tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ライブ無事終了しました』
2008-03-29 Sat 19:13
rynco111


昨日のライブに来てくださった皆さま
ありがとうございました!

Ryncoの心に染み入る優しい歌声とピアノ、
Hankさんの、優しかったりカッコよかったりするギター、
私もすっかりうっとりと聴き入ってしまいました。

Ryncoの歌はCDや生声では何度か聴いていたけれど
こんなにゆっくりじっくり聴いたのは初めて。

本当に素晴らしかったです!

そして、ギターのHankさん、
もしかしてRynco以上に豊かな女性性に溢れた人なんじゃないかと思うほど
やんわりと心を開いてくれるようなギターの音色と
たま~に歌う、その歌声もまた、なんともピュアで謙虚でカワユイのです。
(スイマセン)

途中、お店のマスターがみんなに貸してくれた、インドのベル
(名前なんだっけか忘れたーー)
をみんなで、チンチン鳴らしながら、
「Pico!Pico」と宇宙語を大合唱したりして遊んだ以外は
もう、うっとりと聴き入ったライブでした。

2部は、Hankさんのギターや歌もいっぱい聴けましたよ~。
1stで帰った方、残念でした~~。

この2人を見ていると、夫婦でもなく(もち)恋人でもなく(もち?)
とてもさらりとしてて、
でも友だちでもなく、姉弟でもなく、単なる音楽仲間でもなく、
ただのソウルメイトだの魂のなんちゃらとかを越えて、、、、

なんてゆうか

ひとつの存在の、ふたつの側面を見ているような。

いや、、、、
ふたつの側面を、ひとつのエネルギーとして見てる、というか。
うん。
ふたりいるんだけど、別の何か「ONE」なものを感じたりしました。
これも、Ryncoが言う、音のマジックなのかも知れません。
音楽という、時間と空間が作り出す別次元のリレイションシップ。。。

そんな空間を共有できて、私たちもとても幸せでした。

ホント、最高によかった!

皆さんに、心から感謝します。
ありがとう!

-------------------------------------***

RyncoとHankさんは、今日と明日、まだ大阪にいて、
イトイトさんという方が主催する、心理学セミナーに
講師として参加しています。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=705571589&owner_id=5353022

このセミナーのおかげで大阪ライブ&ファンクラブオフ会も
実現できたようなものです。
この場を借りて、イトイトさんにお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

そして、会場「太一」を使わせてもらったカンセイさんにも。
ありがとう!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6891629

http://taiichi.exblog.jp/

美しい女性がいっぱい来てくれて大賑わいでしたー!
太一では、他にもJazzのライブなど、月一回定期的に開催しています。
ぜひお出かけくださいね。玄米ご飯美味しいですよ!

----------------------------------***

また、Rynco&Hankさんより、CDの売り上げの一部を
『千の雫プロジェクト基金」に寄付していただきました。
こちらのほうはコミュで報告させていただきます。

ありがとーーございました!

またいつか大阪に来てほしいです。
今回来れなかった方も、その時はぜひお越しください!


☆mixiでほんの少しライブ風景を☆
http://mixi.jp/edit_diary.pl?id=759289366


*『Ryncoの平らな時間』ブログ

スポンサーサイト
別窓 | イベント情報
『愛に落ちる』
2008-03-27 Thu 00:30
sora03



『愛に落ちる』

どっかの文章の中に見かけたことばです。

これ、ちょっとイイな、と思って。

『恋に落ちる』ではなく、『愛に落ちる』

なんとゆうか、「手放す」とか「ゆだねる」とか、「明け渡す」とか、

真実に降伏するとか、、、そんな感じ。


「愛に堕ちる」んではないよ。「落ちる」


大海原に、深い歓びの笑顔で、飛び込むような。

怖れをすっかり越えて、両手を拡げて、空も飛べそうな。

自由~~~~!とか叫びながら、その大きな愛の中に、どぼんと。。。


そんな、愛に、落ちてみたいかも~。


だけど、ギンギンの、マゼンダピンクのような「愛」じゃなくて、、、


こんな感じの『愛』がいいっすね~。ピュアで。

yukiyabnagi




わ、私の日記ですから。いいじゃないっすか!ひとりごとで。


おやすび~~~♪


---------------------------------***


お~~~~~~っと~~~!

大事なこと忘れてた。そのために出てきたのに。

あさって。3/28、ライブですよ!

* Date : 3月28日(金)

* Time : 1st Open 18:00  ライブスタート 19:00~

      2nd (入れ替えの場合)20:30    ライブスタート 21:30~
   
* Charge: 前売り 2.500円 当日 2.800円 ※Drink&Food別途

 ☆1stはいっぱいですが、2ndはまだ余裕あります!
 ☆飛び込みでも、「banbing!」とか「ブログ見た!」とか言ってくれれば、前売り料金にさせていただきます!

