tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『生き方は***が教えてくれる』
2007-11-30 Fri 21:48
ikikata

*木内鶴彦著「生き方は星空が教えてくれる」

tsuru

*熱く楽しく語る鶴ちゃん

banbitotsuru

*banbingと少年のような笑顔の鶴ちゃん

----------------------------------------***

行ってきましたー。彗星ハンター木内鶴彦さんの講演会。

会場は、私の前の仕事のオフィスがある、その通い慣れた同じビルの1Fで。

講演会の前に、オフィスにちょっと寄ってきました。
1年前となんら変わらない部屋。居心地がいいんだな~~、ここが。

たまたま、自分が関わってた地域のミーティングとかやってて、仲間たちと1年ぶりの再会。
そのまんま普通~に、その輪に入っていけそうだった。
私はこの仕事を辞めたんだけど、そこで学んだことはそのまんま心の中にあって
何の違和感もない。そこに私は居ないのに、まるでずっと居るような感じ。不思議だねぇ。。。


はい。さて。
講演は、音楽のライブがあったあとだったから、正味1時間。
木内さんの本を2冊読んで、ネットラジオも2本聞いて、
鶴ちゃんを知り尽くしていた私にとってはちょっと物足りない感じだったかな~。(^-^)

だけど、想像していた通りの、熊さんのようなあったかい人でした。

この日のために、千の雫PJのサイトを立ち上げ、名刺も作って、
ぜひ、木内さんを呼んで講演会をしたい、ってお願いしました。

もーーーちろん、あたぼうに、OK!!!

でも、日曜日は、もう来年の12月までいっぱいだそう。人気者だね。

今回の講演会も組んでくださった、大阪市内でNGOを主宰する女性が
もう10年も前から木内さんの講演をオーガナイズしていて、
来年の春ごろ、一緒に企画しよう、と言ってくださいました。

また新しい出会いがあって、本当にワクワクしてきます。


木内さんは、彗星捜索家として、4つの彗星を発見した人。
映画、ディープインパクトのモデルにもなったという、
地球に衝突するかも知れない彗星が実際に存在することを話してくれる。

100年以上も未来のことだけど、もし本当にぶつかれば、地球は全体が
火の海に包まれてしまうそうだ。

また、自らの臨死体験を通して、宇宙の「膨大な意識」を「感じて」来た彼は、
この地球の未来を、自分たちの手で守っていかなければならないと
純粋な意思を持って、全国を講演してまわってる。

今の、人間の傲慢な在り方では、地球の未来はなんとも危機感でいっぱい。
それは、彗星が衝突するかも、ということよりも、数倍高い可能性で
地球の未来を脅かしている。

そういうことに気づいたから。だから、ただ純粋に、その想いのまま、行動を起こしている。



私は、つい最近まで、地球環境のことや、エコや、あらゆる社会問題を
声高々に訴える、NGO・NPO的な団体の人たちとか、超~苦手だった。実わ。。。

それはなんか、何も出来ていない無力な自分にすごい罪悪感を覚えたり、
責められているような気になって落ち込んだりしたからかな。

あれはダメ、これもダメ、と、逆に、その制限が苦しそうで血管が詰まりそうになるのだ。はは。

あるいは、一生懸命訴えてる彼らこそが、
何かの制限に縛り付けられて、苦しんでいるように見えたりしたから。


もちろんそれは、自分の側にある、穿った問題だったのだけどね。


だけど、今は、随分変わってきた。

人それぞれ、さまざまに生きかたも違う。人生というストーリーも違う。

出来ないことに打ちひしがれるより、
出来ることをやればいいんだ。やりたいことをやればいい。
やりたいことをやっている「歓び」は、嘘じゃなく人に伝わる。

自分のため、なんだもんね。

それこそが、地球のため、環境のため、人々のためなんだよね。
それを、自分に許すことが出来たような気がするな~。

何かや誰かのためだけじゃなく、また、こうであらねばならない、ってことでもなく、
ただ純粋に、地球や環境を守ること、人々の幸せな顔を見ること、
支え支られる身近な関係性を築き上げること。それは、自分の「歓び」なんだよね。


私は最近、やりたいことをやる歓びに、めちゃんこワクワクしてる!

まったく予測不能。期待もなければ不安もない。
ただただ、歓びのまま、流れてゆくだけなんだけど、

それでも、時々、「何をバカなことやってんだろ」とか「人は笑わないかな」とか
つい、恐怖のような古いエネルギーに支配されそうになる時もあるの。

そんな時、やっぱり、自分を信じて、明るい光りの方向、自分が心から望む方向に、
勇気を持って舵を切るとき、それはもう、爽快な歓びを感じることが出来る。

いったんその恐怖を超えると、めっちゃ開き直れる。
昨日まで信じられないくらい恥ずかしかったことが、全然普通になってくる。

そうやって、ちょっとずつ、古い感情を乗り越えて、進んで行くんだな。

自然に自然に、流れてゆける。とっても心地良く。。。


そうそう。
「生きかたは星空が教えてくれる」の中に、私がとっても好きなくだりがある。

先日の日記にも書いた、夜空観測の時、出没する熊と、テリトリーをシェアするために、
自ら「マーキング」をした、という話しも大好きなんだけど、

彼が子どもの時、星空が大好きな天文少年だった頃のこと。小学校3年生。

「子どもの科学」(←私も読んでた~~)に、望遠鏡の作り方ってのが載っていて、
市販の「虫眼鏡」と接眼レンズを使って、黒いボール紙で作るっていうやつ。

貧乏だった鶴ちゃんち、お父さんが虫眼鏡だけは買ってくれた。

それを、学校で授業中に、立てた教科書に隠れて作ってて先生に叱られた。

だけど、その先生、とってもイカした先生で、その後、鶴ちゃんのために、
接眼レンズを買ってくれて、一緒に望遠鏡を作ってくれた。

そして、それを使って、クラスのみんなで星を観測しよう!って提案してくれて、
それから毎晩、校庭にみんなが集まって、月やら土星やらを「観た」らしい。

月にいるはずの「ウサギ」を探して、毎晩観測は続いたらしい。(^-^)

その時の体験が、彼の未来に、4つの彗星を発見する、っていう偉業に繋がってる。

私は、そんな先生の、ささやかな協力や思いつきが大好きだな~~~。
すっごいパワーをくれると思うし、そんな先生のクラスの子どもたちって幸せやん。

学校のお勉強が出来たかどうかは知らないけれど、
夜、星空を見上げてぼーっとすることが大好きな天文少年。
それを一緒になって喜んでくれる先生。なんかとってもあったかい。

私は、そういう話しを聞くと、胸がじゎ~~~ん、とするんだよね。

今の学校なら絶対無理だよね。
夜、子どもたちが学校に集まるなんて、何か事故でもあったら誰が責任取るんだ、とか
ひとりの子どもに、何かを買い与えるなんて、ダメじゃないか、とか、、、
あーーー、やかましくてめんどくさい、おっさんやおばはんの声が聞こえそう・・・(失礼)


その子が大好きなことを応援するだけで、子どもの目はキラキラと光り出し
それが、どれだけその子の未来をも輝かすことか。。。

それって、教師にとって、最大の歓びじゃないのかな。
その子の中で光り輝く何かを、掘り起こした瞬間じゃん。

それこそ、教育ってもんじゃないんだろうか。

ただ、指導要項に則って決められた授業を「こなす」ことよりもずっと。

子どもたちに、自らの歓びを持って接している先生って、ほんと素敵。

とても大切なことだよね。ささやかだけど。。。。


---------------


木内さんの本、「生き方は星空が教えてくれる」。

彼の「生き方」は、大好きな星空が教えてくれた。


私はなんだろう。

こうやって文章で表現すること、歌を歌って聴いてもらうこと、
何かをクリエイトする歓びとか、、、

どんな人でも、その人の中の光りを見つけた瞬間が、私もたまらなく好きだな、、とか。

出たがりで目立ちたがりでおせっかいで、濃くてやかましくて、、、
だけど、だからこその、自分の好きなこと。。。

今、そんな、良いところも嫌いだったところも、全部許して、
在りのままでいる勇気を持とうとしてるところ。

そうやって、本当の自分で在ることこそが、きっと、
自分の生き方を教えてくれる、唯一の方法なんだろうね。


そう思う今日この頃。
そこにしっかりとセンタリングしようとしてる今日この頃でございます。


またまた長くなりやした~。それも私でつね。


みなたま・・・

あなたの、生き方は、何が、教えて、くれますか~??

