tyle="position:relative; width:770px; margin:0 auto;">
新しいブログにお引越ししました。http://atstheway.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『6月に感じたこと』
2010-07-01 Thu 22:50
IMG_5664.jpg


7月になりましたね~。

6月は色々ありました。
次男も結婚し、なんだか家の中は、スカスカしてます。^^

我が家としては、大きな転機だったと思います。

子どもが巣立つというのは、
ある意味、余計な、親としての責任や、親だからこその心配とか
結構いろんなものを背負ってしまってたりすると、
本当に、「肩の荷が降りた」っていうのが、実感でした。^^

ここにも「肩」がありましたー。

いつのまにか、人は、「肩」に色んなものを、背負ってしまう。

親として、大人として、社会人として。。。


「肩の力を抜いて~」これもそうだね。

結構、色々、「肩にかかってる」よね。ホント。(笑)


『神繋るのは肩から』というのは、ナイスな駄洒落でもあるけど
本当に、結構イケてるメッセージでした。

何かを背負ったり、力んだりしているばかりに、
心の風通しが良くなかったり、制限や不自由さを感じたり・・・・。



6月は、
日記で報告してなかったけれど、
木内さんのお話会もありました。

いつものようにすっごく楽しかったしワクワクしたんだよ!
そして、新しい出会いもあったし、新しい流れも、始まりも感じたのです。


ちょっと抽象的だけど、
たとえば、2本のラインがあって、
それはまるで線路のレールのように
一緒にずっと走ってるんだけど(レールは走れへんか・・・)
ずっとそれは平行線で、交わることもなく、
ずっと同じ方向に向かっているのに、
相手が何をやっているかさっぱり見えない、とか、
永遠に解り合えることはない、とか、
それどころか、永遠に出会うことはない、とか。

そういう、2本の線のあいだにあった壁が、溶けたような。

それまで必要があって張られていた結界が、解けたような。

ずっと曇りガラスで閉ざされていた窓が開いたような。


そんな感じがありました。

2本のラインが、ひとつになった、のです。ね。

それは、子育てと同じように?
今まで必要があって2本だったわけで、
それが大切なことだったから、守る必要があったから、
向こうが見えなかったり、それぞれに何かを背負ってたり。

それが今回、時が来て、潮が満ちて、
それぞれの肩の荷を降ろし、肩の力を抜いて、守りを解いて、
一つになることが出来たような感じです。


本当に、新しい扉が開いたような感じです。


すっごくワクワクしているのに
なのに、すぐ報告しなかったり、今も、こんなに抽象的にしか書けないのは、
やっぱり、今までと同じように、

「じゃあ自分は何をやるのか」と、自問自答が始まるからなんだよねー。


これも、余計な「肩の荷」なのかも知れない。

人として何が出来るか、とか。
何かを成そうということも、エゴなのかも知れません。


新しい世界は。次の世は、
我欲を持っては行けないところ。


でも、行くと決めている。



本当に、神繋るのは、肩からなんだ、って気がしてきた~。


あらゆる肩の荷を降ろし、肩の力を抜き、
鏡(かがみ)に映る自分から我(が)を落とす。



あー。
こんなややこしいこと書いてるうちはあきません。


シンプルにいかんとね。


想いが溢れ出すまで、
時が来るまで、
潮が満ちるまで、

自分の中の「我」が、羽を付けて天に昇華するまで、

(カタをつけるまで^^)


ただただ、毎日生きていますわ。ははは。


とにかく、転機です。大きなね。

変化は微細に、気づかぬうちに動いているものです。


皆さまも、自由に、思うままに、
それぞれの毎日を、ただ、一緒に、生きててください。

いつかまたきっと、Reunionしましょう。


神さま今日も一日ありがとうございました~。


ええい。言い訳したいけどやめだ。(←これが言い訳)


おっやすみなさ~い♪

送信。


IMG_5658.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 日記
『First Girl』
2010-05-23 Sun 01:08
umi4.jpg
*夢見るマスターなガールが産まれました♪*


2010年5月21日(金)


KIN 043 青い自己存在の夜

 私は夢見るために定義する
 直観を測りながら
 形の自己存在の音で
 豊かさの入力を封印する
 私は自己発生の力に導かれる
 私は銀河の活性化の正門 私に入りなさい

類似:黄色い戦士 反対:赤い空歩く者 神秘:白い鏡
ガイド:青い嵐


カバラ数秘 誕生数 11

霊界と現実を結ぶ魔術師
☆長所 有能、卓越した才能、豊かな霊感、理想主義、目的達成への強い意志
★短所 非現実的、神経過敏、不安定、内面的苦悩、自己中心





予定日から遅れること10日。長かった~~~。
でも、驚くほど安産だったそうです。

バビーはまだご対面はお預け。
今夜は、お兄ちゃんになったAOがお泊りしています。

明日、First girlに会いにゆきます♪♪♪

もう、ルンルンルンルン♪で、絵文字なんかも入りまくるわけでつ!




