tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『Truth Tree1』
2009-03-12 Thu 01:30
3072
*アムリタで水の儀式をする菅原真樹さん

大阪で唯一の村、千早赤坂村。
ここは、映画ショコラに出てくるような、古く頑なな何かを守っているようなところ。

3073

新しい何かが入り込んでくることを拒むように
こんな、うす曇りの日が多いなぁ。千早に行くと。

3071

真樹さんのお話は、多岐に渡っていて、
フリーダイバーとして、古武道家として、音楽家として、
古くハワイに伝わる、ホオ・ポノポノの原型のような癒しを伝えるヒーラーとして、
自然を愛する人として、この地球を再生するための、力強い担い手として、
そして、人間として、男として、、、

お話そのものから伝わってくる壮大なものと、
真樹さん自身から、伝わってくる自然体の人間性みたいなもの。

その両方が、真樹さんのトータルな魅力を作り出しているな、と思いました。

上手く言えてません、、、、

どこかで真樹さんと会って、感じてください。^^ヾ


そうそう。ひとつ、トピックスを。

真樹さんに、
何故、ハワイと日本が、この世界の再生の鍵になるのか聞いてみた。

ハワイのネイティブの神話?の中に、「7つの船」というのがあるらしい。
太古の昔、その船は海に放たれ、うち3つが戻って来なかった。
それが、ある時、地球に大洪水が起こった時、
その、失われた船3つが、日本から戻ってきた、と。

太古の「石版」が出てきて、そこに書かれていたことと
木内さんの本に書かれている、「月」の話しと、ぴったり一致したり。

他にも色々聞いたけど、まだよくわからない。スイマセン、、、
ただ、めちゃめちゃワクワクした。

これは「符号」なんだよね。


海を愛し、森を愛し、水の神さまに守護された彼は、
ハワイの聖地の水を持ってきて、千早の水と融合させ、川に流した。
私たちひとりひとりにも、水の儀式をしてくださった。

会の最後に、
「水を大切にしてください。私たちの身体のほとんどは水で出来ている。
地球もそう。いつも清らかな水であるよう、心がけてください。」と言われた。

ホントウに。
かけがえのない、ひとつのいのち。清らかなひと雫でいないとね。

真樹さん。ちゃんと報告になっていませんが
ありがとうございました!!!


3月25日に、金沢で木内鶴彦さんとのコラボがあります。

■お話会 3月25日 IN 金沢

会場 金沢市文化ホール2階 大集会室
18:30から会場19:00-21:30

2000円 18歳未満は無料

連絡は NGO RAINBOW 代表 横越雅子さんまで
090-4699-4477


真樹さんのブログ
http://ameblo.jp/kalokohouse/


翌8日、神戸モダナークファームカフェへ。

3081

3082

ここでは、水中写真家として、素晴らしい写真を見せてくれました。
夜の真っ暗な海の中で光る、プランクトン。
美しいクラゲのような、神秘的な生物たち。素晴らしかったです。


そして、この、モダナークファームカフェも、最高~~~に素敵でした!
ここは、有名なところなんですね。

食べ物が信じられないくらい、どれもこれも、、、美味いっっっ!!!
私は、もう一度行って、ぜーーーーんぶ、網羅したい。この胃の中へ、、、^^ヾ
お世話になった切東さん、ありがとうございました!


それからそれから、翌9日。
今度は、木内さんの講演会へ真樹さんたちと一緒に行きました。

その主宰者が、こちら。
古民家カフェおかげさまの、元気いっぱいのかずみさんとその仲間たち。

3091

ここでも、自分たちの意思とチカラで、
この地球の自然のバランスを取り戻すべく、
一生懸命、そして、とってもHappyに、取り組んでいる人たちがいる。
感動的なまでに、みんなカッコよかった。

96歳のえ~ちゃんの話す言葉は、神さま的にカッコよかった。
いやーーーーー、よかった。すっごく。

ちょこちょこ付いて行った私にまで、申し訳ないほどのもてなしをしていただいて
ありがとーございました。本当に良い体験をさせていただきました。
おかげさまのかずみさんと仲間の皆さん、
車であちこち送り迎えしてくれた、GreenGaiaの仲間のりょーすけ、ありがとう!


3092
*この3日間のロードで、一番の男前で賞。ぶーちゃんでした♪


3093
*真樹さんを囲む、3女神。Ats,チンマイ、Fumikaさん



続く




スポンサーサイト
別窓 | 千の雫PJ
『寄付報告&収支報告』
2009-02-24 Tue 21:25
   2144    2143 


久しぶりの寄付報告ですー!

先日、2/14のRynco&Atsのバレンタインライブの収益からひと雫と
Rynco(リンコ)がCDの売り上げからひと雫、
まとめて「あしなが育英会」に寄付させていただきました。

--------------------------------------------------
*寄付金額 17.000円

 内訳
 
 *Rynco&Atsライブより  8.100円
(内100円は誰かが貯金箱に入れてくれてました。^^)
 *RyncoよりCD売り上げの一部   6.700円
 *HankさんよりCD売り上げの一部 1.000円
 *千の雫プロジェクト基金残高     320円
切手換金分(11枚)          880円

合計 17.000
---------------------------------------------------

Ryncoは前日の2/13、京都のオンマさん主宰の「自死遺族のおしゃべり会」
チャリティーライブに出演していました。
そこでの収益がすべて、あしなが育英会の奨学金として寄付されました。

そのご縁を繋ぐため、
今回は私たちも「あしなが育英会」にさせていただきました。

Rynco&Hankさん、ライブに来てくださった皆さん、
サポートしてくれた仲間たち!みんなみんなありがとうございました!


ryncocd

ryncohunk
*Ryncoと西山Hank史翁さん

シンガーソングラオターのRyncoは、
自作のCDの売り上げの一部を、千の雫プロジェクト基金に寄付してくれています。
癒しとやすらぎの、素晴らしいサウンドです。
Rynco My space ←こちらでRyncoの歌が聴けます。

皆さん、応援してくださいね~!

