tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『受容性の叡智と能動性の叡智』
2007-11-28 Wed 00:14
xmastree07

*街はこーゆー感じですけど・・・


今朝読み終えた、木内鶴彦さんの本、「宇宙(そら)の記憶」。

木内さんの臨死体験や、彗星探索家としての仕事を通じて
彼がやっていること、心から伝えたいと思っていることっていうのは、
この地球(ほし)に住むひとりの人間として、
この美しい地球の未来を守りたいという想い。

人々のエゴや、間違った知識、自然と合致しない傲慢な在り方は、
彗星が地球に衝突するかも、ということよりも、数倍、
この地球を崩壊させる可能性が高い、と知ったから。

彼が彼であるために、
自分の役割を通して、熱く、その想いを、伝えてきてくれる。

それは、誰かや何かにゆだねたり、見て見ぬ振りをしたり、
ちっぽけな自分の無力さに打ちひしがれたり、
無関心という責任放棄だったり、必要以上に心配したり、、、

そういう在り方から脱して、今こそ、自分に出来ることを
行動に移していかなくちゃならない、という、決意でもあると思う。

行動を起こす、という、パワーそのものが、
彼がこの世界に落とす、1滴の雫なんだな、と思う。


本の最後に、映画、地球交響曲(ガイアシンフォニー)の監督である、
龍村仁さんとの対談が載っている。

その中の、龍村さんの話しに、ドキっとした。


木内さんは、星の観測のために望遠鏡を持って真っ暗な山に登る時、
観測に夢中になって我を忘れる時、そこに住む動物たちと一体化するらしい。

何度か熊と遭遇し、怖れるとか逃げるとか、戦うとかではなく、
木内さんが自らその周辺に「マーキング」をして、熊の「摂理」に従い、
そのテリトリーをシェアする、みたいな、素敵な話しをした時の言葉。

熊やクジラといった動物たち、それにきっと地球(ガイア)や植物たち、
要は、物言わぬ自然の存在たち。たぶん、目に見えない存在たちも、かも知れない。

彼らの「知性」は、「受容性の知性」なのだ、と言うのです。


「知性」には、「受容性の叡智」と、ある種の「攻撃性の叡智」とがある。

人間は、自我やエゴ、おまけに言葉や文字といった「表現」が出来る分、
その知性は、ほとんどが「攻撃性の叡智」だと。


だけど、この地球の、他のすべての存在たちの「知性」は、
ほとんどが、受容性の叡智なのだと。

「世界を変える気」など、さらさら 無いのだと。^^

その代わり、如何にしてこの世界は在るのか、どのように生きれば良いのか、という
そういう繊細な情報処理能力は、人間より圧倒的に高い、のだと。


人間の知性は、攻撃性、でもあるけれど、
言い換えれば、それは、「創造性」でもある。
他の存在たちは、あくまで「受容」。無条件の愛。

だから、「行動する」「創造する」ということは、人間にしか出来ない。

「ヒト」という種は、地球の生命体の、「創造力」を
担っている存在なのではないか、と。

つまり、人間だけが、「世界を変える気」が、ある。のだよね。(^-^)


ずっとずっと長い歴史の中で、
その方向性を見失い、間違った方向に向かって、その「叡智」を駆使してきた。

今、「受容性」である、他の存在たちと、心をひとつにして、
一体化して、統合されて、、、真の「創造性」を発揮して、、、

「世界を変える気」を、持とうよ、っていう、雫を落としてくれたと思う。


「ヒト」という集合体としても、「私」という個としても、
自分だけ良ければ、或いは、自分だけ我慢すれば、、という、
自己完結型の在り方を完璧にリリースして、
他のあらゆる存在たちと一体化した全体として、
そして、その一部の顕現である個として、その両方で「在る」という在り方。


受容って。すべての完璧さを信じること。

個としての自分を越えて、耳を澄ませ、心を開き、拡大された意識で
すべてとともに、生かされているということを、受け入れること。

頭では理解できないことでも、とにかく、
新しい在り方の、あらゆる可能性に、心を開いてみること。

なんだろうと思う。



また長くなったけど、これも記録だし、雫です。

創造性という叡智を生まれ持った、人間という役割を、
責任を持ってまっとうしようとするサガを、実は誰もが持っている。

それをただまっすぐ、ストレートに、ピュアに、実行するだけ。

いつも、何かのたびに、勇気を奮い起こして。



はい。最後まで読んでくれてありがとー!
プロジェクトのサイト作りや、講演依頼のための名刺作り、
歌作り、絵本作り、基金設立についての情報収集や、石の勉強や、
あああああ~~クリスマスコンサートの歌詞をあと4曲、、、
え~~~~?年賀状、正月準備?何ですか?ソレ。すでに無理。

いつ、私は、「受容性の叡智」と一体化する時間を取るのであろうか、、、

(あ、今、キラリ~~ン☆飛んでくれた。ありがと。まいっか!私だし。)



しばらく、ターボーってことです。
お風呂入って寝まつ!!

sweet dreams!! My dear brothers&sisters!!!
スポンサーサイト
別窓 | 受容性の叡智と能動性の叡智
| At's the way |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。