神さま、本当にありがとうございました~~~~~~~!!


皆たまにも、新しい朝に、
ルンルンなことが起きますように!


別窓 | 日記
『竜宮からの使者』
2010-02-24 Wed 22:58
ryuuguunotukai.jpg
*これが「リュウグウノツカイ」という深海魚*


先日、22.2.22の日記、2時間くらいかかって書いた渾身の日記を、
またしても消してしまい、、、ガックリです。
せっかくのFc2の自動バックアップ機能も活躍せず、、、
本当に、書いた記事が消えてしまうこと、多いです。ぐす。

先月、1月末には、千早赤坂村のチンマイと一緒に「お不動さん」参りに行ったり、
今月は、20年来の仲良し3人組と、ホンマものの「温泉旅行」(と言えども那智大社にもお参り)に行ったり、、、
お仕事しながら、時々リゾートに行ったりと、
この年齢の主婦(いちおー)としては、ごくごく標準的な日々を送る中、
それでも、なんというか、「時間は止まったまま」みたいな感覚があり、
自分の時間は止まっているのに、何故だか最近、目に見えて、自分ではなく、
自分の周りが、大きな渦を作ってる、そんな気がしてるのです。

そんな話しは、またいつか、消えずにUP出来た時に紹介します。


今日は、ニュースでびっくり、の話しから。

「リュウグウノツカイ」という深海魚が
昨年秋から、かつてない頻度で打ち上げられているそう。
ダイオウイカという、巨大なイカも。

ここに面白い記事がありました。
カラパイア
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51637050.html

朝日新聞ニュース
http://www.asahi.com/science/update/0216/OSK201002160034.html

こういう珍しい深海魚が上がると、大地震の予兆、、とよく言われるけれど、
こんな時、いつも思い出す話があるのです。


1994年の年末。
メキシコからノエリアという友人が、日本に来ていました。
彼女はその8年ほど前、大学生の時、初めて日本に訪れ、
その時ホームステイの受け入れをした仲間を通じて知り合い、
日本には彼女の「家族」が、たくさんいます。

その時も、何人かの家を泊まり歩き、
たぶん、1994年の大晦日も近いという頃に、我が家に来てステイしました。

その時彼女は、一枚の新聞の切り抜きを持ってたんです。
それは、メキシコだったかアメリカだったか忘れたんだけど、
「日本で、とってもめずらしい深海魚が打ち上げられた(確か関西)」と、
英語かスペイン語で書いてある、「外国」の新聞だったんです。

それで、ノエリアが、
「こんな時は、大きな地震が来るんじゃないか。大阪にも来るんじゃないか?」と
メキシコを発つ時、家族や友だちに言われたんだ、と言うのです。

心配そうに「そうなの?」と聞く彼女に、集まってた人たちみんなで、寄ってたかって、

「大阪で大地震なんて、絶対に無い無い!だいじょうぶ!」なーんて言ってた。

たぶん彼女は、日本に来てから、泊まり歩いた「家族」の家で、
毎回、その新聞の切り抜きを見せては、同じリアクションをもらってたんだと思う。


そして、1995年の年が明けて、たぶん数日後にノエリアはメキシコに帰っていった。

そして、、、、約2週間後。1月17日。

阪神淡路大震災が起きた。。。

ノエリアの一番最初のホストファミリーである家族は西宮に住んでいて、
家は半壊。その家のすぐそばには、あの、阪神高速が落下した場所がある。
彼らも、私たちと一緒に、「ないない!」と一笑にふしたチーム・・・・

あまりに被害が大きかったし、
しばらくはノエリアのこの話しを、話題にすることもなかったけれど
それでも、密かに、
「ノエリアは預言者か。私たちに危険を知らせに来てくれたのか。。。」なんて
仲間と会うたびに話しては、鳥肌立ててたものです。

日本に住み、しかも、その数週間後に、未曾有の被災体験をするはずの者でさえ
一笑に付した、外国の新聞記事。。。

自国のことなのに、まったく楽観的な私たちに、
外国人の友人は、気に留め、心配し、警告してくれていた。


不思議なものです。


今回は、「リュウグウノツカイ」なんて、いかにもそれらしい深海魚。
とっても美しく神秘的なその姿は、本当に自然が創り出した奇跡のよう。

彼らが伝えてくるメッセージが、私たちに聞こえているだろうか・・・。


1月の龍神村に行った時、最後にお参りした小さな神社(丹生神社でした)の前で
ふつーに、作業着みたいな服を着て掃除をしていたおじいさんが
にこやかに話しかけてくれた。(実はこの神社の宮司さんだったんだけど。^^)

その人が言うには、
紀伊半島を東西に横断するような道路が、今ずっと作られていて、
(つまり、高野山から龍神村~熊野本宮あたり~新宮まで)
それは、いつか来る、南海地震に備えてのことなんだ、と言ってた。

大地震、大津波など来たら、海側にしかまともな道がない熊野周辺は
いきなりライフラインが閉ざされて陸の孤島と化してしまう、、と。

世界遺産である熊野古道を守るためでもある。と。

地震に備えて、地域でもしっかり準備しているんだね。

偶然会ったこの宮司さんとの対話も、サインだと思ってます。


いつ、どこに、、どんな規模で、、、全く予測不能だけれど、
必ず日本に地震は来る。んだよね?