Ryncoのブログ「平らな時間」

※今回のライブの収支報告は、千の雫のサイトで報告しています。事業報告

※寄付報告ブログ みるごたBlog


ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

別窓 | 千の雫PJ
『菅原真樹さんのお話会』
2009-02-19 Thu 23:26
ハワイからの風・・・

makisan1
↑真樹さんは「右」です。念のため。
左はネイティブのオジさんかな。いい顔してる~

makisan2
↑この写真、とっても素敵なんだ♪大きくしてみてね。


【Truth Tree】In 千早赤坂村 Amrta  

 「地球はホオポノポノと和から再生が始まる」

 日  時 : 3月7日(土) 午後1時~4時 
 会  場 : アムリタ 大阪府千早赤坂村 
 定  員 : 30名
 参加費 : 2500円 

【Truth Tree】In 神戸 Modernark pharm cafe

  「ハワイ・大和の再生が地球を救う」

 日 時 : 3月8日(日) 夜7時半時~9時半 
 会 場 : モダナーク・ファーム・カフェ 神戸市中央区
 定  員 : 50名
 参加費 : 2.000円

詳細ここにUPしてます。
千の雫プロジェクトイベントインフォ


千早赤坂村は、そろそろ春の花で埋もれ始める頃ですね。
今、アムリタの庭は、梅の花が満開だそうです。

初めて、アムリタのチンマイと会ったのは、
観心寺の、如意輪観音さまのご開帳の時。
名刺を交換し合って、私は「千の雫」、チンマイの「アムリタ」は、「慈愛の雫」の意。

何か、同じものが引き寄せあったご縁であることは感じてました~。

あれから、何人の観音様、弁天様、のご縁をいただいたでしょうか~~。

アムリタに行ったら、レトロなちゃぶ台の裏側を、見てください。
ここが、どういうところか、わかりますよ♪


おっと、、、
菅原真樹さんという方を、ご存知でしょうか。
私はお会いしたことはないんだけど、、、知ってました。

フリーダイビングって分野では著名な方ですねー。

そして、私は、木内鶴彦さんからも、彼の名前を聞いていました。
今後、木内さんと真樹さんがハワイで進めてゆくプロジェクトは
癒しの島ハワイ、倭人の国日本が、
この地球の再生にとって重要な位置づけであるという証しの、
始まりの始まりとなってゆくと思う。


そして、チンマイから、真樹さんのお話を聞いた時、
あまり意味もなく、ただ、おおっ♪と、何かワクワクとしたんです。

あー。春が来る。長い夜が明ける。新しい時代が始る。。。そんな。

彼のブログを読んだり、対談記事を読んだりしてみて、益々そう感じる。

木内さんと一緒に動き出すということは、そういうこと。


そして、
癒し・赦し・ハワイのホオポノポノの精神は、
真の「女性性の解放」でもあると思ってる。

真樹さんは、地球のこと環境のこと、人類の意識改革のこと。
たくさんのメッセージを持ってる。
そして、女性性の解放、、、いう、重要な「ツメ」のヒントも、
本人が気づいているかどうかは知らないけれど、お持ちだと思うんだよね。

ハワイに惹かれるように住んでいるということも、きっとそういうこと。

「女性性」と言っても、このコトバが伝える、甘美な感情の話というより
(それも素敵だけどね)

まさに、癒し、赦し、受容、、、、

深く、大きな大きな、愛。慈悲と慈愛。

慈悲と慈愛。これは「テーマ」なんだもん。

わからない。
Atsの勝手な思い込みなので、当日そんな話はないと思うし、
真樹さんは、ある「象徴」として、それぞれの深いところに、語りかけるのかも知れない。

コトバではなく。

どうも、シンクロ的にいうと(何でも自分なりの解釈で物事進めるワタシ、、、)
パズルのピースに足りないものを思うと(木内さんにとっては苦手な分野?とかいうて)
そこに揃った顔ぶれを見たり(先日アムリタに元気いっぱいの女神が揃ってた。)
そこに繋がるそれぞれをストーリーを思うと、

やっぱ、直観がささやくんだよなー。

男とか女とか、成功だ失敗だ、とか、、、
人間がこの素晴らしき体験領域でしか出来ない体験を超えた世界。

大好きな、思考や感情を、超越したところにある「何か」。

それよりも、それどころか、もっともっと最高善に素晴らしすぎる、真実。

コトバではなく、何かを越えて拡がってゆく、なんというか、フィーリング。

きっと、伝わるものがあると思う。
気づかないうちに、種を植えていってくれるような。
それぞれの中で、新しく未知で、そして懐かしい、花を咲かせる、種。

これ、絶対、ハズレていないと思うんだよね。

「Truth Tree」だもんね。真実の木。
真実の木には、真実の花が咲き、真実の実が成る。のだ。


意味不明でうまく言葉に出来ないけど。
私たちの、「通り道」って気がしてる。

「ハワイからの風・・・」というタイトルからも、そう聴こえてくる。


詳細ページと、真樹さんのブログを見てください。

アムリタは、定員30名。モダナークカフェは50名です。
きっとまた、ピッタリの人数で埋まることでしょう。


以下、私がヒットした真樹さんの日記の一部を、転載させていただきます。


ハワイと日本は、とても深く繋がっている、
あなたは私に大きなハワイの歴史を作る一歩を作る扉を開けてくれた。
私たちはこれから兄弟として永遠の契りを結びましょう

私たちは互いにスピリットを交換して混ぜ合わせる儀式を行いました。
彼に私はこのカロコハウスの土地の事を伝えました。

この土地はキングカメハメハ三世が元々所有していた土地である。
私は、この土地の所有者であったが、
ハワイの民が、他の国の民が病に多く苦しんでいる
それを少しでも助けることそして、この豊かな森を守るために、
この土地に住まわせていただいている。

私は、この土地は自分の土地として所有してはいけない、

このハワイ再生に必要な新しい医療を作るための、
カフナや、自然医療を行っている他のネイティブのメディスンマンや
西洋医療のドクターに解放して行く事。
自然が破壊される事を防ぐためのメッセンジャーを一人でも作る事、
そして専門家がそれぞれの事をシェアする地が必要だと考えました。

この時代、金を私欲に使ってはならない
と私は宇宙からメッセージを得たのです。

そこで、売れば2億円ほどの土地を自分のもにするのと、
2億円とともに解放して永遠にこの土地が一番良い形である事と
どちらがどれだけの価値があるのか、、、
後者の方が、2億円の数万倍も価値のあるものになると考え、
カフナのNPOに全て寄付をしたのです。

と伝えました。


上記の文章を読んで、
人類の長い歴史の中で、歪め続けられた男性性の癒し・赦し、
女性性の解放、、、なんてことにビンゴだったのは、ワタシだけでしょうか、、、(笑)