自分だけしか、知らないんだよね。こればっかりは。

だけど、それこそが、ここに生まれた意味。

制限をどんどん外して、恐怖をひとつずつ超えていって、

自分にとっての「星空」を、見つけましょうね~~。


最後まで読んでくれてありがとさん~~~♪



毎日が、、、超~~だのじいぃぃぃぃぃ~~~~~♡♡♡

スポンサーサイト
別窓 | 木内鶴彦さん
『千の雫サイト出来ました』
2007-11-29 Thu 21:35
rogo

千の雫@milgotasプロジェクトロゴ

-------------------------------------***

今、、、ふと思い出して、ドッキリしました。。。

私が、初めて自分のホームページを作ったのは、
今からちょう~~~ど、10年前。1997年の12月。。。
40回目めのお誕生日の日でしたー。(あーバレバレ。いいんだもんねっ)

10年前のちょうど今ごろ、
ホームページビルダーの体験版を買って、
あーでもないこーでもないと、一日中PCの前に座って、、、
ページが送信できた時、ブラウザに反映された時、掲示板が出来た時、、
いちいち「きゃーー!きゃーー!ぱちぱちぱち・・・」とやって、、
嬉しかったなぁ~~。

今ほど自分のページを持つことはポピュラーでなく
仲間たちにすっごい誉めてもらった。
全国にいる仲間たちとの繋がりが出来たのもこのサイトのおかげ。

テーマが絞られて居たのに、毎日結構アクセスがあって楽しかった。

その時のホームページのプロフィールにこう書いてあった。

『私の30代は、10代よりも20代よりも輝いていた!
 そして、よりステキな40代、新しい10年の始まりの記念に、このページを開きます。』

・・・だけど、
私の40代は結構大変なことになったけどね!!(^○^;)/

ちょうど40才を前にした数年間、私は結構 切なかった。
女の子にとって、40という大台は、かなりセンシティブになるもんだ。

そしてまた、区切りの10年がやってきたんだなー。

早かったのか、遅かったのか、、、

でも、もう今は、年を重ねてゆくことに対する切なさは、ない・・・
・・・と書きたいけど、あーーやっぱりあるわね。そらね。

(あ、私は永遠に年はとらない魔女だったんだった。)

やっぱり、また新しいドキドキワクワクを胸に、歩き出す!っと。

新しい『箱』を、、、作りました。愛しい箱です。

10年前の私は、自分が10年後こんなサイトを持つことを予想出来たかな。。
確かに、その頃はその仕事に夢中だった。
だけど、何となく、いつかこんなことをやるってことを、
知っていたような気もする。。

言葉でうまく言えないけれど、
ささやかな、自分のストーリーに、ちょっと感動する。

私の歩いてきた道。泣いたり笑ったり。

今までのさまざまな体験を、もう、自分のためや自分の中だけじゃなく
外に向けて、差し出していきたい。ささやかなパワーを。

私には、そんなパワーがある。きっと。神さまが与えてくれた。
(↑こんな風にね。自分で言うんですよ。恥ずかしげも、惜しげもなく・・^^)

So,,,I am available to you GOD・・・



・・・

なんだか、ふと、古いサイトを見に行って(まだネット宇宙で放浪してる)
10年前の自分に、勇気をもらった気がした!!

また、今日から頑張ろっかなーとか、思ったりしてます。



まだ、なんにもないサイト。
デザインも、10年前から何ら進歩してない。あーー。
だけど今回は、めちゃ頼りになるウェブデザイナーの友だちが
これからサポートしてくれる。

50回目の誕生日までには、美しい姿にリニュアルしてOPENしたい。


とにかく、出来立てほやほやの、とりあえず『箱』です。

独自ドメインも取りました。


http://milgotas-pj.com/


ロゴも出来てきて、名刺も作ったし!
これで、明日は、木内さんの講演会に行って、名刺渡せる!
講演会依頼するんだ。頑張らなきゃ~。

そしてその講演会がある同じビルの3Fに、前の仕事のオフィスがある。
めぐり合わせというか、なんというか、神さまもなんだかイカしてるねっ。


っちゅーことで。

meisi

*↑こーゆー者です。ボカシ入れてまつ。
これからも、、、よろぴく。m(_ _)m
別窓 | 千の雫PJ
『受容性の叡智と能動性の叡智』
2007-11-28 Wed 00:14
xmastree07

*街はこーゆー感じですけど・・・


今朝読み終えた、木内鶴彦さんの本、「宇宙(そら)の記憶」。

木内さんの臨死体験や、彗星探索家としての仕事を通じて
彼がやっていること、心から伝えたいと思っていることっていうのは、
この地球(ほし)に住むひとりの人間として、
この美しい地球の未来を守りたいという想い。

人々のエゴや、間違った知識、自然と合致しない傲慢な在り方は、
彗星が地球に衝突するかも、ということよりも、数倍、
この地球を崩壊させる可能性が高い、と知ったから。

彼が彼であるために、
自分の役割を通して、熱く、その想いを、伝えてきてくれる。

それは、誰かや何かにゆだねたり、見て見ぬ振りをしたり、
ちっぽけな自分の無力さに打ちひしがれたり、
無関心という責任放棄だったり、必要以上に心配したり、、、

そういう在り方から脱して、今こそ、自分に出来ることを
行動に移していかなくちゃならない、という、決意でもあると思う。

行動を起こす、という、パワーそのものが、
彼がこの世界に落とす、1滴の雫なんだな、と思う。


本の最後に、映画、地球交響曲(ガイアシンフォニー)の監督である、
龍村仁さんとの対談が載っている。

その中の、龍村さんの話しに、ドキっとした。


木内さんは、星の観測のために望遠鏡を持って真っ暗な山に登る時、
観測に夢中になって我を忘れる時、そこに住む動物たちと一体化するらしい。

何度か熊と遭遇し、怖れるとか逃げるとか、戦うとかではなく、
木内さんが自らその周辺に「マーキング」をして、熊の「摂理」に従い、
そのテリトリーをシェアする、みたいな、素敵な話しをした時の言葉。

熊やクジラといった動物たち、それにきっと地球(ガイア)や植物たち、
要は、物言わぬ自然の存在たち。たぶん、目に見えない存在たちも、かも知れない。

彼らの「知性」は、「受容性の知性」なのだ、と言うのです。


「知性」には、「受容性の叡智」と、ある種の「攻撃性の叡智」とがある。

人間は、自我やエゴ、おまけに言葉や文字といった「表現」が出来る分、
その知性は、ほとんどが「攻撃性の叡智」だと。


だけど、この地球の、他のすべての存在たちの「知性」は、
ほとんどが、受容性の叡智なのだと。

「世界を変える気」など、さらさら 無いのだと。^^

その代わり、如何にしてこの世界は在るのか、どのように生きれば良いのか、という
そういう繊細な情報処理能力は、人間より圧倒的に高い、のだと。


人間の知性は、攻撃性、でもあるけれど、
言い換えれば、それは、「創造性」でもある。
他の存在たちは、あくまで「受容」。無条件の愛。

だから、「行動する」「創造する」ということは、人間にしか出来ない。

「ヒト」という種は、地球の生命体の、「創造力」を
担っている存在なのではないか、と。

つまり、人間だけが、「世界を変える気」が、ある。のだよね。(^-^)


ずっとずっと長い歴史の中で、
その方向性を見失い、間違った方向に向かって、その「叡智」を駆使してきた。

今、「受容性」である、他の存在たちと、心をひとつにして、
一体化して、統合されて、、、真の「創造性」を発揮して、、、

「世界を変える気」を、持とうよ、っていう、雫を落としてくれたと思う。


「ヒト」という集合体としても、「私」という個としても、
自分だけ良ければ、或いは、自分だけ我慢すれば、、という、
自己完結型の在り方を完璧にリリースして、
他のあらゆる存在たちと一体化した全体として、
そして、その一部の顕現である個として、その両方で「在る」という在り方。