それは、私たちが生きているあいだに来るかもしれない。
明日、来るかも知れない。50年後かも知れない。

地震が恐くないとは言わないし、脅かしているわけでもないです。
たぶん、どんなに大きな地震が来ても、
誠実で真面目なシゴトをする日本人の建てた建物は、かなり安全でしょう。
15年前、「神の戸」が開けた、大震災で学んだことは本当に大きい。

だけど、いーっつも、そうは言うものの、
実際にそれが起きるまで、私たちはまったく目が覚めない。

もし、大きな自然災害が起きたら、
そこから生まれる次の世界が、益々、愛に満ちていればいいな、と思うのです。

日本は世界の雛形。なんだもんね。


災害は忘れた頃にやってくる。
簡単だけど、まずは身近な知識から。↓

もし地震が起きたらどうするか?
http://www.town.ikeda.gifu.jp/koho/0309/sonaeru3.pdf



では。
明日もまた幸せに、新しい朝が訪れますように。


おやすみなさーい。

別窓 | 日記
『2X9=18=9』
2010-02-22 Mon 22:22
IMG_5362.jpg

今日は更新しようと思って日記を書き始めたら、
スペインに短期留学中のゲデバンからスカイプ着信。
ついついおしゃべりしていたらもうこんな時間。

あーーーー。時間が。

だって今日は、2揃いの日。気持ち良すぎの揃い踏み。


(並べたい・・・・・)


22.2.22.22:22に日記を上げたなら、

2が9個!(笑)

2X9=18 1+8=9 くくりだ~。

くくっとかねば。


あとで続き書きます。




別窓 | 日記
『削ぎ落とされてゆくのです』
2010-01-28 Thu 01:49
IMG_5280.jpg

不思議やなぁ・・・、と思います。

2009年は、本当に「くくり」の年だったのかも知れない。

それまでとっても大事だと思っていたものたちが、突然、disappeared・・.
人や集まり、存在、、、だけでなく、なんというかEnergyまで。

自分の望みに反しているようにも思うけれど
深いところでは、望んでいたのかも知れないし・・。

今年になってからも、
未練がましく引きずっていたものが、
あちらから、コードを切ってくれることが、続いてる。

なんというか、そう。ご用がなくなるのです。


今日もまた。何のお知らせもなく、
えーーー?と思うほど突然に、「ご用」がなくなってしまっていた。
、、、ってことに気づいた。

私は、要らなくなってしまってるのです。(笑)

「傷つく」なんてコトバは、すでに私の辞書には無いし(図太くてニブい)
せいぜい、「ムカつくなあああ!」程度のことだけど、
残念だな、と思う。とっても。


でもきっと、未練がましく繋ぎっぱなしだったコードを
切ってくれたんだと思う。感謝しなくっちゃね。


----------------------------***

ある日の夜、大事な友だちがやって来て、
目に涙を浮かべながら、その日の出来事を話してくれた。
「とっても傷ついたんだ。」とため息をついてた。

それからしばらくして、また、同じようにやって来て、
「またまた傷ついてしまった。追い討ちやー。」と、
またまた泣いてため息をついた。

その時ふと私は言ったのです。

「追い出されてるんやね。新しい世界に。」

大好きな人たち、居心地のいい場所。
出来ればずっと一緒に、同じ時間を共有していたいと
表層意識では、願ってる。

だけど、きっとそこは、古い世界。
そろそろ、卒業の時。

新しく、前に進み出すために
「彼ら」は、「傷つけ」、悪役を買って出て、
新しい世界に、追い出してくれてる。んだよ。きっと。良い意味で。

そんな、未練たらたらな気持ちを、断ち切って、
新しい居場所へ、向かいなさいと。
真実、本当の自分が、求めている場所へ。

だから、「ありがとう」って、言わないと・・・。


そんなことを言ったら、えらく納得をして、友は、笑顔になった。


すぐそこに待っている、未来が、
不安やとまどいに霞みかけていたけれど、
曇りガラスを、キレイに磨ききった後のように、
キラキラと、輝き出した。


それまでの日々を、「清算」する、決意の笑顔。

その笑顔があれば、
「清算」した「過去」も、きっと、輝き出すことだろうと思う。


傷つき、打ちのめされて、
追い討ちをかけられて・・・。

それは、大きな進化のサイン。


「いいなー。うらやましいわーー。」と私は言うたわ。(爆)