* 会場 : TAI-ichi「太一」 谷町線中崎町から徒歩1分
        大阪府大阪市北区黒崎町9-11長岡ビル 06-6375-0704

       http://www.platnavi.net/detail.php?shop_id=163
  * 出演 : Vo&Pf  Rynco
       Guitter 西山Hank史翁


ぜひお越しください!

ryncooo


hunk


--------------------***

ほんとに、おやすび~。

----------------------------***

また忘れてた。追記。

聖ジャーメインのメッセージ、更新してます。
http://www.occn.zaq.ne.jp/aoisora/ArrivedEnergyOnEarth.html


楽しい夢を♪
別窓 | 日記
『アフリカのゴミ問題』
2008-03-24 Mon 09:59
uganda

*写真はウガンダ ゴミ拾いをする子どもたち JICA


昨夜のこと。

ふと見たテレビで、アフリカ人のユニークなタレント、ゾマホンさんが、
母国のベナンだと思うんだけど、訪れていて、町(村)の様子が映っていた。
それは、信じられないほど、そこらじゅうに、ゴミが溢れ返っている風景。

町人々は綺麗好きで、よく掃除をするそうだけど、
掃除で集めたゴミを処理する方法が、ほとんど「ない」のだそうだ。

町の中、舗装されていない道、川、、、
ほんの数分間しか見ていないのでよくわからないけれど、
その、ゴミの「不法投棄の常識」に、とにかく驚いた。

昔、ゴミと言えば、残飯とかがほとんどで、すべて「土に還る」ものだったので
人々は、そこらへんにポイと捨てる習慣があったのだそう。
それが、ビニールなど土に還らないゴミが増えたにも関わらず、
相変わらずその習慣が残っているらしい。

やっと、焼却や埋め立てなども始ってるらしいけれど、
ダイオキシンの発生の心配もあるし、
埋め立てと言ってもただ川に放り投げるだけ、みたいな状況。

ベナンだけでなく、アフリカ全体が、こうして、川も土地も、汚染され続けてるみたい。
食物への影響や、疫病など、考え出すと、本当に今すぐにでも何とかしないと

検索で見つけたベナンのこと
http://www.pref.fukushima.jp/kokusai/wwt/benin/report1.html

JICA、ウガンダでのゴミ問題啓発活動
http://hotangle.jica.go.jp/africa/uga/index.php?p=4

日本で平和に暮らしていると、こんな環境汚染は想像がつかない。
逆に、先進国のほうがゴミ処理問題が緊迫してると思っていたけれど、
まったく処理されずに、国全体がゴミだらけになってゆくような国が
考えると、きっとものすごく多いんだろうと思う。

よくワイドショーなどでやってた、「ゴミ屋敷」みたいなのが、
自分の住む周りの風景全体になっているような、、そんな感じなんだよね。

本当に、木内さんの、太陽光を使った、ゴミ炭素化システムが
どれほど、この世界に必要なことか、、、

ゾマホンさんは、ベストセラーになった自身の著書の印税のすべてを使って
母国に学校を作ったり、NPO法人を設立して日本と交流もしているらしい。

ZOMAHOUN.com

母国を愛する気持って、素晴らしいな。
炭素化システムのこと、ゾマホンさんに教えてあげたいです。

、、、ってここまで書いてゾマホンのサイト見ていたら、
なんと、今年1月に、ブッシュ大統領がベナンを訪れている。。。
これは、どういうことだろうか。。。  ぶ、不気味だわ。

早くゾマホンさんに教えてあげないと~~~~~~。

最近シンクロが続いているからきっと意識が飛んでってくれるでしょう!


大阪市内での木内鶴彦さんの講演会は5月6日です。
http://milgotas-pj.com/kiuchisan.html

良い天気です!!!!
今日も自分と手を繋ぎながら、元気でシンプルに過ごしましょう!

※全然話題と関係ないですが、
 Jueuxちゃんが翻訳してくれた「ツインフレーム」関係の文更新しています。
 自己責任でどーぞ。


※最近コメント書き込めなくなってます。ごめんなさい。
 拍手をぽちっといっといてくださいませ。ありがとー!
別窓 | 日記
『自己を拡大してゆく』
2008-03-21 Fri 20:37
yosemite1


昨日春分の日だったんだよねー。
すっかりきっちり忘れていました。

お墓参り、ご先祖さま、、、ごめんなさい。

(母から何も言ってこなかったのが不思議だ・・・)