受容って。すべての完璧さを信じること。

個としての自分を越えて、耳を澄ませ、心を開き、拡大された意識で
すべてとともに、生かされているということを、受け入れること。

頭では理解できないことでも、とにかく、
新しい在り方の、あらゆる可能性に、心を開いてみること。

なんだろうと思う。



また長くなったけど、これも記録だし、雫です。

創造性という叡智を生まれ持った、人間という役割を、
責任を持ってまっとうしようとするサガを、実は誰もが持っている。

それをただまっすぐ、ストレートに、ピュアに、実行するだけ。

いつも、何かのたびに、勇気を奮い起こして。



はい。最後まで読んでくれてありがとー!
プロジェクトのサイト作りや、講演依頼のための名刺作り、
歌作り、絵本作り、基金設立についての情報収集や、石の勉強や、
あああああ~~クリスマスコンサートの歌詞をあと4曲、、、
え~~~~?年賀状、正月準備?何ですか?ソレ。すでに無理。

いつ、私は、「受容性の叡智」と一体化する時間を取るのであろうか、、、

(あ、今、キラリ~~ン☆飛んでくれた。ありがと。まいっか!私だし。)



しばらく、ターボーってことです。
お風呂入って寝まつ!!

sweet dreams!! My dear brothers&sisters!!!
別窓 | 受容性の叡智と能動性の叡智
『見つけた~♪繋がった~♪』
2007-11-22 Thu 21:50
soranokioku

龍鳳書房

先日の日記、ネットラジオを紹介した、彗星捜索家の木内鶴彦さん。

お話を聴いて、めちゃワクワクして、バクバクした。
科学者が、科学者としての意識と自覚をしっかりと持ち、
その上で、自らの嘘じゃない体験を語り、
私たちの星、地球の未来について、一緒に考え、行動を起こそうよ!と
力強く励ましてくれた気がした。

色々ネット検索して、紹介されている文をいっぱい読んだし、
著書も注文して、ついさっき、さっそく一冊が届いた~。

「宇宙(そら)の記憶」

banbingのホームページ「藍い宇宙(アオイソラ)」と同じ「そら」でうれしー!

で、あちこちで講演会をされているみたいだったので
探してみたら、ありましたーー!

来週、大阪でありました。

この講演会の会場になっている、梅田のビルの名前を見て、
またまたビックリ!

一瞬、「このビルの名前、聞いたことあるなぁ~」なんて、
お馬鹿にもぼんやり思ったりしてたんだけど、
なんと、ここ、私の前の仕事先の事務所が入っているビル。

梅田にビルの数、星の数ほどありますが、このシンクロ。

まったく、気持ちいい~~~って感じですね。

絶対これ行きます。

で、「千の雫プロジェクト」の、第一回記念講演会の講師を
お願いしてくるんだーーー!

宣言しときます。


また報告しまーす。やー、楽しみです。


ありがとー!


---------------------------***

※追記です。

やーーーん。
この日記をUPしてからメールを見たら、
山元加津子さん(Kakkoさん)からの、コミュニティ招待メールが。
そのコミュの名前

「宇宙(そら)の約束大作戦」

マジで、シンクロおもしろい~。

いやいや。
さっきコミュ覗いてきて、TOPで紹介されてる詩に、また驚いた。
般若心経を加津子さんが心訳されてるんだね。

も~~、とっても心に響きました。
即コミュにも参加しましたよー!ぜひぜひ、読んでほしい!

http://mixi.jp/view_community.pl?id=2823088

たんぽぽの仲間たち
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/

banbingが、加津子さんの「たんぽぽの仲間たち」のサイトに出会ったのは
もう12年くらい前かな。
当時、長男の小学校で、広報委員をしていた私は、
インターネットで見つけた、「たんぽぽの仲間たち」の
大ちゃんっていう子の詩と絵に激しく心揺さぶられて、
PTA新聞に連載させてもらったことがあるんですよー。

(うちの長男も、「大ちゃん」なのです。)


で、加津子さんは、木内さんと一緒に、講演会されてることも
あるみたいですね。


あーーーー。

またまた繋がって、気持いいですー。


光りのほうの扉を開け続けると決めたら、
狭間にいる時、どっちに開けるか、躊躇すること多いんだけど、
その気持を越えてしまえば、なんてことなくなるんだね。

で、必ずこうやって、サインのような合図のような
シンクロが起きて来る。

何度も何度も、トレーニングのように、「光りの選択」を繰り返す。

これからも、そうしていくどーーー!




bana

別窓 | 木内鶴彦さん
『私たちに出来ること』
2007-11-21 Wed 12:39
*Perfect trust*
I can do anything,If I can believe myself.

hearthikari


sora1121



窓の外に見える銀杏の樹が、だんだん色づいてきました。
遅いんだよね?きっと。なんか季節感がない私。

随分寒くなったんだけど、お天気が良いと、
こうやって、窓を開けて、外をぼわぁ~~~っと眺める時間が至福。


私たちは・・・
なんて平和な国で 暮らしているのだろう、、と思う。

私はテレビ見ないけれど、それでもさまざまなニュースは聞こえてくる。

バングラディシュのサイクロン、大きな被害だそうです。
チリの地震、、、
今年の夏は、中国で大洪水。被災者は一億人越えたとか。
カリフォルニアの山火事、、、

世界各地で、異常気象による災害などで、
たくさんの生命が失われていることを、みんな知ってるよね。

瓦礫の中で呆然と途方に暮れる人たちが、
今この瞬間にも、涙を流し、恐怖に怯えている。

愛する人を失い、住む家も失くし、光りを見失っている。

せめて、愛を贈ろうと思う。
同じ星に住む、「ONE」としての自分。Familyなんだ。

そのために、自分は愛の中にいたいと思う。
いつも、この星の家族のために、この波動をキャッチしてもらうために
私たちは、愛の中にいて、行動していなくちゃならないと思う。


そして、いつもどこかで、戦争や争いが耐えない、この星。

政治や経済は、嘘にまみれて、幻を守ることに翻弄されている。


こうやって、窓の外見ながら、車の往来の音を聞いてると、
世界はなんて平和で、明るいのだろう、と思う。

だけど、世界に愛を贈りながら、やっぱり真面目に考えてみる。。。


何故、人と人とが愛し合い、赦し合い、敬い合う、という、
誰もが知っている当たり前のことに、ベールを掛けられて、
恐れや不信感、憎しみなんかが、世界を覆っているんだろう。