どうも私は、
まるで台風の目のように、
周りには色んな変化をもたらしたり、
さまざまな出会いを繋げたり、とかしてるのに、
肝心の自分は、
問題なく、荒れることもなく、まーゆうたら鳴かず飛ばずの、
そうそう。そもそも何でも丸くおさめてしまう、タイプやから。

いっこも進化ない・・・(。、)


そーー思ってたけど。

気がつけば、
色んなものが、削ぎ落とされてる。

とっても大事だと思っていたものまで。

そんな仕打ちあり?とか、思っちゃうでホント。

だけどまー、追い出してもらったんだろうな、きっと。
自分も、Energy的には、どうしても交われないと思ってし
それでも表層では、未練たっぷりだったり。してたから。


スパっと、イカれてしまって、かなりムカつくけど
不調和の、Energyコードを、断ち切ってもらったのかな。

これで良かったんだと思う。

ありがとう、と言おう。

未練たらたらで、引きずって、答えを先延ばしにしていたんだもんね。


・・・・・・・・・・・

まー、ひとりごとです。


削ぎ落とされた、、といえば、
急に話しを変えますが、
私、とっても痩せたのです。いぇ~い!

我が家には体重計というものが、もう何年もないので気づかなかったけど
たまーに、年に一度くらい、スーパー銭湯とかで体重測って、
「あれ?痩せてる?」と思うことはあったけど、
全然実感がないくらい、自然に少~~しずつ、痩せてったみたい。

施設で働くようになってすぐに、健康診断で、体重測った時もビックリしたけど
また、最近更に痩せてて、Ats史上最高に、スマートになってるのでつ!!

しかも、それだけではなく、、、
背も、伸びてる。ホントホント。

身長を聞かれたら、ずっと、165cm、と答えてました。
ところが、、、、昨年6月の検診では、166.2cm。
そして、12月の検診では、166.7cm。

なんと、この年で、、、「成長」してるー!(爆笑)


そうなんだそうなんだ。はっはっは♪
余分なものが削ぎ落とされて、そして成長してるんだって。
そーゆーことにして。


変な日記になりました。

必要なこと、本当に大事なもの、真実の自分の願い。
神さまと約束してきたブループリントに描いてあることは、
断ち切られることなく、追い出されることなく、傷つけられることもなく、
ずっと続いてゆくものなのです。

そして、そういう仕組みがわかっていれば、
この世に、「悪」などなく、自分が正義でもなく、
ただただ出会った人は皆、約束どうりのお役をしてくれて、
用がなくなったら、イジワルとかして、放り出してくれているだけ。

みんなみんな、自分を取り巻く世界の人たちは、神さまです。

そう思えるようになる。
達観。でつ。(負け惜しみではなーい。)



ってことでもう寝ましょう。

明日はお休みでお出かけします。
どうやら、真実の繋がりであるらしく、
イヂワルでもなく、コードも断ち切られない、Sisterチンマイと、久々の再会。

ちょうど良い時に誘い出してくれる。ありがたいね。

しかも、上記の話しで、ムカついていた私に、
お不動さん参りに誘ってくれた。(^-^) Bingo♪

こんな時こそ、不動のこころ。

こころは不動、行動は水の流れのように、逆らわず。

潔くさようなら。潔くコンニチワ!


結局、本当の「繋がり」は、残ってゆくものなんだろうね。

もがいたり、あがいたり、求めすぎたり、求めなさすぎたり、、、
そういうのはほんと、ゲームを楽しんでいるだけなのかもね。

生きているからこその。


心の方向は決まってる。

星に軌道があるように。私にも道がある。っと。





ほんじゃっ!
おやつみーーー!!!!

イヂワルなあなたも、姿なきアナタも。
みんな大好き。そこで生きててくれて、ありがとう!


良い夢をね~~~~~!







別窓 | 日記
『すべてが生きる自然の仕組み』
2010-01-22 Fri 00:41
IMG_5300.jpg

「答えに行き詰ったら、自然に聞きに行く」
「自然さん、教えてくれ。どうなっているんだっ??」
「何度も何度も聞きに行けば、自然は必ず教えてくれる。」
「そんなことばっかりやってる人のことを、自然科学者と言うんだよ。」
「人間も自然の一部だから。」


昔、耳にタコで繰り返し聞いた、祭主の言葉です。


最近、、、、どうにか、少し視界が開けてきました。

だけど「思考」してても、浮かんでくるのは「知っていること」ばかり。

ホントは知らないことばっかなくせに、
それでも、見たことも聞いたことも、体験したこともない、
何がなんだかさっぱりわからない未知のもの、ただ確信的に面白い、、、
そんな「Something New」に恋焦がれる私です。欲深なのです。
つまりチャレンジャー。


たとえ、最初の一歩は、誰かに教えてもらったことだったり、
既知の思考の産物だったとしても、
そこからは常に、自然さんに耳を傾けながら、
ひとつひとつ、自ら見つけてゆくことって、きっと一番楽しいね。

