tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『The deep pain』
2008-10-23 Thu 21:46
2021


先日の日記に、拍手いっぱいありがとー。

拍手コメントや、メールももらっちゃいました。
同じ何かを感じてくれた人、「行間」を読んでくれた人。
自分の「痛み」を分かち合ってくれた人。

ありがとーございます。

私の日記って、まっすぐ書いているようで実は全然違います。はは。

書きながら、行間で語ってたりもするわけだし。全然正直じゃないです。
まだまだ、透明になり切れない、ヨワイ私です。

それに、
書けるうちはまだ平和です。
泣けるうちはまだ幸せです。

どんなに胸が痛んでも、必ずそこを通れば光がある。
その光に会うために、会いたいと願うからこそ人は生きられる。

ほんの一筋の光さえ、見失った人たちは、世界にたくさんいる。

そんな人たちに届けるために、
私たちは、何度も越えて、何度も光に会い続けないとね。


昨日、今日、メッセージくれた人、拍手くれた人たちへ。

あなたが私の「痛み」をわかってくれたように
私もあなたの「痛み」が、わかるよ。

その痛みを越えてゆけるのは、あなた自身しかいないけれど、
とてもわかるよ、と言ってあげたい。

たとえ、そばにいてHugしてあげられたとしても、
たとえ、心を込めて歌を歌ってあげられたとしても、
たとえ、綺麗な夕日を見に連れ出してあげられたとしても、

決して、凍てついたような胸の痛みは、溶かすことは出来ないことも、わかってるよ。

何が、その痛みを癒してくれるか、それもよくわかってるよ。
それが叶わないから痛いのだと思ってるってことも、よーくわかってるよ。


だから何もしてあげれない。
だけど、だからこそ、すごくすごく「わかるよ」と、言ってあげたい。

今の私たちには、もう見えている。
痛みを握り締めて決して放さない、小さな自分の存在を。

その子は、とっても大事なサインを送ってる。
私を救い、私を越えて、光を見出してほしいと、実は叫んでいる。

小さな自分を救えるのは、大きな自分しか、いないんだってことも知っている。

それでも痛いときは痛いんだからしょうがないよ。
しっかり感じきって、通り抜けるしかない。

きっと通り抜けるから。
その痛みは、新しい世界には持っていけないものだから。
だから、置いていかれるのを拒んで、恐れて、必死で叫んだりしてる。

越えても越えても、またやってくるよね。
それでも、越え続けなければいけない。光に向かい続けなければいけない。


いつかきっと、手放せるから。
時間はかかっても手放せる。恐くなんてないよ。
手放すのは「痛み」だけで、あとは何も失ったりしない。


その時が来たら痛みを解放してあげて、思い切り光を浴びよう。


射手座の人にはちょっと嬉しい、
「筋トレ」のメルマガが、一日早く届きました。

聞こえちゃったかね?シンクロです。
どんな「衝撃」でもかかってきなさーい。逃げませんよ。
http://d.hatena.ne.jp/weekly/searchdiary?word=%2a%5b%a4%a4%a4%c6%ba%c2%5d

102134

あなたと私に大きな愛を。
あなたの笑顔はきっと世界を救うから。


スポンサーサイト
別窓 | 限界を超えてゆく
『across the limit』
2008-10-22 Wed 00:22
10211


私という「入れ物」は、相当~~、深さがあるようだ。

言い換えれば、打たれ強く我慢強い。
言い換えれば、ニブい。あほ~。ですねぇ。


歓びも悲しみも、痛みも我慢も、人の100倍は大きいとか思ったりする。


2008年、9月から10月。 この秋は、とても興味深い。

私は、あらゆる「限界」を感じ、
そこに立ち向かうしかない状況に、結構追い立てられ続けてる。


まず、我が家は経済的に、「限界」に来た。はは。
今までも何度も限界を感じたことはあるけれど、全然そうじゃなかった。

今を思えば、あの時も、あの時も、「お金持ち」だった、って思う。
それに、いつもいつもなんとかなった。
「なんとかならないわけがない」と、ずっと思ってた。

だけど、今回は、「明日からどうしよう、、、」とか、マジ考える日が続いた。

今の時代、一般的な日本人なら(何を一般的というか尺度はともかく)
クレジットカードもあれば、生命保険解約したり、家売ったり、
親や友人もいるし、ただ生きてゆく上には、全然問題なんてない。