拡大してみて。
もっともっと大きな意味で、真の女性性の解放が必要なんだと思う。

求めているものは、受け取るべきものは、、、
いったい何だったんだろうね・・・・。


長い冬篭りを終えて、春に向かうアムリタ
amrta2

amrta1

お申し込みはお早めに。
だって、女神企画ですから、いつどこで、どんなドジが起こるか、保証できません。。。

http://milgotas-pj.com/eventinfo.html
別窓 | 千の雫PJ
『God bless you ALL』
2008-09-15 Mon 00:24
naniwa

昨日、芦屋市総合公園で開催された、
がん患者支援のためのイベント、リレー・フォーライフに参加してきました。

本番ギリギリに到着したので、ゆっくりイベントそのものには
参加出来なかったのですが、ゴスペルで神さまを賛美することを通して
すべての人たちの、生きる歓びのための生命のリレーを
繋ぐことが出来たかな、と思います。

海に向かって広く開けた空が夕闇に消えるころ、
がんで亡くなった人たちを偲び、一人ひとりの名前を記した紙袋の中にろうそくを灯して並べる
「ルミンリエ」に火が灯され、その光りの中で、歌わせていただきました。

こういうイベントに参加させてもらえることができて、本当に嬉しかった。
ゴスペルと出会わせてもたったことを、また神さまに感謝します。
ありがとう。

*リレーフォーライフブログ

----------------------------***

rfl2

千の雫プロジェクトからも寄付を届けてきましたー。
募金箱に入れることになったので、「証拠写真^^」として、
ボランティアスタッフの方に写真を撮らせていただきましたー。

ありがとうございます。

ゴスペルでひと雫、寄付でひと雫、、、、
ささやかだけど、生命のリレーに参加できて、感謝します。

寄付報告は、千の雫プロジェクト「みるごたblog」で。(このあと更新しまーす)




別窓 | 千の雫PJ
『お礼』
2008-09-05 Fri 22:12


今日、千の雫プロジェクト基金に、寄付をいただきました。

お名前はハンドルネームで、住所などの記載もないのですが、
通信欄にメッセージを書いてくださっているのを読むと、
このブログの読者さまのようなので、
こちらに紹介させてもらって、お礼に代えさせていただきたいと思います。

ありがとうございます!!!

-----------------------------***

HN :楽園さまより

『インディゴでもクリスタルでもない、還暦を過ぎた婆ばです。(←コレ、カイテヨカッタカナ??^^;)
 ブログで元気をもらっています。
 「自分を入れ替える」を読んだ時、気持をわしづかみされました。
 バンビさん、最近特に深いところ(自分の)からの言葉だと感じています。
 バンビさん、Sさんの、高い次元が、あたりまえの日常となるようになりた~い』

(「Sさん」というところには個人名が入ってますが、私はその方を知らなくて、勝手に書いてもいけないかと思い、イニシャルに変えさせていただきましたー。m(_ _)m )

------------------------------------------***

楽園さま。
ありがとーございます!!

バンビが高い次元だなんて、とーーーーーーーんでもございません。
穴掘って入らなあきません、、、。

いえ、本人はね、
私の内側の次元の中では高い位置を保ってるぞ、とか思ってるんですけどね、、、実は。^^

でも、まだまだ、全然なのです。

だけど、そんなヘボヘボな私でも、
こうしてブログを読んでくださる方がいて、元気をもらってくれて、
そのご縁の繋がりで、基金にもお志を差し出してくださる、、。

ささやかなひと雫の波紋が、少しでも拡がっていることを
ありがたいことだなーーーーー、って思っています。

ヘボヘボだからと、小さくなって何もしないよりは、
何か世の中の役に立ちたいとか、力を差し出したいとか、
そんな気持に、大きい小さいなどないのだから、
って、、、いつも勇気を出そうって思ってたりする。

こちらも、元気をいただきます。
なんというか、ひとりなじゃい、って思えるし、
すごいフィードバックしてもらっています。

元気の循環ですねーーー。
こういうことも、千の雫プロジェクトの願いでもあるのです。

ほんと感謝します。


私は、文章を書くことが大好きなので
好きなことをして、それで少しでも何かの役に立てるのならありがたいことです。

それも、あくまで「自己満足」みたいな世界なのかも知れないけれど、
調和の取れた世界へ向けて、出来ることから少しずつ、、、でございます。


楽園さまからお預かりしたお金は、
9/13のリレーフォーライフの支援金として、
一緒に寄付させていただくつもりです。
http://newbanbing.blog107.fc2.com/blog-entry-194.html

ありがとうございました。
この場を借りて、心からお礼を申し上げます。


※寄付や収支の報告は、千の雫プロジェクトのブログか
 mixiのコミュニティのほうで報告させていただきます。


楽園さま!
いつも、ずっと、幸せでいてくださいませ~~~


God bless you~~~~~!!

別窓 | 千の雫PJ
『Relay For Life』
2008-08-12 Tue 01:41
rfl
*Relay For Life in Japan in ASHIYA


昨日は、長い長い日記に拍手いっぱいもらって、、、
ありがとーーーございますっ!

もう、ホント、飴もらって喜ぶお子ちゃまみたいな私です。m(_ _)m

で、今日も、またしても長くなっちゃったけど、
今日は最後に、ちょっと呼びかけをしてるので、出来れば最後まで読んでほしいです。。。

m(_ _)m


昨日の続き。最後に書いた、「魂を揺さぶられた符号」なんだけど、、、

ゴスペルも一緒にやってる、古い仲間がね(男前のオジちゃまです。^^)

こういうことに、今一生懸命に頑張ってるの。
Relay For Life Japan 2008 in ASHIYA

これは、9日のゴスペルのコンサートも、彼の繋がりで協賛していたのです。
だから、コンサートの集客とかにも、彼は、本当に一生懸命だった。

私も、話は聞いていました。知ってました。
だけど、、、全然わかってまてんでした。ごめんなさい。

このイベントに、ボランティアスタッフで関わっている彼が
昨日、昨年のイベントの、詳細ビデオを見せてくれたのです。

初めて、その中身がわかって、すっごーーーい伝わりまくりで、
そして、みんなが感動の拍手を贈り、
口下手な彼は、「やっと伝わった、、、、」と、こみ上げるものを押さえきれず、
嗚咽してしまったのです。