----------------------------------------------

**Lightweaver マスターK(クツミ)の「春分の日のチャネリング」が出ていました。

http://www.occn.zaq.ne.jp/aoisora/ArrivedEnergyOnEarth.html

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=29237997&comm_id=2801811

なんだか、ここまでの自分の流れを見ていると、
本当に、余分なれイヤーを削ぎ落とす、長い長いプロセスなんだな、とまた思う。

「感情」という、楽しくもやっかいな「自己」。
これは、自分が嫌っているものであり、自分が大好きでしがみついているものでもある。

1年くらい前まで、「感情」が自分のすべてのように思っていた。
頭をめぐりめぐる「思考」も、時に自分のすべてだと思ってた。

それが、海の表面で波立つ風景のように、ただ、そう「在るもの」だと
これまた「頭」や「感情」で、理解できるようになってきて、、、

その意識に、反応や行動がなかなかついていかず、
はっ!と気づけば、「またやっちまった~~~」みたいなことを繰り返し。

繰り返し、繰り返し、、、、
本当に、何度も何度も、返し縫いを繰り返してきたんだな、と思う。

感情や思考、表層の意識は、消えてなくなるものじゃない。
だけど、それらを切り捨てなくても、越えてゆける、魔法のような仕組みが人間にはある。

実は、魔法のように、いつしか思い込んでいるだけど、
シンプルに誰もが知っている、あまりにも当たり前な、仕組みがある。

そして、それが隠され、いつかの時に明らかになる、そんなプロセスが、在る。


もし、生まれてくる時に、神さまと何かの契約をしてきているとしたら、
それは人それぞれで違う。ものすごく細部に渡って、きっと違う。

だけど、人は、それぞれに、その「生まれた意味」を、今、生きている。
どんな時も、その意味を生きている。

それは、家族、友だち、パートナー、、、
今日まで出会った大事な人たち、去って行った人たち、
喜んだ体験、傷ついた体験、、、そんな自分が通ってきた道を見れば、見えてくる。
そして、今居る場所をぐるりの見渡してみても、、、

どんなことに興味を持っていて、どんなことが苦手で、、、

そのまま、そこにいるあなたは、生きている意味なんだ、と思う。

なのに、どこか遠くに、過去性とか、光りのマスターのメッセージとか、、、^^
そういう、外側に、意味を求めて旅をする。

決して、外には見つからない。心の深いところで知っているのに。

それは、アルケミストの本じゃないけれど、
宝の物は、家の庭にあるんだけれど、最初から家を探しまくっても見つからない。
外に出て、旅をして、出逢って、体験して、泣いたり笑ったりしてただ生きて、、、
そして、歓びや高揚、挫折や失望、あらゆる体験をして、だけど求めるものには出会えず
疲れ果てて帰ってきたら、我が家でほっとくつろいだ瞬間に、宝物が庭にあることを思い出す、
みたいな・・・はは。

これは、宝物は自分自身だ、っていうことなんだと思う。

どこにいても何をしてても、唯一かけがえのない「自分」の宝物は、内側にある。

世界を旅して、あらゆ体験をして、真実に出会えることを望み続けていたら、
それをいつか、もともとあったその場所に、見つけることが出来るのかな。


今書いていることにすら、きっと意味はない。

感覚として、読む人の中で、何かひらめきや気づきの火花を散らすことはあっても、
それを、説明したり分析したり、出来ることじゃない。

ことばは、感覚を、越えることは、出来ないんだよね。


なんか今、イッキに書いていますが、

何が言いたいかというと、、
自分が信じていることが、そのまま、自分の世界だって、いうことかな。

信じることを邪魔するのは、自分の中の、「感情」とか、「思考」
世界を旅してきた、素晴らしい体験と同時に、培ってきてしまった、防御反応かもしれない。

幸せになりたい!と叫びまくっている人のほとんどは、幸せになることを拒否している。
お金持ちになりたい!と願い続けている人のほとんどは、お金を拒絶している。

このパラドックスは、

自分が、自分の観察者になってみればわかる。

難しいけれど、少しずつ少しずつ、観察者になってゆける。

嬉しいこと、悲しいこと、切ないこと、落ち込むこと、無気力なこと、、、

それらに、毎回毎回、自分のすべてをゆだねてしまっている時を経て、
それらの「感情」が、「ただ、そうである状況」として客観的に見れるようになれば、
次への進化、ステップはイッキに見えてくる気がする。

こんな一見簡単なことが、どうしてこんなに難しいのか、、、
それは、だから、「感情」が大好きだから、なんだよね。

そういう設定をして生まれて来た人は、きっと、苦しい道のりだと思う。

だけど、この道は、間違ってはいない。魂が決めた道は、間違えようがないらしい。
感情や思考は自分ではないから。
自分が封印していたり、気づかなかったり、知らないと思っていた本当の自分(宝物)は、
隠しようがないほど、内側にあるのだよね。

気づくことを自分に許したとき、それは、いつもそこにある。きっと。


クリムゾンのシャウド3つ、そして、今日、このクツミの文を読んで、
あまりのシンクロ、昨年末くらいから続いている、状況の連続が、リンクしているのに気づくと、
自分の体験や、自分の想い、自分の状況、、、、これらはすべて、
「自分のこと」ではないんだな、と思う。