自分で見つけ、自分で創ってく。それが道(未知)なんだよね。


Green Gaiaの仲間のりょーすけが、素敵なことをやっています。

「炭素循環農法」というのだそう。
もちろん、これは、基本的な知識であり、誰かにネーミングされたもの。

彼は、ここを入り口にして、
日夜、自然さんと向き合い、自然さんに聞き、教えを請いながら、見つけてゆく。

そして、あれこれ、とにかく、やってみる。
やってみることで、自然さんはひとつひとつ答えをくれる。

「あ!そうか!」と、見つけながら、ひらめきながら、進んでゆく。


人間という生き物は、
自然界のバランスを取るために、神さまがこの世に遣わせたのかも知れないけれど、
それは、決して、自然界の完璧な仕組みを、曲げて自由に操作するということではない。

むしろ、こちらが、自然の仕組みに合わせる。
自然の仕組みに沿って進んでゆくことで、
自然さんは初めて、その真実の姿を、見せてくれるんだろうね。

それは、遠くにあるわけでも、とても難しいものでもなく、
引力や重力のことは知らなくても、林檎が木から落ちることは知っているように
足元にすでにすべてが、用意されているもので、
その仕組みに、謙虚に従う姿勢を持つ、それに気づくことだけが大事なのかも。


りょうすけは、確かこう言いました。

「これは、知恵ではなく、知識でもなく、叡智だと思う。」と。

誰もが、内側に持って生まれた、自然の叡智。

じっとしてても、しこたま考えても、見つからない。

外に向かって、体験的に進むことで、初めて、
内側に生まれ持っている叡智を見つけてゆく。

自然科学者やなー、と思う。


紹介したいと思います。

りょうすけのmixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=13952333

「ぼなぺちTV」(※語源はフランス語の「Bon Appetit(召し上がれ))



この、炭素循環農法だと、

虫や害虫にも「ぼなぺち~」
そして人間に「ぼなぺち~」

それこそが、「人が食べる野菜」なんだそうです。うん。


これから、どんどん、りょうすけの野菜が出来てゆくことになる。はず。

それって、販売するのかどうなのか。
物々交換なのか、持ってけどろぼー!なのか。

いえ、基本、販売するんだと思うんだけど、
それも、自然さんに(どこのだれ!?)に聞きながら、
見たことも聞いたこともやったこともない、
未知の流通の仕組みが、見つかってゆくといいな~とか思います。

でも、出来たら食べてみたい、ぼなぺちされてみたい、と思うよねー!

------------------------------***

りょーすけに教えてもらったサイトです。
このサイトがめちゃめちゃ面白かった!!

炭素循環農法
http://freett.com/tenuki/etc/home.html

内容が濃くて、中身も満載なのでまだ全部読んでないんだけど
いやー、この人もすごいな、と思う。


以下 http://freett.com/tenuki/kihon/kihonyoyaku.html より転載
--------------------------------------------------------------------------
病原菌、害虫、雑草等を含め全てを生かします。
百姓から100%生かす「百生」への転換をしなければなりません。
全てが有機的に繋がり自然の秩序の中で生かされているのですから。
また、有機物資材を使うから有機農法なのではなく、
有機的な繋がりの中で共に生きるための農法
だから有機農法なのです。進化の頂点に立つヒトは一番身近なもの(人も微生物の塊)
である微生物を生かすことによって、他の全ての生物を生かし自らも生きることが可能となります。

全ての生き物は敵対するものではなく共存によってのみ生きられます。
基本は、共に生かし生かされ、生き活きる、活生(活性)農法です。
---------------------------------------------------------------------------


私には、今、自分が農業をするという選択肢はないけれど、
誰かがそれを担当してくれるのであれば、それはまかしといて。(えー!?)

自分には自分のコマがあるんだと思う。

すべてが生き、生かし活かされるための、
自分だけが持っているいびつな側面。特質。

それは、やっぱり、あれこれやってみながら、
つまり、外側に体験的に動いていきながら、
「あ!そうか!」と、内側に見つけてゆくものなんだろうと思う。

というか、人間も自然の一部であるならば、
すでに、完璧な自然の仕組みを生きているはず。

「星に軌道があるように」

知らないけれど、知っているはず。叡智。だから。
見たことも聞いたこともないはずなのに、知っているはず。


人は、家の庭にある宝物を見つけるために、世界を旅するんだよね。


さー。
りょうすけに見習って、明日もまた自分の旅を続けよう~。


とりあえず今は、このブログを書くこと。っと。



おやすみーーーーー!!!!




別窓 | 日記
『Twitter~~!』
2010-01-19 Tue 21:16
twitter_logo_header.png


久々の更新で、本日2つめの日記でつ。


鳩山さんのブログ、知ってますか?

鳩Cafe

何気にブックマークして時々読んでます。
この人、本当に、いい感じだと日に日に思ってます。

宇宙飛行士の野口さんに対する質問とかも、
まるで、口下手な少年のようにモジモジとしながら、
「世界の人々が皆、宇宙からこの地球を見て、その美しさを知ったら
 この星からすべての争いごとはなくなるんじゃないかと思う」
みたいなことを言ったのです。

そんなこと言う総理大臣、いましたか~?