だから、真には「限界」じゃない。実は全然心配してないし恐怖もない。
それでも、この3次元的経済社会という、めんどくさい現実で、
「限界」を感じるには、十分に、追いやられた感じ。

で、今私は求職中。。。

(そう決めた途端に臨時収入とか来て、今はしのげてしまってるわけですが、、、)

でも、もう決めた。
近い未来、本当に「お金の要らない社会」に生きると決めて、
そのための最後の数年を、思い切り悔いの無い3次元体験をする。


それから、、、
結婚25年めにして、初めて夫に、離婚宣言をした。
今まで何度も思い、何度も迷い、何度も出来なかったこと。

きっとこのまま、一生、出来ずに、それなりに満足して過ごしてゆくんだと思ってた。
それか、白馬の王子が現れて、さらって行ってくれるなら、、とか。(笑わないっ)

それがある日、これからの残りの人生、そんな在り方が耐えられるわけがない、と
外側から何か起こらないかと期待して、他力本願で過ごせるのか、と、
そんなんでいいのか、と、
突然断固として「無理!」と、意図した瞬間があって。
湧き上がるように。それ以外考えられないように。


これに関しては、初めてしっかり話し合って、保留。

がんじがらめの関係性を、一旦ゼロに、「リセット」することが出来たと思う。

今の我が家の大変な時を、協力して越えて行こう、と決めて、赦しあえた気がする。

彼は彼なりの、限界を超えようとしていると思う。

「夫婦」としては、もうずっと、終わっているけれど、
「家族」としての絆や信頼では、お互いにしっかり繋がっていることを認識できたし、

今は、その存在を、とてもありがたく思うし、心から感謝してる。

私のほうは、「離婚したい」という想いの奥に、

「やりたいことをやりたいようにやりたい」という、
がんじがらめに閉じ込めた本質があることに気づいたし。

それが良いとか悪いとかではなく、私はそうなのだ、と、認めるってことだけど。

考えたら、ここ数年は、「やりたいことを全部やる」という、チャレンジに挑んでたと思う。

まだまだ我慢があるし、逆に、感謝の気持も足りないと思う。
我慢せず、我儘でもなく、自分の本質に、正直で在り続けること。

これも、今のチャレンジ。今のままで、限界を超えてゆこうと思う。

彼にとっても、今を乗り切ることで、本当の幸せをもう一度見つめてほしい。


離婚するとかしないとかは、きっとその先に答えがある。


-------------------**

「私」という存在は、「すべての人」の象徴だから、
集合意識のワンピースとしての、顕れだから、
これは、同じような状況下にある、「みんな」の代弁でもあるよね。きっと。

だから、赤裸々なまでに書いてるわけですが、、、^^;


今生に、連綿と繋がる、生命の鎖の最先端にいる、この「私」は、
遺伝子に刻まれた、すべての人たちの「血の履歴」を背負っている。

すべての人たちの、叶えられなかった願い、越えられなかった壁、癒せなかった傷、、、
それを全部、越えなければ、今生で「上がり」には、出来ない。

その上、3万年前、1万5000年前、3500年前、、、、?
その都度、祈りも届かず、願いも叶わず、この地球を沈めてしまった、あの深い傷。

大事な人を失い、愛する地球を傷つけ、すべてを失った、深い深い哀しみ。
地球を、人々を、救えなかった、深い後悔と懺悔の念、、、

そんな、「魂の履歴」も、越えていかなければ「上がれ」ません。ねぇ。


「ここに生まれて」から、ずっと今まで、
その、壮大なチャレンジの、総まとめをしてきた。んだな、と思う。


特に、やっぱり、2007年のクォンタムリープを中心に、その前後1年。合計3年。


個人的には、2006年末に仕事を辞めた時から始ってる。
その前から、やはり「限界」を越えてたのに気づけずにいたから、
もっと前から始っていたんだろうけど。

それからの2年は、もう総まとめ。総チャレンジ。

木内さんと出会ったのも、前の職場と同じビル。運命感じる。


「歌」という、あきらめたことも忘れるほどの、遠い夢も取り戻した。(夢のようです)