ビデオの内容にも、彼のその姿にも、感動して、
私も涙がボロリと出ちゃったりしたので、すごく応援したくなったわけです~~。


Relay For Life (リレー・フォー・ライフ)っていうのは、
1985年にアメリカで始ったイベントで、
癌患者の人、本人やその家族や仲間たちが、
癌に負けないように、てか、『癌でもいいじゃん~♪』てくらいの気持ちで、
笑顔で、楽しく、今この時、大切な『人生』を、生きていこう、、、っていう
そんなマニフェストの場であり、同じ境遇の人たちが、気持を分かち合い、
繋がりあって、生きる力を倍増させようう~!みたいな。そんなイベントです。

それで、「人生のためのリレー」「生きるためのリレー」
どう訳すかな。。。
生命や生きるパワーや、愛や思いやりのリレーでもあるかも。

とにかく!
そんな想いを込めて、24時間、みんなで歩き続けるのです。

(詳しくは、サイトを見てください。お願いします。)


見せてもらったビデオの内容は、、、

医師であり、しかも、夫婦で癌の研究しているようなある女性が、
自らが癌を患ってることが発覚して、、、
まだ8才の子どもがいるお母さん。
それはショックだったろうし、治療もかなりハードで、痛みもあり
ふさぎこむばかりの日々を過ごしていた時、
この「リレー・フォー・ライフ」のことを知り、
「癌でもいいじゃん♪」という横断幕をかかげながら、ニコニコと笑いながら、
楽しそうにトラックを歩く女性たちを見たとき、人生が変わったのだ、と。

来年のリレーフォーライフには絶対参加したい!と、
つらい治療に耐えて耐えて、ギリギリの選択でなんとか参加できた。

その、彼女の、会場での笑顔の、素晴らしかったこと。
本当に、生きている歓びが、もう身体から溢れそうに、弾けてた。

そう。

死に向かう恐怖、
小さな子どもを残して逝かなくてはならないかも知れない、母としての苦悩。

自分の向かう方向の「選択」しだいでは、
残された人生は、どん底の苦しみや悲しみにくれるだけになる。

本人だけじゃなく、周りの家族や友人たちも、同じだろう。

だけど、
死に直面し、いずれ誰にでも訪れる「肉体の死」を受け入れることで、
「死にゆく悲しみ」より、「生きゆく歓び」に、フォーカス出来る。

そのことが、どれだけ自分自身も、周囲も、元気付け、幸せにすることか、、、。

容易い選択じゃないだろうと思う!!!もちろん。
私などにはきっとわからない大変な想いがあると想う。絶対。ごめんなさい。

だけど、人は、それを選択した人たちに、魂を揺さぶられるような気づきをもらい、
大切なことを教えてもらった、感謝でいっぱいになる。のです。

ありがとう。

癌治療って、、、ものすごーーーく、お金もかかる。
もーーー、考えたら、出口のない暗闇に閉じ込められるくらいの試練だろう。

そのすべてを、超越してゆく人たち。。。


ちょうど、前日に、ある人のお母さんが、重い病気にかかり、
遠く離れて独りで暮らすお母さんのことを思うと、
悲しみや、何もしてあげられないツラさなどで、日々苦悩している、という話を聞いて、、、

「人はみんな、いつか死ぬんだよ~。
死に向かう苦悩を選択することも出来るけど、それを越えて、
今まで生きた人生の一番幸せだったことを語り合ったり、
どれだけ、幸せに生きたことか、という想いでいっぱいにさせてあげることを
選択するほうが、お母さんのためだと思うよ。」と、私は言った。

その人の気持を考えたら、冷たくて、ひどい話やと思う。

「死なないでほしい・・・」という想いでいっぱいの人に対して。
その悲しみに寄り添ってあげることが、出来ない。。。

私は、本当に、冷酷人間じゃないかと思うほど、
肉体の死に対してクールなのです・・・。

ごめんなさい。。。

夫の母が逝った時、死を待つだけの病室に毎日交代で通い、
そんな私は、無意識に、昔の楽しい思い出話ばかりを聞かせてもらってた。
泣いたり苦しんだりばかりだったおばあちゃんが、
「あ~~~、ほんまに幸せで幸せで、幸せな人生やった~~」って、
必ず毎日、最後に頬をピンク色にして、眠りについてた。

彼女は、幸せな人生を抱えて、逝った、と思う。

彼女との最後の時間に、そんな癒しを起こせたことを、
私は神さまに感謝したのです。

いや、そんなカッコイイもんじゃないよ。ほんと。何もできなかったんだけど、、、
せめて、、、そんなことだけは、出来た。

よかったかも、、、って思ったんだよね。

母に対する愛情が深過ぎて、夫や夫の兄弟たちは悲しみにくれるばかりで、
楽しかった思い出なんて語れる余裕もなかったから。

肉体の死を、魂の旅の中継点のひとつ、といつしか思ってる、
そんな私だから、出来たことかも、って。

いや、もちろん、悲しいよ。悲しいけど、悲しむだけより、他の選択も出来るっていう、、、

(あぁぁぁぁー、、、、)



リレーフォーライフのビデオを見た前日に、
その人と話したことも、符合だったんだなーって思った。


とにかく、符号が合って、ご縁が出来て、話を聞いた。
翌日、友人のオジちゃまから、リレーフォーライフのことを色々教えてもらった。

こんな風に、自然な繋がりが、いつも、次を産むのだな、って。感じるのです。

ここに、私たちのゴスペルクワイヤも、バンド出演するのです。
私も、ペーペーながら、ぜひとも歌ってエールを贈りたいし、
そんな想いのリレーを繋げたい。めちゃくちゃ出たいです。

しかーし!!!
この、9月13日という日あたり、、、
長男夫妻に、Baby(magoとか言わないように)が、生まれる頃でもあり、、
参加出来るかどうか微妙。。。なんだけど参加する!!


で、私は考えました。というか思い出しました。
てか、ほとんどこれを書きながら思いついてるよなとこもあったりして、、、^^;


『千の雫プロジェクト』が、あるじゃないか。。。。
何のために、これを作ったのか。わたしゃ、、、忘れるとこやったわ。

「人に地球に、歓びのひと雫を落とそう~」
楽しいことをして、その歓びのひとしずくを、世界に差し出そう。これやないですか。

で、僭越ながら、私、
千の雫プロジェクト基金から、
癌患者や癌医療をサポートする団体に、寄付させていただきたいです。

(リレーフォーライフ実行委員会に確認して、しかるべきところをちゃんと聞いときます。)


また長々と書いとります。


これを今読んでくださっている、チームの皆さん。

楽しい夏休みです!いっぱいいっぱい楽しんでください!
オリンピックも楽しんでください!
選手の人たち、頑張ってください!