集合意識であったり、あるいは、設定内の体験であったり、、、

そして、いつも、気づかないけど、そんな「体験中」の自分を、
優しく無償の愛とまなざしで、見つめ見守ってくれている人がいる。

それこそが、「自分」であり、創造主、であるのかも知れない。



さぁ。
また旅を続けよう。

そして、ひとつ旅を終えるごとに、自分を大きく拡大していこう。
宇宙のすべてと繋がっている、大きな自己の居場所まで、広げていこう。


気がつけば、夢にまで見た場所にいる自分に会うんだろう。

青写真は最初からその手の中にある。
ただ、このまま、進んでゆくだけ。楽しい体験の旅を続けるだけ。なのだね。


フィーリング、ナスト、ナーユー。。。。
既存の意識を超えてゆく。もっともっと自由に、愛していこうと思う。自分を、世界を。


見直さず、終わりっ
別窓 | 日記
『混沌から秩序へ』
2008-03-20 Thu 00:47
hana1


※前の日記とかぶるところありますが、もう、眠いので 夜も遅いので、mixiをそのままコピペです。
  すいませーん。


たらいま~♪

はーーー。いや、どっこも行ってませんけどね。
ちゃんと日記書くの、久しぶりかな。「ただいま、、」って感じです。


年明けから最近のこと、おもむろに振り返って、並べてみるのですが、、、

何度も書いた、初めてやった夫の確定申告。
書類ひっくり返したりして、なんとか完成させたけど、税理士さんに見てもらう順番待ちがまた長く、、、
終わってみれば、やかましい私のこと、なんてことなかったんだけど
税務署に提出するまでは、もんもんと時間を割きました~。

白内障の手術は、左目のあと、右目の手術が決まらず、
対話がうまくいかない先生と不毛なやり取りが続き、結局保留に。
しばらく様子見て、出来ることなら、メスを入れずにいられたらいいかな。というところ。

そんな中、家計は笑えるほど低迷し、
予定も予算も何やらかんやら、ごたごたにカオスな1月末、、、、
突然持ち上がった大事件、、、、(我が家にとっては、ですけど)

・・・今週末、長男が、家を、出ます、のです。

独立するのです。結婚するんです。
今年の秋にはワタクシ、、、ばび~になるわけです。(カミングアウト♪)

「こんな時にアンタはいったいなんでそんな計画性のない、、、」

と、怒りが湧いたのは、話を聞いた直後、ほんの数分間のこと。

まー、新しい生命が誕生するなんて、考えただけでふわ~っとニンマリしてしまい、
ほっぺたがデレーっと、、、嬉しいことなんだよね。やっぱり。

それで、あれやこれやで、トントンと話しがすすみ、家も決まり、
無一文のくせに、これから一家を支える大黒柱となる彼は、
神さまのギフトのように、新しい仕事を見つけ(いや、ほとんど舞い降りたような感じ!)

今週末、23年間スネをかじり続けた両親の元を、出てゆくのです。。。

(うっぅぅ・・・なんか、急にじ~~んとしてきた。)

無一文同志なので、結婚式はなし。自分たちでやっていくそうです。
これからは、その足でしっかり立って、新しい家族と幸せになりなさい。ボクちゃん。


同じころ、大学バスケットマンとして最初のシーズンを終えた次男は、
長~~いオフのあいだに、念願のアルバイトを見つけ、
これがまた、深夜の短時間バイトで月10日のみですごい高収入。

今後もこれなら続けられると、もう親の援助は要らなくなりました。
その上、春には、奨学金を申し込むことに。
そうだね。新しい時代。自分のことは自分でやってもらいましょ~。


他にも、あれやこれやとまったく統率性のない物事が、めまぐるしく続き、、、


3月初旬、やっと自家用車を売りました。我が家で一番お金かかってたヤツです。
保険や車検、税金、残っていたローン、ガソリン代、、、
これがイッキになくなるということは、ものすごい節約です。

ついでに、色々見渡してみて、貯金用の保険と、火災保険を解約。。
これまたすごい節約、、、。

その額に驚いてます。どんだけお金持ちだったのでしょう、我が家。


そしてーーー。
2年前から、1年の予定で改装中の我が家、
夫ちゃんが自力で改装を続け、なんと、2年もかかってしまって、、、
それがやっと、完成が見えてきた。あと1~2ヶ月のことでしょう。
そうなると、今住んでるところの家賃要らなくなる。


その前に、、
改装しているのは、3年前、夫が相続した築35年の古い文化住宅なんだけど、
その2階の、我が家の真上の一室が、3月いっぱいで空くことに、、、

そこは、前の公園に面した最高に明るくて良い角部屋で、
そこが空けば、私がプロジェクトの拠点に、、そしてマイ・サンクチュアリとして
使いたいな~~、と思っていた、その部屋が。


集結してくるんだよね、その時期に。


長男が家を出、家族が引越し、経済的にはシンプルに削ぎ落とされ、
望んでいた部屋が空く。。。

4月~5月にはきっと色んな風景が変わってる。
嬉しい未来へ拡がるヴィジョンが、チカチカと夜空に瞬く星のように、
きらめいてきてて、、、

だけど、すぐそこに、そこから始る新しい世界が、
ピースを並べて、カチャっと音を立てるのを待ってくれてるのが見えてるのに、
どーーーにも、つるんつるんの歯車を回しているような、つかみどころのないもどかしさと、
それでいて、錆びた歯車を、ガリガリと、必死で回しているような、重たさもあり、、で。
なかなかたどりつけない、後ろから引っ張られているような、、、