何故、愛を交わすことをせず、憎しみをぶつけ合うのだろう。

何のために、戦争をする必要があるのか。
何のために、お金持ちになる必要があるのか。

何故、すべてを持っている私たちなのに、
求めたり、奪ったり、守ったり、隠したり、、、するんだろう。



自分も、小宇宙。大きな世界の小さな顕現だ。

個人の中にも、世界と同じ状況がいつも繰り広げられている。

感情の嵐であったり、自分への不信感、表現することの恐怖。
孤独感、羞恥、無力感、絶望感、、、。


ひとりひとりが、そのネガティブな在り方を、手放すことは
ソウルレベルで繋がっている、世界の人たちに、必ず波紋を起こす。

集合意識を書き換えることが出来るパワーがあるんだと思う。


ちっぽけな自分。何の力もないように思える自分。

だけど、
だけど、そんな自分を、今こそ完璧に信頼する時なんだと思う。


世界の混乱は、すでに始っていて、すでに、古いものは壊され浄化されている。

今、新しく光りの方向を見ていくことが、
本当に、この世界を創り変えてゆくのだと思う。


私たちに出来ることは何か。


それは、ひとりひとりで違ってくると思う。

ただ、言えることは、今の自分のままで、出来ることを
とにかくやってみること、なんだ。

そうやって、選択や決意することで、波動が変わる。
これが、宇宙へのサインになって、確実に届くんだと思う。

宇宙は、惜しまず、完璧なサポートを提供してくれる。

いつも。いつも。

何故、それなのに、すべてがうまく進まない、って思えたりするのは
信頼が足りないからだと思う。

自分を、宇宙を、完璧に信頼する、っていうことは、
かなりの勇気が要ること。

今まで散々、疑って疑って、恐る恐る、歩いてきた人は特に。


信じて信じて信じまくることを、今こそストップしてはいけない。


そんな気がしてる。


私自身も、いつも狭間にいる感じ。

右のドアを選択すれば、光りと希望とワクワクに満ち溢れ、
左のドアを選択すれば、過去からの古いあり方に引き戻される。


しんどい~~って思うとき、
古いドアを開けて、古い殻に篭り、小さく丸まってしまえば、安堵する。
だから、そうしたくなる。楽ちんだもんね。

それでもいい。選択は自由だもん。いつもいつも。


だけど、これからはそうしない。

光りのドアを開ける。新しい方に向く。


ささやかなことなんだけど、今、私、割りと真剣なのです。^^

めっちゃシリアスに、この時を踏ん張って通ってゆきたいのです。


----------------------


なんか、クラいかな???
いや、いたって私は明るいのです。パワフルなんです。

世界中の人々と、愛をシェアしたい、なんて大きな視点を持ちたいの。



今、私たちに出来ること。

自分を信じ、魂の歓ぶことに対して、毅然と、行動を起こすこと。

行動を起こすと決めたら、どんな時も、完璧な信頼を持って
光りのドアを開け続けること。



今日は、そんなことを書いてみたかった。自分のためにね♪

千の雫プロジェクトを発足させてから、
おもしろいようにシンクロが続き、出会いも続いている。

だけど、ひとたび自分が古い殻にこもると、それはピタリと止まる。

閉ざしたら閉ざした分だけ、宇宙は無償の愛で私を見守ってくれる。
ただ、見ていてくれる。

リリースして歩き出したら、また、軌道が光り出す。
身体中からパッションが溢れて、ビリビリし出すんだよね。

もう、そういう、目に見えないサポートを、疑う余地はないって気がする。


いつか私は知るだろうと思う。今よりもっとはっきりと、

ここに生きている意味のようなもの。


そのために、光りの方向に、向かっていたいと思うんだよね。

勇気いるんだよ。これがさ。どんなささやかなことでも。




勇気を持って行動している先輩たちに
毎日元気と勇気でインスパイアしてもらってます。

会ったことない人でも、まるで、膝を突き合わせて心の内を共有したみたいに、
深い繋がりを感じて、安堵するのです。


[Arrived Energy On Earth]更新しました。
*EARTH LOG 11/18 
光に目覚める地球~光の速度の増進、そして大荒れで激しい私たちのパッション

*彗星探索家木内鶴彦さんのネットラジオ 
久しぶりに強烈にパッション感じました。必聴~♪
ネットザウルスさんThanx
ページ下のほうに、ラジオボタンがあります。



私は、まったくもって、「ひとりじゃない。」






bana

別窓 | 想うこと
『Wild light shower』
2007-11-15 Thu 17:28
rynco

** Imagination art by Rynco **

---------------------------------------***

まず『Arrived Energy On Earth』更新のお知らせ。
最新の「ツインフレーム』系の情報です。素敵だったよ♪

『11:11』…ダイヤモンドグリッドと惑星の「聖なるハート」
~キリストとマグダリーン(マグダラのマリヤ)エネルギーの聖なる結合

エナジーアラートも更新されていました。
光りの息吹さん
11月11日のポータルの素晴らしいエネルギー

------------------------------***

ここんとこ、毎日、とても静かな穏やかな時間が続いてます。

毎日必ず何かのシンクロや、絵や文字や数字からのサインや
微細なコンタクトやメッセージがあったりする。

とても意識が拡大している気がして、
短期間のあいだの、自分の内側の変化にちょっと驚き。

やっぱ、出すものを出してしまうとか
感じるものを感じるままに感じきる!とか、、、大事だね。

次に向かう扉なんだな、それってきっと。。。


ここ数日、実家に用があって、何度か行ってるんだけど、
馴染みの深いこの土地の、古いエネルギーの中で、
自転車こいで、走り回ってると、なんちゅーか、別世界で。。。

いや、自分のエネルギーが変わってるからだと思う。

普段は、長時間一緒にいると苦痛になってくる、我が母。(^-^;)>
それが、全然気にならなくなってるんだよね。

気が重くなる感じだったこの土地も、
とても客観的に観てる自分がいて。

それに、あの苦手なタイプの『愛』の感覚もあって。。。

求めているものと違うように思えて、受け取るのを拒否してたような、
そんな『愛』の感覚も、母に対して戻ってきてる。

そのまんま、ありがたくいただくよ、お母さん♪
そのままでいていいよ。長いあいだごめんね。ありがとう。

って、感じ?(こそばい~~~~~~)

(わぉー。こんなこと書いてる自分って、すごい進歩や!)


もう、だいじょうぶ、とか思った。

余分な感情だけリリースして、私は私らしく、ここに居ることも出来る
って、そう思ったのかな。そんな感じ。

こそばいのでやめときまつ。^^



はい。ところで。

今日の日記を飾ってるのは、
やっぱりソウルシスターでしょう!の、Ryncoが描いてくれた絵。

絵は先にもらってたんだけど、その絵から感じる、Ryncoのメッセージが、
これ、11月11日の朝に、届いたんです。 ゲートが開いた日。


この絵を見てると、とても意外な色をしてて、
自分が知っている自分ではない、別人のようなエネルギーを感じるんだよね。

色んな人に写る、色んな自分。

それでも、どの色からも、私は私の真実を見ているって、想う。

それは、自分の内側のどこかにあった、違う扉を開けてみる感じ。

きっと、未知の可能性、っていう、新しい自分の存在。

まだ、そんな自分の「色」に、気づいていない、、、。


そんなワクワクする未来を、感じさせてくれるんだよね。

どんな自分とも、調和していたいな、と思う。


私なりに、やっぱ、シフトしているんだな、って、このごろ想うからさ。


色んな私が居る。

でも、それは、バラバラに離れてしまってるのではなくて、
ただ、色んな私が、次元を超えて、そこに、居る。


目の前のひとつのことに執着すれば、世界はそこだけになる。

多次元的に、宇宙に降伏して生きてると、世界はやっぱ、多次元的なのだ。




うーーーーん。
伝わってるかな、この微細な感覚。。。。



Rynco ありがとおおおおーー!

以下、11日にRyncからもらったメッセージ


-------------------------------------

《Wild light shower》
Wildさを感じます

一般に言うWildはかなり粗いイメージですが、ここに感じるのとても繊細なenergyです
でも大らかでノビノビしていて気持ちいい!


燦燦と降り注ぐ太陽・・・
静かに宙に浮かぶ三日月・・・

《静》のenergyの中を大らかな《動》が風となって現れると、そこにはまばゆい光が・・・

情熱と冷静さ・・・
クールな中の熱きHeartを感じます・・・

banbingはそんな二極の中を堂々と雄雄しく生きてゆける人
貴女が通る道には風が起こり光を放射してゆくんだな~~と感じます・・・
でもあっという間に姿を消してしまうような・・・
この絵から執着のenergyを感じません・・・実に爽やか!

一瞬にして愛の粒子を撒いてゆくのでしょう

banbingの起こす風をたくさんの人が感じますように・・・
banbingの撒く種がたくさんの人の心に落ち育っていきますように・・・

by Rynco

-------------------------------------------***

Rynco、ありがとう!!!


Rynco blog 平らな時間
http://rynco.blog107.fc2.com/
mixi Rnco's Fan cklub
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20653748&comment_count=27&comm_id=922306



bana

別窓 | 日記
『千の雫プロジェクトスタート』
2007-11-11 Sun 11:11
shizuku
image

mitsuo


*ロゴが出来るまでお借りします。
*ゲデバンと「奇跡の人」ミツオちゃん
-----------------------------------***

まずは、、、

「言音ちゃん!結婚1周年、記念日おめでとう~~!!!」

これからも、ますます、ますます、お幸せに~~~!

------------------------------------***


昨年の11月11日は、『A Whole New World』を歌って
新しい世界の扉を開けました。くぐりました。

そして今年、2007年の今日は、また新しい自分で
次なる世界の扉、スタートゲートを、開きます。くぐるのですー!


