tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
【HAPPYにはHAPPY】を
2005-11-25 Fri 23:31
自然はレゾナンスする

ずいぶん前に読んだ【ミュータントメッセージ】を
ふと思い出しています。

オーストラリアの先住民、アボリジニと一緒に
思いがけず生活をともにした、マルロ・モーガンの体験です。

「必要なものはちゃんと向こうからやってくる」とばかり
アボリジニは、自然の時間とともに生きている。

ある時、何日も何日も水を求めて歩き続け
どうしても水に会えない。死にそうになった時、
アボリジニの長老(だったっけ?)はマルロに言った。

「水がほしければ水になれ」と。

最初はその意味がよくわからなかったが
瞑想をする時、自分は水になろうと身を任せる
しばらくして、自分の中で何かが起こり、
そしてその瞬間、自分は水になった、と。

そうすると、どこからか水の音が聞こえてきた。
水を見つけたのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずいぶん前に読んだ本だから、内容はうる覚えだけれど、
とにかくそれ以来、機会あるごとに思い出します。

愛がほしければ、自分が愛になれ
優しくしてほしければ、自分が優しい人になれ

師がほしければ、自分が師になれ

HAPPYになりたかったら、まずHAPPYであれ・・・・

欲しいものは外にあるのではなく
自分の内側に「見つける」のだ、ってことかな。

ないものを欲しいと思うのが普通のように思うけれど、
不思議なもので、自然界にはレゾナンス(共鳴)の法則がある。

ラジオを周波数のようなものだ。
同じ波動は共鳴する。
聞きたい番組にチューニングすれば、必ず聞ける。
聞きたい番組があっても、チューニングを合わせなければ
決して聞こえてくることはない。

自分が差し出せば、同じものが寄ってくるのだ。

だから、文句を言えば文句いっぱい抱えた人が喜んで近づいてくる。
ひがみやねたみ、そういうものを持っていると、
同じようにひがみっぽい人が寄ってくる。類は友を呼ぶのだなぁ。


今、とてもHAPPYだ。
今までだってずっとHAPPYだたかも知れないけど、
言い訳や罪悪感、恐れ、、、
HAPPY(光)であることに対する【影】が付きまとっていた。

今はそれらをなるべく越えていこうと心がけている。
すると、だんだん純粋なHAPPYが寄ってくるの。
なんと言うか、とてもピュアなHAPPYだ。

HAPPYがほしければ、まずHAPPYであれ。

形から初めてもいいんじゃないかな。
HAPPYな振りをするとか、、、^^;

似たような波動も寄ってくるもんね。

HAPPYHAPPY!

超~~~眠い。



スポンサーサイト
別窓 | 想うこと
【つれづれに・・・】
2005-11-20 Sun 23:05
green【つれづれに・・・」

豊かさの具現化?

先日この件について、しっかり書いたんだけど、
翌朝自分で読んでみて、なんか良い感じがしなかったので削除しました。

でも、少しだけ報告しておきます。
だけど、もしこのブログを読んでいる私の知り合いは、
絶対誰かに口外したりはしないでね!よろぴく。

夫が、昨年亡くなった義父の土地を相続しました。
以前から相続することはわかっていましたが、
何も無い土地の予定だったのです。

でも、結局どういうわけか、古い文化住宅の付いた
100坪足らずの土地を、毎月の文化住宅の賃料も一緒に
相続したのです。

何故そうなったかはわからない。
でも、近々毎月権利収入が入ってくることになります。
私にではなく、夫にだけど・・・

収入が入ってくるということが言いたいのではなくて
ものすごくインパクトのある話しだなと思って書きました。

これは、増田さんチャネリングの
Friggのサポートのおかげ?
光虔さんの、豊かさのワークで財布に塗った、
勇敢マダムな匂いのおかげ?
酒井さんの大黒天ワークのおかげ?
ぷちトマトさんのアバンダンティア伝授のおかげ?

それとも、自分が、ライトワークとして、
豊かさを追求することに腹を決めたおかげ?

色々欲張ってやりすぎたから
どなたのおかげか、わからないわ。
そして、きっとみなさんおかげ!