考えたら当たり前なんだけどね。時間っちゅーもんがあるわけだから。

1月初めに、ノーリターンポイントを目指すと決めてから、
センタリングはバッチリ、と思ってたけど、
混乱を誘うような出来事は、思わぬ方向からやってくるのです。
抜き打ちテストのように、、、

はーー、ヤバかったです。

新しいサイクルに入った、と思ったのは、こういうことだった。
突然、自分を否定してしまうのです。
落ち込むとか、そんなことじゃないんだけど、
新しいサイクルに入ったのに、古い在り方でジャッジしていたり、
古いマインドが、その状況を把握しようともがいていたり、
何かしなくちゃと思いながら出来なくて、逆に無気力になったり、周りばかりが気になったり、、

混沌です。ただ、混沌という状態。それだけのことでした。
新しいことって、すべては混沌から始るのが、自然の法則でございました。

始る前に、一回、ぐちゃぐちゃにされるわけです。
そしてそこから、それなりに、秩序だってゆくのです。

(次の混沌までのことですけど・・・)


色々、叱咤激励のサポートも受けながら、
今日、あらためて「ただいま~」って感じです。

そう。私が私であることろ。中心は自分でした。
そのまんまでHAPPYな自分の内側が、外の世界を創り出す。それしかないのでした。


あら。
何か、すっごい長ったらしく、カミングアウトが続いてしまいました。
やっぱ、自分の人生垂れ流し状態の生き方は、変わらないみたいですね♪

(いえ、隠し事はちゃんと隠してます。)


はい。なんとか自分を見失う前に、自分に戻って来れたのは、
久しぶりに、クリムゾンサークルのシャウド、読んだからです。

1月、2月の、私の状況、そのまんま、書かれてるって感じ。とほほ。

こんな私の状態は、決して私だけのことではなく、集合意識の顕れなので
よく似た状況だった人、いるんじゃないかな~。

そんなあなたにもシェアしたいと思います。

まるで、天国でやさしいお爺さんが、美しい哲学の絵本を
読み聞かせしてくれているような、あったかい拡がりを感じますよ。
ぜひ。


*シャウド5 2008年1月
「輝かしい発見」by トバイアス
http://crimsoncircle.jp/Quantum_Leap/Quantum_Leap_5.html
「自分を疑う」というゲームを、もういいかげん終わりにしましょう。
新しいエネルギー、それこそが、人類にとって最も輝かしい発見です。


*シャウド6 2008年2月
「新しいエネルギーを利用する」by トバイアス
http://crimsoncircle.jp/Quantum_Leap/Quantum_Leap_6.html
「新しいエネルギー」は、無定義、無構造、無識別。
古いエネルギーで、定義、分析、識別、構造化しようとしても無理。不可能。
それをやろうとすると、混乱を招きます。まったく性質が違うからです。
ハートを開き、新しいエネルギーに降伏するだけ。手放すことだけ。


*シャウド7 2008年3月
「ナーユー」by らぶらぶアダマス@聖ジャーメイン
http://crimsoncircle.jp/Quantum_Leap/Quantum_Leap_7.html

※これはまだ読んでません。噂によるとすごいです。
 もう、読む前から読後のような感覚があるのは何故?手放したからでつ♪


今日も明日も手放しで、ただただ、深呼吸をしましょうね。
自分の意識に、意識以外のものが追いついてくれるように
普通~に、シンプルに、生活していきたいと思います。


すべての人に、物事に、愛と感謝を・・・。

長い文章読んでくれて、ありがとう。
別窓 | 日記
『The seed becomes the Rose』
2008-03-17 Mon 23:04
hana2

hana3

hana1

hana4

hana5
**The spring flowers ~~~♪**


1月末、読みかけて忘れてしまってた、クリムゾンのシャウド5を
今日はゆっくりと読みました。

久しぶりに、トバイアスの大きくて優しくて、洗練された言葉の数々を
まるで、天国で、美しい哲学の本を読んでもらっているような、
とても落ち着いた感覚で読みましたー。

ジェフの子どもみたいにピュアな笑顔も思い浮かべながら。


「疑い」という名のゲーム。

誰かや何かじゃない。自分自身を信じられない、というゲーム。

いつもいつも、疑っていないと心配でしかたがない、というゲーム。

この心配を手放したいと心から願いながら、
決して目の前に差し出されているものが見えない、というゲーム。

もういいかげん、堂々巡りを終わらせて、新しい世界に行きたいと請いながら、
「疑い」という名の保証を、握り締めて離さない、というゲーム。


もう、何年、何十年、何百年、、いや、何百万年、、、、、、


わかっちゃいるけどやめられない、柿の種みたいなこの「ゲーム」

何度終わらせても、またまた始めてしまう、この「ゲーム」

笑えるほど滑稽で、泣けるほど共感する、この「ゲーム」


・・・・・・

自分が信じることがそのまま、外の世界に顕現されるのに。

「疑い」を信じていると、そのまま、それが外に映し出されるのに。。。。



ははは・・・。 ま、読んでくらさい。

きっと、すぐにでも、終わらせる気になるでしょ~~~!