この日まで、熱を持たせて持たせて、じっくり煮込んできました。

いや、大したことではないです。ささやかなことです。

ただ、これから、自分にとって、生涯をかけて続けて行きたいって思える、
ライフワークと呼べるもの。それを今日、情熱を込めて、スタートさせたいのです。

生涯続ける、と言っても、形のないものです。
変化、進化、軌道修正、方向転換、なんでもありです。

ただ、根本的なスタンスは、一生変わらない。

だって、こんなことをしたくって、今まで生きてきた、って思えるから。

今日はまた、入魂の長文でつ。
どれだけの方が、最後まで読んでくれるのでしょーーかーー。

読んでくれたら、感謝100万倍です!


----------------------------------------------***
**Story~**


「偶然」っていう名の、「約束の時間」に、

「思いもよらなかった!」、「生まれる前から決めていた計画」が、

「突然」という名の、「自分の選択の結果」として、目の前で展開される。


たまたま持っていたモノたちがテーブルに並び、

たまたま考えていたことを話し出した。


それら全部が、今から明らかにされる、計画の全体像に必要な、

パズルのピースだった・・・とは思いもよらずに。


前で微笑む友人が、心地良いほどレゾナンスしているのがわかる。

飛び交う言葉が、チカチカと瞬き、『BINGO~!』とはしゃいでる。


何なんだろう。この歓びは。この躍動感は。

何なんだろう。この絶対的な安心感、信頼感は。。。



・・・・ってな感じで。ははは。

またまた小説のよーに、素敵に書いてしまいましたが(自画自賛)



これは、アメリカから帰ったある日、リアルフレンドであり、
My Soul sistreでもある、ゲデバンとのひとときの様子です。

いつものように、ファミレスで長時間に渡るおしゃべりの時間。

何気に、banbingが語りだした「夢」の話が、ゲデバンの魂に、意識の火花を散らしたのか、

その場で、このプロジェクトが芽を出し、発足しました。


時間にして、ほんの数分間のこと。


天からダウンロードされたプロジェクトの名前は


『千の雫プロジェクト』(千と千尋、千の風、、パクリではありません。天の声でつ!)




話しは遡るのですが、、、

アメリカに行く前、9月16日に、ゲデバンのお父さんは、六甲山で遭難しました。
テレビや新聞でも報道されていたので、ご存知の方もいるかも。

親族総出で、たくさんの友人たちも、(透視能力者のアッキーも)、
そして、まったく見ず知らずの有志の方々や、もちろん警察や捜索隊の方たち、、、
たくさんの心ある人たちに、力を貸していただいて、連日捜索が続きました。


その間、8日間! 

何の進展もないまま、日は過ぎてゆき、
警察の捜索もいつ打ち切られるか、と不安ばかりがつのる8日目!


お父さんは、疲労と飢えに耐え抜いて、9月24日、無事、奇跡の自力下山をしたのです。


ごく身近な友人に起きた、こんな大きな出来事は、
生きて還って来てくれたからこそ、今では笑い話、良い思い出になっていますが、
それはそれは、沢山の想いと気づきをくれ、魂の深いところまで
私たちを、強烈に、インスパイアしてくれたのでした。


遭難した、彼の名前は、光雄ちゃん。「光り」です。

「光り」を救い出すために、みんなが力を惜しみなく差し出した。

その想いが光雄ちゃんに届き、彼は、生死の狭間の暗闇の扉を、
生きる方に開き、こちらに還ってきたのです。


生きる理由があったから。まだまだ生きる必要があったから。


まるで、、、世界に、「光り」が、戻って来たかのようでつ。^^


ミツオちゃんが生還した日、これもまた、たまたま、
もうひとりのSoul brother@[in's]と会うことになりました。

[in's]は、某プロダクション所属のシンガーです。(あ、すでにバレバレですね?)


話しは突然ぶっ飛びますが、

この時の話しの流れで、私たちは、オリジナルソングを作ることになったのです。

突然、思いがけず、そんなことに話しが展開したのです。

どちらにしても、ミツオちゃんの一件が、何か、新しいエネルギーの火花として
私たちの深いところまで、インスパイアしていたのは確かだと思うのです。


またまたぶっ飛びますが、
banbingは、子どもの頃から、歌手になることが夢だったの。
中学生の頃に、フォークソングと出会い、ギターを弾き始めて、

その頃から、22才ごろまで、ずっとアマチュアで活動していて、
作ったオリジナル曲も、たぶん、50曲以上、あったと思う。

昔は、レコードを出す、なんてことは、それを夢見たこともあったけど、
とんでもなく遠い話だったのです。

だも今は、パソコンを使って、自分で自主制作出来る時代。
また、インターネットの世界では、自分発のオリジナルのものを
いくらでも、世に出すことが出来るよね。

歌を作る話しが決まってから、想いは少女の頃に遡り、
CDを自主制作して、それお世に出したいっ!って思うようになりました。

(元来ぶっ飛ぶ性格)


話しは戻りますが、
そんなことも、ファミレスでゲデバンと話していたのです。

今年になって、私たちは、「自分の本当の望むは必ず叶う」という話しをよくしてて、

もうひとつ、banbingが、前の仕事をやめてから、次に何かやるなら
こんなことをしたい、っていう話しを始めました。

それは、
みんなが、自分が、魂の本質から歓びを感じられる仕事をして、
それが、生活の糧にもなって、
その上、みんなが楽しいことをして得た収入の、ほんの一部をどこかに寄付をして
この世界を、みんなが楽しく歓びを持って支えあえるような、、、

そんな仕事をやりたい、って思っているんですね。

「みんな」っていうのは、きっと自分と同じような想いを持って、
一緒に、そんな夢を叶えるような、「ソウル・チーム」のような人たちが
きっと、世界のあちこちにいて、その「みんな」が、いずれ、引き寄せられるように集結して
一緒にスタートするんだ、、、って、そういつの日からか思っているわけです。
そんな「約束の時」を待ちながら、今それぞれの場所で、自分の本当の望みを掘り起こしながら
気づきや体験を、繰り返しているんだろうな、って。


ところで、、、

1995年の、大震災の時に、心にずっと刻まれたままの小さな記憶があります。

あの時の地震は、私の住む大阪でも、震度5とかでかなり揺れました。
でも、炊飯器が落ちて壊れたくらいで、被害はありませんでした。

私も、救援物資を届けたり、ボランティアに参加したりしました。

もちろん、寄付もしました。

その時、テレビで誰かが、言ってたんですよね、

「この地域に住んでいて、まったく被害がなかった人は、
 自分の資産総額の、1割を寄付として差し出せばいい。
 それで、被災した人たちは皆救われるんだ。」と。

そして、

「そもそも、全世界の資産のある人たちが、
 その総資産の、ほんの一割を差し出せば、世界の貧困は無くなるんだ!」と

誰か忘れたんだけど、とても熱く語ってたのです。

それのビジョンが、ずっと、頭の、心の隅にあったのですねー。


確かに、震災ですべてをなくした人のことを思うと、
何の被害もなかった人の、総資産のほんの1割、なんて、なんてこともない。
そうだ。むしろ絶対そうするべきだ。と思えたんです。

それで、我が家の総資産額なんてわからないけど、
その時の出来るだけの額を、寄付しました。
新聞の記事で、両親を震災で失くし、途方に暮れていた子どもたちのために。

ちょうど新年で、息子たちもたくさんお年玉をもらってて、
彼らにも話しをして、その中から一部を寄付することに。

出来れば、毎月、少しでも続けたかったのに、
だけど、たとえ収入の1割といっても、これが結構キツイ。
ちょうど、不況の波が押し寄せてきていた時で、結局数ヶ月で挫折しました。

いえ、「寄付」は、もともと、思いついた時に、ちょこちょことはしています。

上の息子が生まれてからずっと、フォスターペアレンツにもなってました。
ホンジュラスに住む長男と同じ年の男の子に毎月送っていました。
月々わずかな額だけれど、それで学校に通ったり、家族の生活の支えになったり出来たのです。

それでも、そのわずかな額が、しんどい時もあったんだよね。

だけど、なんとか18年間続けられて、彼から高校を卒業した報告をもらった時、
もう、本当にめちゃめちゃ嬉しかった。
わが息子より、数倍学校の成績も良くて、親孝行で、とっても男前に育ってました。