こんな大事な、888のエネルギーの、歓びが3倍増の時期に、
『戦争』なんていう、信じられないことを始めてたりする、国もあったり、
奇跡の生命を、軽んじてて、あまりにひどいリーダーもおる。

もしかしたら、彼も、はっと目覚めて、別の選択が出来るかも知れません。

歓びや楽しみのエネルギーで、シンクロを起こせたら素敵じゃないですか??

リレーフォーライフに参加するサバイバーの人たちのように、
戦争で死に直面する苦悩を、生きゆくパワーに、歓びに、変える選択も出来るかも知れない。


甘いかも知れない!偽善者かも知れない!


でも、、、どんな人にでも、たとえほんの少しでも、出来る選択。

歓びに、高い次元に、方向転換する選択。


今私が、ささやかな個人のブログでこんなことを呼びかけたりするのも、
闘病の苦しみを、生きる力に変えて表現してくれた人たちや、
そんな人たちのサポートをしようと頑張ってる、口下手な友人や、
何かのご縁で繋がってくれた人たちからもらった、歓びの、感謝の、リレー。なんだよね。

私は嬉しい。こんな歓びをもらって。。。

ただそれを、その歓びのバトンを、このブログを通して、
誰かがまたリレーを続けてくれるのかも知れない。そう思って。


友人である、口下手で涙もろいオジさんは、
このブログの存在さえ、知りません。^^

この私の、口の上手さが役立つなら、どうかリレーさせてください。


楽しい夏休み!

歓びのエネルギーなら、ひと雫どころか、ひとりで千滴でも落とせます!

そして、そのエネルギーを、お金というサポートに変えて
差し出せる人は、差し出しませんか?

千の雫プロジェクトに送らなくても、どこでもいいんだよね。
直接リレーフォーライフに参加してもいいし、いや、コンビニの募金箱だって。
24時間テレビだって!

どこに流しても、エネルギーとして循環するものね。

ほんで、なんか、歓びのリレーで、一緒に繋がりたいー、って人は、
気が向いたら、千の雫基金に送金してください。


(実わ、振替口座、出来てます。)
-------------------------------------

■口座番号  00910-8-123564

■口座名義  NGO千の雫プロジェクト基金

-------------------------------------

匿名とか、ちゃちなこと、なしですよ。みんな堂々とカミングアウトで。
しっかり名前並べさせてもらいます。はは。

私、代表して、リレーフォーライフ当日、しっかり持って行きます。


ほんのわずかでも、波紋を拡げるひとしずく。

(私も500円くらいしか出来ないかも、、、、、)

いえーーー!! でも、千早でのイベントからも、藍い宇宙のWebShopからも、
ささやかでも、差し出しますよ。もちろん。歓びとともに。


こういうのって、慈善活動、とかじゃないんだよね。
歓びのエネルギーのひと雫が、どんどん波紋を拡げて、どこかの誰かに届いて、
病や飢餓、悲しみや孤独、悲痛に向かうばかりの状況に、一筋の光りになるかも知れない。
歓びの循環なんだよね。


何かが響いたら、受け取ってください。ありがとう。



『千の雫プロジェクト』って、こんなんです。
http://milgotas-pj.com/(あーー。ブログ更新してません。明日以降します。)

mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2789111



何か、、、、
どうも、少しばかりの抵抗があって余計長文になってるとこあります。

なので、マザーテレサのことばを借りて、
勇気を出して、今日の日記をアップロードします。


最後まで読んでくれて、ありがとう。


----------------------------------------

「あなたの心の中の最良のものを」  マザー・テレサ

人は不合理、非理論、利己的です。
気にすることなく人を愛しなさい。

あなたが善を行うと利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく善を行いなさい。

目的を達しようとする時、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなくやりとげなさい。

善い行いをしてもおそらく次の日には忘れ去られるでしょう。
気にすることなくし続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとがあなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。

あなたの作り上げたものが壊されるでしょう。
気にすることなく作り続けなさい。

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。
蹴り落とされるかもしれません。

それでも気にすることなく最良のものを与え続けなさい。

-----------------------------------------
別窓 | 千の雫PJ
『千の雫サイト出来ました』
2007-11-29 Thu 21:35
rogo

千の雫@milgotasプロジェクトロゴ

-------------------------------------***

今、、、ふと思い出して、ドッキリしました。。。

私が、初めて自分のホームページを作ったのは、
今からちょう~~~ど、10年前。1997年の12月。。。
40回目めのお誕生日の日でしたー。(あーバレバレ。いいんだもんねっ)

10年前のちょうど今ごろ、
ホームページビルダーの体験版を買って、
あーでもないこーでもないと、一日中PCの前に座って、、、
ページが送信できた時、ブラウザに反映された時、掲示板が出来た時、、
いちいち「きゃーー!きゃーー!ぱちぱちぱち・・・」とやって、、
嬉しかったなぁ~~。

今ほど自分のページを持つことはポピュラーでなく
仲間たちにすっごい誉めてもらった。
全国にいる仲間たちとの繋がりが出来たのもこのサイトのおかげ。

テーマが絞られて居たのに、毎日結構アクセスがあって楽しかった。

その時のホームページのプロフィールにこう書いてあった。

『私の30代は、10代よりも20代よりも輝いていた!
 そして、よりステキな40代、新しい10年の始まりの記念に、このページを開きます。』

・・・だけど、
私の40代は結構大変なことになったけどね!!(^○^;)/

ちょうど40才を前にした数年間、私は結構 切なかった。
女の子にとって、40という大台は、かなりセンシティブになるもんだ。

そしてまた、区切りの10年がやってきたんだなー。

早かったのか、遅かったのか、、、

でも、もう今は、年を重ねてゆくことに対する切なさは、ない・・・
・・・と書きたいけど、あーーやっぱりあるわね。そらね。

(あ、私は永遠に年はとらない魔女だったんだった。)

やっぱり、また新しいドキドキワクワクを胸に、歩き出す!っと。

新しい『箱』を、、、作りました。愛しい箱です。

10年前の私は、自分が10年後こんなサイトを持つことを予想出来たかな。。
確かに、その頃はその仕事に夢中だった。
だけど、何となく、いつかこんなことをやるってことを、
知っていたような気もする。。

言葉でうまく言えないけれど、
ささやかな、自分のストーリーに、ちょっと感動する。

私の歩いてきた道。泣いたり笑ったり。

今までのさまざまな体験を、もう、自分のためや自分の中だけじゃなく
外に向けて、差し出していきたい。ささやかなパワーを。

私には、そんなパワーがある。きっと。神さまが与えてくれた。
(↑こんな風にね。自分で言うんですよ。恥ずかしげも、惜しげもなく・・^^)

So,,,I am available to you GOD・・・



・・・

なんだか、ふと、古いサイトを見に行って(まだネット宇宙で放浪してる)
10年前の自分に、勇気をもらった気がした!!