それでも、「深い」「私」は、
なにをするにも、「四角い車輪」で進んでいるような、不器用さで、
だからこその、自分なりの「チャレンジ」なんだとわかる。


何万年、とかいう壮大なスパンでも、
数年という、身近なスパンでも、
同じように、ここに集結する、「限界」が、きてるのを感じる。

社会を見てもそう。

そういう意識で生きている人にとっては、
個人的な出来事なんて、ひとつもなくて、
常に、世界とリンクしている。そういうものだと、もうわかるから。

「私」が、限界を超えることで、「世界」も、それを超えてゆける。


どれだけたくさんの人が、こんな自分を笑おうとも、きっと行くんだろうな。

どれだけ、恥をかかずに要領よく生きようとしても、やっぱり無理なんだな。

自分の本質を生きると決めたからには。
神さまは、きっちり、容赦なく、そこに導いてくれる。

受け入れるべきものを受け入れ
赦すべきものを赦し
手放すべきものを手放せるように。

夢にまで見た「あの場所へ」、向かうために。


あなたの、ちっぽけな悩みは、全然ちっぽけじゃありません。
あなたの、誰にも言えないような傷は、あなただけの傷じゃありません。
あなたの、ばかみたいな夢は、全然ばかみたいな夢じゃありません。

その、抱えているすべての、限界を超えることは、壮大なチャレンジ。

この地球上の、すべての人たちにとっての、
すべての意識が一緒に調和へと向かうための、
愛すべきこのガイアが、自然が、真実のバランスを取り戻すための、
壮大な、壮大な、大事な大事な、進化へのチャレンジなのですね。


ひとりひとりが、自分の存在の重大さに気づいて、越えてゆく準備のリミット。その時です。


8月  歓びと豊かさの頂点
9月  くくりの時。再調整のために気分はどん底に。
10月  限界を見ることで、落下状態から脱出。


そして、リセット。だ。

また今年も、11月が来る。スタートゲートが開く。

10月を思い切り楽しんで、そしてすべてをリセットして、
新しいスターとゲートをくぐる。と決める。


数万年かけた集大成の時。
出逢った人たちすべてを、なかったことになど出来るわけがない。
繋がりまくりのファミリーだから。

だからこそ、すべてをリセットして、次に行くよ。ステージ上げるよ。

ご縁があれば、スタートゲートでリユニオンしましょう。


2009年は、もうすぐそこ。
私にとっては、すでに大きな人参がぶら下がってる。
もう、ドキドキ過ぎて壊れそうなほどのチャレンジを感じてる。

そして、昨年より今年、今年より来年、、、楽々越えてゆけるだろう。
だって、この1年、越え続けてきたんだもん。考えたら。


-----------------***


はーーーーーーー
いっぱい書いてスッキリした。
何気に告白日記みたくなってますね。
いいんです。
もう、何もかも、世界はお見通し。

だって、私はあなたで、あなたは私ですから、ね。


突然終わります。
最後まで読んでくれた人がいたら、ありがとう。チームですね。

あなたにも限界を超えてゆくチャレンジスピリッツと、
益々続く進化の光りが、降り注ぎますように。
この日記が、誰かの「閉ざした扉」を開ける、鍵であればいいなと思う。


待ってろ。2009年の私。


おやすびなさい。
明日も派遣の登録に行くんだーっ。若さと美貌のために早く寝よっと。


10212

別窓 | 限界を超えてゆく
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。