少年なら、純粋な子どもたちなら、言うでしょう。
でも、総理大臣のようなオトナは、そんなこと言ってくれないと思う。

さすが、理系でオタクの宇宙人、だと思いました。


今日、仕事が休みだったので、
噂の国会中継を、ちらちらと見ていました。

鳩山さんの答弁は、本当に素晴らしかった、と思うんだよね。

この日本が、これからどうなってゆくか、それはわからないけど
どんな国になってほしいか、一国民として、一緒に創ってゆくわけだから。

私としては心が響き、同じ感性を持つ言葉を発してくれると感じる、
鳩山さんを今は応援したいと思って。

それでーー、
鳩山さんが、Twitterに登録してて、
そこから、だれでも意見を送れる、とか書いてあったのでーーーー、
Twitterに登録してみたのでつーーー。

(登録2日めにして友人に見つかり、嬉しい再会となりましたが・・・)

しかも、ブログにリンク出来るみたいなので、
いちびって、このブログの右側に、Twitterをはめ込みました。

ここまではルンルンでしたが。

今日、さっそく鳩山さんに応援メッセージを送ったらば、、、
これ、@をつけて送るメール、
これがーーーー。
公開されてしまってる??
公開されてしまってるのでしょーかーーーーー???

畏るべし。丸見えのTwitter。はずい~~~~。



どう使うのか、まだ全然わかりませんが、
とりあえず、丸見えのまま、続行します。
誰か、遊びましょ~~~;;;;

AtsのTwitter
http://twitter.com/Atstheway


恥ずかしいので言い訳の更新でした。

IMG_5267.jpg
*記事とは関係なく、友人たちとの食事会の時の写真。カワイイでしょ。



ではまた・・・・。ちゃんと書きまつ。


おやすみなさい。いい夢、見てね♪

別窓 | 日記
『今ごろHappy New Year!』
2010-01-08 Fri 19:47
CADRVZ8L.jpg
*これは今日のすっごーい夕日*


大変大変遅くまりました。
2010年、明けましておめでとーーーございます!!!

いやー。
あっというまに今日はもう1/8です。びつくり。

私は、大晦日と元日だけはお休みをいただいて
あとは普通にお仕事していました。

大晦日の夜は家族そろって私の実家へ。
元旦は、長男一家とお墓参りに行き、夜は次男の彼女も来て
みんなでワイワイと過ごしました。

なんて普通で、なんて穏やかで、
もぞもぞとした幸せな感覚に、満たされた2日間でした。てへ。

2日からは施設でお仕事。
お正月も自宅に帰らず施設で迎える人がほとんどで
食べたりお風呂に入ったり排泄したり、、に、お正月休みなど、ありません。

施設の食事は全部手作りで、
それはそれは心のこもったお正月料理が、三が日出されます。
美味しかった~。

そして、5日は、もう20年来の友人たちと食事会。
ここでもまた偶然という必然で再会があったり、
縁の不思議、めぐり巡る日々の不思議、、、色んな想いがありました~。

年が明けてから、毎日とても穏やかーにエキサイトしてます。

施設では相変わらず、う○ちや何やらにまみれて格闘したり、
怒涛のような怒りや泣き笑い、、、感情が暴れまくってると思えば、
キレイな夕日をみんなでうっとり眺めたり、、、

やっぱり、ここでのお仕事は幸せを感じさせてくれます♡♡♡


さて、
鎖国状態の2009年もやっと明けたようです♪

不思議なこと、嬉しいこと、色々始まってます。
いっぱい予定が続いています。

しかし、こっから先、、、
書いても書いても、何度もフリーズしてしまうので(ホント;;)
今日はこの辺で、やめときます。

せっかくの更新なのに、おハッピーな近況報告だけになっちまいました。^^

今日は夜勤明けで家にいましたが、また明日は早出。
早く寝ないと起きられません、、、、

今年も、施設でのお仕事、一生懸命がんばりながら、
この、なんてことのない日常に、愛と感謝を捧げ、
毎日を過ごしていたいと思います。

人や出来事、朝日や夕日、星や月、空や雲、木や落ち葉、わんこやにゃんこ、、、

この宇宙で一番美しい星、地球に存在する、
すべての魂と、繋がっている自分を大切に、、、


そして、最近、時々顕れる、以前とは違う種類の?光のオーブ。
自転車の前を横切ったり、斜め後ろで見え隠れしたり、
まるで、楽しい一日をダンスしているかのような存在。

数字や文字でサインやメッセージをくれる、見えない何やらの存在たちも含め
神さまがここに遣わせた、すべての魂たちと、繋がっていることを忘れずに、、、

何気ない、満ち足りた普通~の日常と、
時空も次元も超えた、内側でも外側でもある、宇宙でもあるこの心の真ん中に、、、

愛と感謝でいっぱいにしながら、
毎日を過ごしていたいと願います。


新しい幕明けを予感させる、2010年です。

皆たまにとっても、毎日が平穏でありますように。


今年もどうぞよろしく、お願いします。



更新は遅れがちですが、ぼちぼち書いていきますので
また遊びに来てください。


いつもいつもありがとうです。


Ats

PS
こちらのサイト、今日1/8の記事、紹介しまつ。

東海アマさんの1/8の記事
■なんとバカな役人感覚、これを問題にするアホマスコミはもっと愚劣だ!