続けてよかった~~と思いました。

だから、その後も、他のフォスターチャイルドをサポートしたい気持はあったのだけど
それもまた、現状を考えて挫折。。。


いつかきっと、余裕を持って、毎月ささやかでも
志しを世界に差し出せるような人になりたい。
出来ればそんな仕事がしたい、ってずっと思っていたのです。


人々の、ささやかな志しは、世界を救うほどのパワーがあるんだ、と。



そんな話をゲデバンとしながら、
たまたま、病気で入院している共通の友人のために
千羽鶴を折ってたんですね。

ふと、ゲデバンが、

「千羽鶴みたいやなぁ~~。」
「ひとりで折るのは大変やけど、千人で折れば一瞬や!」って。


そしてまた、たまたま、私がアメリカのおみやげに買ってきた、
クリスタルの、雫型のペンダントを胸にしていて、

「雫みたいでもあるな~。波紋や。波紋。」
「誰かが落とした、1滴の雫は、必ず波紋となって広がる。。。」

・・・・・

本当に、まるでその場に、すべて用意されていたかのように、


『千の雫プロジェクト!!!』という名前が天からダウンロードされた瞬間でつ。^^


ゲデバンにも夢があり、また、この年まで、ミツオちゃんのことを含め
色々なツライ出来事も続いていたりしてて、考えるところが多かったのです。


「一緒にやる?」「うん!」


あっという間に、話しは決まりましたのです~。



で、サロンのような、拠点を作りたい、っていう考えもずっとあったんだけど。

それは、改装中の自宅がなかなか完成せず、なんだけど、とにかく、決意は一瞬。

変化は微細に、これが自分の軌道なら、きっとこのまま順調に行く!と信じて、

また、今年の流れとして、今というこの瞬間に漕ぎ出すのがベストと思えたし、

いえ、今を逃すと、きっとまた、夢物語で終わってしまう、今こそ行こう!と。

そう決めましたのです。



それでですね。

これは、なんというか、呼びかけとか、募集とか、、、そんなものではないんです。

ただ、私たちは、自分の望みを行動に移す、という、ささやかな1滴を、

今日ここに、落とすだけ。なのでつね。ぽとりと。


それが、今日のこの日記です。




はーーー
長くなりましたね。


それで、今何をやってるかというと、

千の雫プロジェクトグッズとして、雫型のペンダントを、「藍い宇宙」で考案中。

ゲデバンは、木工と環境保護の融合を考えていて、
キーホルダーのようにコンパクトに持ち歩ける、折りたたみ式の
「マイ箸&箸箱」を考案中。そして、千の雫のロゴデザインも考え中。


そして、banbing&in'sのオリジナルソングを製作中。

いは、歌詞はアメリカから帰ってからすぐ、まるで天の声のように
タイトルが「降りて」きて、歌詞は出来ていたのです。

曲は、[in's]が作ってくれて、おととい、ついに完成しましたー!

しかし、これがまた、あまりに洗練された素敵なサウンドでありますので、
フォークでゴスペルぺーぺーな私には、超~むじゅかしーー。

しかし、これから必ず、すっばらしいものに仕上げます!!!お楽しみにしてくれ~~!



こっから先は、予測不能。在るがまま、成るがまま、ただ歓びに向かって
進んでいきたいと思ってます。


そうそう。

この物語には、もっともっと根源的な、私のチャレンジが隠されておるのです。

それは、今年1年、深く深く自分の内側に潜って見つけた、小さな自分の「傷」や「トラウマ」

たぶん、過去生から持ち越しているのであろう、その最もネガティブな想いは、

「孤独感」とか「誰にも愛されていない症候群」みたいなものです。


いや、実際私は、素敵な仲間がたくさんいるし、
たくさんの人を愛しているし、愛されているのです。

でも、実は、そう思っていた、ってことに、気づいたわけですね。

奥深いところでずっとネガティブなそんな想いにガッチリ蓋をして、
小さな私は、解放される時を、待っていたのです。


どんなに楽しい時でも、どんなに素敵な家族や仲間がいても、
いつもいつも、どこか満たされない孤独感。。。

これは、もしかしたら、私だけでなく、たくさんの人たちの集合意識。

いつも、何かを求め、何かを望み、それがもしかしたら「まぼろし」であっても、

外へ外へ求めてやまない、焦燥感、欠乏感、あるいは、無力感・・・

思い当たるところ、ありますか~~?


もしかしたらそれは、太古の時代、レムリア、ムー、アトランティスなんかが
海に沈んだ時、崩壊した時、、、、

その時の傷やトラウマが、元の元に、あるのかも知れない、とか想ったりしています。


今、長い長い遥かな時を越えて、アセンションの時代を迎え、
すべての人が、それぞれの、根源的な傷を癒し、内なるパワーと光りを掘り起こす時。

もう、百万回、日記やブログで言ってきました。こんなワタクシも。。。


だから、今こそ行くのでありますーーーーー。
今こそ、すべての傷を癒し、赦す、時が来た、と決めるのですーー。

(そんな想いを、オリジナルソングに、込めました~。)



思い起こせば昨年の11月11日。

言音ちゃんの結婚式で私は、これまた[in's]と一緒に

『A Whole New World』を歌いました。たまたまです。花嫁のリクエストだったから。

この曲も私にはとても難しく、それはもう、百万回、練習のため歌いまくりましたー!


それから今年、本格的にゴスペルを始めた私は、この1年、

『Amazing Grace』を、あちこちで歌いまくりました。

姫路すぴこんで、初めて、フォークじゃなく結婚パーティーでもなく、ピンで歌いました。

出雲で、アマウベ邸で、ゴスペルコンサートで、シャスタで、バークレーで、、、

もう、世界を股にかけて(爆)、歌いまくりました。

Amazing Graceは、「赦しの歌」だそうです・・・。



新しい世界の扉を開けて、根源的な、解放と赦しをした1年。

かーーなーーりーー、大変でございました。

お世話になった方、迷惑かけた方、みんなみんな、ありがとうううう!!

こんな、自己中で、変わり者で、オトナになれなくて、おバカまるだしのワタシを
ずっと支えてくれたのは、身近な人から、遠くに住む人まで、
たくさんのたくさんの、ソウルチームの皆たまでした。

感謝100万倍でございます。。。


これから私は、孤独を解放し、ネガティブだった自分を赦し、
大事な仲間たちを心から信頼してゆけるように、

新しく生まれ変わった自分自身を、在るがまま、そのままに
大切に、ただ育んでゆきたいのです。



それが、私の、本質的な、『隠れチャレンジ』であります。


そして、今日、2007年の11月11日。また新しい扉を開くと決めるわけです。


ここまで通ってきた、「本当の自分へ還る道」は一区切り。次へ向かう時です。

これからも、色んなことがあるでしょう。コケたり壊れたりもあるでしょう。

でも、ただただ、すべてを歓びに変えるために、この道を行くだけでございます。


戻れない、私の、ささやかな、道ですから。


あーーーーー、まったく、ささやかです。

なのに、こんな長い文を、最後まで読んでくださった方、ありがとう!


あなたもきっと、自分自身の扉を、勇気を持って、開けることが出来ますように!


突然終わります。


-------------------------***

☆ゲデバンが、ミツオちゃんの遭難事故の時の体験を書いています。
2日連続の感動物語。ぜひぜひ読んでみてね!

『奇跡の人』
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=617800806&owner_id=10593488


☆まだ準備中で入れませんが、そのうち公開いたします。

『千の雫プロジェクトコミュニティ』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2789111

☆もう何でも公開してしまいましょう。※全文リンクは外しましたー
 まだ未完成の、私たちの曲、歌詞をここに載せてます。
 完成をお楽しみに。(楽しみにしてくれー!)


『Hug Song』 

堅く閉じた 扉を開けるよ 君を救い出すため
孤独な君 苦しむ君 releaseしてあげよう

遥かな時間 頑張ってきたね たどり着くために
その痛みを その傷を 今 溶かすよ Full of love 

I love you
deeper than the mother earth
I hug you 
stronger than the father universe
I stand by you and I heal you
I will do anything to make your heart warmed
Let's join hands and go to the new world
So that we may become one...


------------------------------------------------***

さぁ~~~この、入魂の長文を、mixi日記とblogで、同時に
11月11日11時11分に、UP出来るのか~~~。

それがまずはチャレンジだーーー!


最後まで読んでくれてありがとう!

別窓 | 千の雫PJ
『調和と安定がハートを開く』
2007-11-08 Thu 14:23
suncacher


明日は新月ですねーーー。

何を祈りますか?

