、これを書きながら、急にこみ上げてくるものがある。

私はなんて、こんなに大事なことを、忘れていたんだろう。。。



だって、大人になってから、年間行事が大嫌いだったから。
面倒くさくって、お金がかかって、他にやることがいっぱいあって、、、


・・・・・


なんだか、、
書きたかったことから、逸れていった。


書きたかったのは、、、

彼は、現代の申し子として育ち、バブルがはじけたあとも、尚ひとり華々しく駆け抜けた小室哲也は、
力尽き、自分を見失い、空っぽになってしまった時、
ケイコさんと結婚し、彼女の暖かい家族と過ごす中で、人間らしさを取り戻した。

そんな「陽だまり」の中にいる、最高に幸せなはずの彼が、
何故か、逆に、ひどく孤独に見えたのだ。

力なく、覇気も無く、弱々しく、オーラもしぼんで見えたの。


もしかして、まだ「途上」なのかな、って。
自分を取り戻すには、とてつもない時間がかかるのかも知れないと。そう思ったの。


なんか、複雑な気持だった。
孤高の人だった昔の彼は、やっぱり、カッコよかった、と思う。



孤独ってなんだろう。
何が孤独で、何が満たされている状態、っていうんだろう、、、。


そんなこと考えながら布団に入った。

(テレビの途中で息子が帰ってきたので、オーラの泉の結末は知りません・・・)




で、今朝、久しぶりに、はっきりと明確なメッセージを持った夢で目が覚めた。

双子の友だちがいて(現実には存在しない)
その片方が、どこかにいなくなってしまったの。

残されたひとりは、淋しくて悲しくて、泣いていた。

「そんなに悲しいものなの?」と、私は訪ねていた。

「うん。そうなのよ。そんなに悲しいものなの。」と彼女は言った。


『双子って、そういうものなんだ~。切り離されるとそんなに孤独になっちゃうんだー』

『双子の気持はわからないけど、その切り離されたような孤独感は、すごくわかる。』

と、夢の中の私はとても納得してる。


『自分を失くすとか、満たされないとか、何かを切望するとか、
 まるで、双子が切り離されたような感覚なんだ。』と。

『ツインフレームって、そーーーゆーーーーことか!』とか、

夢の中の私は、すっごい納得しながら、
めっちゃ、明確な何かを得て、起きてきたのです。はは。


絶対、前の晩の、小室哲也の「孤独」が引き金になってる、って思った。

彼は、ケイコさんやその家族という、新しい環境の中で、本当ならとても満たされている。
だけど、あの内側から湧いてくる、隠しようもなく漂っている、「孤独感」。

あれは、内側が、まだ片方を失ってるんだ、と悟った。(事実はともかく、私はそう悟った。^^)


たぶん、、、今書きながら気づくのだけど、、、


生まれ育った家庭、家族、そして「現代の申し子」として駆け抜けた時代、、、
自分をなくし、心をなくした時代を、取り戻さなくちゃならない。

いえ、過去に戻るんじゃなくて、過去を赦す。認める。癒す。
感謝する。今まで生きた、すべてに感謝して、愛で満たす。

子どもの頃の自分も、華々しかった自分も、
傷ついた自分も、傷つけた自分も。

どの自分も、かけがえのない、もうひとりの自分なんだ。片割れなんだ。

どの自分を失っても、だめなんだと思う。

すべての自分を取り戻さなきゃ。


それが、「片方を取り戻す」「切り離されていた片方に出会う」ってことなんだと思う。


そう。だって。失っていたのは、自分自身なんだもんね。



それで初めて、彼は、彼の中で、「ONE」になれるのかも知れないな、と。

今思う。



・・・・


というわけで、、、
読む人にとっては、きっと、とてもちぐはぐでわけわからない??わはは~。すいません


だけど、私の中では、とても素晴らしい発見がありましたわ。
頭で理解するのと、「やり~~♪」と腑に落ちるのと、やっぱエライ違いですわ。



あーー、書いてよかった。
私の日記ですからね。あしからず。。。


久々の長文。最後まで読んでくださった人がいたら、
ありがとう♪

あなたにもきっと素晴らしい発見が、連鎖しますように。

同じ年のRyncoの日記から連鎖をもらいました。ありがとう。



小室さん、ありがとう。お幸せにね~~~~!!!!!