シャウド5:「輝かしい発見」 トバイアス
2008年1月5日
http://crimsoncircle.jp/Quantum_Leap/Quantum_Leap_5.html


*2月のトバイアス、3月のアダマス。どれも必読ですよーー。


--------------------------**


ki1
**仲良しの樹**


--------------------------***

そして~、読んだら戻ってきて、この歌、聴いてくださーい。

今朝、友人が送ってきてくれた「宿題」です。ありがと~!!

この詩、すっごくいいね~~~!

疑うことをやめて、花を咲かせましょう~。

あなたという種は、あなたというかけがえのない、美しい花を咲かせる。

それをただシンプルに、信じること。


そう。私はいつも、私なんだった。


--------------------------***

こちらの男前ヴォーカルズがまた素敵です。

この歌を、「この幸せ者~~~♪」様に、贈ります。(^-^)b

心から愛と感謝を込めて。Thanx a lo~t !!!!!!



『The Rose』 West life(love album)

Some say love it is a river
that drowns the tender reed
Some say love it is a razor
that leaves your soul to bleed

Some say love it is a hunger
an endless aching need
I say love it is a flower
and you it's only seed

It's the heart afraid of breaking
that never learns to dance
It's the dream afraid of waking
that never takes the chance

It's the one who won't be taken
who cannot seem to give
and the soul afraid of dying
that never learns to live

When the night has been too lonely
and the road has been too long
and you think that love is only
for the lucky and the strong

Just remember in the winter
far beneath the bitter snows
lies the seed
that with the sun's love
in the spring
becomes the rose

別窓 | 日記
『木内鶴彦さん講演会のお知らせ』
2008-03-13 Thu 10:18
木内鶴彦さん講演会 最新情報です。2008年8月21日(木)大阪にて 

tsuru


ikikata


あらためて告知させていただきまーす。

念願かなって木内さんのお話会を、させていただけることになりました!

しかも、なんと、土日は1年先まで予定が詰まっていると聞いてたのに
5月6日は、ゴールデンウィークの最後の日。振り替え休日!

午後と夜の2回でお願いできることになりました。

聞きたいけどずっと聞き逃している方、この機会をお見逃しなく!


*日程   5月6日(火・祝)

*会場   大阪市阿部野区 特定非営利法人コーナス1F地域交流スペースNAKA

*参加費  2.500円

*時間    ①13:00~15:00  ②18:00~20:00

*懇親会  どちらも講演会終了後、木内さんを囲んで懇親会をさせていただきます。(1時間程度)

       *おやつプレート&お茶 500円、
       *スリランカ・カレープレート&お茶 1.000円。(ビール別費)

       (コーナスで用意してくれます。一緒にお申し込みください。)

*定員  ①②とも、20~30名の予定です。事前に参加申し込みをお願いします。
      (いっぱいになり次第締め切らせていただきます。ご了承ください)

*お問い合わせ・参加申し込み 千の雫プロジェクト(北野)まで 090-6555-0365

 メールでのお申し込みはinfo☆milgotas-pj.com(☆を@に変えてくださいね!)
 以下をコピー&ペーストまたは削除してお申し込みください。

---------------------------------------------------

5/6木内鶴彦さんの講演会を申し込みます。

*希望時間  ①  ②  
*名  前
*住  所(任意。都道府県のみもOK))
*携帯電話番号(任意)
*メールアドレス
*懇親会参加  希望する 希望しない
*おやつプレートまたはスリランカカレープレートを予約します。

--------------------------------------------------

 『千の雫@milgotasPJ』 http://milgotas-pj.com/
 
 *mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2789111

-------------------------------------------------------------***
ぜひ、お話会の前にご覧ください。


*木内さん出演のネットラジオ (お友だちが作ったサイトです。)
http://touchanhp.web.fc2.com/


*木内さんの著書
宇宙(そら)の記憶


生き方は星空が教えてくれる

-----------------------------------------------***

木内さんのお話は、ネットラジオや著書にも書いていないことがたくさんあります。

木内さんは、彗星ハンターとしても有名な方ですが、
この地球の、新しい未来を創って行く、その最先端にいる人だ、って私は思っています。

20代前半、木内さんはとても珍しい病気になり、死を宣告されました。
そして、実際に「死亡」し、その後、奇跡的に生還されたのです。
その「死亡体験」のあいだに、見てきた過去や未来。。。
簡単には信じられないような体験の数々・・・

その時の膨大な意識の体験の中で、生還してからも記憶していることを、
検証するために、世界中を旅されています。
そして、実際に、それが事実であったことのいくつかを確認もしています。