どちらにしても、予想外のことでした。

もしかして、すごい?
この日記の意味を考えると、これが一番Hitかも・・・

ただし、実感なし。



友人の死

話しは変わって、、これも数日前のこと。
古い友人が亡くなりました。55歳でした。
元気で明るくてお人よしで、たくさんの人に愛された人でした。
何故彼女が???と誰もが言いました。

そのひと月前、別の友人も白血病で亡くなってます。
こちらは男性ですが、彼もまた誰からも愛された人です。
仕事も順調で、まだまだこれから、って時でした。

悲しいよ。それはとても悲しかった。
まだまだこれから、いっぱい花を咲かせられたのに。
かわいそうでならなかった。

でも。彼らは逝くことにしてしまった。
それはしかたがないことだと思う。

【死】にうとい、というか、人の死に対して感情が希薄なんです。私。
だって、亡くなった人のことを、今思い起こしても、
生きていた時とまったく同じように思い浮かべることが出来る。
生きていても亡くなっていても、その光景は変わらない。

だから、長く会っていない生きている人となんら変わらないな、って
いつも思うんです。

彼女のお葬式をきっかけに、たくさんの昔の仲間とあった。
嬉しくて楽しかった。
合わせてくれて、ありがとう。天国でも活躍してね!


別窓 | 想うこと
26/8の「魂の目的」について
2005-11-09 Wed 00:22
ちょっと息抜きです。

なんか、突っ走ったこの数週間。
昨日は思いがけず、カラオケに行きました。

インディゴは音楽がないと生きられないそうですが、
子どもの頃は、シンガーになることだけが自分の夢だったんだよね~。
もち、今もその夢は隠し持っているの。

いつか、自分のスペースを持てたら、好き勝手にライブをやろうと思う。
むはは。

ま、思いがけない昨日の絶唱は、きっと神さまの強制的な息抜きやね。

とにかく、今は「信じて待て」のようです。

なので、今日は日記更新。


前回ちょっと触れた、ダン・ミルマン著の
【魂の目的・ソウルナビゲーション】のこと、ちょっと書きます。
ダン・ミルマンは、「やすらぎの戦士」シリーズを書いた人で、
このシリーズの本は、私大好きでした。

だからこの本買ったんだけど、
普段この手の占い(じゃないけど)って特に信じるでも気にするでもなく、
良かったら嬉しいし、良くなくても気にしないし、遊び感覚なんですけど、
こんなに今自分が自覚しているテーマと沿っていると、ほんとうなってしまいます。

私の誕生数は、26/8で、ダン・ミルマンと同じ。
ちょと抜粋して書き出してみます。

【人生の目的】

26/8の人の人生の目的は、完全主義、財産、力、名声に関する課題を克服し、
自分の豊かさを理想に従って人々に分け与え、世の中に奉仕することです。
しかし、運命の道には挑戦がつきものです。
26/8の内面では、8の財産、力、地位に対する欲求と恐れがせめぎあい、
6の理想主義が、人生の目的である世俗的な権力の達成を妨げます。

しかし、勇気を持って立ち上がり、自分を主張すれば、家族や身近な社会の中で
あるいは、世界を舞台に、地位と名声を獲得するでしょう。

・・・・・

ここからずっと、8という数字が持つ、財産、地位、名声という特質と、
6が持つ、理想、受容、純真さ、など、相反する特質のせめぎあいについて
書かれています。

もう、まさに、この日記に書いてきたようなこと、そのままです。

この葛藤のために、成熟まで時間がかかるのだそうです。
ここから抜け出した時、家族を養うための苦労や、事業を成功させるための
辛苦を通して、人生への責任に目覚めてゆく、と。
未熟なうちは、激しい仕事や名声を避け、「食べていけるだけの仕事」しかしようとしません。

6と8のい影響で、自分の人生を支配したいと思う一方で、
他の人から見て正しくありたい、と願います。

・・・・

26/8がプラスに作用すると、
高い基準と理想に従って、世の中に奉仕し、楽しみながら多くの収入を得ます。
人間関係や仕事、人生にバランスの取れたエネルギーを発揮します。

あふれるような豊かさを感じ、自分を主張するべき時と、譲るべき時を
きちんとわきまえています。

公正さと高潔さを失わず、富と地位と影響力を、
慈善事業などを通して世の中を向上するために使います。

・・・

マイナス面もまた、あたってるところがある。

どちらにしても、本来持っている、【8】と【6】のせめぎあいの人生だったと思う。

良いところまでいっても、そこで「今日はこれくらいにしといたろ」と嘯いて
すたこら逃げてしまう、必ず逃げ込むための場所を用意してから行動する、
という癖も、この、せめぎあいによるもものだ、って自分でもわかってきた。

6は、純粋え融通が利かない。理想主義で完全主義。

豊かさへの抵抗も、6の数字の影響だ。

富や名声に対する恐れが強いのだと思う。

つまり、私は「富」を求め、「富」を避けていた。
両方から引っ張りあいっこ、だ。

これからはなるべく、避けるのを辞めようと思う。。受け入れよう。

自分が富を持つことを、自分に許すのだ。

しんどくなりました。
おやすみ。
別窓 | 想うこと
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。