私は、ただ、自分やチームを信頼して、歓びの中に居たいです。

新しいクリエイションに向けて、しなやかな強さで
しっかりコミットメントしたいと思います。

思いのまま、歓びの方向に、進んでゆけますように。


さて、2007年の11月12月は、本当に重要な月。

ここまで、それぞれのテーマで頑張ってきましたねーーー。

最後のひと踏ん張り。

ここを抜ければ、あとはスタートゲートをくぐり、
思いのまま、歓びを選択し続けることが楽になってくるはず。

2008年は超楽しみな年になりますね!


さて~。
ここんところのメッセージは、
すぐへなちょこになっちゃいそうな心に、元気をくれます。

ハートを開くエネルギーには、サインがあって
「愛」というタグが付いているそうです。(^-^) 素敵だねー。


頭で考えるより、ハートで感じるまま、、、。それが一番!


今日も、読んでほしいものがあるので、前置きはこれくらいに。。。


少しだけ抜粋して、あとリンクします。


『昨年の「11:11」は、自分の魂の任務あるいは経路を理解
するための入口を開きました。そのエネルギーは多くの変化を
もたらし、魂のエネルギーへと深く向かうことを許しました。
今年の『11:11』のドアウェイは調和と安定のために開き
ます。また、古代から現在に至るまでの自分の“部分”を調和
させるための“引き金”あるいは“促進剤”となります。

『ご存知のとおり時間は直線ではなく円を描いて進みます。今、
私たちは皆、地球のエネルギーの激しさを感じていますね。
私たちはそれぞれに自分のアセンションプロセスの一部である
“コード”を持っています。そして、私たちの現在と過去は、
時間の環を一緒に廻っています。
多くの人たちが今、自分の感情の深さ~日常の単純なできごと
への自分のリアクション~その感情の深さに驚いているのでは
ないでしょうか。それは、日常の表面化でまさに進行している
~不安や確信のなさを表す感情だったと思います。私たちは、
まるで鋭い刃の先端で生きているように感じています。』


『11月の間、調和と安定のエネルギーに対し、自分のハートを
開ける機会が私たちにもたらされます。このエネルギーは、私
たちが自分自身を…そして集合意識を育てるように、ハートを
完全に開けさせます。このエネルギーは、私たちの日々の考え
がお互いへと…愛する地球へと…向かうよう影響を及ぼします。
『11:11』は、すべてのライトワーカー/スターシードの
ハートにゆっくりと兄弟愛・同士愛が発芽するための安定した
時間とみなしてください。』



『11:11』安定化,調和化ほか

*mixi Arrived energy on earth 新着トピからどうぞ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1730147


*転載ページはこちらです
http://www.occn.zaq.ne.jp/aoisora/ArrivedEnergyOnEarth.html


*ついでに、ウェブショップ更新しました。
クリスマス・ブレス、素敵だよ。いかがですか~?
サンキャッチャーも作りかけ。デザインが確立されねぇ~~~。
たまに覗いてみてくださいね。
http://aoisora.cart.fc2.com/

今日も、歓びに溢れた一日を!
別窓 | 日記
『小さな意識の火花・・・』
2007-11-05 Mon 20:20
hikariao



それは、

何気ない日常の中で、ふっ..と、まっ白に、想念が静まるような瞬間。

或いは、
行き詰まり、糸がぐちゃぐちゃに絡まってしまったような感覚になって
「あーーーー、もうやめた!」と、放り投げたその瞬間、、。

でも、もしかしたら、
普通に、今、意識のスミにあるもので、それを知っていて
ただ、特に意味もなく、見て見ぬ振りをしているだけの、何か、かも知れない。

それは、定義できるものではなくって、
その人その人の、普段の在り方とか、過ごし方とかによって
必ずしも、ことばで限定できるものではないんだろうけれど、、

目に見えるこの3次元で、直線的な時間軸、休むことなく続く思考、、

そんなごく普通の日常の中に、思いがけず飛び込んでくるような、、、

そんな、『小さな意識の火花』のようなもの、、


それって、時に、、、

今まで生きてきた人生での体験によって出来た、信念体系や、常識、、、
それらによって、無意識に自分に課してしまっている制限、枠、、、

そんな、「これが自分だ」という、思い込みの「幻想」を、

突然、いとも簡単に、壊してくれたりする。

俗に言う、ブレイク・スルーとか言うやつです。

「波動の共鳴」とか、「シンクロニシティ」とか、、、

そんな体験とも重なると思う。

とにかく、何気ない日常の中ででも、
そんな、五感を越えた何かで、動かされたり、変化したり、、ってこと、よくある。

私たちはみんな、知らない振りしてても、実は、よく知ってる。よね。


それは、いわゆる、妄想とは違って、事実だって、ことも。ねー。


・・・・


いきなり何を言ってるか、、、(笑)っていうとですねーーー。

今日、久しぶりに、クリムゾンサークルのシャウドを読んだんですよ。

先月、2007年9月18日、クリムゾンで言うところの、「クォンタム・リープ」の日。


人々の意識が、量子的に飛躍する、、という日。


私の日記でも、何度か紹介してきましたけど。

アメリカでは、3日間に渡り、クォンタムリープをお祝い?する
セレブレーションが開かれていました。

最後の日、banbingらぶらぶ@聖ジャメーインのチャネリングがあって
その和訳が、今朝、サイトに掲載されてたの。


9月18日、その日に、特別な何かが起きたわけじゃない。
でも、そして、その日に、特別な何かが、やっぱり、起きたのれすね。

(意味ふめーーーー)


上に、長々と書いたような、、「小さな意識の火花」のようなもの。

クリムゾンで言うところの、「新しいエネルギー」の火花が、
何気に、この宇宙のどこかで、あなたのすぐそばで、
ピカっ、チカって、光った、ようなのですーー。


いやーー、そんなこた~ね、どっちでもいいですよ。真相なんて。マジ。


ただ、私個人は、、確かに、その日あたり、
チカッチカっっと、、、あちこちで、火花が散ってたかも~~って
思うからです。


自分が好んで読んでいるもの(波動が合うから読むわけですね)に
いつも意識が合っていると、体験はシンクロしてくるんだよね。

気づいても気づかなくても、そういうことって、起きてるから。


さて、そんな「新しい意識の火花」は、
研究者、医者、ミュージシャン、アーティスト、ヒーラー、、、、
たくさんの分野の人たちの、意識の中で、散りました。


新しいエネルギー資源に関するヒントだったり、

エイズや癌の治療法のヒントだったり、、、

新しいヒーリング法であったり、、、


聖ジャメーインは、言います。

この日まで、ずっとずっと、遥かな過去生からも通して、

体験し、植えつけてきた、古いエネルギーを、すべて手放すように。


苦しみや葛藤という、ドラマ、自分を限定している、幻の枠、
ありもしない恐怖、、、

すべてが今ここにある、という、壮大な自分自身をないがしろにして
外へ外へと求めてしまう、「足りない人生」、、、


あなたに足りないのは、内側にある、あなたの「神聖」。それだけだと。


「あなたではないもの」を、すべて手放して、

あなた自身へと、最も神聖である、真我へと、還るように、と。

神聖なる、「私」でありなさい。と。


・・・・

少しだけ抜粋して、あとはリンクしますね。


『新しいエネルギーがやって来る』

世界中で、まさにこの瞬間、小さな意識の火花が、
あたかも小さな天使のように、流れて行き、
これらの課題や、問題のいくつかに、取り組んでいる人々のもとへ、流れて行きます。
彼らの意識の中へ、流れて行くものは、たった数日前には、そこにあることが見えず、
しかし今、その存在を知らしめている、可能性の泡です。

新しいエネルギーの種、新しい意識の種が、植えられました。
あなたがたは、このことの証明を、これからの数日や、数週間や、数年の内に、見ることになるでしょう。』

『「私」が世界を変える』

あなたが、新しいエネルギーの中で、今することができる、最も偉大なことは、「私」です。
あなた自身、あなたの純粋な神我を、たった今、意識の存在性の中に、置いてください。
それが、それこそが、世界を変えます。
それが、他の誰か、あるいは、もしかしてあなたが、新しいエネルギーの資源を創り出すのを、助けます。
それが、医師が癌の治療法を発見するのを、助けます。