世界の歴史上の真実を塗り替える、新しい神話創り・・・

木内さんのお話は、壮大なロマンがあると同時に、
人類の未来の在り方を、真摯に提唱します。

それは、にわかには信じられないことかも知れないけれど、
自分たちの子どもや孫、世界中の子どもたちに、平和で愛に満ち
自然のバランスが取れたこの美しい地球という星を残したいと願う人なら、
今、ひとりの人間として何をしてゆくのか、その大きな指標となるお話だと思います。

実際、木内さんは、今の世界の大問題である、ゴミの処理を
太陽光を利用した、安全で低コストの「炭素化システム」を発案。
20年以上の時を掛けて、つい最近、特許審査に通ったのです。
このシステムだと、ダイオキシンやCO2の心配が軽減されるどころか、
地球の大問題である、「核廃棄物」さえ、安全に処理出来る可能性を秘めているそうです。

そして、生命が次々と発生していた太古の地球をヒントに、
細胞の仕組みや水分の循環の仕組みなどを研究し、
人間にとって、理想的な体内循環を即す水も開発されていて
その水は、さまざまな研究機関で、検証が進められています。

※木内さんの著書「生き方は星空が教えてくれる」をぜひ読んでください。

---- ---- --- ---- --- --- ---- ---- 

シンプルで、お金をかけず、平和で、平等で調和の取れた世界。
未来がそんな世界であることを心から望みます。
この「生命の星」地球を選んで生まれてきた私たちが、
自然の一部として、謙虚に、その役割を果たさなければね。

今まで私たちが学校や社会で学んできた「事実」を、覆す内容も多いです。
そして、次元を超えて、拡大した意識の世界のお話もあります。

人として、誠実な在り方で、未来を見つめたいと願う、
心開かれた人たちの参加を、お待ちしています。

これからの世界、ただ流されるのではなく、
在りたい自分、望む世界を、自ら創造していゆくことに意識的でありたいですね。


----------------------------------------------***


その前に、3/28(金)「リンコ(Rynco)&Hunk」のライブがありますよー♪

banbingと、3次元年齢「タメ」のRynco、
私たちくらいの世代になると、落ち着きや安定を望む信念体系が染み付いていて
内側の情熱をそのまま表現することって、とても勇気の要ること。
つい、自分の可能性を制限してしまいがちです。
Ryncoにとっても、きっと今のライフスタイルは大きなチャレンジだったと思う。
だけど、心の望むまま、変化に逆らわず、トライし続ける彼女の在り方に
私はいつも、たくさんの勇気をもらっています。

Ryncoの言う、「宇宙はきっと音から生まれた・・・」
これは、木内さんもよくおっしゃってることです。

人はどうして、こんなに音楽が好きなのか。必要とするのか。
きっと、それは「宇宙(そら)の記憶」がそうさせるのでしょうね~。

ぜひ、Ryncoの歌声から宇宙を感じてください。
ギターのHunk西山さんも素晴らしい宇宙の音を奏でてくれます。

お近くの方や仕事帰りの方、2ndはまだ余裕ありますよ~。お早めに♪

『Rynco&Hunk 大阪ライブ』
http://milgotas-pj.com/ryncolive.html
--------------------------------***

今日も有意義な1日を!!!
別窓 | 木内鶴彦さん
『自分と手を繋ぐ』
2008-03-05 Wed 00:33
akachan

photo


**しばらく背景を遊んでみます。素敵な写真です~**

----------------------------------------------**


・・・・・

またしても、書けない症候群、、、

面白いこといっぱいあるのに~~~~。
なんで、こんなに言葉が出なくなっちゃったかね。

banbing・カオス・aoisoraです。

※(クツミが「今日からあなたのミドルネームはカオスです!」と言ったので。)

3月、面白い。いろいろ。

色んなことが、現実の世界で、整列し出してる。
4月はガラリと世界が違うことが、今からもう、見えてるんです。
見えてるんだけど、、、そっからどう展開していくかがわからない。
わからないからまた面白い。いや、わかりたいとも全然思わない。

今、何の心配もないんです。カオスなだけで。^^


スターティングポジションで、よーいどん!を待ってる感じです。


いつか、まとめて、書きましょう。



今日のタイトル。「自分と手を繋ぐ」

色々書いたけど、うまく表現出来ないので、消しました。

つまり、内側で手を繋ぐ。
自我としての自分と、普遍的宇宙としての自分が、
手を繋いでる、、、ってそんな感覚があるのです。

人って、どうも、無意識に好んで使う言葉の数々が、実は、「サイン」だったりするのかな。
自分にとっての、意味を持つ「記号」みたいなものですね。

自我と宇宙意識、意識と無意識、顕在意識と潜在意識、、、

「手を繋いで」みてください。

あー、ゆうてることわかるかな。

つまりですね。

右手が自我で左手が宇宙意識、とか、だと思って、両手を繋いでみるんです。

右手が自我で、左手がハイアーセルフ、とか、神さま、でも、いいかな。


なんか、「感覚」があるかも、です。

..................