別窓 | 日記
『Calmly2』
2008-05-02 Fri 22:05
少しずつ、頑なな自我がトロけてゆくような5月。

気のすむまでスネたら出発だよ。

さぁ。

こんなナイスな、HALちゃんを観て、笑ってね。

What a calmly day・・・


**『HALの乱闘シーン@何をそこまで・・・』



別窓 | にゃんこの動画
『Calmly』
2008-05-02 Fri 00:18
madama


文章が、ちゃんと書けなくなって、もう何ヶ月にもなる。
読んでくださっている人たちには、それがわかるのかな。

長い文を書いているようで、実は全然テンポが違ってました。
ギシギシとひっかかりながら書いてます。はは。

本当に書きたいことが書けない、とか、
本当は何をどうしたいのか、とか、
掘っても掘っても、その下にまだいくらでも、別の自分がいて。

それは時に、聞き分けのない「自我」でもあって。

自分が満たされることを望んで、スネて、不満タラタラの、私のエゴ。

まったく、「この子」は手ごわいです。最強。本音と本気でかかってくるから。


だけど、ふと思う。

この子は、めちゃくちゃ、正しいと。

何故、満たしてくれないのか、何故、押し込められてしまうのか、
何故、チャレンジさせてくれないのか、何故、自由にさせてくれないのか、、、

何度も何度も伝えてくる。

この子の好きにさせてやったら、
たとえそれで、ボコボコにされたとしても、
納得して、満足して、消化して、次のステージに飛び移れるんだろうな、と思う。


だけど、何もかも、そう簡単にはいかないのです。

結構、エネルギーが要るんです。


だから今は待ってる。
内側の、明確な意思決定と、これだ!と叫びたくなるようなサインと、
絶妙のタイミングを。

小さな小さな選択を繰り返しながら、少しずつ。少しずつ。


・・・

とかなんとか、またしても、ギシギシとしたままの文章を放出する私でした。
正直モノで、ごめんなたい。


-------------------------------------***

さてさて、、、

今日は、茨木の山奥まで、湧き水を汲みに行ってました。

大阪のど真ん中からほんの数十分で、こんなに素敵な田舎があるなんて、
あーー、ここに住みたいな~って思うだけで、心が穏やかになれる、そんな場所。

そこで今日は、超~~偶然に、懐かしい友だちにバッタリ遭遇。

お互いに、びっくりして、指を差しながら、大笑い!

彼とは、数年前にも一度、「なんでこんなとこに!?」って場所でバッタリ遭遇している。
その時は、都会のど真ん中。

今度は山の中。

山歩きに来たらしい彼にとっても、初めて通るこの場所で、
しかも、鳥の声と湧き水の音しか聞こえない、超~山の中で。
ホント、こんなとこで会うなんて、可笑しい~~!!

彼ら一家が、そこから車で数十分のところに住んでいるのはわかっていたから、
いつもこのあたりに来ると、「元気にしてるかな~~」ってふと思ってた。

だから、バッタリ会えたのかも知れないね~~。

山を降りたところでアルバイトしている、彼の妻も呼び出して、
3人で、「まだま村」で美味しいケーキを食べながらお喋りした。

懐かしい人たち。愛すべき人たち。。。


思わぬ楽しい時間をもらって、私の中の私はみんな大満足。

こんな偶然に、神さま、感謝します。楽しかった。


なので、今日はとても、穏やかに満たされてる1日でした。


ありがとう。

別窓 | 日記
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。