「平穏に、、、」と書いときながら、、、つい、エキサイトしてしまいした。^^
ホンマ、腹立つ。

こんな記事を書いてくださる人がいて、なんだか嬉しいです。
ありがとうございます。

まったく同感でございます。

新しい感覚の社会を、唯一無二の、それぞれの型を生きながら、
一生懸命、創ってゆきましょう~!


別窓 | 日記
『今年もありがとうございました』
2009-12-31 Thu 16:57
IMG_5231.jpg
今日の空

さぶ~~~~~~っっ。
寒いです。北風ピューピューですね。

いよいよ今日で2009年も終わりです。
皆たま、良い1年でしたか?

私は本当~~~~に、あっというまの1年でした。
こんなにあっというまに過ぎるものなのかーっってくらい早かった。

重度障害者施設でケアスタッフとして働き出して
ここで、神さまたちから教えてもらうこともたくさんあるし、
現状を守ろうとすれば、かかせない安定収入も得られるし、
ともすれば、この安泰にすっかり身をゆだねてしまえるような
そんな気になることもありまする。

だけど、やっぱり、魂は嘘をつけない。
いつかまた、気がつけば新しく動き始めていたりするんだろうな。


そうそう。
なかなか報告できてませんが、
12/20、久しぶりに、木内鶴彦さんとお会いできました。

あの夏の皆既日食の時、上海にいた木内さんは、
宿泊先のホテルで(エレベーターの中で)吐血し、
救急搬送、緊急入院、手術、、、
もし日本で倒れていたなら逆に助からなかったかも知れないという、
奇跡が奇跡を呼んだような、ひん死の体験だったようです。

そしてまた、33年前と同じように、
あの、膨大な意識の領域に、行ってきたそうです。


木内さんのお話しを聞いてて、
つくづく、これからどう生きてゆくか、っていうことを
真剣に行動に移さないといけないな、と感じます。

現状を維持しながら、新しい世界を創造するなんて、とても難しい。

たとえば、今の生活をすべて捨てて、田舎へ引越して、、、
とてもワクワクすることでもあるけれど、
行動に移すにはすごい大きなエネルギーが必要。。。。


よく思うことだけど、
変化というのは、本当に少しずつ少しずつ起こっていて、
気づかないくらい、というか、それが当たり前のように慣れてきたころに、
ガチャっと進化を起こすものなんじゃないかな。

ここ数年で、時間をかけて、出会いを重ねたり、
最初は「あり得ない」ようなことが、時間をかけて「当たり前」になり、
そう。十分な時間をかけて、はじめて、
もう2度と後戻りできないほどに、気がつけば新しく進化している。

魂の約束は、神さまと決めた「お役目」は、
心の問題だから、嘘はつけないのだそうです。

あれをやりたい、これをやりたい、と思ったところで、
口ではどれだけ大きなことや小さなことを言ったって、
「約束」は、破れない。決まってる。

そう思ったら、もがいても喘いでも、突っ走っても駄目。

「今だ。」「これだ。」「こっちだ。」という、
疑いようのない、明確な直観が背中を押したら、
その瞬間に、咄嗟に行動を起こせるよう、準備しておかないと。


来年。2010年は、どんな1年になるんだろう。

きっと、また何度かの、嘘のつけないタイミングをのがさず、
自分の軌道を歩いてゆきたいと思います。


年が明けたら、木内さんのお話をじっくり書いていこうと思います。


私にとっては、一番「本物」と思える話。

この地球の未来を思い描く時、最も外せないお話です。

------------------------------------------------------***

さーーーて。
1年間、こんな更新もおさぼり気味なブログに
遊びに来てくれて、本当にありがとうございました!!

来年もまた、ずっと書き続けるつもりです。
どうぞよろしくお願いします!!!