笑えるほど、ことばが見つからないので、終わります。 はっはっはー。

こんななのに、何故日記書いてるかとゆーと、
久々に、Arrived Energy On Earthが更新されたからなんです。

私が更新をサボってたわけじゃなくって、ほんと、世界は止まってた、って感じ。

私もなんか、「待て」でしたけど、
世界はみんな「待て」だったのですね。

4月、みんな始ります。あと少し。


*3月のアカシックレコード
http://www.occn.zaq.ne.jp/aoisora/ArrivedEnergyOnEarth.html


言い訳やめて寝ます。おやすみ。ごめんなたい。
別窓 | 日記
『りんご~♪etc...』
2008-03-03 Mon 17:30
ringo2

ringo1



あったかくなりましたね~~~♪

公園を歩いてても、ホント汗ばむような感じもあります。


昨年、青森の実家に帰って行った仲間から
ダンボールにいっぱいのが届いた~~~。

りんご農家の人が作った「特製の!!」りんごジュースも一緒に。

今年の冬、青森は雪が多くて
毎日朝晩雪かきをしても追いつかないほどだったらしい。

だけど、りんごはいっぱい出来たようです。

このりんごちゃんたちは、形が少しいびつで、傷もあって、
たぶん、商品価値としてはバツなのかも知れないけど、
このなんともいえないいびつな表情が、とても愛らしいです。

食べてみたら、これが林檎だ!っていう味です。
子どもの頃食べたあの林檎の味ですわ~~。

一緒に入っていた手紙から、
長く住んだ大阪を懐かしむことば以上に
ふるさと青森への愛着と誇りが込められていて、
元気で過ごしている様子に、こちらも嬉しくなりました。


しばらく林檎三昧です。ふふ。

友よ、ありがとう。
いつまでも元気で、ふるさとを誇りに思い、
林檎やねぶた祭りを私たちに自慢し続けてください。
あなたの青春が詰まってるこの賑やかな大阪で
いつもいつも、あなたの幸せを祈ってるよ、brother!


----------------------------------------***

今日は朝から、りんご食べたり、りんごケーキ焼いたりしながら
それでもパソコンと1日向き合って、千の雫PJのサイトをいろいろいじってました。

そいで~「みるごたblog」なるものも作りました~。
みるごた、、、ってのはー、千の雫をスペイン語で言うと「ミル・ゴタス」。そっからです。^^

私って、パソコン触るの、ほんと、好きです。


この頃は、やることもいっぱいあるし、とてもとてもエキサイティングなこともあるし、
物理的状態としては厳しいところもあるんだけど、なーーんか、しっかりとセンタリングしてます。
客観的に自分を見ることが出来るし、感情のコントロールも。

いや、「何でこんなこと言ったんだろ~~~!?」と後から思うよなこともしばしばなんだけど
ストレートになった、とも言える。

思ったら、言ってる。そこでいちいち葛藤しない。
後からぐずぐず考える時間もない。

3次元的な自分が、とてもよく見えているのに、なんというか、こう、、つかみどころがない。
危なげでへなへなで1日が長くて、、、なのにあっというまで、、、

だから、「おし!」と小さな自分を元気付けて、意識的にセンタリングする、と。

あーーー、とてもややこしい。言葉がわからん。


とにかく、春から始る 『何か』が、私をこうさせるのであります。


ついこないだまで、『本来の自分に還る』がテーマだった。
今もそのはずなのに、、、え?『本当の自分』って?『自分』って?


自分がない。つかめない。

これからの『自分』は、もっともっと拡大されて、『未来』にいる。

そんな気がしてます。

(mixiに書いていないこと、突然追記してしまった。なんかな~?これ。)

---------------------------------------***

はい!!

「りんご」じゃなくて、「リンコ(Rynco)」のライブ、
1stは随分申し込みをいただいてますがまだだいじょうぶ。
お近くの方や仕事帰りの方、2ndはまだ余裕ありますよ~。お早めに♪

『Rynco&Hunk 大阪ライブ』
http://milgotas-pj.com/ryncolive.html


それから、またあらためて告知しますが、
念願叶って、木内鶴彦さんのお話会をさせてもらえることになりました。
もう、私、新しい「祭主」と出会った、と思っています。
何度でも何度でも、機会があればお話聞きたいです!!

日程は決まってますが、時間・場所未定です。大阪市内です。
早めに予定入れたい方は、こちらから申し込んでくださいね!

木内鶴彦さんのお話を聞く会
http://milgotas-pj.com/kiuchisan.html

--------------------------------***

追記

ringocake

りんごもいびつならケーキもいびつ。うめ~~~~♡


あ~~~~~!!!
今日、ひな祭り??知らんかった~~~。

皆たま、今日から新い1週間が始るね!楽しんで感謝して
元気元気で過ごしましょう~~~♪
別窓 | 日記
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。