それが、自分自身のために、癒されることを選ぶ人々に、ヒーリングを生み出す新しいエネルギーを、歌の中に織り込む方法を、ミュージシャンが理解するのを、助けます。

それが、私たちが、地球上の、古いエネルギーの悪魔、と呼ぶようなものの、いくつかが 集合意識の悪魔が捕らわれている罠から、解放されるのを、助けます。それは、たった今、あなたの、「私」の自己の中にいることです。』



聖ジャメーインの、男前な上に、持ち前のインテリジェンスが邪魔をして
文が、美しいまでに難しく、長いのです。

怪しい言葉の数々は、すっ飛ばして、波動で読めば良いかもです。

何か、ビビビと、この波動が、あなたに響いたならば、ぜひどーぞ。

きっと、あなたの内側にある何かと、同じものを、見つけられるかもです。


クリムゾンサークルジャパンサイト
http://crimsoncircle.jp/Quantum_Leap/Quantum_Leap_A.html


※ちなみに、banbingが先日行った、Mt.シャスタは
聖ジャーメインの本拠地?です。
私としては、もう、符合がバッチリと合う感じ♪
別窓 | 日記
『Gospel☆クリスマスコンサートのお知らせ』
2007-11-04 Sun 21:33
xmastree


20071208


↑banbingを探せ!見つけた人ご一報ください。(嘘ですよっ)



毎日、穏やかなお天気が続いてますねーー。
私も、2007年度の、心の大掃除をほぼ終えて、「は~♪スッキリ・・」状態ですぅ~。

今年ももうすぐ、11:11のスタートゲートが開きますね。
みんなは、どんな新しいことを始めるのでしょうか。

banbingは、今とってもワクワクドキドキしていますっっーー。

新しい始まり、めちゃんこ楽しみーー!


さて~~~~

とかなんとか言うているあいだに、あっというまにーー!!

クリスマスですよ~~~♪♪♪

今日は、banbingが所属している、ゴスペルクワイヤ、
なにわブラック・ペッパーズの、クリスマスコンサートの告知です。

めちゃめちゃカッコイイ~♪ので、お近くの方、ぜひぜひお越しください!

banbingも、毎日(うっ・・・)練習に励んでます。
歌っていれば、何時間つっ立ってても平気なんだからスゴイ。超Happyです!


このコンサートは、
「社会福祉法人 大阪知的障害者育成会」というところがが後援してくださっていて
普段、なかなか音楽コンサートなどに、行きたくても行くことが難しいっていう方たちを
ご招待させていただくことになっていまーす。(介護の方も)

たとえば、
私にも、自閉症の子どもさんを持つお友達がいますけれど、
大きな声をあげたり、じっとしていられなかったりするので、
なかなか音楽のコンサートなんて行けないよ~~と言ってます。

そういう方たち、
全然、オッケーです!! 私たち、割と一緒になって叫んだりしてます。

ぜひ、一緒に大騒ぎで、神さまを賛美しましょう~~!!

この機会に、ぜひゴスペルに親しんでいただけると嬉しいです!

特に今回は、第2部で、クリスマスページェント(劇みたいな)のがあります。

子どもさんと一緒に楽しめると思いますよ~~!


※ご招待チケット希望の方は、11月10日までにbanbingまでメッセージくださーい。

※一般の方も、何枚かチケットありますのでメッセージくださいね~!
 前売り2000円です!郵送させていただきます。

コメントでも、サイト『藍い宇宙(アオイソラ)』のお問い合わせからでもOK!

*---*---*--- 以下詳細 *---*---*---


『第26回なにわブラック・ペッパーズ定期公演』


 2007年12月08日(土)開場18:00 開演18:30
 クレオ大阪中央(谷町線 四天王寺夕陽丘)
 前売り¥2,000 当日¥2,500 中学生以下¥1,000(前売り・当日とも) 幼児無料
 出演 なにわブラック・ペッパーズ Eternal Voices NBP Men's Choir
ほか、シスタークワイヤたち

Sasapong(Pf.Key) 山本 憲之(B) Larry Marshall(Dr)


 第1部 なにわブラック・ペッパーズによるゴスペルコンサート
 第2部 シスター・クワイヤとともに、クシスマスページェント

 詳細 http://www.naniwablackpeppers.com/

-------------------------------------------------***

その前にこんなイベントもあります。banbingも出ますよー。
こちらは、下記ホームページからお問い合わせください。

『JOY OF GOSPEL 2007』
 2007年11月25日 (日)
 門真市民文化会館 ルミエールホール(小ホール)
 開演 14:00/17:00
 詳細 http://www.kadomafc.net/event/event_191125.html
-------------------------------------***

よろしくお願いしますーーー!!!


明日からまた新しい一週間ですね!
みなたま、毎日元気で生きててくださりませーーー! Love&hug!
別窓 | ゴスペルライブお知らせ
『11月*愛と笑いと歓びを。』
2007-11-02 Fri 20:43
kannon



今日もまた、頭のビリビリ、めちゃスゴイですね~~。
だんだん、快感になってくるわ~~~。

それはさておき・・・

『哀しみも苦しみも歓びもぜ~んぶひっくるめて
 包んでしまうことができるのは愛以外に無いですよね!』

昨日のコメント欄に書いてくれた、namikoちゃんのことばです。

ありがとー!名言でございます。そうですよね~、まさに。



本物の愛って、

「どってことない~~~」みたいな、大きさがあるんですね。


何食べても平気な、雑食タヌキさんのお腹のような(どんなんや)

どんとこい、ぽん! みたいな、キャパの広さがあるのです。



昨日の、「胸いっぱいに広がってた重い煙」は、

ぽん♪と、魔法のように、愛に変身して、

ハートの中で、ばぉ~ん・・・と、お昼寝でも始めたみたいです。。



人は、自分を写す、真実の鏡。

自分が見ているものが、そのまま、自分の姿ですね。


人を疑っていれば、自分で自分を疑っている証拠。

人を信じているなら、自分のことも信じてるってこと。

人の愛をそのまま、受け入れることが出来るのなら、

自分が望んでいた愛は、そこにちゃんと 在る。


もともと全部、今ここに在る。そう信じさえすれば

世界は自分が信じたとおり、そこに、あるのですねー。


求め過ぎていると、決して見えない。見つからない。

求めているものは、幻想だから。

今そこにある愛は、求めたものと違っていても、本物だから。ね。


人に、本物の愛を見ることが出来れば、

自分も、本物の愛を持つことが出来るのですね。


どんなご立派な能書きも、チャネリング情報も決して叶わない、

ただ、本当の心の内を共有する。本当の「チーム」なら。


それが愛でございますね。


高い次元で、どんなネガもエゴも、ジャッジの余地もないほど、


「どってことない~~♪」みたいな、大きな愛でいましょう~~




何故なら、、、11月だからです! 何度も言いますが~。


もぉ~~ね。
情報にフォーカスし出すと、シンクロしてくるんですね。
最初は、なんか理由わからず、「そうなのか~~」とか思いながら
読んでるだけなんだけど、
だんだん、自分の状況がシンクロし出すんです。

だから、自分の波動にフィットするような、愛に溢れたメッセージを
選んで読むといいですよね。居心地いいかどうか、、


最近、なんか、シンクロを越えて、先走ってる感じです。
情報があとから追っかけてきてるみたい。。。

「も~~先に言うてよ~~」ってのも、たまにあるけど、

「あーー、よかったーーー」ってのもあるし、

ま、現状確認、前方確認、みたいな感じですね。


今回のセリアの文章、バッチリでした。よかったです。

ワクワクして、歓びが胸いっぱいに広がるし、
頭ビリビリと反応します。エキサイティングです。

1111のゲートが開く時までにしっかりと愛と光りに整列してください。


皆たま。準備はいいですか??


*2007年の大きな変化
 創造のプロセスの光りと喜びへと目覚めなさい
*11月のエネルギー

mixiコミュ 新着トピックからどうぞ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1730147

転載ページはこちらです
http://www.occn.zaq.ne.jp/aoisora/ArrivedEnergyOnEarth.html


はい。11月も元気でそのまんま、生きててください!!
別窓 | 日記
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。