tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
【次元が低い!】
2005-07-31 Sun 21:13
M氏のセッションがありました。
3回目?ん?4回目か。

もう、日にちとか時間とか感覚が鈍くていけません。

この日のセッションはなんと退屈でおもしろくなくて
もう途中から眠くなったりダルくなったり。。。

何もM氏のせいではありません。

だらだらだらだらと、話が続きます。
私の言うことにM氏が返してくれるわけだけど、
チャネリングなんて全然しません。

M氏は、時々黙って空間を見てじっとしてるけど
その後出てくる言葉は特にメッセージでもなく。

最後に、

「ま、あんまり次元の低いことで悩まないで。」

おーーーーーーーーーーーーーー。

【次元が低い!!】

この言葉だけで、オッケーでした。全て解決。
なんて、次元の低いところでもたもたしてるだろ、私。

ここは3次元じゃないか。
どうにも解決できないことばかりの3次元じゃないか。
次から次へとやることがあって、時間が限られていて
得意なこともあれば苦手なこともあって、
好きなこともあれば嫌いなこともあって、
うまくいくこともあればいかないこともあって、

しかたないやんか。ここは3次元なんやから。

どっかで折り合いつけて、生きていくしかないんやから
うだうだ言わんと、パッパと片付けて、
リチュアルのひとつでもして、せめてメンタル的には
高い次元でものを考えようよ。

って、まそういうことやね。

今は自分でこの3次元でもがくことを勝手に選択しているわけで
だから、それにぶつぶつ言わないで。

嫌なら抜け出せばいいんだけど、抜け出さないんだから。

そうです。
私はただ、【次元が低かった】

どっかで道を間違ったね。
以前はいつも、どっか高いところから自分を見てた。
「あれあれ」と、客観的に見れたし、
良いも悪いも、この3次元の私の特徴なんだと知っていた。

インディゴだろうとなかろうと、
アデプトだろうと無かろうと、

ここは3次元。
霞を食っては生きられないし、
夢を見ながら起きてはいられない。

次元をあげていこうっと。
スポンサーサイト
別窓 | 想うこと
【海辺のカフカ】
2005-07-26 Tue 21:54
お久しぶりです。

最近、テレビも映画も見る時間が惜しいもんだから、
小説を読むようになりました~。

いえもともと本は大好きなんですけどね。
ここんとこ、精神世界の本やエッセイが多くって
小説にのめり込むこともなかったな~~。

何気に本屋に平積みだった文庫「海辺のカフカ」を読んでます。
最初、「海辺のカフェ」と読み間違って(^^;)
なんかロマンティック~と思って買ったんだけど、
読み始めてだいぶたってから、「カフカ」だと気づいて、、、
ほんと、おばか。

この本ね~。なんか不思議におもしろいです。
村上春樹って、なんか本物の「物書き」ってカンジですよね。

まだ上巻を読み終える直前なんだけど、

ちょいと思わず「うんうん!」と思ったとこらへんを。

ナカタさんというおじいちゃん(この人を説明するのは難しい・・・)
が、たぶん、自分の片割れ?の田村カフカに会うために
ヒッチハイクしながら行くんだけど、その中で
ハギタさんというトラック運転手と出会います。

ハギタ「あんたちょっと変わってるな」
ナカタ「はい。時々そういわれることがあります。」
ハ「俺変わった人間って好きだよ。」
「こんな世の中で、普通の顔してまともに生きていけるような
 ヤツはかえって信用できないもんな。」
ナ「そんなもんでしょうか。」
ハ「そうだよ。それが俺の【意見】だ。」

ここから、【意見】についても愉快なやり取りが続く。
「ウナギが好き」というのも、立派な意見だ、、、云々。

それから、【関係性】についてのやり取りに移る。
ナカタさんは、「ウナギ」も好きだが「親子丼」も好き。
これも【関係性】だ。

ハ「そういう風に【関係性】がひとつひとつ集まると、そこに自然に
【意味】というものが生まれる。関係性がたくさん集まると、
その意味も深くなる。わかるかい?」

「ナカタは頭がわるいもので・・・」

「人がこうして生きている限り、まわりにある全てのものとの
あいだに、自然に意味が生まれるということだ。
一番大事なのは、それが自然かどうか?ってことだ。
頭がいいとか悪いとかは問題じゃない。
それを自分の目を使って見るか見ないか。それだけのことだよ。」

「俺には俺の考え方があるだけだ。
だからみんなによくうっとうしがられる。あいつはすぐに
ややこしいこと言い出すってさ。
自分の頭でものを考えようとすると、だいたい煙たがられる
ものなんだ。」

ここから、【つながり】について
資本家とかプロレタリアートとか、
関係性について話が「つながって」ゆく。可笑しい。

また、昨日まで猫と会話できたナカタさんが
急にできなくなったことを打ち明ける。

ハ「世界は日々変化してるんだよ。ナカタさん。」
毎日時間が来ると夜が明ける。でもそこにあるのは昨日と同じ
ナカタさんではない。わかるかい?」

「関係性も変化する。誰が資本家で誰がプロレタリアートか。
どっちが右でどっちが左か。情報革命。ストックオプション、
資産の流動性化、職能の再編成、多国籍企業、、、、
何が悪で何が善か。物事の境界がだんだん消滅してきているんだ。
あんたが猫の言葉がわからなくなったのはそのせいかも知れないな。」