また、今日から頑張ろっかなーとか、思ったりしてます。



まだ、なんにもないサイト。
デザインも、10年前から何ら進歩してない。あーー。
だけど今回は、めちゃ頼りになるウェブデザイナーの友だちが
これからサポートしてくれる。

50回目の誕生日までには、美しい姿にリニュアルしてOPENしたい。


とにかく、出来立てほやほやの、とりあえず『箱』です。

独自ドメインも取りました。


http://milgotas-pj.com/


ロゴも出来てきて、名刺も作ったし!
これで、明日は、木内さんの講演会に行って、名刺渡せる!
講演会依頼するんだ。頑張らなきゃ~。

そしてその講演会がある同じビルの3Fに、前の仕事のオフィスがある。
めぐり合わせというか、なんというか、神さまもなんだかイカしてるねっ。


っちゅーことで。

meisi

*↑こーゆー者です。ボカシ入れてまつ。
これからも、、、よろぴく。m(_ _)m
別窓 | 千の雫PJ
『千の雫プロジェクトスタート』
2007-11-11 Sun 11:11
shizuku
image

mitsuo


*ロゴが出来るまでお借りします。
*ゲデバンと「奇跡の人」ミツオちゃん
-----------------------------------***

まずは、、、

「言音ちゃん!結婚1周年、記念日おめでとう~~!!!」

これからも、ますます、ますます、お幸せに~~~!

------------------------------------***


昨年の11月11日は、『A Whole New World』を歌って
新しい世界の扉を開けました。くぐりました。

そして今年、2007年の今日は、また新しい自分で
次なる世界の扉、スタートゲートを、開きます。くぐるのですー!


この日まで、熱を持たせて持たせて、じっくり煮込んできました。

いや、大したことではないです。ささやかなことです。

ただ、これから、自分にとって、生涯をかけて続けて行きたいって思える、
ライフワークと呼べるもの。それを今日、情熱を込めて、スタートさせたいのです。

生涯続ける、と言っても、形のないものです。
変化、進化、軌道修正、方向転換、なんでもありです。

ただ、根本的なスタンスは、一生変わらない。

だって、こんなことをしたくって、今まで生きてきた、って思えるから。

今日はまた、入魂の長文でつ。
どれだけの方が、最後まで読んでくれるのでしょーーかーー。

読んでくれたら、感謝100万倍です!


----------------------------------------------***
**Story~**


「偶然」っていう名の、「約束の時間」に、

「思いもよらなかった!」、「生まれる前から決めていた計画」が、

「突然」という名の、「自分の選択の結果」として、目の前で展開される。


たまたま持っていたモノたちがテーブルに並び、

たまたま考えていたことを話し出した。


それら全部が、今から明らかにされる、計画の全体像に必要な、

パズルのピースだった・・・とは思いもよらずに。


前で微笑む友人が、心地良いほどレゾナンスしているのがわかる。

飛び交う言葉が、チカチカと瞬き、『BINGO~!』とはしゃいでる。


何なんだろう。この歓びは。この躍動感は。

何なんだろう。この絶対的な安心感、信頼感は。。。



・・・・ってな感じで。ははは。

またまた小説のよーに、素敵に書いてしまいましたが(自画自賛)



これは、アメリカから帰ったある日、リアルフレンドであり、
My Soul sistreでもある、ゲデバンとのひとときの様子です。

いつものように、ファミレスで長時間に渡るおしゃべりの時間。

何気に、banbingが語りだした「夢」の話が、ゲデバンの魂に、意識の火花を散らしたのか、

その場で、このプロジェクトが芽を出し、発足しました。


時間にして、ほんの数分間のこと。


天からダウンロードされたプロジェクトの名前は


『千の雫プロジェクト』(千と千尋、千の風、、パクリではありません。天の声でつ!)




話しは遡るのですが、、、

アメリカに行く前、9月16日に、ゲデバンのお父さんは、六甲山で遭難しました。
テレビや新聞でも報道されていたので、ご存知の方もいるかも。

親族総出で、たくさんの友人たちも、(透視能力者のアッキーも)、
そして、まったく見ず知らずの有志の方々や、もちろん警察や捜索隊の方たち、、、
たくさんの心ある人たちに、力を貸していただいて、連日捜索が続きました。


その間、8日間! 

何の進展もないまま、日は過ぎてゆき、
警察の捜索もいつ打ち切られるか、と不安ばかりがつのる8日目!


お父さんは、疲労と飢えに耐え抜いて、9月24日、無事、奇跡の自力下山をしたのです。


ごく身近な友人に起きた、こんな大きな出来事は、
生きて還って来てくれたからこそ、今では笑い話、良い思い出になっていますが、
それはそれは、沢山の想いと気づきをくれ、魂の深いところまで
私たちを、強烈に、インスパイアしてくれたのでした。


遭難した、彼の名前は、光雄ちゃん。「光り」です。

「光り」を救い出すために、みんなが力を惜しみなく差し出した。

その想いが光雄ちゃんに届き、彼は、生死の狭間の暗闇の扉を、
生きる方に開き、こちらに還ってきたのです。


生きる理由があったから。まだまだ生きる必要があったから。


まるで、、、世界に、「光り」が、戻って来たかのようでつ。^^


ミツオちゃんが生還した日、これもまた、たまたま、
もうひとりのSoul brother@[in's]と会うことになりました。

[in's]は、某プロダクション所属のシンガーです。(あ、すでにバレバレですね?)