素敵な新年を、お迎えください。


愛を込めて  Ats


IMG_5232.jpg

別窓 | 日記
『Thank you birthday』
2009-12-11 Fri 11:50
IMG_5201.jpg
*誕生日の朝*


はい。昨日、お誕生日でした。
ご無沙汰ばっかりのワタクシめに、
たくさんメッセージありがとうございました。m(_ _)m

ホントにほんと、嬉しかったです。


昨日は、朝は、家の前の公園で、わんこの散歩。
もーー、こんな銀杏がいーーーっぱい、
まるで、りんりん♪音でも聴こえそうな感じで、黄色い「扇」が舞っていました。

落ち葉が敷き詰められた土のを歩くのって、最高に心地良いね。

そして午後は、毎年そうだけど、独りでぶらーりと出かけて
美味しいオーガニックのランチを食べて、
自分に何か買うつもりが、AOくんにクリスマスプレゼントを買いました。
可愛くて可愛くて衝動買い。
動物の模様がいっぱい入ったパズルと、恐竜の絵のナップサック。

いやーーー、
誰かへの贈り物を買うって(それがBabyだと余計かな)、
そして、赤と緑のリボンなんかをつけてもらっちゃったら、
自分に何か買うよりも、嬉しくなってしうんだから不思議です♪


IMG_5202.jpg


それから、夜は夜勤でした。
めーーっちゃ、忙しかった~~。
いつものことながら、Hさんは、夜中に目が覚めて、5分おきくらいにコールが続く。
「お茶!」だったり、う○ちしていたり、、ただ「サミヂィ~~~」と泣いていたり、、、。

あっちこっちでコールが鳴ると、どうしても待たせてしまうことになって
そうすると余計に、失禁や、泣き声や、イライラや、、、巡り巡ってしまいます。

今朝は雨で、綺麗な太陽も姿を見せず、
朝食の時間には、夜勤スタッフはへろへろ状態です。

だけど、
どういうわけか、仕事が終わる時間には、
こころが満たされてるのが不思議。


やっぱり、私はここに来て、よかったのかな、と思う。


ここは、、、、「愛」が、足りないのかも知れない。


誰も面会に来ない人もいる。

外出してくても、独りではどこにも行けない。

目の前にある、何ひとつ、自分の力でつかめない。

鼻の頭がかゆくても、かけない。

食べたい時に食べれない。
トイレにだって、行きたい時に行けない。

あれも、これも、、、、

それが、わかっていても、
職員さんにも、身体はひとつ。差し出せる手も、時間も、限られてる。


どちらも、感情というものが、擦り切れそうになってしまう。


あらゆる意味で、磨り減って、疲弊して、、、それが傷になってる。
いつのまにか、年月を経て、深い傷になっている。

そんな人たちが多い気がするんだよね。
利用者さんも、職員さんも。

みんな、いい人ばかりだと思う。
とゆうか、人は皆、そうなんだと思う。

悪気もなく、裏表もなく、まっすぐに、在る だけで、
「感情」というものは、お互い傷つけあう。


「うるさい」「さびしい」「イラつく」「ひどい」「カナしい」


チリチリと痛む自分の「傷」を、かばうばかりに、
いつのまにか、お互いに、神経をすり減らしてしまう。


生きている限り、「感情」とは、ずーーーーっと、付き合っていかなくちゃならない。

いえ、それこそが、ここに生きている意味。


「人間」が、この自然界の生態系の、
バランスを取るために、神が送り遣わしたのであるならば、
その縮図である、どんな小さな社会の中でも、
「人間」であるがために、飛び交いまくる、「感情」のもつれを、
誰かが、意思を持って、バランスをとる役割を担う必要が、あるのかも。

あっちで傷ついている人、こっちで傷ついている人、
その傷が故に、相手の優しさや、本当は繋がっている心が見えず、
鏡に映った自分に、益々、悪態をついてしまう、、、人間たち。

そんな人たちが、ひとりひとり、
そこに写っているのは、自分でもあるんだ、と、
かばい合い、支え合うことが出来たなら、、、

この地球は、どれほどの豊かな愛で、満たされることだろう。


傷を怖れるより、
その傷は、ここに生きている誰もが、
癒してほしいと、心から願ってやまないものなのだと腑に落ちたら、
あなたの傷は、もう、あなたの傷ではなくなる。

それどころか、その傷は、愛に進化できる。
痛むどころか、あたたかな優しい温度を持ってくる。



もぞもぞと、照れくさいような、、、、

愛という温度を・・・。


それを、深いところでみんな知っているからこそ、
大変だけど、この仕事に、歓びを感じるんじゃないのかな。

もぞもぞとした、愛を、感じているんじゃないだろうか。



施設では、
今日が、My birthdayだなんて、誰も知らない。
まして、忙しく走り回っているこのおばたんが、
今日という日の、目の前の出来事が、すべて、
天の神さまから自分への、贈り物だと思っていることなんて、
誰も、全然、知らない。


だからこそ、そして、ありがとうです。
大きな愛を感じさせてくれて。



昨日もおとといも、いつもいつもそうだったように
今年の12月10日もまた、大きな贈り物を授かった気がします。



お誕生日、ありがとう。





朝だけど、あ、もう午後に近い。
おやすみなさい。


IMG_5211.jpg


皆たまの周りでも、いつもいつも、愛の温度が伝わりまくり、
人として生きているからこその、感情が、
愛しいハーモニーを、奏でていますように。

そしてその懐かしい音が、ちゃんと聴こえていますように。


God bless you!


別窓 | 日記
| At's the way | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。