・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか。
昨日読んだ時は、あまりにも面白くって、同感!なんて
思って、えんぴつで線まで引いたのに、、、
何がそんなにおもしろかったんだろう??ってカンジ。
「私も日々進化してるのね。昨日の私と違うのね。」
なんてね。

『意見を持っていること』これは私にとってごく普通のこと。
だけど、まわりを見渡してみると、そうじゃない人のほうが
圧倒的に多いのだ。それが時々むかついたりするんです。
「サイレント・マジョリティー」って人たちです。

意見を持たず、常に多数派についているひとたち。
全体がガチャっと正反対に動けば、見事に、何もなかったように
正反対の側にもともといたかのように、飛び移れる人たち。

彼らがつないでゆく【関係性】は?
自然のもの?本当の関係性?

不思議でたまらない。

意見を持たず生きている人がある意味うらやましい。
私ほどのしんどさは、彼らは絶対持たないもん。

意見がないから責任もない。

でも、生きてる限り、その人からあらゆる関係性が生まれる。
人間のほとんどが(たぶん90%)の人が、
自分の意見ではなく、人の意見で生きているとしたら、
そこから始まる関係性は「嘘」ばかりだ。

だから、私は人を心底信頼できないのか、、、、。

手がしびれてきた。

何故おもしろかったか、わかってもらえました???
別窓 | 想うこと
【落ち込み】から抜け出す方法?
2005-07-10 Sun 07:31
どんな時でも忘れずにいたいことがある。

明るい顔をしていること。

とことん落ち込むことが苦手なワタシは

だからこその「伸び悩み」があると思う。

だけど、

だからこその「安定した精神状態」なのだ

どっちが良いかは、本当にわからない。


昔、ある人がよく言ったなぁ・・・

「どうせ落ち込むなら、どん底まで行ってくださいね。
 中途半端で戻って来ても、また同じこと繰り返しますからね。
 どん底まで落ち込んでそこから這い上がって来たら、
 大歓迎しますよ!!(^^)V」

こんなに明るくがけっぷちから突き落とされるのだ。

ところが不思議なことに、この言葉を言われた途端、
それ以上の落ち込んではいかないのだ。
大体の人は、この言葉で落ち込みから抜け出してしまう。。

ちょっと考えたら、さほど落ち込むようなことでもないのだ。
「これくらいのこと」で、どん底までは行きたくない。

それで、元気になってしまうのだ。


「今日はちょっと落ち込んでます。」

なんて言葉、いつもどこかで聞くよね。
会社、友人、家族、、、、
毎日誰かが言っていることばです。

そんな時、上記のがけっぷちから突き落とすような言葉を
明るく投げかけてみよう。
いっぺんに元気になるかも。です。


ただし、相手は健康な人に限ります。
別窓 | 想うこと
ひさしぶりぶり
2005-07-07 Thu 23:24
超~~久しぶりです。

ここんところ、本当に忙しい。
ま、忙しいのは性格だから
(ちなみに、お金が無いのも時間がないのも性格^^)
もっと言えば、眠いのも性格。(^^;)

私はとにかく怠け者。

昔から、つい時間が空けば、ダラダラと過ごしてしまう。
そんな時、結構罪悪感がある。
だから、ダラダラしている自分のそばに誰か人がいると
とてもイライラしてしまう。

ダラダラな自分を見られたくないんだよね~。
別にいいのにね。

私は、ほんともし独り暮らししていたら、
寝たい時に寝て、食べたい時に食べて、
ごろごろしまくりの、、、、

世の中の人みんな、偉いなあああああああ~!って思う。
どうして文句も言わず、当然のごとく、
毎日毎日出勤し、3度の食事もちゃんとして、

少ない給料でもちゃんとセーブして
海外旅行に出かけたり、気に入った服を買ったり、
映画を見たり、ライブに出かけたり、、、

ほとんどの人が死ぬまで何か課せられた仕事をし続ける。

ほんと、信じられないくらいに偉いと思う。

私は、本当にそんな普通~~~の人にあこがれる。
いやみでもなんでもない。

昔、「不思議研究所」のもりけんさんが言ってた。

「もう輪廻を繰り返さなくて良い人(輪廻があるとして)、
 あるいは、もう悟りきった人、、、
 そんな人はきっと、ごくごく平凡な生活を
 送っているんじゃないかな。」

と。

ほんと、そうだと思う。
幸せの尺度がしっかりと自分に根ざしているのだ。

だけど、普通に、悩み事やトラブルなどはある。

そんなことも「上」から見たら幸せなことなのだそうだ。

本当に、ごく普通~~~の生活。。

これがどれほど難しいことか。私なんて特に。

普通~の人には、それがわからない。
自分がどれだけ幸せか、なんてそんなことも考えない。
幸せが大前提なのだ。

あああ

そんな人になりたいな。
家族のことだけ考えて、毎日おさんどんをする人。
そんな人に、とってもあこがれる。


忙しい。
長い人生、これだけ頑張っている時間も貴重かもしれない。
でも、普通に生きている人は、頑張るなどという意識もないのかな。

誰かのために生きることがとても自然に出来る人。

うらやましい。。。

ないものねだりの日記でした。
おやすみなさい。



別窓 | 自分のこと
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。