話しは突然ぶっ飛びますが、

この時の話しの流れで、私たちは、オリジナルソングを作ることになったのです。

突然、思いがけず、そんなことに話しが展開したのです。

どちらにしても、ミツオちゃんの一件が、何か、新しいエネルギーの火花として
私たちの深いところまで、インスパイアしていたのは確かだと思うのです。


またまたぶっ飛びますが、
banbingは、子どもの頃から、歌手になることが夢だったの。
中学生の頃に、フォークソングと出会い、ギターを弾き始めて、

その頃から、22才ごろまで、ずっとアマチュアで活動していて、
作ったオリジナル曲も、たぶん、50曲以上、あったと思う。

昔は、レコードを出す、なんてことは、それを夢見たこともあったけど、
とんでもなく遠い話だったのです。

だも今は、パソコンを使って、自分で自主制作出来る時代。
また、インターネットの世界では、自分発のオリジナルのものを
いくらでも、世に出すことが出来るよね。

歌を作る話しが決まってから、想いは少女の頃に遡り、
CDを自主制作して、それお世に出したいっ!って思うようになりました。

(元来ぶっ飛ぶ性格)


話しは戻りますが、
そんなことも、ファミレスでゲデバンと話していたのです。

今年になって、私たちは、「自分の本当の望むは必ず叶う」という話しをよくしてて、

もうひとつ、banbingが、前の仕事をやめてから、次に何かやるなら
こんなことをしたい、っていう話しを始めました。

それは、
みんなが、自分が、魂の本質から歓びを感じられる仕事をして、
それが、生活の糧にもなって、
その上、みんなが楽しいことをして得た収入の、ほんの一部をどこかに寄付をして
この世界を、みんなが楽しく歓びを持って支えあえるような、、、

そんな仕事をやりたい、って思っているんですね。

「みんな」っていうのは、きっと自分と同じような想いを持って、
一緒に、そんな夢を叶えるような、「ソウル・チーム」のような人たちが
きっと、世界のあちこちにいて、その「みんな」が、いずれ、引き寄せられるように集結して
一緒にスタートするんだ、、、って、そういつの日からか思っているわけです。
そんな「約束の時」を待ちながら、今それぞれの場所で、自分の本当の望みを掘り起こしながら
気づきや体験を、繰り返しているんだろうな、って。


ところで、、、

1995年の、大震災の時に、心にずっと刻まれたままの小さな記憶があります。

あの時の地震は、私の住む大阪でも、震度5とかでかなり揺れました。
でも、炊飯器が落ちて壊れたくらいで、被害はありませんでした。

私も、救援物資を届けたり、ボランティアに参加したりしました。

もちろん、寄付もしました。

その時、テレビで誰かが、言ってたんですよね、

「この地域に住んでいて、まったく被害がなかった人は、
 自分の資産総額の、1割を寄付として差し出せばいい。
 それで、被災した人たちは皆救われるんだ。」と。

そして、

「そもそも、全世界の資産のある人たちが、
 その総資産の、ほんの一割を差し出せば、世界の貧困は無くなるんだ!」と

誰か忘れたんだけど、とても熱く語ってたのです。

それのビジョンが、ずっと、頭の、心の隅にあったのですねー。


確かに、震災ですべてをなくした人のことを思うと、
何の被害もなかった人の、総資産のほんの1割、なんて、なんてこともない。
そうだ。むしろ絶対そうするべきだ。と思えたんです。

それで、我が家の総資産額なんてわからないけど、
その時の出来るだけの額を、寄付しました。
新聞の記事で、両親を震災で失くし、途方に暮れていた子どもたちのために。

ちょうど新年で、息子たちもたくさんお年玉をもらってて、
彼らにも話しをして、その中から一部を寄付することに。

出来れば、毎月、少しでも続けたかったのに、
だけど、たとえ収入の1割といっても、これが結構キツイ。
ちょうど、不況の波が押し寄せてきていた時で、結局数ヶ月で挫折しました。

いえ、「寄付」は、もともと、思いついた時に、ちょこちょことはしています。

上の息子が生まれてからずっと、フォスターペアレンツにもなってました。
ホンジュラスに住む長男と同じ年の男の子に毎月送っていました。
月々わずかな額だけれど、それで学校に通ったり、家族の生活の支えになったり出来たのです。

それでも、そのわずかな額が、しんどい時もあったんだよね。

だけど、なんとか18年間続けられて、彼から高校を卒業した報告をもらった時、
もう、本当にめちゃめちゃ嬉しかった。
わが息子より、数倍学校の成績も良くて、親孝行で、とっても男前に育ってました。

続けてよかった~~と思いました。

だから、その後も、他のフォスターチャイルドをサポートしたい気持はあったのだけど
それもまた、現状を考えて挫折。。。


いつかきっと、余裕を持って、毎月ささやかでも
志しを世界に差し出せるような人になりたい。
出来ればそんな仕事がしたい、ってずっと思っていたのです。


人々の、ささやかな志しは、世界を救うほどのパワーがあるんだ、と。



そんな話をゲデバンとしながら、
たまたま、病気で入院している共通の友人のために
千羽鶴を折ってたんですね。

ふと、ゲデバンが、

「千羽鶴みたいやなぁ~~。」
「ひとりで折るのは大変やけど、千人で折れば一瞬や!」って。


そしてまた、たまたま、私がアメリカのおみやげに買ってきた、
クリスタルの、雫型のペンダントを胸にしていて、

「雫みたいでもあるな~。波紋や。波紋。」
「誰かが落とした、1滴の雫は、必ず波紋となって広がる。。。」

・・・・・

本当に、まるでその場に、すべて用意されていたかのように、


『千の雫プロジェクト!!!』という名前が天からダウンロードされた瞬間でつ。^^


ゲデバンにも夢があり、また、この年まで、ミツオちゃんのことを含め
色々なツライ出来事も続いていたりしてて、考えるところが多かったのです。


「一緒にやる?」「うん!」


あっという間に、話しは決まりましたのです~。



で、サロンのような、拠点を作りたい、っていう考えもずっとあったんだけど。

それは、改装中の自宅がなかなか完成せず、なんだけど、とにかく、決意は一瞬。

変化は微細に、これが自分の軌道なら、きっとこのまま順調に行く!と信じて、

また、今年の流れとして、今というこの瞬間に漕ぎ出すのがベストと思えたし、

いえ、今を逃すと、きっとまた、夢物語で終わってしまう、今こそ行こう!と。

そう決めましたのです。



それでですね。

これは、なんというか、呼びかけとか、募集とか、、、そんなものではないんです。

ただ、私たちは、自分の望みを行動に移す、という、ささやかな1滴を、

今日ここに、落とすだけ。なのでつね。ぽとりと。


それが、今日のこの日記です。




はーーー
長くなりましたね。


それで、今何をやってるかというと、

千の雫プロジェクトグッズとして、雫型のペンダントを、「藍い宇宙」で考案中。

ゲデバンは、木工と環境保護の融合を考えていて、
キーホルダーのようにコンパクトに持ち歩ける、折りたたみ式の
「マイ箸&箸箱」を考案中。そして、千の雫のロゴデザインも考え中。


そして、banbing&in'sのオリジナルソングを製作中。

いは、歌詞はアメリカから帰ってからすぐ、まるで天の声のように
タイトルが「降りて」きて、歌詞は出来ていたのです。

曲は、[in's]が作ってくれて、おととい、ついに完成しましたー!

しかし、これがまた、あまりに洗練された素敵なサウンドでありますので、
フォークでゴスペルぺーぺーな私には、超~むじゅかしーー。

しかし、これから必ず、すっばらしいものに仕上げます!!!お楽しみにしてくれ~~!



こっから先は、予測不能。在るがまま、成るがまま、ただ歓びに向かって
進んでいきたいと思ってます。


そうそう。

この物語には、もっともっと根源的な、私のチャレンジが隠されておるのです。

それは、今年1年、深く深く自分の内側に潜って見つけた、小さな自分の「傷」や「トラウマ」

たぶん、過去生から持ち越しているのであろう、その最もネガティブな想いは、

「孤独感」とか「誰にも愛されていない症候群」みたいなものです。


いや、実際私は、素敵な仲間がたくさんいるし、
たくさんの人を愛しているし、愛されているのです。

でも、実は、そう思っていた、ってことに、気づいたわけですね。

奥深いところでずっとネガティブなそんな想いにガッチリ蓋をして、
小さな私は、解放される時を、待っていたのです。


どんなに楽しい時でも、どんなに素敵な家族や仲間がいても、
いつもいつも、どこか満たされない孤独感。。。

これは、もしかしたら、私だけでなく、たくさんの人たちの集合意識。

いつも、何かを求め、何かを望み、それがもしかしたら「まぼろし」であっても、

外へ外へ求めてやまない、焦燥感、欠乏感、あるいは、無力感・・・

思い当たるところ、ありますか~~?


もしかしたらそれは、太古の時代、レムリア、ムー、アトランティスなんかが
海に沈んだ時、崩壊した時、、、、

その時の傷やトラウマが、元の元に、あるのかも知れない、とか想ったりしています。


今、長い長い遥かな時を越えて、アセンションの時代を迎え、
すべての人が、それぞれの、根源的な傷を癒し、内なるパワーと光りを掘り起こす時。

もう、百万回、日記やブログで言ってきました。こんなワタクシも。。。


だから、今こそ行くのでありますーーーーー。
今こそ、すべての傷を癒し、赦す、時が来た、と決めるのですーー。

(そんな想いを、オリジナルソングに、込めました~。)



思い起こせば昨年の11月11日。

言音ちゃんの結婚式で私は、これまた[in's]と一緒に

『A Whole New World』を歌いました。たまたまです。花嫁のリクエストだったから。

この曲も私にはとても難しく、それはもう、百万回、練習のため歌いまくりましたー!


それから今年、本格的にゴスペルを始めた私は、この1年、

『Amazing Grace』を、あちこちで歌いまくりました。

姫路すぴこんで、初めて、フォークじゃなく結婚パーティーでもなく、ピンで歌いました。

出雲で、アマウベ邸で、ゴスペルコンサートで、シャスタで、バークレーで、、、

もう、世界を股にかけて(爆)、歌いまくりました。

Amazing Graceは、「赦しの歌」だそうです・・・。



新しい世界の扉を開けて、根源的な、解放と赦しをした1年。

かーーなーーりーー、大変でございました。

お世話になった方、迷惑かけた方、みんなみんな、ありがとうううう!!

こんな、自己中で、変わり者で、オトナになれなくて、おバカまるだしのワタシを
ずっと支えてくれたのは、身近な人から、遠くに住む人まで、
たくさんのたくさんの、ソウルチームの皆たまでした。

感謝100万倍でございます。。。


これから私は、孤独を解放し、ネガティブだった自分を赦し、
大事な仲間たちを心から信頼してゆけるように、

新しく生まれ変わった自分自身を、在るがまま、そのままに
大切に、ただ育んでゆきたいのです。



それが、私の、本質的な、『隠れチャレンジ』であります。


そして、今日、2007年の11月11日。また新しい扉を開くと決めるわけです。


ここまで通ってきた、「本当の自分へ還る道」は一区切り。次へ向かう時です。

これからも、色んなことがあるでしょう。コケたり壊れたりもあるでしょう。

でも、ただただ、すべてを歓びに変えるために、この道を行くだけでございます。


戻れない、私の、ささやかな、道ですから。


あーーーーー、まったく、ささやかです。

なのに、こんな長い文を、最後まで読んでくださった方、ありがとう!


あなたもきっと、自分自身の扉を、勇気を持って、開けることが出来ますように!


突然終わります。


-------------------------***

☆ゲデバンが、ミツオちゃんの遭難事故の時の体験を書いています。
2日連続の感動物語。ぜひぜひ読んでみてね!

『奇跡の人』
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=617800806&owner_id=10593488


☆まだ準備中で入れませんが、そのうち公開いたします。

『千の雫プロジェクトコミュニティ』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2789111

☆もう何でも公開してしまいましょう。※全文リンクは外しましたー
 まだ未完成の、私たちの曲、歌詞をここに載せてます。
 完成をお楽しみに。(楽しみにしてくれー!)


『Hug Song』 

堅く閉じた 扉を開けるよ 君を救い出すため
孤独な君 苦しむ君 releaseしてあげよう

遥かな時間 頑張ってきたね たどり着くために
その痛みを その傷を 今 溶かすよ Full of love 

I love you
deeper than the mother earth
I hug you 
stronger than the father universe
I stand by you and I heal you
I will do anything to make your heart warmed
Let's join hands and go to the new world
So that we may become one...


------------------------------------------------***

さぁ~~~この、入魂の長文を、mixi日記とblogで、同時に
11月11日11時11分に、UP出来るのか~~~。

それがまずはチャレンジだーーー!


最後まで読んでくれてありがとう!

別窓 | 千の雫PJ
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。